Middle shutterstock 541102075

目次

好きなのに諦めたいとは?

失恋で悲しむ女性

片思いをしている

そもそも好きなのに諦めたいという一見矛盾した願望はどんなシーンで起きうることなのでしょうか?どんな人にある悩みなのでしょうか?その最も多いケースが片思いをしているパターンです。好意を持ってくれない人を一方的に好きという状況はとても辛く、エネルギーを消耗させるものです。 ただ一方的に気持ちを持ち続けているだけの片思いもありますが、相手が好意に気づいているのにも関わらず、気持ちがあるのかないのか見定めが難しい片思いもあります。そんな片思いは長く続ければ続けるほど、引き際を見失っていきます。 相手が自分を好きになる可能性があるのかないのか、といったことが最大の関心事となるため、相手の出方に一喜一憂してしまい、状況に振り回されてしまうのです。

彼女や妻子がいる

相手に彼女や妻子がいるなんて知らずに付き合ったというケースに加え、最初から知っていたものの別れるだろうと思って付き合ったケースも含まれます。好きな人のセカンドとしての立場でしか付き合うことができないことは、一般的に強い苦しみを伴います。 相手への嫉妬心はもちろんのこと、苦しみを友人に吐露することさえ憚られ、その苦しみに耐え切れず、引き際を考える人は多いでしょう。セカンドとしての立場を楽しんでいる人や、立場が逆転しているような人は別ですが、多くの場合、彼の休暇や家庭行事は彼女や妻子のもの。 自身の価値の低さを常に突きつけられる苦しい恋愛です。

扱いが雑になった

ベンチで横になるカップル 最初はラブラブのカップルだったのに、いつの間にか彼が適当にしか扱わなくなってきて不満を持っているケースです。 メールやメッセージにも返事はなく、ひどい場合は音信不通といったケースも。会っているときの態度も適当なので、つい疑ったり、理由をたずねたりしてしまいますが、それが喧嘩の原因になるという悪循環が発生します。 好きな人と付き合っているにもかかわらず、状況をどうにもできず別れを考える人も多くいます。

辛い恋愛の引き際4選

壁にもたれる女性の後姿

はっきりと振られた

辛い恋愛を抜け出すきっかけとなる「引き際」。しかし、それは上手く行く見込みがないと判断、決断する必要があります。多くの人はどんな時に引き際を決断するのでしょうか? まず、片思いの場合ははっきりと振られて断られたケースが圧倒的に多いです。相手に「ありえない」「好きじゃない」と言われてまで思い続けるのは無理だと判断するケースです。 それまでは両思いになる見込みがあると思ってきたからこそ、続けてきたわけですが、はっきりと振られることで、その見込み確率が変わったということですね。

彼女と別れそうもない

彼に彼女や妻子がいて、「別れる」と聞いていたのに別れる様子が見られないとか、言葉とは真逆の行動をしていたなど、相手が信じられなくなった場合は、たとえ辛い恋愛を続けて、好きな人と付き合えたとしても上手く行かないものです。 別れそうにもない現状を目前に、これ以上辛い恋愛に身をおきたくないと考えることは至極当然で、賢明なことかもしれません。

避けられるようになった

気まずい関係の二人 恋人や好きな人にあからさまに避けられるようになったとか、連絡が途絶えてついに音信普通になったときは、それは引き際がやってきたということなのかもしれません。 「なぜ避けられなければならないのだろうか?」などと悩むかもしれませんが、その理由は本人にしかわかりません。悩み続けても答えは自分自身では出せないのです。追えば追うほど好きな人は逃げていくのかもしれません。

疲れた

そして、最も合理的でかつ、重要なのは、あなたが「疲れている」という理由。振られたとか、彼女と別れそうにないとか、避けられるといった彼サイドの理由ではなく、あなた自身がもう続けたくないと思ったとき、それは辛い恋愛から身を引く最善の引き際でしょう。

彼を諦める方法4選

諦めると決める

諦めると言っても好きな人ですから、やっぱり好きな人のことを考えてしまうもの。あるいは、彼がまた気があるような素振りを見せてきて心が揺らいでしまうかもしれません。 しかし、諦めたいなら「決める」ことです。何があってもブレない強い決心を持ち続ければ、彼を諦めることは可能です。

