INDEX

手作りのガーゼハンカチを赤ちゃんに!必要な材料・道具は?

手作りガーゼハンカチの材料と道具①ダブルガーゼ生地

Amazonで詳細を見る

手作りガーゼハンカチの材料と道具の1つ目は、ダブルガーゼ生地です。最近は、柄やサイズが豊富でインターネットでも簡単に手に入るようになっています。また、記事にこだわりたい方は、オーガニックな素材を選ぶこともできるので、割と身近で用意することができます。自分好みの記事を用意しましょう。

手作りガーゼハンカチの材料と道具②裁ちばさみ

Amazonで詳細を見る

手作りガーゼハンカチの材料と道具の2つ目は、裁ちばさみです。裁ちばさみは普通のはさみと異なり、布地を裁つ専用のはさみで、まっすぐ綺麗に切れるようになっています。お持ちではない方は1ついいものを持っておくと、子供の入園準備などで役に立つのでおすすめです。

手作りガーゼハンカチの材料と道具③縫い針・縫い糸

Amazonで詳細を見る

手作りガーゼハンカチの材料と道具の3つ目は、縫い針と縫い糸です。縫い針は、一般的な手芸用の針を用意し、縫い糸もハンカチに合わせた色のものを用意しましょう。こちらも、どこにでも手に入るものですので、お持ちでない方は1セット常備しておくと色々なシーンで役立ちます。

ちなみに、100均アイテムでも手芸は簡単にすることが可能です。次の記事では、安くて可愛い小物の作り方を紹介していますので、赤ちゃんに色々な手作りハンドメイドのものを用意してあげたい方はぜひ参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 607492355
関連記事 100均アイテムで簡単手芸!安くてかわいい小物の作り方15選!

自分でなにか作ってみたいけれど不器用だし…と悩んだことはありませんか?

手作りガーゼハンカチの材料と道具④まち針

Amazonで詳細を見る

手作りガーゼハンカチの材料と道具の4つ目はまち針です。まち針とは、縫い代や布同士を固定させるのに使うもので、最近は特にデザインの可愛いまち針も多いものです。ハンドメイドのやる気を出させてくれるものでもあるので、お気に入りのものを用意しましょう。

手作りガーゼハンカチの材料と道具⑤ハンドメイド用アイロン

Amazonで詳細を見る

手作りガーゼハンカチの材料と道具の5つ目は、ハンドメイド用アイロンです。もちろんこちらは、通常のアイロンでも構いません。しかし、ハンドメイド用のアイロンは、隅々までアイロンがかけられやすいように作られているのでとくにおすすめです。

手作りのガーゼハンカチを赤ちゃんに!サイズはどのくらいが良い?

ガーゼハンカチのサイズ①一般的サイズは20cm×20cm前後

赤ちゃん用ガーゼハンカチのサイズ

ガーゼハンカチのサイズの1つ目は、一般的サイズは20cm×20cm前後であると言う点です。携帯するのにも丁度いいサイズですし、赤ちゃんの口元を拭くのにも丁度いいサイズです。好みに応じてプラス2cmから3cm程度大きくしてもさほど気にならないくらいですので、まずはこのサイズを目安にしてみましょう。

ガーゼハンカチのサイズ②大判サイズは25cm×25cm

赤ちゃん用ガーゼハンカチのサイズ

ガーゼハンカチのサイズの2つ目は、大判サイズは25cm×25cmであると言う点です。20cm×20cmよりもやや大判の25cm×25cmですと、よだれが多い赤ちゃんや飲みこぼしの時にも役立ちます。離乳食が始まったお子さんの食べこぼし拭きにも役立つので、数枚用意しておくと便利です。

ガーゼハンカチのサイズ③沐浴用なら70cm×100cm前後

赤ちゃん用ガーゼハンカチのサイズ

ガーゼハンカチのサイズの3つ目は、沐浴用なら70cm×100cm前後です。これは、赤ちゃんの沐浴(お風呂)の時に使うもので、赤ちゃんがお湯の中で怖がったり、寒くないよう体にかけてあげたり、それを使って体を洗ったりするためのガーゼハンカチのことです。こちらも数枚用意しておくと便利です。

手作りのガーゼハンカチを赤ちゃんに!簡単な手縫いでの作り方は?

