INDEX

顔の乾燥の種類や原因は?

肌の乾燥の原因は季節の変化

乾燥のシーズン

顔の乾燥の種類や原因はいくつかありますが、特定のシーズンだけ肌が乾燥する方は季節的な肌の変化かもしれません。特に秋や冬には空気が乾燥しているので肌の潤いが奪われて乾燥してしまうのです。普段通りのスキンケアをしていても保湿が足りなくなってしまうので、季節に合わせたアイテムを使用する必要があります。

また、オフィスなどで働いていると空調による乾燥で夏場もかさつきを感じることがあります。季節による乾燥も対策をしなければ悪化するのでしっかりお手入れをしてください。

顔が乾燥すると目元の小ジワが目立ってしまいます。季節による乾燥は肌のかさつきだけではなく、見た目年齢にも影響するのです。目元のシワに悩んでいる方は下の関連記事もチェックして目元の乾燥対策に役立ててください。

Small thub shutterstock 387570406
関連記事 冬の乾燥の原因、目元のシワ・小ジワに早めの乾燥対策に保湿!?

目元の乾燥気になりませんか?1年の中でいちばん乾燥する冬。乾燥が気にな

顔の乾燥の原因は肌のバリア機能

バリア機能

顔が乾燥しているのは肌のバリア機能が低下していることが一因だと考えられます。肌はバリア機能によって守られており、正常に機能している肌は外部からの刺激や乾燥に耐えることができます。しかし、このバリア機能が正常に機能していないと肌の潤いを守ることができなくなってしまうのです。

肌のバリア機能は角質層の細胞の中にある天然保湿因子と、その細胞と細胞の隙間を埋めている細胞間脂質、肌表面の皮脂膜によって構成されています。これらのバランスが保たれていれば肌のバリア機能が正常に機能しているのです。しかし、顔が乾燥しているということはそのバランスが崩れているのでしょう。

バリア機能が低下すると肌が敏感になるので、乾燥だけではなくさまざまな肌トラブルの原因になります。ちょっとした刺激にも耐えられない揺らぎやすい肌になってしまうのです。

加齢が原因で肌が乾燥する

加齢

肌のうるおい成分は年齢とともに減少していきます。肌の真皮層の7割を占めるコラーゲンや細胞間脂質の5割を占めるセラミドなどの保湿成分も年を重ねるとともに減少していきます。さらに、女性の場合は40~50歳ころになると皮脂の量も減っていくのでバリア機能も低下してさらに乾燥しやすくなるのです。

体の冷えが顔の乾燥の原因になる

寒い

秋や冬は空気の乾燥によって顔の潤いが奪われていますが、気温も肌にえいきょうしています。気温が下がることで体が冷えて血行が悪くなると必要な栄養や酸素が届かなくなります。さらに血色も悪くなるので不健康な印象を与える表情になっていくでしょう。

血行不良によって代謝が低下すると見た目にも影響し、肌のバリア機能の低下などにもつながるのです。そうなるとコンディションが悪化してさらに顔が乾燥してしまいます。

また、寒いと眠りも浅くなってしまいます。生活習慣編での対策で詳しくご紹介しますが睡眠時間も美肌には欠かせません。体が冷えていると睡眠の質が下がってしまうので体を温めて血行を促進してください。

間違ったスキンケア・治し方を知らない

分からない

間違ったスキンケア・治し方を知らないをしているのではないでしょうか?正しいスキンケアで肌のコンディションを整えなければ感想は治りません。むしろ間違ったスキンケアをすることで肌トラブルを起こしたり状態が悪化したりすることもあるのです。

顔の肌が乾燥していると見た目に大きく影響しますし、女性の場合はメイクの仕上がりもきれいになりません。原因に合った正しいスキンケアや治し方を知ることは、顔の乾燥を改善する重要のポイントです。この後にご紹介する対策をチェックして実践してください。

顔の乾燥の対策は?スキンケア編

顔の乾燥の対策のために洗顔は優しく

泡
正しい洗顔の手順
  1. 手を洗って清潔にする。
  2. 顔をぬるま湯で流す。
  3. 洗顔料を泡立てる。
  4. 皮脂が多いTゾーンから優しく洗う。
  5. 頬を優しく洗う。
  6. 皮膚が薄い目元・口元を優しく洗う。
  7. ぬるま湯で洗い流す。

