INDEX

コットンパックとは?

コットンと水と化粧水でできる手軽で簡単なスキンケア

洗面所

コットンパックとは、コットンと水と化粧水を使った手軽で簡単なスキンケアです。コットンを水で濡らし、いつも使っている化粧水をコットンにひたしてパックするだけなので、普段のお手入れにも取り入れやすいのが魅力です。コットンは、数枚に分けられるものや大きめのものが使いやすくて良いでしょう。

下記の関連記事では、コットンパックをするのにおすすめのコットンや化粧水についてご紹介しています。ぜひ、参考にして、あなたにピッタリのコットンや化粧水を見つけてみて下さい。

Small thumb shutterstock 1043817034
関連記事 コットンパックにおすすめのコットン・化粧水11選!美白になる使い方のコツも!

コットンパックの効率をアップさせるには化粧水選びが重要なのですが、どの

コットンパックは短時間でお肌の水分量がアップ!

潤う

コットンパックは、短時間でお肌の水分量がアップします。お肌の水分量が増えることで肌トラブル対策にもなります。しかも、コットンパックは、乾燥肌の方だけでなく、混合肌や脂性肌の方にまで効果的なスキンケアなのです。

混合肌の方も実はお肌の水分量が足りず、逆に乾燥を防ごうと皮脂を過剰分泌してしまっていますりなのでしっかりとお肌を潤すことが大切です。脂性肌の方は、ビタミンC誘導体や大豆イソフラボンが配合された化粧水を使うことでお肌を正常な状態に戻してくれます。

コットンパックすると美容液やクリームが浸透しやすくなる

メイク

コットンパックをすると角質層がやわらかくなります。すると、コットンパック後の美容液やクリームが浸透しやすくなります。お肌の水分量をアップしてくれるだけでなく、浸透も良くしてくれるので、キメの整った美肌へと導いてくれます。

すると、ファンデーションなどの化粧のりもコットンパックをすることによって良くなってきます。お肌の調子が悪い時や化粧のりが良くない時は、夜にコットンパックをしてから寝ると朝のお肌の調子が改善されるので、試してみましょう。

コットンパックの正しいやり方は?

コットンパックの正しいやり方①メイク汚れはしっかり落とす

スキンケア

コットンパックの正しいやり方1つ目は、メイク汚れはしっかり落とすことです。毛穴に汚れが残っているとせっかくコットンパックをしても逆にお肌が荒れる原因にもなってしまいます。汚れをしっかり落として清潔な肌の上からコットンパックをしましょう。

また、クレンジングをして洗顔をする前に蒸しタオルで毛穴を開いておくのもおすすめです。蒸しタオルは、水に濡らして、軽く絞り電子レンジで約1分温めるとできます。だいたい3分間蒸しタオルをするのがおすすめです。

コットンパックの正しいやり方②パック時間は3~5分程度

時計

コットンパックの正しいやり方2つ目は、パック時間は3~5分程度を目安にしましょう。あまり長くコットンパックをするとコットンがせっかくお肌に浸透した水分を吸収してしま、逆にお肌が乾燥してしまいます。コットンパックをしたまま寝てしまったり、他のことをして時間を忘れてしまったりしないように注意しましょう。

特に化粧水にアルコールやエタノールが含まれているものは、水分の気化が早いので、早めにパックをやめましょう。とろみのある濃厚な化粧水だとコットンの乾燥もゆっくりなので、化粧水の種類によって時間を変えるのが良いです。

コットンパックの正しいやり方③コットンパック後は乳液でハンドプレス

スキンケア

コットンパックの正しいやり方3つ目は、コットンパック後は乳液でハンドプレスすることです。コットンパックを取ったあとは、できるだけ早く乳液で保湿してあげるとより潤いが続きます。さらにお肌に浸透させるように丁寧にハンドプレスしましょう。

コットンパックの正しいやり方④温めた化粧水で濡らす

電子レンジ

コットンパックの正しいやり方4つ目は、温めた化粧水を使って濡らすことです。冷たい化粧水より電子レンジで少し温かい化粧水の方がお肌への浸透力もアップします。人肌くらいの温かさがベストです。ただし、ビタミンCが配合された化粧水などは、温めることによって壊れてしまうので温めるのはNGです。

コットンパックの正しいやり方⑤コットンパックの上からラップをする

保湿

コットンパックの正しいやり方5つ目は、コットンパックの上からラップをすることです。サランラップを鼻と口の部分に穴を開けたものを用意し、コットンパックした上にのせます。そうすることにより、化粧水が蒸発するのを防ぎ、より肌への浸透力をアップします。

コットンパックの効果的な頻度は?

