INDEX

男性が気になると言う心理8選!好きとの違いは?【心理編】

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン①異性として気になっている

見つめ合う男女

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの1つ目をご紹介いたします。それは『異性として気になっている』という心理です。ただ、そのことをあなたに明確に伝えることができないでいるのでしょう。理由としては、あなたの気持ちがわからないからです。その為、あなたの気持ちをはっきり知りたくて、言っているのです。

あなたの態度や言動が明確になれば、男性ももっとはっきりした行動や言動をしてくれるようになるでしょう。誰でも好意を持っている人には、嫌われたくありません。できれば両想いでありたいと思うのです。それは、女性だけでなく、男性も同じということです。

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン②仲間として気になっている

協力する人たち

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの2つ目をご紹介いたします。それは『仲間として気になっている』という心理です。これは仕事などで多く見られる心理と言えるかもしれません。あなたのことを、良い意味でのライバルとして見ているということです。特に男性は、良い意味でのライバルがいると、より頑張れます。

男性にとっての仕事上でのライバルは、同性でなくても良いのです。性別ではなく、仕事の出来栄えや有能さで見ています。そのような意味では、女性であるあなたのことを、素晴らしく仕事ができる人として認めているのでしょう。仕事上でのことでの接触が多くなれば、恋愛に発展させることも可能です。

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン③危なっかしい

失敗する女性

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの3つ目をご紹介いたします。それは『危なっかしい』という心理です。女性の中には、無理に背伸びをしている人がいます。そのような人は同性の目から見ると気づきにくいものがあります。ですが、男性はそういう点は大変良く見ています。「背伸びしなくて良いのに」ということです。

この場合は、恋愛対象ということではありません。どちらかと言うと、『妹』のような感覚で見ているケースが多くなります。特に、面倒見に良い男性は、危なっかしい人を見つけるのが得意です。あなたのことも、「危なっかしい妹」という感覚で見ているのかもしれません。

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン④忙しそう

忙しそうな女性

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの4つ目をご紹介いたします。それは『忙しそう』という心理です。毎日残業続きであったり、休日も返上して仕事をしていると、男性はすぐそのことに気づきます。同性のそのような状態は「当たり前」と思っている事が多くあります。ですが、女性には当たり前だと思っていないのです。

これは言い換えるなら、あなたの体調も心配しているということです。仕事を頑張りすぎて倒れてしまったら大変だ、という心配してくれているのです。また、そのような状態にありながらも、誰にも助けを求めないというあなたの態度も、かなり心配していると見て良いでしょう。

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン⑤悩みを抱えていそう

悩む女性

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの5つ目をご紹介いたします。それは『悩みを抱えていそう』という心理です。暗い表情をしていたり、ため息が多かったりすると、このように声を掛けられることがあるかもしれません。男性は、女性の表情や振る舞いを大変良く見ています。特に観察眼の鋭い男性ならなおさらでしょう。

また、いつもは元気な女性の場合にも、同じことが言えるでしょう。「何か悩みを抱えているのなら、相談に乗るよ」ということを、あなたに伝えているのです。『好意』というよりは、『純粋に心配している』ということです。仕事上での悩みの場合は、相談に乗ってくれることもありますから、話してみるのも良いでしょう。

男性が気になると言う心理8選!好きとの違いは?【脈ありサイン編】

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン⑥目線の高さを合わせる

女性を見つめる男性

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの6つ目をご紹介いたします。それは『目線の高さを合わせる』という脈ありサインです。例えば、あなたが座って仕事をしていると、男性があなたの横にしゃがみこんで声を掛けてくれる、ということです。目線の高さを合わせることで、相手の心を開きやすくしているのです。

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン⑦差し入れをする

マフィン

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの7つ目をご紹介いたします。それは『差し入れをする』という脈ありサインです。多くの場合は、飲み物になるでしょう。あなたに声をかける際、飲み物を同時に差し入れてくれる事があれば、あなたに好意を寄せている可能性が高くなります。嫌いな人にそのようなことはしないからです