肌のコンディションを整えて顔の乾燥を防ぐためには洗顔方法も見直す必要があります。洗顔料はたっぷり泡立ててから使用しているでしょうか?手で洗うというよりは泡で洗うイメージで洗顔してください。力を入れてこすってしまうと摩擦がうまれて肌の負担になるからです。

手だけで洗顔料を泡立てるのは限界があると思うので、泡立てネットなどのアイテムを使用しましょう。下の関連記事では100均で変える泡だて器をご紹介しています。手ごろな値段で始められるので、毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

また、洗顔料をしっかり洗い流すことも大切です。洗いすぎは避けるべきですが、洗顔料が肌に残っていると刺激になるので肌トラブルを引き起こすことがあります。髪の生え際などはすすぎ残しが多いようなので、意識しながらすすぎましょう。

Small thub shutterstock 111656897
関連記事 100均の泡立て器12選!ダイソー・セリア別!石鹸での洗顔に!

今回は100均ダイソー・セリアの泡立て器のご紹介です。泡立て器を使用す

顔の乾燥の対策のためにぬるま湯で洗顔する

洗面所

顔の乾燥の対策のために洗顔する際にはぬるま湯を使用してください。熱いお湯を使って洗顔をすると肌に必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。さらにお湯の湯気とともに肌に合った潤いも逃げているそうです。寒い時期は温かいお湯を使いたくなりますが、洗顔をするときにはぬるま湯を使うように心がけましょう。

また、冷水で洗顔すると毛穴が引き締まるともいわれていますが、余分な皮脂や汚れが落ち切らない恐れがあります。洗顔後の化粧水の浸透も悪くなるのであまり良い洗顔方法とは言えないようです。特に乾燥している肌には少々刺激が強すぎるのです。

そして洗顔後はタオルでこすらず、肌に優しくあてて水分を吸い取ります。ごしごしこすると肌を傷つけてしまうからです。お風呂に入った後は肌もふやけてデリケートな状態なので優しく水分をふき取ってください。

保湿して顔の乾燥をケアする

保湿

洗顔が終わったら保湿して肌の潤いを守りましょう。何もせずに放置していると肌に合った潤いもどんどん逃げてしまいます。まずは化粧水で失われた潤いを与えてください。ケチって少量しか使わないと十分な潤いを与えることができないので適した量を使用して保湿します。

その際にパッティングをする方がいますが、肌を叩くと刺激になってしまうので手のひらで優しく包み込むように浸透させましょう。化粧水を浸透させたら乳液で潤いを閉じ込めます。特に乾燥が気になる場合は保湿クリームやブースター、フェイスパックを組み合わせて肌の潤いを取り戻しましょう。

しっかり保湿しているのに肌のコンディションがいまいちなのは、使っているアイテムがあなたに合っていないのかもしれません。自分の肌に合う保湿アイテムを探してみてください。

顔の乾燥の対策は?生活習慣編

顔の乾燥の対策は生活リズムにある

生活習慣

顔の乾燥対策はスキンケアだけではなく生活習慣からもアプローチできます。乾燥によって肌のバリア機能が低下していると様々な肌トラブルの原因になります。そんな肌のバリア機能を正常に働かせるためにも肌の代謝を促し、コンディションを整えなければなりません。

肌は一定周期で生まれ変わっており、この代謝をターンオーバーと呼びます。少しずつ古い角質が剥がれ落ちて新しい角質が出てくるのです。この働きは眠っている間に活発になるので、生活リズムが乱れるとターンオーバーも乱れてしまいます。

まさに夜更かしは美肌の大敵なのです。仕事の都合などで睡眠時間が短くなっている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間の不足は美容だけではなく体や心の健康にも欠かせません。睡眠時間をしっかりと確保して毎日規則正しい生活をおくるように心がけましょう。

ストレス発散することが顔の乾燥の対策になる

ストレス

ストレス発散することが顔の乾燥の対策になります。日々ストレスを感じることはあると思いますが、そのストレスはホルモンバランスが崩れてエストロゲンが減少したり、自律神経のバランスが崩れたりする原因になっています。

また、ストレスによって体温が低下して代謝が落ち、ターンオーバーやバリア機能の乱れにもつながるのです。顔の乾燥はうるおい成分だけではなく、精神的なコンディションも影響しています。ストレスを絶えこんでばかりでは気持ちも落ち込むので、すっきりできるようなストレス発散方法を見つけましょう。

