Large thumb daniel apodaca wmbbbu0lug8 unsplash

【2020】ベリーショートでもコテで簡単かわいいアレンジ!その方法は?

更新:2020.11.12

ベリーショートにしてみたいけど、アレンジが難しいからなかなか挑戦できないと思っていませんか?実は、コテを使えば、誰でも簡単にかわいいアレンジができるのです。今回は、ベリーショートの簡単コテアレンジと、その方法について詳しくご紹介します。ぜひ参考にして下さいね!

ベリーショートをコテで簡単にアレンジするためにしておく下準備は?

①寝癖を直す

寝癖

ベリーショートで気をつけたいのは、髪にクセがつきやすいことです。アレンジする前には、しっかりと寝癖を直して、ベースを作っておくことが大切です。

水で濡らす場合は、寝癖がついている部分だけでなく、寝癖がある根元から軽く濡らします。その後で髪をブローしたり、ドライヤーで伸ばしながら乾かしたりすると、寝癖を直しやすくなります。

②洗い流さないトリートメントなどを使う

ヘアケア

コテやアイロンを使うと、髪はその熱でダメージを受けます。頻繁に使うとダメージが大きくなるので、せっかくおしゃれにアレンジできても、イメージダウンになるかもしれません。

そのため、コテやストレートアイロンを使う前には、洗い流さないトリートメントや熱ダメージ専用のヘアオイルを馴染ませてください。しっかりケアをして、熱からのダメージを防ぐようにしましょう。

ベリーショートをコテで簡単にアレンジするためのポイントは?

①細めのコテを選ぶ

アレンジ

ベリーショートにぴったりのコテの太さは19mm~26mmです。短い髪の毛でもしっかりと細かいカールを作ることができるので、簡単にアレンジができます。しっかりカールをつける、髪の根元を立ち上げる、また、襟足などの細かなところにも使うならば、19mmのものを選ぶと良いでしょう。

ベリーショートでも、ゆるふわなアレンジをしたい場合は、太さ26mmのコテがおすすめです。程よいカールを作ることができて、普段とはイメージが変わります。お休みの日などにやわらかい感じに仕上げたい時は、26mmのコテを選んでください。

②スタイリング剤を使う

コテで満足のいく感じにアレンジできても、巻いただけだと時間が経つにつれて崩れていってしまいます。いい感じの巻き具合をキープするためには、スタイリング剤を使いましょう。

ベリーショートに一番おすすめなスタイリング剤はワックスです。仕上がり感によっては、ワードタイプのワックスやジェルワックスを使い分けるのも良いでしょう。スプレーはエアリーな感じをキープする場合におすすめです。

【前髪編】ベリーショートのコテアレンジ方法3選

①外ハネ

前髪が長めなら、前髪をゆるく外ハネにするとおしゃれになります。コテでゆるく外巻きにして、髪の毛に流れをつけると、やわらかフェミニンなイメージに仕上がります。

前髪をセンター分けして、コテでゆるく外ハネにすると、アンニュイな感じになります。分け目は、指先でおでこの中心からジグザグにつけるのがポイントです。ベリーショートで外ハネにすると、スタイリング方法によって、可愛らしくもなるし、大人っぽくもなります。

②かきあげ

ベリーショートでかきあげバングは王道です。いったん前髪を濡らして、ドライヤーで前髪を上に引っ張りながら風を当てた後、コテで毛先をゆるく巻いて後ろに流します。ワックスを髪全体に馴染ませてから、手に残ったワックスで前髪の毛先を程よく流して完成です。メンズライクな美しい仕上がりになります。

③内巻きと外ハネをミックス

オン眉バングの場合は、内巻きと外ハネをミックスさせるとよりキュートに仕上がります。コテで内巻きと外巻きをランダムに作って、ジェルワックスなどツヤ感があるスタイリング剤を使うと、さらにチャーミングになれます。

【ストレート編】ベリーショートのコテアレンジ方法3選

①ふんわりアレンジ

コテの扱いが心配という方には、ストレートアイロンでも簡単にアレンジができます。やわらかいイメージに仕上げたい時は、トップから毛先まで丸みを持たせるようにストレートアイロンを滑らせます。最後に毛先を内巻きにすると、ふんわりやわらかいフォルムが出来上がります。

大きめなウェーブで大人っぽく仕上げたい時は、ストレートアイロンで根元から内巻き、外巻きとランダムに巻きます。前髪は根元を立ち上げるようにし、毛先を外巻きにします。表面は毛束を少なめに取って、大きく巻きます。手にワックスを馴染ませて毛先からもみ込んだ後、表面の髪を少しつまんでセットすればOKです。

②外ハネ

ボーイッシュな感じに仕上げたい場合は、髪全体をストレートアイロンで外ハネにする方法が良いでしょう。表面の髪を手に取って、上に持ち上げながらストレートアイロンで一回カールさせた後、指を通して髪の毛の流れを整えます。最後にスプレーでセットすれば完成です。

③ストレート×編み込み

ベリーショートにしてから、少しトップの髪が伸びてきたら、編み込みでアレンジするのも良いでしょう。編み込みをする時は、顔まわりの髪の毛を残すのがポイントです。センター分けにして、サイドに向かって編み込みをした後、顔まわりの髪の毛をコテで軽く巻けば、ヌケ感たっぷりの大人ガーリーな印象になります。

編み込みをして顔まわりをすっきりさせると、小顔効果もアップします。メイクやアクセサリーも引き立つので、結婚式やパーティーにも使えるアレンジです。

【ウェーブ編】ベリーショートのコテアレンジ方法5選

①少しだけ軽めに巻く

コテを使って一番簡単にできるベリーショートのアレンジ方法は、少しだけ軽めに巻くことです。ベリーショートでも、少し長さがあるトップの髪や前髪をコテでちょっと巻くと、それだけでもイメージがガラッと変わります。ふんわりやわらかなイメージに仕上げたい場合におすすめです。

