INDEX

【上旬・中旬・下旬】横浜3月の天気や気温は?

横浜の3月の天気と降水量

振り向く女性

横浜の3月の天気は、上旬は雨の日が多くみられます。折り畳み傘やレインコートなど、観光の際も邪魔にならないような雨具を持っておくと良いでしょう。中旬は晴れの日が続き、下旬は曇りや雨の日がちらほら見られます。天気が崩れると体感温度は下がり、春とはいえ寒くなるので防寒具も忘れないでくださいね。

横浜の3月の最高気温・最低気温・平均気温

ドリンクを飲む人

3月の横浜の平均気温は、10度に始まります。中旬と下旬は12度になり少し上昇しますが、1ヶ月を通してそれほど気温は高くなく、寒さを感じるでしょう。春の訪れの季節とはいえ、まだまだ冬の冷えを残しているのが横浜の3月です。最低気温は一桁台前半なので、防寒対策は冬のつもりでしっかりと行いましょう。

横浜の3月気温・降水量
(2019年データ) 3月上旬 3月中旬 3月下旬
平均気温 10℃ 12℃ 12℃
降水量 80mm 32.0mm 5.0mm
最高気温 16.9℃ 21.5℃ 23.9℃
最低気温 2.3℃ 3.3℃ 1.1℃

横浜の3月の服装選びポイント!

上旬

クールな女性

3月上旬にぴったりな服装を選ぶなら、厚手のアウターが必須です。ボトムスも長め丈のものを選ぶようにして、全体的な露出は少なくしましょう。インナーには発熱素材のものを取り入れるなどして、快適に過ごせるようなコーデを組んでください。ただ、色使いをパステルにするなど春らしさも忘れないようにしましょう。

中旬

サングラスの女性

上旬に比べ少しだけ気温が上昇するとはいえまだまだ寒い3月中旬の服装選びは、インナーの数を一つ減らす程度にしておきましょう。薄着が良いという場合は、最低限のインナーとアウターにプラスしてマフラーなどの防寒具を取り入れるのがおすすめです。帽子をファッションのアクセントにしつつ防寒するのも一つの手です。

下旬

暖かいファッション

横浜の3月下旬は、中旬とあまり変わらない温度です。そのため、防寒意識は抜かりなく持っておきましょう。春の観光とはいえ、アウターは必須です。春らしいパステルのニットにアウターを羽織ると、快適に過ごすことのできる実用的な季節感たっぷりのコーデが完成するでしょう。暖かい服装を意識してください。

【上旬編】横浜の3月の服装コーデ

①ボリュームダウン×ニットワンピコーデ

ボリュームのあるピンクダウンにニットワンピースを合わせたコーデは、春らしい色合いと防寒性を見事に兼ね備えたファッションです。ウエスト部分には細いベルトを巻くことによって、スタイルアップ効果も得られます。観光にぴったりなスニーカーにも似合う服装なので、3月上旬の横浜を存分に楽しめるでしょう。

②ファーアウター×白ニットコーデ

ブラウンのファーアウターは、見た目にも暖かく3月上旬の寒さから身を守ってくれます。ホワイトのシンプルなリブニットと合わせて、観光を快適に楽しめる服装に仕上げましょう。ボトムスはミニ丈ですが、寒さを感じる場合は厚手のタイツを合わせるのがおすすめです。これなら完全防寒で外出を楽しめるでしょう。

③ロングアウター×セットアップコーデ

ロングのアウターは、クールなセットアップと合わせてミステリアスでスタイリッシュな着こなしをしましょう。個性的なスタイルなので、他と被らないのも嬉しいポイントです。コケティッシュなメイクと合わせると、まるでモデルのような着こなしが叶います。洗練されたクールなファッションです。

④ライトダウン×ダメージデニムコーデ

ライトダウンは、軽いのに暖かさ抜群で3月上旬にぴったりなアイテムです。きちんと感のある上品なアイテムですが、あえてダメージデニムと合わせることでカジュアルダウンさせましょう。ホワイトのライトダウンは、合わせるアイテムによって色々と表情を変えることのできる優秀なアイテムなので使い勝手抜群です。

⑤ベージュボアアウター×くすみピンクワンピースコーデ

ベージュの可愛いボアアウターは、優しいくすみカラーのピンクワンピースと合わせましょう。どちらも春らしい色味で、春の観光にはぴったりです。気温が低い日でも、ボアアウターなら快適に過ごせること間違いなしです。足元はパステルブルーのパンプスを合わせて、差し色にすると個性的なコーデに仕上がります。

【中旬編】横浜の3月の服装コーデ

①ブルーワンピース×ショートダウンコーデ

綺麗なブルーのワンピースは、ショートダウンと合わせることでシンプルな着こなしを実現しましょう。足元にはショートブーツを合わせることで、大人っぽく落ち着いた着こなしが叶います。観光の際も、このファッションなら横浜の風景に溶け込むことができて良い写真が撮影できますよ。天気が良い日の散歩にぴったりです。

②イエローダウン×ショートトップスコーデ

落ち着いたイエローのダウンは、ショート丈のトップスと合わせて、肌見せコーデを楽しんでみましょう。寒い季節に肌見せコーデをするのは無謀にも思えるかもしれませんが、暖かいダウンと合わせれば問題ありません。ボトムスはベルト付きのデニムを合わせて、スタイルアップして見せてくださいね。