新しい恋をする

目の前に、魅力的な人が現れれば好きな人の事は諦められます。ただ簡単にすぐ他の人が現れるという具合に上手くは行かないかもしれません。しかし新しい人に気持ちを向けることができているといった心の持ち方が新たな出会いを呼び込みます。 過去のことにとらわれているよりも、次に出会いを求めていく、その前向きさが大切なのです。

諦めることを話す

好きな人や付き合っている人との共通の友達や知人に「もう彼のことは諦める」と宣言するのも良い方法です。 特に職場や学校など、彼が頻繁に顔を合わせる関係である場合は、他者に恋愛が終息したことを話しておくと、周囲もそのつもりで協力してくれますから、諦める行動をしやすくなります。

諦めることを諦める

色々と諦める方法を試してみたものの、どうしても彼を諦めること自体が辛いといった場合は、「無理に諦めなくても良い」と思うことも有効です。 「諦めなくちゃならない」という義務感を伴う場合、それはあなた自身の「彼が好き」という気持ちを抑圧するものになり、やがて彼が好きという気持ちが暴発することになりかねません。 もちろん、辛い恋愛を続ける必要はないのですが、少し距離を置いて気楽に身構え、遠くから「彼のことがただ好き」という気持ちを持ち続けていると、気持ちが落ち着いた頃に自然な形で諦めることができるようになります。

辛い恋愛を忘れる方法4選

笑顔でおしゃべりする女性達

仕事や趣味に熱中する

彼を諦めると決めたものの、どうしても彼のことを考えてしまったり、辛い恋愛のことを思い出してしまったりするといった方は、忙しくなることをおススメします。仕事でも趣味でも何でもいいので、何かに熱中する環境を作り出すと、自然と辛いことは頭から離れていることに気づくでしょう。 何も熱中できるものがないという場合は、スポーツがおススメ。体を動かしていると不思議と心も統一され、恋愛を忘れることができます。

新しいことや非日常体験をする

普段しないことをしてみたり、新しい習い事を始めたりすると、気持ちが高揚し、ワクワクします。そんな何かを始めてみるのも良いでしょう。いつも見慣れた風景が新鮮に思えてくるかもしれません。 また、非日常体験をすると日常的に感じている辛い気持ちを忘れることができます。旅行に出かけたり、映画やコンサートに出かけたりしてみるのもおススメ。

心を満たす

辛い気持ちや挫折感、寂しい思いは、思い通りにならないという強烈な不足感から生まれます。そんなときは心を満たしてあげると、自ずと心は元気を取り戻します。 実は、新しい恋や、仕事や趣味に熱中する、非日常を体験するというのも、最終的な目的は心を満たすためなのです。でも、そんな方法も役立たないほど心が苦しいときは、瞑想やマインドフルネスで手っ取り早く心を満たしてしまう方法もあります。 心を落ち着かせて精神統一すると、辛い気持ちや雑念が取り払われて一時的に気分が楽になることに気がつくはず。それを毎日の習慣にしていけば、自ずと心は回復していきます。

過去のものにしてしまう

人は現在が幸せならば、辛かった出来事も穏やかな気持ちで思い出すことができます。「あの恋はもう終わった。過去のものなのだ」と思えば、心の傷も早く癒えていくことでしょう。 苦しみの真っ只中にいるときはなかなか過去のものとは思えませんが、「引き際」を考え始めたあなたなら、きっとこの恋を心の中で決着させ、過去のものにすることで、辛い気持ちを忘れ、前を向いて歩けることでしょう。

まとめ

道端に座る女性 いかがでしたか?辛い恋愛をしている方のお役にたてたでしょうか?恋愛とは本来楽しいもの。「疲れた」という自覚があるという人は心からのSOSサインを受け取っています。どんなに好きな人だったとしても、「疲れる」恋愛をしているようでは、あなた自身が幸せでいられません。 あなたの幸せのために「引き際」、「諦める」「忘れる」ということを今考えるタイミングが来ているかもしれません。ぜひ検討してみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。