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方①ガーゼ布の裁断

ハンドメイド

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方の1つ目は、ガーゼ布の裁断です。ガーゼ布をお好みのサイズに裁ちばさみを使って裁断します。この時、サイズがずれたりしないよう、チャコペンや定規を使ってしっかりサイズを測ってからカットしましょう。

ガーゼハンカチはガーゼ生地を2枚張り合わせて使いますので、同じものを2枚カットして用意します。カットする際は、縫い代を考え出来上がりサイズの̟プラス2cmから3cm程度大きくカットするようにしておきましょう。

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方②2枚の布を固定する

ハンドメイド

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方の2つ目は、2枚の布を固定することです。カットした2枚を裏返し同士で張り合わせ、ずれたりしないようまち針で固定していきましょう。縫い代がわからなくなると言う方は、チャコペンで縫い位置をマーキングしておくと綺麗に手縫いできます。

また、まち針で固定していくときは、中を表面にして止めますので、返し口になる辺を残して固定していきます。固定しすぎると手縫いする時に針が当たって痛いですので、手縫いする辺だけに打っていくと、手縫いがしやすくなります。

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方③2枚の布を手縫いする

ハンドメイド

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方の3つ目は、2枚の布を手縫いすることです。チャコペンなどで縫い位置を決めた方は、それに合わせて手縫いしていきましょう。縫い目や縫い方はさほど気にする必要はありませんが、大きすぎると洗濯の際によれて穴が空きやすくなってしまうため、やや短めを意識してみましょう。

手縫いしたら、ガーゼハンカチの中面をひっくり返すことになりますので、返し口をしっかり残して縫います。5cmから10cm、もしくは1辺を残しておくとひっくり返しやすくなります。また、ひっくり返した後は、再度手縫いするため、縫い方は一般的な波縫いで大丈夫です。

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方④四つ角を斜めにカットする

ハンドメイド

手釣りガーゼハンカチの簡単な作り方の4つ目は、四つ角を斜めにカットすることです。1回目の手縫い後、しっかり意図の始末をしたら、四つ角の布地を斜めにカットしていきます。このカットの手間をいれておくことで、2枚の記事を裏返したときに綺麗な角を作ることができます。

縫った部分までカットされないよう、縫い目部分から少し離れた場所でななめにカットしましょう。逆に、布地を残しすぎると、今度はひっくり返した時に四隅に厚みが出すぎてしまいますので、細かいところではありますが適宜カットしていきます。

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方⑤布を返してさらに手縫いする

裁縫

手作りガーゼハンカチの簡単な作り方の5つ目は、布を返してさらに手縫いすることです。返し口でひっくり返し、返し口をまつり縫いします。返す際は、目打ちなどを使い、細かい四隅もしっかりとひっくり返しましょう。

ひっくり返したら一度アイロンを使ってガーゼ生地を整え、再度手縫いで周囲をぐるっと縫っていきます。お好みに応じて、バイアステープを使ったり、まつり縫いで仕上げた作り方をしても可愛さがアップしておすすめです。

手作りのガーゼハンカチを赤ちゃんに!利用用途5選

手作りガーゼハンカチの利用用途①飲みこぼしを拭く

ガーゼハンカチの利用用途

手作りガーゼハンカチの利用用途の1つ目は、飲みこぼしを拭くことです。ミルクの際、どうしても口の端からこぼれてしまったり、消化能力が未発達な赤ちゃんは、ちょっとしたことで吐きこぼしをしやすいものです。そんな時、ガーゼハンカチを近くに置いていくと、さっと拭き取ることができて便利です。

離乳食が始まったお子さんなら、食事用スタイやエプロンの代わりに、首元に差し込んであげてもおすすめです。洋服が汚れずに食事をさせてあげる上、肌触りのいいガーゼハンカチなら嫌がらずにつけてくれるのでとても便利です。

手作りガーゼハンカチの利用用途②汗やよだれ拭き

ガーゼハンカチの利用用途

手作りガーゼハンカチの利用用途の2つ目は、汗やよだれ拭きです。ガーゼ生地のいいところは吸湿性のよいところです。そのため、汗やよだれなどもすっと吸い取ってくれるといったメリットがあります。とくに赤ちゃんやお子さんは、汗をかきやすいうえ集中するとよだれが垂れてくると言ったことも多いものです。

そんな時、身近にガーゼハンカチがあるとさっと拭き取ってあげることもできるのでおすすめです。ガーゼハンカチは、赤ちゃん時期しか使わないという方も多いですが、汗やよだれ拭きは大きくなっても使うので、あるととても便利です。

手作りガーゼハンカチの利用用途③抱っこひものよだれカバー

ガーゼハンカチの利用用途

手作りガーゼハンカチの利用用途の3つ目は、抱っこひものよだれカバーです。赤ちゃんを抱っこひもとを使って前抱きすると、目の前にあるベルト部分に赤ちゃんの口元がいきやすくなります。すると、そこを思わず吸ってしまう赤ちゃんも多く、衛生的ではないことが多いものです。

