INDEX

2019年秋コーデで使える流行のデニムシャツと着こなし方は?

注目アイテムと着こなし方①ロングデニムシャツ

ロングデニムシャツや丈の長いダンガリーシャツは、長期間トレンド入りしている流行アイテムです。ロングデニムシャツは、アウターとして使うならボタンをはずしてインナーを見せると良いでしょう。また、ワンピースとして使うならボタンを留めてベルトと合わせても素敵です。

注目アイテム②ビッグサイズデニムシャツ

ビッグサイズのデニムシャツも、流行・トレンド入りしているアイテムです。こちらは、着こなす際に気崩しを意識してみると良いでしょう。例えば、襟元に余裕を出して羽織ったり、敢えて片方だけをボトムにインしてみるなど、ゆるさを出すことでレディースファッションならではの華奢な雰囲気が演出できます。

2019年秋のトレンド・流行のパンツ×デニムシャツコーデ6選

①テーパードパンツ×デニムシャツ

大人女子の必須アイテムでもあるテーパードパンツにも、実はデニムシャツが似合います。かっちりしたイメージの強いテーパードパンツですが、デニムシャツと合わせることで程よいカジュアル感を生み出してくれます。

ポイントは、デニムシャツの裾をボトムにインすることです。細身のベルトと合わせてみても、洗練されたイメージを出すことができます。デニムシャツのボタンは、上1~2個外すとトレンド・流行の着こなしができます。

②スリムパンツ×デニムシャツ

スリムタイプのパンツとデニムシャツの組み合わせは、スタイルが良く見えるレディースファッションの1つです。着こなし方も簡単で、デニムシャツを流行・トレンドの柄付きや、刺しゅう入りにすれば、雰囲気も出ます。

スリムタイプとデニムシャツとの組み合わせのポイントは、テーパードパンツ同様ボトムにインすることです。しっかり入れ込むよりも、ふわっと入れ込むことで、女性らしい着こなしができるほか、下半身が細く見えます。

③クロップドパンツ×デニムシャツ

残暑が気になる時期には、クロップドパンツを取り入れたデニムシャツコーデも最適です。特に、ボーイッシュな印象の強いクロップドパンツには、やや派手目な印象の刺しゅう入りや柄付きのデニムシャツがおすすめです。

ダメージ加工などのカジュアル感の強いパンツを選ぶ際は、裾をインせずに出したままにするとカジュアルさが強調され、流行・トレンドの着こなしを楽しむことができます。ちなみに、襟のないデニムシャツを選んでも素敵です。

④ワイドパンツ×デニムシャツ

ここ最近、レディースファッションの中でも流行・トレンド入りしているワイドパンツにも、デニムシャツはとても良く似合います。デニムシャツをアウターとして着こなしてみると、コーデをまとめてくれる役割もしてくれます。

レディースファッション上級者は、襟元をやや広げゆったりと着こなしている人も多いです。首元や、手元など、フェミニンでおしゃれなレディースアクセサリーをさりげなく見せることで、女性らしさも演出することができます。

⑤ジョガーパンツ×デニムシャツ

今年特に注目されている流行のレディースファッションの1つである、スポーツミックスでも、デニムシャツは有効です。特に、スポーツブランドなどのジョガーパンツには、デニムシャツは良く映えるのでぜひおすすめです。

初心者が上手に着こなしするためのポイントは、デニムシャツの裾をボトムにインすることです。カッチリ入れるのではなく、ゆったり気味に入れ込んだり、敢えてボタンを掛け違えたりしてみるとさらに着こなし方も上がります。

⑥オーバーオール×デニムシャツ

サロペットやオーバーオールのように、アウトドアにも使えるファッションアイテムには、デニムシャツとの相性が抜群です。特にビッグサイズのデニムシャツなら、ゆったりと気崩すこともできるので、着こなしも簡単にできます。

ちなみに、次の記事ではオーバーオールの秋冬コーデを紹介しています。そちらも参考にしてみると、さらに上級者向けのデニムシャツとの着こなしポイントが習得できるかもしれません。ぜひ、そちらも併せてご一読下さい。

