Large thumb shutterstock 318312371

アラビア語・アラブ人の名前10選!中東のアラブ系男性や女性の人名は?

更新:2019.06.21

アラビア語・アラブ人の名前はどのような名前が多いかご存知ですか?エジプト人やイラク人などアラブ人の人名には日本にはない素敵な意味をもつ名前があります。こちらの記事では、中東だけの特徴的な仕組みやアラブ系に多い人気の名前をご紹介していますのでぜひご覧ください。

アラビア語の名前の仕組みは?名字や姓は?

アラブ人のアラビア語の名前の仕組みは本人の名前と父祖名を列記する

おじいちゃん

アラビア語の名前の仕組みは、本人の名前と父祖名を列記することで作られています。通常自分の名前の次に父の名前、祖父の名前‥という風に1名〜3名を連ねて記載します。名字と名前から作られる日本人の名前やファーストネーム・ミドルネーム・ラストネームから作られる英語圏などの名前とは大きく違いますね。

また自分の名前の後に連ねる父祖の名前の数は覚えられるのであればいくつ繋げても構いません。とはいえ長すぎても困るためやはり父と祖父のみにする方が多いようです。また署名する場合は長すぎると大変なので3代までにすると決まっています。

また男性であれば父の名前の次は父側の祖父と続きますが、女性の場合は父の名前の次に母側の祖父の名前になります。ただし必ずこうであるという決まりはなく地位の高さにもよりどちらの祖父になるかは変わります。

アラブ人は息子を意味するビンや娘を意味するビントを人名の間に入れる

女性と男性

エジプト人・イラク人などアラビア語を用いるアラブ人の名前では、息子を意味するビン・イブンや娘を意味するビントを人名の間に入れることもよくあります。そのため名前を並べる場合には、「本人の名前・ビンやビント・父の名前」という風に表します。

アラビア語を用いる中東では、自己紹介の時も「私は◯◯です。」と名前だけをいうのではなく、「私は◯◯の息子・娘です」と伝えます。これはアラブ人が家族との繋がりをとても大切なものと考え、祖先を敬う気持ちを込めて父や祖父の名前を加えます。日本人の名前ではこのような名前の仕組みがないため不思議な感覚ですね。

アラビア語の名前の特徴って?

アラビア語の名前の特徴①イスラム教徒では人名に姓を持たない

踊る男性

アラビア語の名前の特徴1つ目は、イスラム教徒のアラブ人には人名に姓がないということです。そのため名前の仕組みでもご紹介したように全て自分の名前や父の名前、祖父の名前などで表します。

地位が高く有名な先祖がいれば、父や祖父の名前に続いて、その人の名前や出身地、職業などを入れることもあります。また姓を持たず名前を連ねるアラビア語の名前では、父や祖父など一族に何人も同じ名前の人がいるため名前が人とかぶることもよくあるそうです。

そのためアラブ系に多い名前が連なる場合は、少し長めにつけてかぶらないようにしたり、父の名前に続いて家名を入れて二つ名をもつこともあります。日本の場合は姓と名の2つしかないため漢字や読み方などを工夫することでかぶりを避けますが、その点も違いますね!

アラビア語の名前の特徴②中東のアラブ人は結婚しても名前を変えない

結婚

アラビア語の名前の特徴2つ目は、エジプト人など中東のアラブ人は結婚しても名前を変えないということです。日本ではお嫁にいったり、婿として入ると名字を相手方のものに変えますよね。アラビア語の名前では、結婚しても名前を変えるという習慣がないため日本のように結婚で名前を変えるととても驚かれるそうです。

アラブ系の人々には、先ほどご紹介したように名字の概念がそもそもありません。世界でみると結婚により名字を変えるという方が少ないそうです。日本のように嫁入りして大部分の人が名前を変えるのは、日本以外にインドやタイなどごく少数の国であり、大抵は夫婦別姓や変えても変えなくても良い国が多数です。

アラビア語の名前の特徴③子供ができて家族が増えたら名前を変える

家族

アラビア語の名前の特徴3つ目は、エジプト人などのアラブ人は子供ができて家族が増えたら名前を変えるということです。これまでは「◯◯の息子・娘」という名前であっても子供ができたらその名前の一部が変わり、父や母を意味するオブーやオムーと記載し続いて自分の子供の名前を連ねます。

例えば男性カリムさんのお父さんの名前がマンスールさんだとします。その場合カリムさんは、結婚して子供ができるまではカリム・ビン・マンスールと名乗りマンスールの息子のカリムとしていました。しかしカリムさんに子供のマジドくんが産まれて家族が増えるとカリム・アブー・マジドとしマジドの父のカリムとなります。

アラビア語の男性に多い名前5選!