また、あなたの大好きなお菓子などを差し入れてくれるようなら、それは飲み物の場合よりも、好意を寄せている可能性が高くなります。何故なら、「あなたの好きなものを把握している」ということだからです。それだけあなたのことを良く見ている、ということになります。

男性の「気になる」の心理や脈ありサイン⑧二人きりの時が多い

二人で会話する男女

男性の「気になる」の心理や脈ありサインの8つ目をご紹介いたします。それは『二人きりの時が多い』ということです。声を掛けられる時のシチュエーションに注目して下さい。二人きりの時が多いと感じたら、それはあなたに好意を寄せている可能性が高くなります。あなたの事が好きだから、二人でゆっくり話がしたいのです。

脈ありの見抜き方や、脈あり診断ポイントについてご紹介している関連記事があります。2つリンクいたしますので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 592575236
関連記事 社内恋愛の「脈あり職場男性」の見抜き方3つ&恋のきっかけ作り3選

職場に気になる男性がいる。そして、「社内恋愛は気にすることが多くて大変

自分も好意を持っている男性から気になると言われた時の対応5選!

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応①嬉しいことを伝える

嬉しさを伝える女性

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応の1つ目をご紹介いたします。それは『嬉しいことを伝える』ということです。「○○さんに言われると、嬉しいです」と素直に伝えましょう。それで、あなたの気持ちは相手に伝わります。

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応②気になっている

肩を並べる男女

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応の2つ目をご紹介いたします。それは『気になっていることを伝える』ということです。「私も○○さんのことが気になっています」などのように返すと良いでしょう。あなたの意図を汲み取ってくれるでしょう。

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応③笑顔を返す

笑顔の女性

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応の3つ目をご紹介いたします。それは『笑顔を返す』ということです。相手の意図が明確でなかった場合には、とびきりの笑顔で返しましょう。そして次の行動を見てみると良いでしょう。

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応④誘ってみる

店で会話する男女

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応の4つ目をご紹介いたします。それは『誘ってみる』です。「それなら今度一緒に、食事にでも行きませんか?」と軽い調子で誘ってみましょう。あなたに好意があるなら、誘いに乗ってくれるでしょう。

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応⑤好きであると伝える

気軽に会話をする男女

自分が好意ありの男性に気になると言われた時の対応の5つ目をご紹介いたします。それは『好きであると伝える』ということです。この場合は「私は○○さんのこと、好きですよ」と軽い調子で返してみましょう。それで相手の反応を見てみると良いでしょう。

自分は好意を持ってない男性から気になると言われた時の対応3選!

自分は好意なしの男性から気になると言われた時の対応①お礼を言う

お礼を言う女性

自分は好意なしの男性から気になると言われた時の対応の1つ目をご紹介いたします。それは『お礼を言う』ということです。「ありがとうございます」とあくまで事務的に返しましょう。

自分は好意なしの男性から気になると言われた時の対応②視線を合わせない

視線を合わせない女性

自分は好意なしの男性から気になると言われた時の対応の2つ目をご紹介いたします。それは『目線を合わせない』ということです。「そうなんですか?」などのように返事をする際、仕事が忙しいふりをして、視線を合わせないようにしましょう。

自分は好意なしの男性から気になると言われた時の対応③笑顔を見せない

クールな女性

自分は好意なしの男性から気になると言われた時の対応の3つ目をご紹介いたします。それは『笑顔を見せない』ということです。笑顔を見せると、相手は勘違いしてしまう可能性があります。事務的に対応するようにしましょう。

男性からの「気になる」は好意ではない可能性もある

腕組みをする男性

男性からの「気になる」は、絶対に好意があるとは言い切れません。その時の表情や距離間、更には普段のあなたに対する行動や態度なども観察してみましょう。じっくり観察することで、男性の本心が見えてくるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。