大声を出したり運動することでストレス発散になるので、カラオケで思い切り歌ったりスポーツにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?体温が上がるようなスポーツは、血行も良くなるのでおすすめです。

顔の乾燥対策のために食事にも気を付ける

料理

顔の乾燥対策のために食事にも気を付ける必要があります。体が冷える冷たい食べ物や塩分や油分が多いジャンクフードばかり食べていると代謝が低下していきます。代謝の低下は乾燥を悪化させるので食べ過ぎに注意してください。毎日の食事は栄養バランスを考えてメニューを考えましょう。

まず、たんぱく質は肌の細胞を作るために必要なので美肌委は欠かせません。さらに潤い成分であるコラーゲンの材料にもなります。ささみなど低脂質高たんぱくの肉からは良質なたんぱく質が含まれており、卵や乳製品などに含まれているので毎日の食事でも摂取しやすい栄養素です。

そのたんぱく質の分解に使われるビタミンB群やターンオーバーを促すオメガ3脂肪酸、ビタミンも積極的に摂取してください。ビタミンCやオメガ3脂肪酸は熱に弱いので加熱せずにそのまま食べられる食材がおすすめです。食事だけで摂取でいない場合はサプリメントなどを取り入れても良いでしょう。

顔を乾燥から守るために部屋を加湿する

アロマ

顔を乾燥から守るために部屋を加湿しましょう。顔の乾燥の種類や原因でご紹介したように季節の変化によって肌が乾燥します。そのため、部屋が乾燥することがないように加湿器などを使ってある程度の湿度を保ってください。

室内での湿度は60%程度が適しているといわれています。乾燥が肌によくないとはいえ、加湿しすぎるのも良くありません。湿気たっぷりの室内から外に出て乾燥している外気にさらされると、その湿度の差に肌が耐えられないのです。湿度も高すぎると肌に悪影響を及ぼします。

室内にカビが生えたりする可能性もあるので、加湿器を使用する際は湿度計も合わせて部屋の環境を調えましょう。おしゃれな加湿器を探している方には下の関連記事もおすすめです。機能だけではなく見た目にもこだわっておしゃれな空間を演出してください。

Small thub shutterstock 646806094
関連記事 おしゃれな加湿器のおすすめ19選|おすすめ・安い・人気商品も!

加湿器もおしゃれなものにしたい!という方へ、おすすめのおしゃれで人気の

顔の乾燥におすすめの化粧品は?

肌に優しいナチュラルコスメがおすすめ

コスメ

顔が乾燥している方は肌に優しいナチュラルコスメを使用してみてください。メイクをしていても肌への負担が少なく、石鹸で落とせるアイテムも多いナチュラルコスメはクレンジングも短時間で済みます。メイク中だけではなくその後のスキンケアでも負担をかけずに済むのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、メイクのベースとなるファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプがおすすめです。リキッドタイプの方がクリームのようなテクスチャーで保湿されているように感じるかもしれませんが、パウダーファンデーションは乾燥から肌を守ってくれます。

下の関連記事ではおすすめのミネラルファンデーションをご紹介しています。リキッドやパウダーのほかにプレストタイプやクリームタイプのファンデーションがあるので、自分の肌質や好みに合わせてチョイスしてください。

ひどい・極度な・超乾燥している肌は専門家に相談する

相談してみる

顔の肌の乾燥に悩んでいる方は少なくないでしょう。しかし、人によって乾燥の度合いはさまざまです。ちょっとした乾燥ならセルフケアで改善できるかもしれませんが、極度のひどい乾燥は難しいかもされません。超乾燥していると感じるような状況なら専門家に相談した方が安心です。

アレルギーやアトピーによる乾燥かもしれませんから、一度調べて自分の肌に合うケアを確認しましょう。肌に合わないスキンケアを続けて悪化する可能性もあるので注意が必要です。

顔の乾燥の原因を知って改善しよう

顔の乾燥は見た目にも影響するのでしっかりケアして改善を目指しましょう。保湿成分配合のアイテムは多いので、ぜひ肌質に合うものを見つけてください。ただし、乾燥に対策のためにはスキンケアで保湿すれば良いというものではありません。

原因を知ることも乾燥対策の手がかりになるので、自分の肌のコンディションや生活を振り返りながら対策を練ってください。生活リズムや食事の内容を見直して乾燥対策を取りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。