アラビア語の男性に多い名前①アラブ系の名前で最も多い!ムハンマド

水晶

アラビア語の男性に多い名前1つ目は、ムハンマド(モハメド)です。ムハンマドという名は、アラブ系のイスラム教徒で最も多くつけられている人名で大変人気です。呼び方は言語の違いによりモハンマドやモハメド、モハマッド、モハマドと発音が微妙に変わります。

ムハンマドという名前は、イスラム教の開祖である「ムハンマド・イブンアブドゥッラーフ」の名に由来しています。ムハンマドとはアラビア語で「神に褒め称えられた者」という意味があります。神様にいつも祝福されているようでとても素敵な名前ですね!

ただしアラブ系に多いムハンマドという名前は、その人気によりエジプト人やイラク人など中東で国が違ってもかぶる確率が高まります。アラビア語の人名も時代と共に流行りや人気の名前はありますが、ムハンマドさんはいつの時代も人気で呼びかければ必ず何人かは振り向くほど多いそうです。

アラビア語の男性に多い名前②ハサン

赤ちゃん

アラビア語の男性に多い名前2つ目は、ハサンです。ハサンという名前は先ほどご紹介した預言者ムハンマドの孫にあたる方がハサン・イブン・アリーという名前を持つため、同じ名前であるハサンをつける方がエジプト人などのアラブ人に数多くいます。

またハサンという人名には、アラビア語で「美しい」や「善良」という意味を持ちます。日本でも「美」という漢字をつける方が多いですが、アラビア語の名前でも美しく良い子になってほしいという意味を込めて両親がつけるのかもしれませんね!

またハサンの父であるアリー・イブン・アビー・ターリブの名前にもあるアリーも中東のアラブ系の人名でよく名付けられます。アリーとは高貴なる者を意味しており、ハサンと同様、男性によく名付けられている人気の名前です。日本人の感覚では自分で高貴なる者と名乗るのは少し照れてしまいますね。

アラビア語の男性に多い名前③預言者の名前であるユーセフ

笑う男性

アラビア語の男性に多い名前3つ目は、ユーセフです。ユーセフは同じ中東でもエジプト人やイラク人などアラブ人の発音の違いによりユースフやユーシフ、ユーサフ、ユセフということもあります。またユーセフはイスラム教預言者の名前の1人です。アラビア語の名前では預言者と同じ名前をつける人が多くいます。

イスラム教の聖典であるクルアーンには25名の預言者が記載されています。名付けには五代預言者であるヌーフ、イブラーヒーム、ムーサー、イーサー、ムハンマド・イブンアブドゥッラーフから取ることもよくあります。またその他のユーネス、ヤフヤなどの名前も人気がありよく名付けられます。

アラビア語の男性に多い名前④かっこいい名前として人気!サイード

仕事の男性

アラビア語の男性に多い名前4つ目は、サイードです。よく海外ドラマなどでもサイードとい名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。サイードには「上に立つ者」という意味があり、たくましく育ってほしいとアラブ人の男の子につける人気の名前です。

またサイードという名前は男らしくかっこいいイメージもあります。次項ではサイードのように日本で名付けられるかっこいい名前をご紹介しています。命名法は、知らないと使えない漢字だと後で分かることもあるため、ぜひこちらの記事を参考にかっこいい名前をつけてみてください!

アラビア語の男性に多い名前⑤知的な名前のラシード

メガネ

アラビア語の男性に多い名前5つ目は、ラシードです。ラシードは、アラビア語で「賢明」という意味を持ちます。そのため中東でも賢くなってほしいと願いを込めてつけられるそうです。日本の名前でも「賢」や「学」というような賢さを意味する名前をよくつけますね!

