Large thumb shutterstock 1195732939

【簡単リメイク】Tシャツがエコバッグに!フリンジ付きの縫わない作り方って?

更新:2020.08.07

Tシャツで作ったエコバッグが話題なのをご存知ですか?エコにもなって簡単に作れると評判です。そんなTシャツを使ったエコバッグの、簡単に作れる方法をご紹介します。縫わなくてもOKな作り方もありますよ。ぜひ、参考にしてくださいね!

手縫いで出来るTシャツエコバッグの作り方

必要な道具・材料

Tシャツやタンクトップをリメイクしたエコバッグは、手縫いで簡単に作れます。基本的には直線縫いが出来ればOKなので、裁縫が苦手でも簡単に作れますよ。用意する材料は古着のTシャツやタンクトップだけです。道具は、ハサミと基本的な裁縫セットがあれば作れます。家にあるもので出来るので、手軽に作れますね。

手縫いで出来るTシャツエコバッグの材料

  • 古着のTシャツまたはタンクトップ
  • ハサミ
  • 裁縫セット

作り方&コツ

手縫いでリメイクできるTシャツエコバッグは、1か所縫うだけなので、簡単に作れます。袋になる底の部分を、真っすぐ手縫いするだけです。手持ちになる袖や襟ぐりの部分は、解れないので切りっぱなしのままで問題ありません。作り方では、縫い代がエコバッグの裏に来るよう、表返す作り方になっています。

持ち手の切りっぱなしに合わせたデザインにしたい場合は、生地を中表に合わせずに、そのまま底を手縫いしましょう。手縫いの場合、強度が心配ですよね。Tシャツの底を手縫いしたとき、折り返して2重になるように縫うと強度が増します。また、端は返し縫をすると、さらに強度が増しますよ。

底を直線縫いするだけでエコバッグは作れるのですが、おすすめの縫い方は、角を三角に折って縫いマチを作る作り方です。作り方に慣れてきたら、ぜひマチにもチャレンジしてくださいね!

手縫いで出来るTシャツエコバッグの作り方

  1. Tシャツ(タンクトップ)の襟と袖をカットし、持ち手を作ります。
  2. Tシャツを裏返し、裾を縫います。端は返し縫してください。
  3. 表に返したら、出来上がりです。

縫わないで出来るフリンジTシャツエコバッグの作り方

必要な道具・材料

Tシャツを着る女性

Tシャツエコバッグは、縫わないでも簡単に作れます。手縫いもミシンも必要ないので、裁縫が苦手だという方でも簡単です。エコバッグの持ち手の部分は切りっぱなしでOKですし、底の部分は縫わずにたくさん結ぶことで袋状にします。縫う必要がないので、用意するものは古着のTシャツやタンクトップと、ハサミだけです。

縫わないTシャツエコバッグ作りには、特別な道具や材料が一切いらないので、思い立った時にすぐに作れるのも嬉しいですね。デザインも、底がフリンジになっておりとてもおしゃれなので、ぜひ作ってみてくださいね。

縫わないで出来るTシャツエコバッグの材料

  • 古着のTシャツまたはタンクトップ
  • ハサミ

作り方&コツ

縫わないで出来るTシャツエコバッグは、フリンジの長さがポイントです。縫わないエコバッグは、古着のTシャツやタンクトップの裾を細かくカットして、コマ結びしてフリンジを作ることで底を作ります。フリンジが短すぎると、コマ結びが出来なくなるので注意しましょう。

また、フリンジのカットが太すぎても結びにくいですし、格好がよくありません。裾を全部切ってしまう前に、1か所切ったら結んで、バランスを見ることをおすすめします。Tシャツの裾に厚みがあるタイプの場合は、まず裾をカットし切り取ってしまいましょう。フリンジが結びやすくなりますし、見た目もスマートですよ。

縫わないで出来るTシャツエコバッグの作り方

  1. Tシャツ(タンクトップ)の襟と袖をカットし、持ち手を作ります。
  2. Tシャツの裾の部分を1cm幅くらいで切り込みを入れてフリンジにします。
  3. 向かい合ったフリンジ同士を、コマ結びしていきます。
  4. 仕上げに結び目をさらに強く引っ張ったら、出来上がりです。

ミシンで作るトートTシャツエコバッグの作り方

必要な道具・材料

トートバッグタイプの、持ちやすいTシャツエコバッグです。手縫いでも作れますが、縫う箇所が多いのでミシンがおすすめになります。持ち手には、カットした袖の部分を使用します。タンクトップを使用する場合や、持ち手の色やデザインを変えたいという場合は、手芸用バッグ紐や別の生地などをご用意ください。

ミシンで作るトートTシャツエコバッグの材料

  • 古着のTシャツまたはタンクトップ
  • ハサミ
  • 裁縫セット
  • ミシン

作り方&コツ

ミシンで作るトートTシャツエコバッグの作り方のポイントは、持ち手の長さです。裾の長い古着Tシャツで作る場合、引きずらないよう持ち手は短めがいいでしょう。また、持ち手を肩の入る長さにすると、ショルダーとしても使えます。トートエコバッグの強度が気になる場合は、裏地を付けてみましょう。

Tシャツ生地は伸びるので、伸びない生地を裏地にすると、強度が増します。ミシンで返し縫するのも忘れないでくださいね。底は直線縫いでOKですが、端を三角に縫ってマチを作ってもいいですね。また、エコバッグの上部はトートバッグの形で作り、底のデザインだけ縫わないフリンジエコバッグにしてもおしゃれですよ。