そんな時、清潔なガーゼハンカチをベルト部分にまいておくだけで、即席の赤ちゃんのよだれカバーにすることができます。ガーゼハンカチならかさばりませんし、色々な用途に使うことができるので、ちょっとしたお出かけの際にも重宝します。

手作りガーゼハンカチの利用用途④沐浴

ガーゼハンカチの利用用途

手作りガーゼハンカチの利用用途の4つ目は、沐浴です。沐浴はお風呂のことだと説明しましたが、ガーゼハンカチは濡れても肌に優しいため、赤ちゃんに怖がらないようかけてあげたり、それを使って頭や身体を洗ってあげるのにも便利です。

また、ガーゼハンカチは大人が使っても肌に優しいため、洗顔などに使ってもとてもよい使い心地です。お子さんが小さいうちは、タオル置場に数枚ストックしてあると、お風呂のタイミングでとても便利ですのでおすすめです。

手作りガーゼハンカチの利用用途⑤おしり拭き

ガーゼハンカチの利用用途

手作りガーゼハンカチの利用用途の5つ目は、おしり拭きです。ちょっと目を離したすきにウンチをしていたとか、おしりに汚れがこびりついてしまったということもよくあることです。そんな、取れづらい汚れは、ガーゼハンカチをぬるま湯に浸し、たっぷりのお湯をつけて優しくとってあげましょう。

最近は、水を主成分にしているおしり拭きも多いですが、どうしても大切によっては肌荒れを起こしてしまう赤ちゃんもいます。そうした時でも、お湯だけで優しく落とせるガーゼハンカチがあると、赤ちゃんのおしり拭きシーンも安心です。

普通のタオルじゃダメなの?赤ちゃんにガーゼハンカチがおすすめな理由3選

赤ちゃんにガーゼハンカチがおすすめの理由①ガーゼタオルより肌触りがいい

ガーゼハンカチがおすすめの理由

赤ちゃんにガーゼハンカチがおすすめの理由の1つ目は、ガーゼタオルより肌触りがいいということです。パイル時のタオルに比べ、フラットな織り目になっているため、凸凹が少なく肌触りがいいのがガーゼハンカチの嬉しい点です。

また、ガーゼハンカチは乾いていても濡れていても、優しい肌触りが特徴ですので、沐浴シーンやおしり拭きシーンなどでも大活躍してくれます。赤ちゃんの肌はデリケートですので、傷つけづらいガーゼハンカチはとてもおすすめです。

赤ちゃんにガーゼハンカチがおすすめの理由②安心素材でできている

ガーゼハンカチがおすすめの理由

赤ちゃんにガーゼハンカチがおすすめの理由の2つ目は、安心素材でできていると言う点です。赤ちゃんの肌に触れるものは、極力安心安全のオーガニックなものを選んであげたいと、親ならだれもが考えているものです。

コットン生地は、その多くが綿だけで作られていますので、肌にも自然にも優しいのが特徴です。最近は色々な生地を選ぶことができるようになりましたので、素材に特にこだわりたい方はオーガニックコットン生地のダブルガーゼを選ぶのもおすすめです。

赤ちゃんにガーゼハンカチのおすすめの理由③乾きやすい

ガーゼハンカチがおすすめの理由

赤ちゃんにガーゼハンカチがおすすめの理由の3つ目は、乾きやすいと言う点です。ガーゼ生地は薄手の綿によって作られているため、吸湿性も良ければ速乾性も良いのが特徴です。赤ちゃんのお世話をしていると、毎日洗濯物が多くて困ることがあります。

そんな時でも、薄手の綿でできたガーゼハンカチならすぐに乾いてくれるため、洗濯の際も手間に感じることがありません。ちなみに、赤ちゃんにも使える柔軟剤があるってご存知でしたか?次の記事では、ガーゼハンカチにも使いたくなる赤ちゃん用の柔軟剤を紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 701884408
関連記事 おすすめな人気柔軟剤ランキング27選|いい香り/ふわふわ/赤ちゃん

ふわふわといい匂いの柔軟剤って香水よりもマイルドで印象がいいですよね。

手作りのガーゼハンカチは赤ちゃんが生まれる前に準備しよう!

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれた後は、とにかく手がかかるもので時間がなかなか取れないことも多いです。ガーゼハンカチは、生まれる前に用意しておくのがおすすめです。特に手作りならば、愛着も沸くのでおすすめです。ぜひみなさんも、赤ちゃんが生まれる前にガーゼハンカチを準備してみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。