INDEX

【上旬・中旬・下旬】横浜2月の天気や気温は?

横浜の2月の天気と降水量

雪と手袋

2月の横浜の天気は、上旬が晴れ時々雨、中旬が曇り時々雪、下旬は晴れと曇りと雨が見られます。雪が降る時期があるということからわかるように、気温がかなり下がるのが横浜の2月です。観光をする際は、しっかりと防寒をして楽しみましょう。また、雨の日にも対応できるよう雨具の用意も必携です。

横浜の2月の最高気温・最低気温・平均気温

ピンクの雪

横浜の2月の平均気温は、一ヶ月を通してそれほど変動しません。上旬と中旬は6度で、下旬になると7度になります。一ヶ月を通して、平均気温が10度を超えることはないので、しっかりと厚着をしましょう。最高気温は10度を超えますが、それでもあまり高い気温と言えません。最低気温は氷点下なので特に注意が必要です。

横浜の2月気温・降水量
(2019年データ) 2月上旬 2月中旬 2月下旬
平均気温 6℃ 6℃ 7℃
降水量 17.0mm 2.0mm 23mm
最高気温 14℃ 12.2℃ 13.2℃
最低気温 -1.2℃ -0.2℃ -0.2℃

横浜の2月の服装選びポイント!

上旬:厚手のコートと防寒具の着用を心がける

ファーコートの女性

2月上旬の横浜にぴったりな服装をするには、厚手のコートと防寒具の着用を心がけるのがポイントです。これら2点があれば、寒い2月上旬の横浜も快適に過ごすことができるでしょう。また、インナーは重ね着をするなどして、アウターだけに頼らない工夫も必要です。足元はブーツなどを履いて、おしゃれに防寒しましょう。

中旬:暖かいアイテムを着用する

隣を見る

上旬と変わらない気温の2月中旬の横浜では、タートルネックやセーターなど暖かいアイテムを着用するのがおすすめです。ボトムスも重ね着をするなどして、冬の観光にも耐えうるような防寒コーデを心がけてください。天気が悪く雪が降るような日はさらに冷え込むので、予備のカーディガンがあるとなお安心できます。

下旬:見えない所で防寒を

振り向く女性

下旬になると、上旬や中旬に比べて少しだけ平均気温が上がるとは言え、まだまだ気が抜けないのが横浜の2月です。そんな時期にコーデで気をつけたいポイントは、カイロなどの小物の力を借りることです。重ね着をしたり厚着をするだけでは、寒さ対策にも限界があります。腹巻きやカイロなど、見えない所で防寒しましょう。

【上旬編】横浜の2月の服装コーデ

①ノーカラーコート×ストールコーデ

ノーカラーのコートは、シンプルで洗練された大人の美しさを引き出してくれます。ストールと合わせることで、暖かさもバッチリ得られる実用性十分なファッションに仕上がるでしょう全体的にグレー、ホワイト、ブラックのみでまとめることにより、クールな表情に仕上げた服装です。天気の良い日の観光にぴったりです。

②カーキダウン×ネイビーワンピースコーデ

カーキ色のダウンは、落ち着いた色味なのでマルチに使うことができます。ネイビーのワンピースと合わせることで、大人っぽい雰囲気のファッションに仕上げてください。シンプルなコーディネートなので、華やかさが欲しい時は長めのチェーンネックレスをするのがおすすめです。

ネイビーのワンピースは、色々と着回すことのできる便利なアイテムです。そこで以下に、ネイビーに合う色を紹介している記事を添付しました。使い勝手の良いネイビーのワンピースに合わせるアイテムが複数見つかれば、冬の観光に持っていく荷物も少なくて済むでしょう。ぜひ参考にしてください。

Small thumb shutterstock 249095608
関連記事 ネイビーに合う色5選!紺に何色合わせる?差し色チェンジでイメチェン♪

秋冬にオススメのネイビーに合う色と、差し色を活かしたネイビーコーデを一

③アイボリーロングジャケット×ジーンズコーデ

アイボリーのロングジャケットは、シンプルなジーンズと合わせることでナチュラルな服装に仕上げましょう。天気が悪い日でも、これなら暖かく過ごすことができます。小物は全てブラックで統一することで、大人っぽい表情をプラスしてください。マフラーはジャケットとお揃いの色で素朴にまとめましょう。

④グリーン×ブラックコーデ

グリーンとブラックを合わせると、シックな雰囲気のコーディネートに仕上がります。シフォン素材の透け感が、コーデに斬新さをもたらしてくれるでしょう。一辺倒になりがちな冬のファッションだからこそ、新しい異素材を取り入れた服装を選ぶことで、観光をより自分らしく楽しむことができます。

⑤レッドダウン×チェックロングスカートコーデ

目を引く赤のダウンジャケットは、落ち着いた色味のチェックスカートと合わせることでガーリーに仕上げましょう。トップスはホワイトを選ぶと、アクセントとなって全体の印象が暗くなりすぎません。ついダークなトーンばかり選んでしまいがちな冬服ですが、明るい色を積極的に取り入れ気分を高めましょう。

【中旬編】横浜の2月の服装コーデ

①ピンクダウンジャケットコーデ

ライトピンクのダウンジャケットは、可愛らしく女性らしい雰囲気です。実用的なダウンを可愛く着こなしたいなら、パステルカラーを選ぶと良いでしょう。ボトムスには同じく淡い色のパンツを選ぶことで、全体的に柔らかい印象に仕上がります。2月中旬にぴったりな、バレンタインにもおすすめのキュートコーデです。

