Large thumb 20201226185715613 1000

《最低気温2度》の服装12選!防寒バッチリ&おしゃれな冬コーデ集♪

更新:2021.01.06

最低気温2度の日は、どのようなコーデが適しているのでしょうか。ここでは最低気温2度にぴったりな服装を、スカートやパンツ、ワンピースに分けてご紹介します。寒い冬に最適なアウターの種類や、コーデのポイントもチェックしましょう。

最低気温2度の服装にぴったりなコートの種類は?

①ダウンコート

M keep aspect %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88
アンリ ロングダウン フード付き ¥4,980
Amazonで商品の詳細を見る

ダウンコートは、寒い冬の日にぴったりな定番のコートの一種です。見た目の重厚感とは裏腹に軽いアイテムが多いため、疲れにくいという特徴があります。ロングコートは特にインパクトが強いので、エッジの利いたレディースファッションにしたい人におすすめです。

シンプルにまとめたい場合は、黒系の落ち着いたカラーを選びましょう。カジュアルなアイテムなので、ちょっとしたお出かけや昼間のデートにぴったりですよ。比較的プチプラで手に入るので、何枚かストックしておくのにも適しています。

②ボアコート

M keep aspect %e3%83%9c%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88
アドティエ ボアコート ¥3,990
Amazonで商品の詳細を見る

もこもこが可愛いボアコートも、最低気温2℃に適したアウターです。フェミニンなデザインで、コーデに適度に可愛さをプラスすることができます。もちろん、防寒性も優れているため、真冬のコーデにおすすめです。

着膨れが気になる人は、ショート丈のアイテムを選びましょう。可愛らしくなりすぎる場合は、裏地がボア素材になっているアイテムが合わせやすいですよ。ボアコートの着方がわからない人は、以下の記事を参照してみましょう。

③キルティングコート

M keep aspect %e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88
ナノ・ユニバース リバーシブルキルティングコート ¥13,859
Amazonで商品の詳細を見る

防寒性と軽さが魅力のキルティングコートも、最低気温2℃の服装に合うアウターです。ダウンコートと同じくボリューミーですが、軽量なので長時間着られます。また、気温が上がった際に持ち運びやすいのも特徴です。

合わせ方でカジュアルにも渋くもなるので、一枚持っておくとコーデの幅が広がりますよ。カーキ色のアイテムが多いですが、冬の服装なら白系もおすすめです。防寒重視の人は、フード付きのものを選ぶと良いでしょう。

【スカート】最低気温2度の服装4選

①オレンジニット×レザープリーツスカート

オレンジのニットとプリーツスカートを使った、大人っぽい服装です。最低気温が2℃の日は、ニット系のアイテムを使ってしっかり防寒しましょう。茶色のノーカラージャケットに合わせて、オレンジ系のアイテムを用いると相性の良い着こなしになります。

トップがスタイリッシュなので、ボトムスは動きの出るフレアスカートがおすすめです。さらにプリーツデザインにすることで、きれいめに着こなすことができます。レザー生地にすると、甘すぎない大人のレディースファッションになりますよ。

②ダウンジャケット×ニットスカート

ダウンジャケットとニットスカートの、フェミニンなレディースコーデです。白を基調にすることで、全体的に明るい服装に仕上がっています。最高気温が10℃以上まで上がることもある日は、短めのダウンジャケットでも暖かく過ごせますよ。

アウターが短い分、スカートをニット素材にするとしっかり防寒ができます。白さが気になる場合は、靴やバッグといった小物に差し色を取り入れましょう。落ち着いたグレー系のほか、目を引く赤や黒もおすすめです。

③ノーカラーコート×レーススカート

淡い色のロングコートとレーススカートの、エレガントなレディースコーデです。気温がそれほど上がらない寒い日は、足元まであるコートで防寒をしましょう。サイズが大きめのものを選べば、ゆとりのあるニットを中に着ても違和感は出にくいです。

トップとは対照的に、ボトムスにレーススカートを合わせるとすっきりと見えます。最低気温2℃に合わせて、裏起毛の素材を使うのがおすすめですよ。裾に向かって広がるシルエットで、さらに上品な雰囲気が増します。

④ファーコート×ドットタイトスカート

ファーコートとタイトスカートを合わせた、きれいめなレディースコーデです。短めのファーコートは主張が強すぎず、様々なファッションアイテムに合います。大人っぽく仕上げたい人は、中にハイネックの細身のニットを合わせるのがおすすめです。

合わせるボトムスは、タイトスカートにするとエレガントに見えます。可愛さを足したい場合は、ドット柄や明るい色のアイテムを選びましょう。他にも冬のスカートコーデが知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【パンツ】最低気温2度の服装4選

①キルトダウンコート×トラウザーパンツ

キルトダウンコートとトラウザーパンツで、渋めに着こなした服装です。全体にくすみがかった色を使い、落ち着いた雰囲気を出しています。ダウンコートは軽いアウターなので、日中に気温が上がった際も持ち運びやすいのが特徴です。

中の服装もカジュアルなセーターで揃えると、ゆるく着こなせます。対してボトムスにフォーマルなトラウザーパンツを合わせることで、コーデにメリハリをつけることができますよ。茶色系を取り入れることで、メンズライクな服装になります。

②ボアジャケット×デニムパンツ

ボアジャケットとデニムパンツの、ゆるめのレディースコーデです。最低気温2℃の日のアウターは、比較的軽量で長時間着ても疲れにくいボア素材が向いています。見た目がボリューミーなので、中は着膨れして見えにくいスマートなニット系のプルオーバーがおすすめです。