ミシンで作るトートTシャツエコバッグの作り方

  1. Tシャツの袖と襟ぐりをカットし、四角い形に整えます。
  2. Tシャツの柄が内側に来るように中表に合わせ、袋状になるようサイドと底をミシンで縫います。
  3. バッグの上になる部分を三つ折りにしてミシンで縫います。
  4. カットした袖の部分で持ち手を作ります。
  5. ③に④の持ち手を縫い付けたら、出来上がりです。

簡単なトートタイプのTシャツエコバッグが出来たら、今度はもっとアレンジしたトートエコバッグにもチャレンジしてみましょう。以下の記事に、トートバッグの基本的に作り方や裏地の付け方なども載っているので、ぜひアレンジの参考にしてください。

ミシンで作る巾着Tシャツエコバッグの作り方

必要な道具・材料

ミシンでお裁縫

袋の口がキュッと締まる、巾着型の簡単Tシャツエコバッグです。手縫いでも作れますが、紐を通す部分に強度が必要なので、ミシン縫いがおすすめになります。材料は、古着のTシャツやタンクトップの他に紐が必要です。裏地を付けたい場合は、伸びない生地を用意してください。強度が増して、バッグが長持ちしますよ。

ミシンで作る巾着Tシャツエコバッグの材料

  • 古着のTシャツまたはタンクトップ
  • 紐(綿コードなど)
  • ハサミ
  • 裁縫セット
  • ミシン

以下の記事に、巾着袋の簡単な作り方が詳しく載っています。もっと強度を増すために裏地を付ける方法や、可愛いアレンジ方法など、Tシャツリメイクの巾着エコバッグに役立つ情報がたくさん載っています。ぜひ併せてご覧ください!

作り方&コツ

ミシンで作る巾着Tシャツエコバッグの作り方のコツは、紐の長さに気を付けることです。袋を開けた時に、紐に余裕のある長さにしましょう。紐が短いと袋の口が大きく開かなくなってしまうので、気を付けてください。また、紐の太さなどでも変わってきますので、紐をカットする前に必ず調整しましょう。

巾着エコバッグの上部は紐を通すデザインで作りますが、底はミシン縫いではなくフリンジにしてもいいですね。また、Tシャツで作ると袖の部分が余るので、ミニサイズの巾着袋をお揃いで作っても可愛いですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

ミシンで作る巾着Tシャツエコバッグの作り方

  1. Tシャツの袖と襟ぐりをカットし、四角い形に整えます。
  2. バッグの上になる部分を、紐が通るように三つ折りにしてミシンで縫います。
  3. 紐通し部分プラス2cmほど上部を残し、袋状にミシンで縫います。
  4. 上部に紐を通し、端を縛ったら出来上がりです。

【番外編】Tシャツエコバッグのアレンジアイデア5選

ご紹介したTシャツエコバッグの簡単な作り方をアレンジすると、さらにおしゃれなエコバッグに変身します。以下のアレンジアイデアを参考にして、ぜひオリジナルのエコバッグ作りにチャレンジしてみてください。

①持ち手リボン

縫わないタイプのTシャツエコバッグの、持ち手がリボンになったアレンジです。リボンの部分は、カットして余った袖などを利用しています。持ち手が長くなりショルダーとしても使えますし、デザインが可愛いですね。持っているときにリボンがほどけるなど、強度が心配な場合は、結んだ箇所を縫って固定してもいいでしょう。

②ポケット付き

Tシャツリメイクのトートタイプエコバッグに、ポケットが付いたデザインです。Tシャツで作った場合、袖が余るのでポケットが作れます。古着のTシャツやタンクトップに胸ポケットがあれば、そのまま利用してもいいですね。ポケットはデザインが可愛いだけでなく、鍵やレシートなど細かい物を入れたりと便利に使えますよ!

③三つ編み持ち手

持ち手を三つ編みにした、可愛いTシャツエコバッグです。Tシャツやタンクトップをエコバッグにリメイクする時、バッグの高さ調整で裾を切ることがあります。その余った裾でTシャツヤーンを作り、持ち手にアレンジしています。色違いのTシャツから作ったTシャツヤーンを使って、カラフルにしてもステキですね。

④巾着ナップサック

ナップサック型Tシャツエコバッグは、巾着型のTシャツエコバッグのアレンジです。巾着の下の部分に輪を作り、紐を通せるようにします。紐を長くとり、下の輪にも通したら出来上がりです。ナップサックにすれば、両手が開いて楽ですし、小さな子供でも持てますね。とても簡単ですので、ぜひ作ってみてください。

⑤そのままリメイク

袖がそのままのTシャツリメイクエコバッグです。Tシャツの形を活かし、裾のみを縫い合わせて袋状にしています。底のデザインは、縫わないフリンジバッグでもOKです。袖を縫い合わせて、内ポケットのように使用してもいいでしょう。あえて古着のTシャツやタンクトップの形を、そのまま残す面白リメイクです。

Tシャツリメイクで便利なエコバッグを作ろう!

古着のTシャツやタンクトップは、リメイクするとエコバッグに変身します。手縫いで簡単に作れるタイプや縫わないフリンジタイプ、ミシンで本格的に作るタイプなど、ステキなエコバッグがたくさんありました。作り方のアイデアなども参考にして、古着になったTシャツで便利なエコバッグを手作りしてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。