Small thumb shutterstock 564544348
関連記事 サロペット・オーバーオールコーデで大人かわいい!秋冬コーデ33選

サロペット・オーバーオールコーデというと若い子が着ているようなイメージ

2019年秋のトレンド・流行のスカート×デニムシャツコーデ6選

①ワンピース×デニムシャツ

ワンピースにもデニムシャツは合わせることが可能です。アウターとしてデニムシャツを合わせることで、ワンピースを使ったコーデにまとまりを出してくれます。また、デニムシャツは、ほどよいカジュアル感も出してくれます。

そのため、大人女子でも遊びのあるレディースファッションを楽しみたい時にも使えるテクニックの1つです。ちなみに、デニムシャツの色をワンピースのテイストに合わせて変えることで、コーデの印象も大きく変わります。

②ロングスカート×デニムシャツ

最近はレディースファッションの中でもロングスカートが人気です。ロングスカートには、デニムシャツを合わせて見るとまとまりが良くなります。写真のように、グレーのスカートなら、やや色味の濃いデニムシャツを選ぶとおしゃれです。

また逆に、色味の濃いスカートなら色味の薄いデニムシャツを選ぶとバランスがとりやすくなります。ロングスカートの場合、デニムシャツの襟もとをゆったりと気崩すことで、さらに流行の着こなしを楽しむことができます。

③ストレートスカート×デニムシャツ

ストレートタイプやペンシルタイプなど、ややタイトな印象の強いスカートはかっちりとしたイメージももれなく強いものです。しかし、そんなタイトなスカートであっても、デニムシャツは組み合わせることが可能なんです。

かっちりしたイメージの強いボトムは、裾のインでバランスがとれます。しかし、インしないことでカジュアル度の高い着こなしが楽しめます。さらに、カジュアル度を上げたいのであれば、スニーカーをプラスしても素敵です。

④ストレートスカート×編み上げデニムシャツ

トレンドの編み上げデニムシャツを使ったコーデは、女性らしい優しい印象のレディースファッションを楽しめます。写真のように、後ろにさりげない編み上げがあるだけでも、フェミニンな優しい装いになるため、大人女子にも最適です。

着こなしのポイントは、写真のように襟元がゆったりとしたデニムシャツには、柄物のインナーと合わせてみることです。インナーを使うことで、襟元から覗くさりげないチラ見せのおしゃれが楽しめて、とてもおすすめです。

⑤スカート×編み上げリボンデニムシャツ

バッグに編み上げリボンがついたデニムシャツは、ややボーイッシュな印象を和らげてくれるレディースファッションのためのアイテムです。特に、フォルムの優しいリボンつきのデニムシャツは、スカートとの相性も抜群です。

リボン付きの編み上げデニムシャツは、特殊な形状のためフォーマル系のスカートにはやや合わせづらい傾向にあります。しかし逆に、ふわっとした印象のスカートには合わせやすい特徴を持ちます。ガーリーな印象強化にもおすすめです。

⑥チェックスカート×装飾付きデニムシャツ

印象の強いタイプのチェックのスカートには、敢えてインパクト大のデコレーションが付いたデニムシャツを合わせてみてもおすすめです。組み合わせに古着感が出るので、個性あるレディースファッションが楽しめます。

ちなみに、個性と個性がぶつかり合う着こなしになるため、小物は敢えて控えめにしておくのが、この着こなしのポイントでもあります。なかなか難しい着こなしなので、自分にぴったりなお気に入りの組み合わせを探してみましょう。

2019年秋のトレンド・流行のロングデニムシャツコーデ5選

①レギンス×ロングデニムシャツ

デニムシャツをワンピースと見立てるのであれば、ボトムは細身のレギンスやスパッツにしてみるとよいでしょう。すっきりとしたラインが協調できるので、レディースファッションの中でも細見え効果におすすめな着こなしができます。

流行乗りたいのであれば、スリット入りの厚手のレギンスにしてみても素敵です。さらに、上級者は、襟元を立ててみたり、ベルトと合わせて洗練されたイメージを追加してみても、素敵な着こなしをすることができます。

②シャツ×ロングデニムシャツ

襟なしのロングデニムシャツは、アウターとしても優秀です。襟がないことで、襟付きシャツとの相性も良くなります。写真のように、ホワイト系のシャツを選ぶなら、ロングデニムシャツは濃い色味を選ぶとバランスも良いです。

シャツ×シャツはトリッキーさを感じますが、襟がなければ重ね着しても問題なく着こなしすることができます。シンプルなのに、おしゃれな着こなしができるため1着持っておくと便利なタイプのロングデニムシャツです。