このように名前には漢字に込められた意味が数多くあります。次項では、赤ちゃんに名前をつける時におすすめの漢字をご紹介しています。名前で使用する漢字には意味があり、運気も左右するといわれているため赤ちゃんの名前を考え中の方はぜひ参考にご覧ください。

アラビア語の女性に多い名前5選!

アラビア語の女性に多い名前①エジプト人女性に人気の名前!ファティマ

母と子

アラビア語の女性に多い名前1つ目は、ファティマです。ファティマは「人々」という意味を持ち、イスラム教徒の中でも特にエジプト人に人気があり女の子の赤ちゃんに多く名付けられています。

またファティマはイスラム教徒の開祖であるムハンマドの四女の名前でもあります。ファティマはムハンマドから心より愛されたため女性の名前として憧れられます。またファティマも貧しい人や病める人への奉仕の精神を忘れないとても心優しい女性であったことも人気の名前となる1つの理由です。

アラビア語の女性に多い名前②夜明けの意味を持つ名前のサハル

女性

アラビア語の女性に多い名前2つ目は、サハルです。サハルはアラビア語で「曙」や「夜明け」を意味します。そのためサハルという名前には、夜明けの子という意味であり希望に満ちたイメージがあります。女性らしくとても素敵ですね!

またサハルという名前は日本語でも「咲春」と書き名付けてもおかしくありません。漢字の意味も暖かく春らしい雰囲気となりとても素敵です。アラビア語と日本語の両方で使え、どちらの意味も明るく女性らしいのでアラビア語の名前を検討している方にはおすすめです。

アラビア語の女性に多い名前③ロシアから中東へ広まった名前のナディア

本好き女性

アラビア語の女性に多い名前3つ目は、ナディアです。ナディアはロシアやブルガリアの女性の間で人気の名前でしたが、その後中東のアラブ人女性の名前としてもその人気が広まりました。ナディアという人名はアラビア語で、「柔らかな繊細さ」や「穏やかさ」を意味します。

そのため非常に女の子らしい名前として昔から現在まで長く愛されています。ロシアではアラビア語と違い、ナディアは「希望」を意味します。どちらの意味も女の子につける名前としてはとても素敵ですので長く愛されています。日本では名付けにくい名前ですので憧れますね!

アラビア語の女性に多い名前④美しい意味のガミラ

神秘的な景色

アラビア語の女性に多い名前4つ目は、ガミラです。ガミラとは、アラビア語で「美しい」ことを意味します。そのため生まれてきた女の子の赤ちゃんには、見た目も心も美しい女性になるようにと願いを込めてガミラと名付けるそうです。

ガミラといえば日本ではガミラ・シークレットという人気の石鹸を想像する方も多いのではないでしょうか。ガミラ・シークレットのガミラはまさにイスラエル女性であるガミラさんが作っているためにその名が付けられました。またこだわりの詰まった石鹸は、名前と同様に女性が美しくなるようにと願いが込められています。

アラビア語の女性に多い名前⑤女王や王妃を意味するマリカ

花束

アラビア語の女性に多い名前5つ目は、マリカです。マリカはアラビア語で「女王」や「王妃」を意味します。高貴で気高い女性の雰囲気があり、アラビア語の名前としてとても人気です。また「崇高」を意味するサミアや「高貴な」という意味のアスマという名前もマリカと同じように人名でよく名付けられています。

マリカは、日本の漢字で茉莉花と書き女の子の名前につけることがあります。茉莉花はマツリカと呼び白く可愛いアラビアジャスミンを意味します。アラビア語でも日本語でも使えとても女性的で素敵な名前ですね。

アラビア語の名前には家族を大切にする思いが込められている

女性

アラビア語の名前は、父や祖父の名前を連ねるため日本人の感覚では驚くことも多いですが、それはアラブ人が家族のことを深く大切に思っているためです。またアラビア語でつける名前には、男性も女性も著名な方や先祖の名前をとることもよくあります。

日本でも両親から1文字ずつ名前をいただくことがありますね!このアラビア語の名前の仕組みを知ってから名前を見るとその人の父や祖父の名前も分かるため、ぜひ好きなアラブ系有名人や身近にアラブ系の方がいる場合は注目してみてくださいね!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。