②ラインボアジャケットコーデ

ラインの入ったボアジャケットは、つい着膨れしてしまいがちなシルエットをタイトに見せてくれる優秀アイテムです。キルティングのチェーンバッグと合わせて、ラグジュアリーなファッションに仕上げてください。足元にはロングのブーツを合わせると、ビシッと決まります。足見せファッションを楽しみましょう。

③くすみピンクワンピース×ボリュームダウンコーデ

くすみピンクのワンピースには、ボリュームのあるダウンコートを合わせてシルエットの対比を楽しみましょう。スッキリした印象のワンピースに大きめサイズのアウターを羽織ることで、実用性はもちろん緩急のあるスタイルが完成します。メリハリのあるコーデはスタイルをよく見せてくれますよ。

④グレーワンピース×ブラックアウターコーデ

グレーのワンピースには、ロング丈のブラックアウターを合わせてみましょう。エレガントな雰囲気に仕上げるため、ヒール靴を合わせるのがポイントです。全体的にシックで大人っぽい印象のファッションに仕上がります。天気が悪い2月中旬の横浜にも溶け込む、落ち着いたトーンの服装です。

⑤ブルーダウン×ホワイトスカートコーデ

鮮やかなブルーのダウンには、オフホワイトのスカートを合わせて配色を楽しむコーデに仕上げましょう。目立つ色同士の掛け合わせですが、派手にならずデイリーユースするために靴は黒、バッグはシンプルなグレーを合わせてください。これなら、観光地でも浮くことなくおしゃれな服装に仕上げることができます。

【下旬編】横浜の2月の服装コーデ

①ファーデニムジャケット×グレータイツコーデ

ファーのついた贅沢なデニムジャケットは、グレーのタイツと合わせてシルエットの対比を楽しみましょう。体を華奢に見せることのできるコーデなので、2月下旬の着太りしがちなシーズンにぴったりです。

②ホワイトピンクダウン×チェックミニスカートコーデ

天気が悪く気落ちしがちな日は、ホワイトピンクのダウンとチェックミニスカートでフェミニンガーリーなコーデを楽しみましょう。2月下旬の冬の終わりにぴったりです。ベージュのバッグと合わせて、爽やかに着こなすのがトレンドです。

③ムートンジャケット×ブルートップスコーデ

ムートンジャケットには、ブルーの鮮やかなトップスを合わせて大人っぽくまとめましょう。長め丈のトップスをあえてシャツインせずに着こなすことで、レイヤー風コーデが楽しめます。ボトムスはチェックスカートを合わせて、個性的なスタイルに仕上げましょう。

④ホワイトボアジャケット×ダメージジーンズ服装コーデ

ホワイトのボアジャケットは、あえてくすんだカラーにすることでユーズド感が出てワイルドな着こなしが実現します。ダメージジーンズを合わせて、よりパンクにまとめましょう。個性的なファッションですが、観光地でも周りに埋もれることなく自分らしい服装をしたい人にぴったりです。

ダメージジーンズは、冬服にこそ取り入れて欲しいアイテムです。そこで以下に、冬服にダメージジーンズを取り入れたコーデを紹介している記事を添付しました。冬のレディースファッションにダメージジーンズを取り入れる時の流行りについて触れているので、参考にしながら自分らしいスタイルを見つけてください。

Small thumb %e3%82%b8%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba
関連記事 【2019年】冬服ダメージジーンズコーデ21選!レディースの流行りは?

ダメージジーンズはおしゃれアイテムとして持っている方も多いかと思います

⑤ロングコート×ブラウンパンツコーデ

ロングのホワイトファーコートには、優しいブラウンのパンツを合わせることでナチュラルなコーディネートを仕上げましょう。足元はボトムスと同じ色味のスニーカーにして、全体的にガーリーな雰囲気を醸すファッションにするのがトレンドです。2月下旬にぴったりな服装です。

【番外編】横浜の2月におすすめの持ち物は?

①カイロ

%e6%a1%90%e7%81%b0

桐灰

カイロ

楽天で詳細を見る

貼るだけで簡単に温まることのできるカイロなら、冬の寒さも吹き飛ばすことができます。2月の横浜には欠かせないアイテムと言えるでしょう。体の中でも特に冷えが気になる部位に貼っておいてください。また、貼らないタイプのカイロをポケットなどすぐに取り出せるところに入れておくのも良い対策になります。

②ホットドリンク

960 0708

キリンビバレッジ

ミルクティー

楽天で詳細を見る

寒さを感じたら、体の内側から温まるのがおすすめです。そこで、冬の観光には温かいドリンクを持参しましょう。ホットドリンクがあれば、喉を潤すことができるだけでなく、体が温まります。ホッと一息つくきっかけにもなるので、2月の横浜で外出する際にはぜひ携えておいてほしいアイテムです。

③マフラー

Lesgo

LESGO

マフラー

楽天で詳細を見る

冬の寒さをしのいでくれる一番のアイテムといえば、やはりマフラーでしょう。首元には毛細血管がたくさん集まっているので、ここを温めてあげると全身に暖かさを感じます。マフラーがあれば、手軽に寒さをしのぐことができるのもこのためです。コーディネートにぴったりなおしゃれなマフラーを選びましょう。

2月の横浜は冬らしい服装で楽しもう!

2月の横浜は、冬らしい厚手のアウターで楽しみませんか?この記事で紹介したような完全防寒したファッションなら、きっと冬の観光も快適に楽しめるでしょう。マフラーなどの小物と組み合わせながら、おしゃれを意識しつつ暖かい服装を心がけてください。天気予報にも気をつけて、横浜の2月を楽しみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。