コットンパックの効果的な頻度①週1~2回or毎日

カレンダー

コットンパックの効果的な頻度1つ目は、お肌の調子にもよりますが、基本的には週1~2回が理想です。ただ、毎日しても全く問題はありません。ただ、肌トラブルが起きている時はやめましょう。普段のお手入れに+αのコットンパックでスペシャルケアをするとお肌が潤います。

コットンパックの効果的な頻度②肌断食の翌日

うたた寝

コットンパックの効果的な頻度2つ目は、肌断食の翌日に行うことです。肌断食とは、化粧水や乳液、美容液、クリームなどのスキンケアをせずに肌の状態をリセットする美容法です。過剰なスキンケアは、逆に肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

その肌断食をした翌日にコットンパックをすると効果的です。なぜなら、肌断食をした翌日は、より化粧水の浸透がアップするからです。肌断食後は、1日2~4回コットンパックをしてもOK!下記の記事では、肌断食で使えるファンデーションを紹介しているので参考にして下さい。

Small thumb shutterstock 401799376
関連記事 石鹸で落とせるファンデーション・下地18選|肌断食で使えるプチプラも

石鹸で落とせるファンデーションと下地のおすすめをご紹介します。クレンジ

コットンパックの効果的な頻度③日焼け後

海

コットンパックの効果的な頻度3つ目は、日焼け後のアフターケアとして行うことです。お肌のクールダウンと保湿効果が期待できます。ただし、日焼け後は肌トラブルと同じようにお肌が敏感になっているので、低刺激の化粧水を選びましょう。

化粧水などは、美白効果のあるものを顔全体または、気になるシミやくすみの部分にパックするのがおすすめです。肌の色素沈着を防いでくれます。

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方とは?

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方①オーガニックコットンを使う

コットン

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方1つ目は、オーガニックコットンを使うことです。肌トラブルを起こして、いつも以上にお肌が敏感になっています。そんな時には、お肌への負担が少ないオーガニックコットンがおすすめです。

コットンパックは、長い時間お肌に触れているので毛羽立つようなコットンは、逆に化粧水が早く蒸発してしまうので、肌トラブル中は向いていません。肌トラブル中だけでなく、敏感肌の方にもオーガニックコットンを使うとお肌にやさしいでしょう。

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方②低刺激性の化粧水がおすすめ

化粧水

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方2つ目は、低刺激性の化粧水を使うことです。肌トラブル中にいつも使っている化粧水でコットンパックすると刺激が強すぎて、さらにお肌の状態を悪化させてしまいます。そうすると肌への浸透力も下げてしまいます。

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方③精製水を使う

水

肌トラブル中のコットンパックの正しいやり方3つ目は、精製水を使うことです。コットンパックには、コットンと水、化粧水が必要ですが、この時の水を水道水ではなく精製水に変えることで肌トラブルで敏感になっている時でも肌への負担が最小限に抑えられます。

肌トラブルがない場合に水道水を使用するのには全く問題はありません。水道水には、塩素などの消毒薬が含まれています。一方で精製水は、ろ過され弱酸性の状態になっています。そのため、お肌にやさしい成分になっているので、肌トラブル中には精製水がおすすめです。

毛穴の乾燥のケア方法やコツは?

毛穴の乾燥のケア方法やコツ①プチプラの化粧水でコットンをヒタヒタに

化粧品

毛穴の乾燥のケア方法やコツ1つ目は、プチプラの化粧水でコットンをヒタヒタにすることです。お肌が乾燥すると弾力性が失われて、毛穴が広がってしまいます。コットンパックは、コットンでフタをすることにより、角質層深くまで化粧水が浸透して肌のキメを整えてくれます。

しかし、高い化粧水を使うともったいないという気持ちの方が勝ってしまい、使う量を自ずと少なくしてしまいがちです。それでは、コットンパックの効果も失われてしまいます。だからこそ、遠慮なくたっぷり使える大容量でコスパの良い化粧水がおすすめです。コットン全体が塗れるようにたっぷり化粧水を染みこませましょう。

毛穴の乾燥のケア方法やコツ②乳液でコットンパック

はっきりした輪郭

毛穴の乾燥のケア方法やコツ2つ目は、乳液でコットンパックすることです。乳液は、お肌に必要な水分と油分を必要な分だけ補ってくれる効果があります。いくら化粧水をたっぷりお肌に塗ったからといって安心してはいけません。化粧水後に乳液でフタをしなければ、お肌はどんどん乾燥してしまいます。

特に毛穴の乾燥が気になる場合は、ローションパックより保湿効果が高い乳液でコットンパックする方がお肌も潤い、化粧のりも良くなります。乾燥しやすい冬場や季節の変わり目に1週間に1回程度を目安に乳液パックするとお肌の状態もキープできます。

毛穴の乾燥のケア方法やコツ③お風呂上りすぐにコットンパックする

入浴中

毛穴の乾燥のケア方法やコツ3つ目は、お風呂上りすぐにコットンパックすることです。入浴後の体が温まっている状態の時は、毛穴も開いているので、すぐにコットンパックすることで肌の角質層まで水分が行き届きやすくなっています。

コットンパックの正しいやり方と頻度でキメの整った美肌へ

コットンパックの正しいやり方や効果的な頻度、毛穴の乾燥のケア方法について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?いつものスキンケアにプラスコットンパックをすることでお肌の調子を調えられます。

正しいやり方や頻度を守ることでさらにお肌がみずみずしくなります。コットンパックでキメの整った美肌になりませんか?簡単なのでぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。