Large thumb shutterstock 1060546505

【2020最新】大手コンビニ3社のレインコートを比較!サイズや値段はどんな感じ?

更新:2020.12.08

突然の雨が降ったとき、傘よりも全身をカバーできる、レインコートを選んでみてはいかがですか?今回は、手軽に買える大手コンビニ3社のレインコートを比較しました。価格や機能、付属品などを調査しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンビニのレインコートのおすすめポイントは?

①コスパが良い

お財布に優しい

1つ目は、コスパが良いことです。500円〜600円程度で買える値段の安さは、コンビニのレインコートの特徴の一つです。また、機能性もしっかりと考えて作られています。高い機能性に対してこの値段の安さは、かなりコスパが良いです。

これまでのコンビニの雨具は1度使ってそれっきり、ということがよくありました。しかし、現在のコンビニのレインコートは、何度も繰り返し使えるくらい丈夫な作りです。そのため、環境にも配慮できる上、コスパの面でも高いと言えるでしょう。

②すぐに手に入る

買い物をするひと

欲しい時に、すぐに買いに行けるという手軽さも、おすすめできるポイントです。セブンイレブン・ファミマ・ローソンといったコンビニは、それぞれ生活に密着した場所にあるものです。

傘やレインコートといった雨具は、年間を通して常に売られています。急な雨に降られた時はもちろんのこと、いつもの買い物のついでに一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

③シンプルなデザイン

半透明

生地は半透明の乳白色で、形もシンプルなものがほとんどです。シンプルなデザインは、手持ちの洋服のコーディネートを邪魔する心配がないので気軽に試せます。また、男女兼用なので、どんな方でも使いやすいようなデザインになっています。

以前は安いものだとデザイン性が低いものが多かったですが、コンビニの商品はそんなこともありません。シンプルなデザインに加えて、それを邪魔しない機能性の優れたものが多いです。

セブン編|コンビニ3社のレインコートを比較

値段は一番高い

コインと財布

セブンイレブンのレインコートの値段は554円(税込609円)です。お手頃価格ではあるのですが、大手コンビニ3社のなかで一番高い値段です。サイズはM-LとL-LLサイズの2展開で、女性であればM-Lサイズで十分でしょう。

M-Lサイズの適応身長は165cm〜185cm、胸囲は88cm〜104cm、着丈は110cmです。また、L-LLサイズの適応身長は175cm〜190cm、胸囲は96cm〜108cm、着丈は125cmとかなり大きいです。こちらは大柄な男性でもカバーできるサイズとなっています。

セブンイレブンのレインコートのサイズ

サイズ 適応身長 胸囲 着丈
M-L 165cm〜185cm 88cm〜104cm 110cm
L-LL 175cm〜190cm 96cm〜108cm 125cm

機能性が高い

セブンイレブンのレインコートは機能性が高く、着用の際に役立つアイデアが詰め込まれています。まずは、通気窓があるため、長時間の着用時にも蒸れにくい仕様です。

また、他社の商品と異なり、背中側にピカッと光る反射テープがついています。そのため、後ろから車が来たときなどに反射して目立ち、存在を知らせることができます。雨の日は視界が悪くなるので、暗くなる時間帯の通勤通学時や、自転車に乗っているときでも安心です。

さらに、セブンのレインコートはフードの先のほうが透明になっています。雨が強いときは、フードを深くかぶるために視界が悪くなりがちですが、透明部分のおかげで視界が保たれて周囲が見渡せます。しかも、あご部分に留め具が付いているので、強い風に吹かれてもフードがめくれあがる心配もありません。

半透明の生地は厚く丈夫でポーチ付き

ポーチ

生地については、他の2社と比較してもセブンイレブンのレインコートが群を抜いて厚くて丈夫です。半透明の乳白色で、着ている服の色がわかる程度に透けるような特徴があります。

また、専用ポーチに入って販売されており、ポーチの裏面にはレインコートの畳み方が紹介されています。何度も繰り返し使うことを考え、パッケージまでしっかりデザインされています。ぐちゃぐちゃに畳んでしまい2度目にはもう使えない、ということもありません。

ファミマ編|コンビニ3社のレインコートを比較

値段が一番安い

安くて嬉しい女性

ファミマのレインコートの値段は500円(税込550円)で、大手コンビニ3社のなかで一番安いです。安さはやはり大きなポイントです。

身幅が大きい

身幅を測るメジャー

サイズはMとLサイズの2展開で、女性であればMサイズで十分でしょう。Mサイズの適応身長は160cm〜170cm、胸囲は134cmまで対応、着丈は110cmです。

また、Lサイズの適応身長は170cm〜180cm、胸囲は138cmまで対応しています。着丈は125cmと大きく、大柄な男性でもカバーできるサイズです。

コンビニ3社のなかではファミマのレインコートが、一番胸囲が大きなゆったりとした作りになっています。そのため、冬の寒い季節でも分厚いアウターの上から着ることができ、防寒性もUPできます。屋外でのスポーツ観戦や音楽フェスのような、長時間外で過ごすイベント時にもおすすめです。

