Big shutterstock 455327596

目次

同じ仲良しでも抱く気持ちは違う

ほかの男との会話を気にし始めたら恋

仕事の同僚や親戚など別の男性と話した後、意中の相手からよそよそしい態度を取られた経験はありますか?男性にとって好きな人とほかの男性が会話や接触しているのは嫉妬の対象です。女性側からみた関係が何であれ、男性が知らなければ「彼女を取られる」と思ってしまい、気が気ではありません。 反対に友達と認識していれば、誰と話そうが気にしません。むしろ彼氏でもできたのかと、ネタ感覚で話題を振ってくることもあります。タイミングを狙うのは難しいですが、今後この状況になった時にそれとなく彼の様子を見てみましょう。

2人きりの時に緊張する友人はいない

好きな人を前にすると、緊張してうまく話せなくなるのは男性にも言えること。いつもグループで遊んでいるなら、2人きりの時の態度をチェックしてください。ほかの友人も一緒の時にはペラペラと話せるのに、2人になった途端しどろもどろになってしまうなら、友達ではなく恋人候補です。 人によってはクールな対応をすることもありますが、それは恥ずかしさを隠そうとして、あるいは慎重になりすぎるあまりの姿。極端になると、目も合わせられません。「もしかして嫌われている?」と落ち込むのは早いです。

自分と異なる意見を持っている人は魅力的

2人きりであれ多人数の場であれ、会話の内容が面白い人に男性は惹かれます。それは自分が持っていない情報に新鮮味を感じるからです。友人関係の場合は、くだらない話でも盛り上がれるというメリットがありますが、裏を返せばそれは中身のない話。彼女になりたいなら話を聞いてばかりでなく、積極的に発言しましょう。 例えば食事を伴うデートの際、男性の「何が食べたい?」に対して、「何でも良い」と答える女性は多いです。しかし本当に何でも良くても、料理名を1つでも挙げられる女性の方が、男性には好ましく見えます。

会話に盛り上がりは不要?

友達ならくだらない話でも盛り上がるとしましたが、好きな人に対しては盛り下がっていようが一緒に居られるだけで良い、と感じるのが男心。とにかく笑える話で場を持たせるなら友人関係です。恋愛観や悩みなど、重い話をしてもすぐ明るくさせようとするなら、相手から友達だと思われています。 それは自分がくだらない話ばかりをしている時でも同じ。ポジティブさを演出するところか、重い話は聞きたくないと思われてしまいます。もし男性が好意を寄せていたら、相談事は聞きたくないと拒否されているように感じてしまうかもしれません。

彼女になって欲しい人への態度も差が出る

好きな人の危険は取り除いてあげたい

飲み会や残業で帰宅が深夜になってしまった時、彼はあなたを家まで送ってくれますか?夜道の帰宅は女性にとって不安なもの。でも友達に対して男性はそこまでのことをしません。方向が同じか、根が親切な人ぐらいでしょう。 でも自分が送らなかったばかりに、大事な人に何かあったら大変です。好きな人へはまだ明るい時間でも送ることを申し出ます。その姿はまるで娘を心配するお父さんかと思うほど。また友達に対して心配しないことはありませんが、それは病気で寝込むなど、男女差を気にしないものばかりです。

褒めるのは恋愛候補の上位から

その場に女性が数人いる時、あなたを恋愛対象に考えているなら、男性はあなたをイラっとさせるような行為はしません。例えばほかの女性の容姿を褒めることは決してしません。礼儀として女性に親切にすることはあっても、それ以上はありえません。どうしても行うなら、まず恋愛として好意を抱いている人から始めます。

好きな人に対してはまめになる

男性は女性と比べると連絡頻度を気にしない傾向にありますが、付き合いたいと願っている相手なら別。友達だと思っている相手は普段から会えることもあって、気が向いたときか用事がある場合のみです。しかも、相手が返信をくれなくても、めげずに自分から追記することもあります。 さらに1つのツールに限らず、電話、ライン、SNSなど、持っている限りの手段で繋がりたいと考えます。特に電話は直接声が聞けるため、好んでいる男性は多いです。互いの都合もありますが、1日2回でも電話があれば女性として見てもらえています。

手を繋ぐ行為は愛がないとできない?

手を繋ぐことは、子供っぽさもあるためか純粋な行為と捉えられます。ハグは友達同士でもできるのに、手を繋ぐのは好きな人とだけというのは男女問わず多いです。仮に歩く時、相手から手を寄せてきたら繋ぎたいサインであり、付き合いたいサイン。加えてこちらから、向こうに恋愛を意識させる手段としても使えます。

友達は対等だから配慮しない

外見の変化はあまり気にしない

男性は鈍い人が多いですが、好意を寄せる人には敏感です。例えば「あれ、髪切った?」が自然と出るのは、本人が敏いだからではなく相手が好きな人だから。友達に対しては気づかないというより、いちいち気にすることではないと考えています。 だからと言って女性側も、気を許せるからとズボラにするのはNG。同じ格好だからこそ惹かれない可能性もあるので、たまにはイメチェンして相手をドキッとさせましょう。

食事などのお誘いもとりあえず感覚

気軽な誘いをするのも友達だからこそ。好きな人にならあるはずの「空いてる?」や、「時間ある?」などの一言がなく、まず「○○へ行こう」から始まります。しかもこちらが断った場合、別の日の提案もありません。その場限りの誘いであり、実行できなくても惜しくないのです。 そして食事をした後、料金の支払いでも気持ちのほどが推し量れます。奢ってくれたのは確かに好意からですが、割り勘を前提として彼の負担が多いぐらいなら、まだ友達寄り。恋愛対象の相手なら一切払わせないのです。加えて好きな人には迷惑をかけたくないので、飲み会の時は終わりまで酔いつぶれません。

友人だからこそバカにする

友情があるからこそ言えるのが罵倒です。もちろん真の意味で貶しているのではなく、冗談半分の言葉。バカ、アホ、間抜け、いずれも友達だから気にしないという判断に基づいています。好きな女性を褒めるのと逆で、冗談でもバカにすることはしないのです。

完璧な女性だから自分の配慮は不要

いずれも配慮に欠けているという共通項がありますが、それは同時に女性側がパーフェクトだと認めている証です。男性は彼女から頼られたい、守りたいという気持ちを常に抱いています。よって脆さやか弱さが感じられない女性を、恋愛対象から外してしまうんです。 完璧であるがゆえに友達としては頼れるので、縁は切らないまま。何かにつけて仕切ったり、あれこれと世話をやくのは悪いことではありませんが、好きな人の前ではほどほどにしましょう。

友達から脱却したいなら女性認識させよう

友達関係から恋愛に発展するケースも0ではありません。しかし友達に該当するままの状況では、ある日突然現れた別の女性に奪わてしまいます。彼の前でだけ、たまには失敗ごとを打ち明けてみましょう。普段のイメチェンでは気づかれないのなら、友人の結婚式などドレスアップできる機会を利用するのも手です。 恋人になるのが嫌なのではなく、今まで対象として見ていなかっただけということも十分ありえます。滅多に見られない一面を見せることで、自分もまた女性の1人だということを、認識してもらいましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。