③キャップ×デニムシャツ

キャップを使ったファッションにも、デニムシャツはしっくりくる着こなしが可能です。キャップでスポーティーさが増すようにも思いますが、超ロング丈のデニムシャツなら、洗練されたイメージを作ることが可能です。

ちなみに、ロングデニムシャツにキャップを合わせるなら被り方にも工夫してみましょう。次の記事では、様々な被り方を紹介しているので、ぜひキャップを取り入れたファッションが楽しみたい方は参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 416819719
関連記事 キャップ女子必見のかぶり方5選!帽子のかぶり方で前髪も可愛く!

最近ではキャップをかぶる女子、いわゆるキャップ女子も急増しています!た

④ウェストベルト×ロングデニムシャツ

ロングデニムシャツのデメリットは、ラインのメリハリがないことです。それをうまくカバーできるのがウェストベルトです。ウェストベルトをプラスすることで、ロングデニムシャツにメリハリを生み、スタイリッシュさが出ます。

ロングデニムシャツにベルトが付いているならそのまま使うのもありですが、細身のベルトを選んで付けるのもおすすめです。やや上のラインにベルトを配置すれば、スタイルにバランスの良さをプラスすることができます。

⑤スニーカー×デニムシャツ

デニムシャツとスニーカーは、抜群の相性の組み合わせです。しかし、あまりにハマりすぎると、カジュアルさだけが先行して新鮮味も失われがちになることもあります。そんな時は、気崩しポイントに注目してみましょう。

デニムシャツはビッグサイズをチョイスし、襟元をゆったりとしてみるのがおすすめです。スニーカーは、ローカットタイプにしたり、レギンスを使ったりして足首をチラ見せしてみると、よりおしゃれ度も高くなります。

2019年秋のトレンド・流行のダンガリーシャツコーデ5選

①スキニーパンツ×ダンガリーシャツ

薄手のデニムシャツは、パンツとの相性が抜群です。スキニータイプのパンツなら、ほっそりとした細見えコーデが楽しめます。ゆったりした印象の強いダンガリーシャツなら、なおさら女性らしい着こなしが楽しめます。

スリムパンツと合わせる際は、裾をインすると良いと言いましたが、裾が長めなロングシャツや、ダンガリーシャツは、外に出しても素敵な装いが楽しめます。上下ボタンを外し、気崩しを楽しむとさらに雰囲気も出ます。

②パンツ×襟なしダンガリーシャツ

特に女性は、襟のないシャツの着こなし方が難しいと思っている人も多いものです。特に、テーパードパンツなどのかっちりしたイメージの強いパンツの場合、どう着こなしたらいいのか疑問を持つ人もいることでしょう。

襟のないダンガリーシャツと、かっちりイメージの強いパンツの場合は、敢えてボタンをしっかり留めてみましょう。また、裾は敢えて入れないことで、かっちりしすぎ感が防げるため、女性らしい着こなしが楽しめます。

③柄スカート×ダンガリーシャツ

柄物のスカートとダンガリーシャツの組み合わせは、レトロおしゃれなファッションが楽しめます。特に柄が大きいタイプのスカートや、アニマル柄のスカートは、インパクトも大きいので個性的な着こなしが楽しめます。

レトロ度を上げたいのであれば、ダンガリーシャツの裾は敢えてスカートの中に入れ、袖のロールアップとボタンの外し方に気を付けてみましょう。さらに小物のテイストを揃えれば、素敵なレトロファッション出来ます。

④タイトスカート×ダンガリーシャツ

ストレートスカートやペンシルスカートなど、タイトなスカートの場合、ダンガリーシャツはどういう風に着こなせばいいのか迷う人も多いものです。先ほど、デニムシャツと組み合わせる際は裾を入れないと紹介しました。

しかし、素材によっては入れてしまうのも良いです。ダンガリーシャツのようにふんわりフォルムのデニムシャツは、裾をインすると女性らしさが出ます。襟元をあければ、さらに高度なフェミニンファッションが出来ます。

⑤エスニックワンピース×ダンガリーシャツ

憧れのエスニックファッションですが、意外と難しいのがアウターとの合わせ方です。そんな時は、ダンガリーシャツやデニムシャツをアウターにしましょう。エスニックファッションは、それ1つだけだと浮きがちになることもあります。