ファミマのレインコートのサイズ

サイズ 適応身長 胸囲 着丈
M 160cm〜170cm 134cm 110cm
L 170cm〜180cm 138cm 125cm

生地は薄く半透明

ファミマのレインコートの生地については、他の2社と比較するとやや薄めな作りです。他社と同様に乳白色で、着ている服の色がわかる程度に半透明になっています。

ローソン編|コンビニ3社のレインコートを比較

お手頃な値段で収納袋付き

袋をもつ女性

ローソンのレインコートの値段は545円(税込600円)です。サイズはMとLサイズの2展開で、女性であればMサイズで十分でしょう。商品名に「脱ぎ着がラクラク」とあり、着脱時のしやすさも考えられています。

Mサイズの適応身長は155cm〜165cm、胸囲は65cm〜110cm、着丈は110cmです。他社と着丈は変わりませんが、小柄な方にも対応したサイズです。また、Lサイズの適応身長は165cm〜185cm、胸囲は75cm〜125cm、着丈は120cmです。こちらも、2社と比較してやや小さい作りです。

また、ローソンのレインコートは他社と異なり、同じ素材の30cm×30cmの大きな収納袋がついてきます。屋内に入った際、雨に濡れたレインコートを持ち運ぶのに便利です。また、手持ちのカバンや大切な荷物を濡らしたくないときには、この収納袋に入れることで雨を防ぐことができます。

ローソンのレインコートのサイズ

サイズ 適応身長 胸囲 着丈
M 155cm〜165cm 65cm〜110cm 110cm
L 165cm〜185cm 75cm〜125cm 120cm

雨風を防ぎつつ蒸れにくい仕様

フードをかぶる女性

ローソンのレインコートは雨の進入をとことん防ぐ機能があり、蒸れにくい仕様になっています。他社と異なり、フードに紐が付いているため、顔まわりで固定できる作りです。袖部分には、袖口の太さを調整できるホックがついています。

さらに背中がメッシュ仕様になっていることで、通気性がUPしています。雨の日に長時間レインコートを着用していても、蒸れてしまうことがありません。

半透明で生地は薄い

薄手の布

生地については、大手コンビニ3社のなかでは中間の厚さですが、厚手のセブンイレブンに比べると薄めです。乳白色で、着ている服の色がわかる程度に半透明です。

2020年最新|コンビニ3社のレインコートで一番おすすめなのは?

丈夫で機能性重視ならセブンがおすすめ

丈夫さや機能性を重視しているのであれば、セブンがおすすめです。セブンイレブンのレインコートの強みは、なんといっても生地が一番分厚くて丈夫なことです。その上、繰り返し使えることを目的としたポーチが付いているのも、他の2社にはないおすすめポイントになっています。

その他にも、機能性たっぷりで、安心して使えるポイントが多いのも強みです。まず、背中に反射板がついているので、夜道を歩く機会が多い方におすすめです。また、フードまわりの視界が良く、めくれあがりにくい作りになっているので、自転車に乗る機会が多い方にもおすすめできます。

値段は確かに一番高いですが、600円を少しはみ出る程度です。繰り返し使える丈夫さで、コスパの良さと機能性を考慮すれば、他の2社と比較にならないような価格差ではありません。

値段と大きめサイズで選ぶならファミマがおすすめ

ファミマのレインコートは、極力コストを抑えたい方におすすめです。やはり、600円以下というのはコンビニ3社のなかでもファミマだけなので、安い値段が魅力です。

また、身幅が一番ゆったりとしています。特に、アウターの上に着用して屋外で長時間過ごす、スポーツ観戦やイベントで使いたいという方におすすめです。ゆったり着ることができ、しっかりと雨風をカバーできるのが魅力です。

服と荷物を雨風から防ぐならローソンがおすすめ

服と荷物のどちらも雨で濡らしたくない、という方にはローソンがおすすめです。荷物用の袋が付いているのはローソンだけです。レインコートを脱いだ後にもこの袋が使えるので、濡れた雨合羽から垂れるしずくに困ることもありません。

また、袋だけでなくレインコート自体もかなり機能的です。フードのひもと袖口のホックによって、顔まわりと袖からの雨を徹底的に防いでくれるのが大きな魅力です。

生地の厚さではセブンに一歩及びません。しかし、他の機能を比較すると、ローソンの方が雨風の進入をより防げる作りになっているとも言えます。

コンビニのレインコートを比較してニーズに合った物を選ぼう!

雨を眺める女性

大手コンビニ3社セブン・ファミマ・ローソンで買えるレインコートには、それぞれに特徴があります。この記事を読んだ上で、ご自身の使用用途に合ったものを是非選んで使ってみてください。

また、コンビニ以外でもプチプラなレインコートをお探しでしたら、100均やしまむらにもたくさんの種類のレインコートがあります。値段が安くても機能性が高いものや、おしゃれなものがたくさんあるので、気になる方は、以下の記事もぜひチェックして参考にしてみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。