ゆる可愛く着こなしたい人は、ボトムスのデニムを大きめにしてみましょう。締め付け感がない分動きやすいので、ショッピングや旅行などたくさん歩く予定がある日にぴったりですよ。デニムの色を薄めのブルーにすることで、よりラフな印象が出せます。

③ノーカラーコート×黒パンツ

ノーカラーのロングコートと黒パンツの、大人カジュアルな服装です。全体を寒色系で合わせることで、冬コーデの雰囲気が程良く出ています。寒色系と言っても明るめの色がメインなので、重たい印象にはなっていません。

無地のコートの大人っぽさと、ボーダーのカジュアルさが上手くミックスされています。パンツを黒にすることで、服装全体が引き締まりますよ。夜間は首元が寒いので、マフラーなどを用意しておくと便利です。

④ステンカラーコート×プリーツパンツ

ステンカラーコートとプリーツパンツの、スタイリッシュな服装です。ステンカラーコートはシンプルなので、プリーツパンツなどのユニークなアイテムともマッチします。より個性を出したい人は、チェックなど柄物を合わせましょう。

プリーツパンツがおしゃれなので、合わせるトップスはシンプルなデザインがおすすめです。ハイネックにすれば、シンプルでも目を引くおしゃれな着こなしになりますよ。

【ワンピース】最低気温2度の服装4選

①チェスターコート×ベスト付ワンピース

チェスターコートに黒のワンピースを合わせた、大人なカラーを使った服装です。無地同士の組み合わせですが、ベストの柄でメリハリが出ています。また、チェスターコートがオーバーサイズなので、シックになりすぎずゆるさがあるのが特徴です。

コートの薄いカラートーンの効果で、黒のワンピースでも重たい印象にはなっていません。さらにスニーカーを合わせているため、親しみやすさが出ています。ボリュームが気になる場合は、腰にベルトを巻いても良いでしょう。

②茶色コート×レザーワンピース

茶色のコートとレザーワンピースの、甘辛な組み合わせです。レザーのワンピースはクールな雰囲気が出ますが、茶色のチェック柄コートで落ち着きが足されています。また、インナーに黄色のニットを用いることで、ガーリーなファッションになるのもポイントです。

レザーのワンピースは、ジャンパースカートタイプにすると可愛く着こなせます。もし足が冷えるようであれば、中にデニムを履くのもアリですよ。夜に外で過ごすという人は、厚めのマフラー類を用意しておきましょう。

③ボアブルゾン×パーカーワンピース

ボアブルゾンにパーカーワンピースを合わせた、ゆる可愛いレディースコーデです。丈の短いボアブルゾンは、ワンピースのシルエットをきれいに見せてくれます。そのため、ゆるめのパーカーワンピースでも、着膨れして見えにくいのが特徴です。

パーカーワンピースは、首元が覆える大きめのフードが付いたものをおすすめします。また、スリットが入ったアイテムを選ぶことで、脚長効果が期待できますよ。さらにコーデにメリハリをつけたい場合は、ベルトやネックレスなどのアクセサリーを合わせてみましょう。

④グレーコート×青タートルワンピース

グレーのノーカラーコートとタートルワンピースの、爽やかなレディースコーデです。アイテムは大きめサイズですが、涼し気な色を使うことで軽さが出ています。コートに襟がないデザインなので、大きめのタートルネックを合わせても息苦しく見えません。

また、しっかり首元が覆えるタートルネックにすることで、防寒具を持ち歩く手間が省けます。ニットワンピースは寒い春先まで着られるので、一枚持っておくと便利ですよ。

最低気温2度のコーデのポイントは?

①防寒を意識した服装にする

茶色いコートを着る女性

最低気温が2℃の日のレディースコーデは、防寒を意識して服を合わせましょう。最低気温2℃の東京は、日中は10℃前後まで気温が上がる日もあります。しかし、日差しがあっても空気が冷たいため、しっかり防寒できるアイテム選びが重要です。

例えば、アウターにボアやウール素材のものを着たり、中に厚めのニットを合わせても良いです。アウターに厚めのものを合わせたら、中は薄めの生地にするとすっきりと見えますよ。それでも寒い場合は、ボトムスも保温性の高い生地を選びましょう。

②首元を暖かくする

マフラーを巻く女性

最低気温が2℃の日は、首元を暖かくするのがポイントです。例えばハイネックのニットや、首までボタンが留められるシャツ類などを選びましょう。また、天気が悪く気温が上がらない日は、マフラーなどを持ち歩くと便利です。

首元が冷えると疲れやすくなるため、特に長時間行動する日は冷やさないよう注意してください。マフラーのボリューム感が気になる人は、取り外しができるネックウォーマーがおすすめですよ。

最低気温2度に合ったおしゃれな服装を見つけよう

寒い日のレディースコーデは、アウターとトップスやボトムスのバランスが大切です。もし、合わせ方がわからなくなった時は、記事内の服装を参考にしてみてくださね。定番のアウターでもスカートとパンツでは印象が変わるので、ぜひ色々な服装に挑戦してみましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

休日は読書や音楽を聴いて過ごしています。最近は料理の楽しさにも気づき始めました。思わず参考にしたくなるような、最新の情報を取り入れた記事の執筆を心がけています。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。