Large thumb shutterstock 448692139

【軽井沢】12月上旬・中旬・下旬の服装|気温や天気に適した冬コーデは?

更新:2019.11.24

軽井沢の12月にはどんな冬コーデをしていくべきなのか気になりませんか?この記事では、軽井沢の12月にぴったり適した冬コーデをご紹介します。気温や天気に合わせた服装を提案するので、参考にすることで冬の軽井沢を快適に過ごせること間違いなしです。

【上旬・中旬・下旬】軽井沢12月の天気や気温は?

軽井沢の12月の天気と降水量

白い雪

軽井沢の12月の天気は、一ヶ月を通して曇りが多い傾向に見られます。また、雪が降る日も決して少なくないので、用心しておくようにしましょう。足元は滑りにくい靴で行くとベストです。レインブーツなど、滑り止めがついているのものだとなお安心でしょう。天気が良いとは言えない一ヶ月なので、防寒対策が大切です。

軽井沢の12月の最高気温・最低気温・平均気温

ピンクの雪

軽井沢の12月の最高気温は、上旬のみ高い日が見られました。ただ、中旬、下旬と決して高くはありません。最高気温なのにも関わらず7度台です。最低気温になると、上旬から下旬まで全て氷点下です。特に下旬の冷え込みは辛く、マイナス10度を記録しています。平均気温も低いので、かなり寒いことを意識しましょう。

軽井沢の12月気温・降水量

(2018年データ) 12月上旬 12月中旬 12月下旬
平均気温 5℃ -1℃ -2℃
降水量 9mm 9mm 0.5mm
最高気温 20.4℃ 7.8℃ 7.7℃
最低気温 -7.7℃ -9.6℃ -10.4℃

軽井沢の12月の服装選びポイント!

上旬

黄色いマフラー

軽井沢での服装を選ぶとき、上旬に気をつけて欲しいのは暖かいダウンコートなど、厚手のものを着るようにすることです。トップスなども、ニット素材など暖かいものを選んでください。寒い空気が入り込む余地がないほどに防寒をすることで、やっと軽井沢の外に安心して出ることができると思っておくとちょうど良いでしょう。

中旬

マフラーの女性

中旬に軽井沢での服装を選ぶなら、ポイントは上旬と変わらないくらい防寒をすることです。マフラーや手袋などの防寒具もプラスしておくと、より暖かさを感じられて良いでしょう。もしくは、インナーの下に色々と着込むのもおすすめです。腹巻きやカイロなど、使えるものは全て総動員して防寒をしましょう。

下旬

可愛い手袋

上旬、中旬と冷え込みが続く軽井沢ですが、下旬が最も冷え込みます。そんな下旬に服装を選ぶのであれば、中旬よりもさらに暖かい格好を心がけるべきです。例えば、ファーがついているものを選ぶようにしたり、アウターの下にアウターを重ねてきたりすると良いでしょう。ボトムスの下にはタイツを履くとベストです。

【上旬編】軽井沢の12月の服装コーデ

①オリーブダウン×レッドニットコーデ

オリーブ色のダウンとニットの組み合わせは、斬新でカジュアルな雰囲気を醸し出します。色で遊ぶ大人なコーディネートという言葉がぴったりです。地味になってしまいがちな冬のコーディネートだからこそ、普段は着ないような色同士の組み合わせで遊んで、少しでも寒くて憂鬱な気持ちを晴らすようにしましょう。

②レディジャケット×ホワイトバッグコーデ

レディな雰囲気のジャケットが主役のコーディネートは、セレブ風でかっこ良く決まります。ポケットの部分にファーがついているので、暖かさも十分に得られるでしょう。小物はホワイトの小さなバッグを合わせることで、どこまでも上品にまとめてください。サングラスなどの小物を合わせても、クールに見えますよ。

③ブラックダウン×柄スカートコーデ

ブラックのダウンには、総柄のスカートを合わせて個性的にまとめましょう。どうしても同じような雰囲気ばかりになってしまいがちな冬のコーディネートですが、柄物を投入するだけで簡単にいつもとは違う雰囲気になります。足元にはブラックの靴を合わせることで、柄を入れても騒々しくならず綺麗にまとまります。

④ファージャケット×タートルネックコーデ

ファージャケットは、寒い冬の必需品です。特に軽井沢の12月上旬にはマストアイテムと言ってよいでしょう。気温が低い日は特に重宝すること間違いなしなので、天気が悪い日などはファージャケットを羽織ってください。カーキ色のファージャケットには、ホワイトのインナーを合わせてさらりとシンプルに決めましょう。

⑤グリーンカラーコート×ダメージデニムコーデ

グリーンの鮮やかなファーコートは、暖かさ抜群です。見た目も個性的で可愛らしいので、色々な場面に大活躍間違いなしです。ベーシックに着られる色味も良いですが、一枚個性的な色味のアウターを持っておくと重宝するでしょう。アウターが派手な色味なので、インナーはモノトーンでシックにまとめてください。

【中旬編】軽井沢の12月の服装コーデ

①スポーティーグリーンボリュームダウンコーデ

深いグリーンのダウンジャケットには、スポーティーなパーカーを合わせてカジュアルにまとめましょう。軽井沢では、ウィンタースポーツが盛んです。動き回ることを想定して、スポーティーな服装が好ましいでしょう。ウエストポーチと合わせて身軽なコーディネートをして、たくさんアクティブに活動してください。