③キルティングジャケット×カーキパンツコーデ

キルティング素材のクールなジャケットは、カーキの落ち着いたパンツと合わせることでセクシーな着こなしを実現しましょう。暗い色同士の掛け合わせですが、インナーにホワイトを取り入れると色の対比が綺麗なスタイルが完成します。天気が悪くて気温が低く寒い日でも、このコーデなら問題ありません。

④ラブリーダウン×ホワイトシューズコーデ

ラブリーなピンクのダウンは、フリルやハートなど女子が好きなモチーフがふんだんに詰め込まれています。チェーンバッグと合わせて、ドリーミーな着こなしをしましょう。白タイツを合わせると、よりガーリーでお姫様のような着こなしができます。3月中旬の神戸でも自分らしさを忘れない素敵な服装です。

春といえばピンクと言って良いほど、季節にしっくりと合うカラーです。そこで、以下に春のピンクコーデをまとめた記事を添付しておきました。着るだけで可愛くなれる魔法のピンク色は、様々な取り入れ方をすることができます。ラブリーな着こなしは似合わないと思うあなたも、気に入るピンクの活用法が見つかるはずです。

Small thumb shutterstock 402572776
関連記事 春のピンクコーデ36選|スカート・ニット・シャツなどレディースの着こなし術

レディースの春のカラーと言えば、ピンクが初めに思い浮かぶのではないでし

⑤ダウンパーカー×白ニットコーデ

ダウンパーカーには白ニットを合わせて、カジュアルシンプルな着こなしをしましょう。天気が良い日のアクティブ散歩にもぴったりです。3月中旬も終わりごろに近づき、ダウンコートは暑すぎると感じる時、ダウンパーカーはぴったりのアイテムです。

【下旬編】横浜の3月の服装コーデ

①ファーコート×黒ワンピースコーデ

茶色のファーコートには黒ワンピースを合わせたラフな着こなしがおすすめです。斜めがけのショルダーバッグもブラウンで揃えて、コンパクトにまとめましょう。だんだん暖かくなりつつある3月下旬の春の日差しを感じながらの観光にぴったりです。

②ファートレンチコート×タートルネック服装コーデ

ファーのついたトレンチコートは、冬と春の狭間の気温にある3月下旬にぴったりです。ウエストマークのリボンがスタイルを引き締めて見せてくれるでしょう。インナーには白のタートルネックを合わせて、さっぱり爽やかな着こなしがトレンド風です。

③ボアアウター×ミニワンピースコーデ

ボアのアウターは、ミニワンピースと合わせてカジュアルセクシーに着こなしましょう。足元にニーハイブーツを合わせることで、スタイルを良く見せることができます。暖かさを感じられつつも、少し露出をすることで冬から春へ移り変わる季節感をうまく体現したファッションです。

黒ワンピースを使ったコーデには、他にも色々なスタイルがあります。そこで以下に、黒ワンピのオススメコーデをまとめた記事を添付しておきました。シンプルなのにおしゃれな着こなしがたくさんま紹介されているので、是非参考にしてください。

Small thumb shutterstock 496348018
関連記事 黒ワンピースのコーデ38選!シンプルなのにおしゃれな着こなし術を伝授!

シンプルな黒ワンピースは可愛いものの、コーデの仕方が難しい印象がありま

④ベージュダウン×チェックスカートコーデ

ベージュのダウンは、3月下旬の天気が悪く気温が低い日にぴったりです。温かみを感じさせるチェックのスカートと合わせることで、春らしい着こなしを実現させましょう。トップスはグレーを合わせることで、色の調和がとれてバランスの良いスタイルに仕上がります。

⑤ボアアウター×デニムコーデ

ボアアウターにデニムを合わせたコーデは、定番とも言えるスタイルです。そんなスタイルをちょっぴり個性的でラグジュアリーに変えるために、チェーンバッグや黒のラインを取り入れましょう。スタイリッシュな着こなしが叶います。

【番外編】横浜の3月におすすめの持ち物は?

①マスク

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af

エリエール

マスク

楽天で詳細を見る

花粉が飛び出す3月の横浜では、マスクをつけておくのがおすすめです。マスクがあれば、感染症予防にもなるので、季節の変わり目で風邪をひきやすいこのシーズンにぴったりです。メイクが落ちにくいよう加工されているものもあるので、観光の際も邪魔になることなくつけられます。かさばらないので持っておきましょう。

②リップクリーム

%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

花王

リップクリーム

楽天で詳細を見る

3月といはいえまだまだ寒く空気も乾燥している横浜では、リップクリームが必須です。特に唇の皮はめくれやすいので、放置しておくとどんどん乾燥してしまいます。お気に入りの香りのついているものや、色付きのものだと化粧直しを兼ねることもできて、気分も上がります。ポーチの中に忍ばせておきましょう。

③のど飴

%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%82%99%e9%a3%b4

ノーベル製菓

のど飴

楽天で詳細を見る

寒さが続く3月の横浜では、喉が乾燥してしまいがちです。喉が乾燥すると、ウイルスに感染するリスクも高まります。季節の変わり目は特に体調悪化に気をつけるべきとされているので、のど飴の力を借りましょう。薬用成分の入っているものや喉に良い成分の含まれているものだと、効果覿面で気分転換にもなります。

3月の横浜は春らしい服装で観光を楽しもう!

3月の横浜は、春らしい服装で観光をしませんか?まだまだ寒い3月ですが、春らしさを取り入れた暖かいコーデをすれば問題ありません。天気が悪い日は冷え込むので、マフラーなどの暖かい小物をプラスすると良いでしょう。この記事に紹介したファッションを参考にしながら、3月の横浜を存分に楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。