全体的な髪の流れとスタイルを意識して、バランスを取りながらボリュームを調整してください。ヌケ感が出て、おしゃれな印象になります。

ベリーショートは、全体的に巻かずに、コテで毛先を巻くだけでも、バランスが取れます。軽く巻くだけで、安定感があっておしゃれなアレンジが簡単にできます。

②くせ毛っぽいカーリーヘア

くせ毛っぽくやわらかいイメージに仕上げたい場合は、細めのコテを使ってランダムに巻くと良いです。毛束を作って、バランスを見ながら、コテで内巻きや外巻きとランダムにワンカールさせるだけでOKです。やわらかめのウェーブによって、簡単にナチュラルなイメージを作ることができます。

巻き方をミックスして毛先を遊ばせてから、エアリーな状態でスプレーでセットすると、外国の少年のようなカーリーヘアにもなります。

③パーマのようなウェーブヘア

太さ19mmのコテを使って、全体的に髪の根元から毛先まで巻くと、ベリーショートでもパーマをかけたようなウェーブを作ることができます。表面の髪を全体的に巻くだけでもOKです。仕上げのワックスは、あえてくしゃくしゃにするようにもみ込むとウェーブがしっかり残り、こなれ感が出てよりおしゃれにセットできます。

ワンレンなど前髪が長めの場合は、コテでウェーブを作ると、モード感が出て大人っぽいイメージになります。前髪をコテで巻いた後、空気を含ませるような感じでふわっとさせて、ウェーブを活かしたままスプレーでセットすれば完成です。

④ふんわりフェミニンヘア

ふんわりフェミニンな印象にしたい時は、少し太めのコテを使います。前髪と表面の髪を一回カールさせた後、全体にバランス良く少量の毛束を作ってから、コテで軽くウェーブを作るように巻いて、動きを付けます。仕上げにスプレータイプのスタイリング剤を全体的にかけて、ふわっとしたウェーブを作って完成です。

ワンレン風の前髪も含めてふんわりとセットする場合も、少し太めのコテを使います。サイドの髪は外巻きにして、後ろはコテを大きく一回だけ巻いて、シルエットをふんわりさせます。前髪は根元をしっかり立てるように巻きます。仕上げはワックスを毛先にもみ込んで、全体的な毛流れを整えて出来上がりです。

⑤ヘアピンをプラス

コテで巻いた髪にヘアピンをつけることで、また違ったアレンジが可能です。コテでウェーブヘアにアレンジしてから、複数のヘアピンをこめかみに一列に並べただけで、洗練された大人の印象に。髪の色よりも明るめの色のヘアピンを選ぶと、よりおしゃれなイメージになります。

細めのコテで髪をランダムに巻いてから、ワックスなどのスタイリング剤でキープします。そしてヘアピンをクロスにして、バランスよく何ヶ所かつけると、可愛らしく仕上がります。

ベリーショートはコテで簡単にいろいろとアレンジできますが、どんなベリーショートにしようかまだ迷っている方もいると思います。今人気のベリーショートスタイルを紹介する記事がありますので、こちらも参考にしてから、どのようなコテアレンジをしたいか考えるのも良いでしょう。

コテでアレンジしたベリーショートにぴったりのスタイリング剤は?

①ハードタイプワックス

M keep aspect %e3%83%98%e3%82%a2%e3%83%af%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9
ザ・プロダクト ヘアワックス
Amazonで商品の詳細を見る 楽天で商品の詳細を見る

ベリーショートにしたからには、コテでアレンジした状態をしっかりキープしたいところです。そのセット力をしっかりキープする方法は、ハードタイプのワックスを使うこと。コテで巻いたカールやハネをしっかりとキープしてくれます。

ワックスを手に馴染ませてから、髪の毛にもみ込むように使うと、程よい毛束感を保つことができます。また、ワックスを馴染ませた手で髪の毛の流れを整えると、そのままキープできるので、セットはとても簡単です。コテでアレンジしたベリーショートの髪のスタイリングには、ハードタイプのワックスはマストアイテムです。

②ジェルワックス

M keep aspect %e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%aa%e3%83%bc
Loretta(ロレッタ) ハードゼリー
Amazonで商品の詳細を見る 楽天で商品の詳細を見る

トレンドの濡れ感に仕上げる方法は、ウェットな質感のジェルワックスを使うのがおすすめです。毛束を調整しながらエアリー感を出すと、今っぽく簡単にセットできます。ワックスのようなキープ力もあるので、しっかりとセットできます。

③ヘアオイル

濡れ感を出したいなら、ヘアオイルもおすすめです。ストレートアイロンで髪全体を真っ直ぐにした後、ヘアオイルを手ぐしで馴染ませて、コームで毛の流れを整えると、こなれ感ばっちりのスタイルに。ハードタイプのワックスにヘアオイルをプラスして使う方法もおすすめです。

スタイリング剤をしっかり選べば、ベリーショートのヘアセットも簡単です。選んだスタイリング剤によって、アレンジのバリエーションも多くなります。ワックスを使ったヘアアレンジを紹介する記事がありますので、アレンジの幅を広げるための参考にしてみてください。

ベリーショートでもコテを使って簡単かわいいヘアアレンジを楽しもう!

ベリーショート

コテを使えば、ベリーショートでも簡単にたくさんのアレンジができます。使い慣れれば、さらにアレンジの幅が広がります。軽く巻くのもよし、ウェーブを作るもよし、たまにストレートアイロンで真っ直ぐにするのもよいでしょう。毎日違った巻き方にして、ベリーショートのアレンジを楽しんでください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。