②ベビーピンクダウン×ワイドホワイトパンツコーデ

ベビーピンクが可愛いダウンコートとホワイトのパンツを合わせると、まるでお姫様のようなガーリーな雰囲気に仕上がります。暗い色ばかり着てしまいがちな冬だからこそ可愛い色味で気分を上げていきましょう。天気が悪い日は特に気持ちが落ち込みがちですが、明るいパステルを取り入れると気分が上がること間違いなしです。

③ダスティーピンクダウンコーデ

観光にぴったりな明るい色のダウンジャケットで、冬の軽井沢を楽しむコーデはいかがですか?ダスティーピンクなら主張しすぎないので、大人の女性でも落ち着いて着ることができます。ピンクを取り入れたいけれどむずかしいという大人女子にこそ挑戦して欲しいアイテムです。インナーは落ち着いた色を選びましょう。

④ミントグリーンファーコートコーデ

ミントグリーンのファーコートは、ゴージャスに見えるだけではなく、エレガントさも兼ね備えています。素敵な大人の女性のコーディネートが完成するでしょう。インナーは全てホワイトで統一することで、清潔感を感じさせるコーディネートに仕上がります。首元にはホワイトのファーマフラーで上品に決めてください。

⑤ブラックロングダウンコートコーデ

すっかり寒い12月中旬の軽井沢では、ロングのダウンコートが大活躍間違いなしです。冬の観光にもぴったりなシンプルなシルエットのコートで、冬をエンジョイしましょう。観光地に持っていけるコートの数は限られていますが、黒のダウンなどのベーシックなものなら毎日問題なく着回すことができるのでオススメです。

ロングコートを使った着まわしをたくさん覚えておくと、寒い12月中旬の軽井沢でのコーデに役立ってくれること間違いなしです。そこで以下に、ロングコートを使った秋冬の人気レディースコーデをまとめた記事を添付しておきます。以下の記事をこの記事と併せて読めば、おしゃれ上級者になれるでしょう。ぜひ読んで下さい。

【下旬編】軽井沢の12月の服装コーデ

①ブラックボリュームダウン×ボーダートップス服装コーデ

12月下旬の軽井沢観光を楽しむなら、ボリュームダウンの存在が欠かせません。シンプルなコートですが、その分インナーにボーダーなどの柄を取り入れることで、全体的におしゃれな雰囲気に見えます。さりげなく柄を取り入れることで、見た目にもうるさくないシンプルさが強調されたファッションに仕上がりますよ。

②キャメルボリュームダウンコーデ

キャメル色のボリュームダウンは、柔らかい色味が女性らしさを引き立ててくれること間違いなしです。裏地がチェック柄になっているので、さりげないオシャレを主張できます。はっきりとした柄物が苦手な人でも、裏地に柄が入っているくらいなら毎日のコーデに上手に取り入れられるのではないでしょうか。

③ベージュファーダウンコーデ

ベージュのファー付きダウンを主役にしたコーディネートは、柄物のスカートと合わせて上品でフェミニンな服装に仕上げましょう。冬でも可愛いロングスカートを履きたいという女性は多いですよね。そこで落ち着いたアウターと合わせることで、上手に着こなすことができます。試してみてください。

④ブラックダウン×イエロートップスコーデ

マットな質感が可愛いブラックダウンは、イエロートップスと合わせて個性を発揮させましょう。斜めがけのバッグはグリーンを選ぶことで、カラフルでポップな雰囲気に仕上がります。大人が上手にコーデにポップさを取り入れるには、全てのアイテムのシルエットをシンプルに揃えることがポイントです。

⑤ワインレッドダウンコーデ

ワインレッドのダウンは目立つので、観光にぴったりです。インナーにはタートルネックを着込むことで、寒さを防止しましょう。ボトムスはいたってシンプルなスキニーを選ぶことで、シックでクールな表情を作ってください。天気が悪い日でもこれなら寒さを感じずに済むでしょう。

冬のコートといえばダウンです。そこで以下に、カラー別の秋冬から春にかけて着るべきダウンコートコーデをまとめた記事を添付しました。色々な種類のダウンコートを着こなすことで、冬の観光を楽しんでください。

【番外編】軽井沢の12月におすすめの持ち物は?

①マフラー

M keep aspect 11027242 1  1
X.A マフラー ¥7,900
楽天で商品の詳細を見る

マフラーは、冬の軽井沢になくてはならないものです。観光中外にいて寒い時も、マフラーがあれば寒さをしのぐことができます。天気が悪い日には特に重宝するでしょう。その日のコーディネートの系統に近いものを選んで、ぴったり合うようにコーデしましょう。

②カイロ

M keep aspect 1855028  1
桐灰 カイロ ¥1,538
楽天で商品の詳細を見る

カイロは、簡単に体を温めてくれる便利アイテムです。これさえあれば、もう冬の寒さに過剰に悩まされることはありません。寒くて辛い日でも、特に冷える部位に貼っておけばしっかりと暖かさを感じることができるでしょう。ポケットにも入れておくと、いつでも簡単に手先を温められます。

③手袋

M keep aspect at20160010 full 01
Attivo 手袋 ¥2,980
楽天で商品の詳細を見る

手袋は、シックなデザインのものを選んで毎日のコーデに合わせるのがおすすめです。観光地には是非持って行って欲しいアイテムです。天気が悪くて寒い日は、手先がかじかんでしまいがちです。そんな時に役に立ってくれるでしょう。

軽井沢の12月に相応しい服装で冬を乗り切ろう!

観光地の軽井沢は、12月になるととても冷え込みます。そんな季節でも、ウィンタースポーツなどで賑わう軽井沢を楽しむには、冬らしい服装をすることがポイントです。しっかりと防寒対策をとっておくことで、冬の軽井沢を誰よりも楽しむことができるでしょう。是非この記事を参考にしてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。