しかし、ダンガリーシャツのようなデニムシャツと合わせることで、エスニック感がほどよくマイルドになり、バランスもとりやすくなります。秋の季節感を出したい人は、帽子や靴に秋色を取り入れてみると良いでしょう。

2019年秋のトレンド・流行のデニムオンデニムコーデ5選

①小物使いがおしゃれなデニムオンデニムコーデ

デニムオンデニムは、色が統一されやすく着こなしが難しいものです。そんな時は、小物でインパクト出すのがおすすめです。バッグや靴など、デニムとは相反する色を入れることで、まとまりを敢えて外すことができます。

トレンド感を出すなら、写真のように赤いパンプスなど、暖色系のカラーアイテムを取り入れるとデニムオンデニム特有のいかつさを解消することができます。また、敢えて上下のデニムの色を変えてみるのもよいでしょう。

②太ベルト使いがおしゃれなデニムオンデニム

最近のレディースファッションの中では、フェミニンな細いベルトが人気です。しかし、まとまりが出やすいデニムオンデニムでは、インパクトのある太いベルトを用いるとバランスがとりやすくなるため、大変おすすめです。

特に、印象的なバックルのベルトなら、デニムオンデニムのようなアクセントが付けづらいファッションでも、インパクトあるアクセントとして使うことができます。デニムシャツをガーリーなデニムブラウスにしても素敵です。

③ブラウス使いがおしゃれなデニムオンデニム

ボーイッシュな印象のデニムオンデニムも、中に着るものをガーリーなものに変えるだけでガラッと印象が様変わりします。特に流行の花柄のブラウスなどは、チラ見せによって女性らしさが演出できるのでおすすめです。

合わせるデニムシャツは、襟なしのビッグサイズにしておくことで、バランスのとれたデニムオンデニムコーデが楽しめます。このコーデを着こなすことができれば、スポーツミックスコーデや甘辛ミックスコーデにも使えます。

④プリーツデニムスカート使いがおしゃれなデニムオンデニム

デニムスカートはレディースファッションの定番ですが、最近はプリーツタイプのデニムスカートにも注目が集まっています。組み合わせの難しいプリーツデニムスカートですが、デニムオンデニムにしてみるのもおすすめです。

着こなしが難しいデニムオンデニムですが、足元のチラ見せと、中に着るものを工夫するだけで着こなしもしっくりきます。ちなみに、デニムシャツはピッタリサイズよりもビッグサイズを選ぶと、華奢なイメージが出やすいです。

⑤ロングデニムシャツ遣いがおしゃれなデニムオンデニム

ゆるっとした印象と、スポーティーな印象の融合によるデニムオンデニムコーデです。ロングデニムシャツとロングスカートは、どちらもラインがストンと落ちるタイプのアイテムですので、合わせづらいことが欠点です。

しかし、Tシャツをスカートにインすると、だらしなさがカバーできます。ちなみに、ボーイッシュな印象になりがちなデニムオンデニムですが、ベルトや腕、足首を見せることにより女性らしさも演出することができます。

2019年秋流行・トレンドのデニムシャツブランドは?

①SLOBE IENA

SLOBE IENAは、大人女子でもガーリーなファッションが楽しめるブランドです。SLOBE IENAのデニムシャツは、風合いが綺麗なので羽織った時に柔らかいラインが出やすく、フェミニンな印象をもたらしてくれます。

②BAY FLOW

BAY FLOWは、ママ世代が使いやすいカジュアルなラインが多いブランドです。自然な着こなしができるデニムシャツは、手持ちのアイテムとも合わせやすいのでこの秋初めて挑戦するという人にもおすすめなアイテムです。

③BEAMS LIGHTS

BEAMS LIGHTSからは、カジュアルとフェミニンがうまく融合された、個性的なデニムシャツが販売されています。一辺倒になりがちなデニムシャツですが、個性を出したい人や、女性らしさを演出したい人におすすめなブランドアイテムです。

秋のデニムシャツでコーデのまとめテクが使えるようになろう!

デニムを使ったトータルコーデ

デニムシャツは通年通して使えるアイテムです。デニムシャツは、秋色にも合うので、着こなし方がわかれば、より素敵なコーデが楽しめます。ぜひみなさんも、デニムシャツをファッションに取り入れて楽しんでみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。