INDEX

自作防音マイクの効果とは?

自作防音マイクが持つ効果①日常の話声と同じくらいまで防音できる

自作防音マイクが持つ効果として1つ目に挙げられるのが、日常の話声と同じくらいまで防音できるということです。実際に防音マイクということですから、どれくらい防音ができるのかが気になるところですよね。しかし実は、自作防音マイクでは普段カラオケで歌っているような大きさの声でも簡単に防音することができます。

カラオケに行った際、おそらく多くの人はその開放的な空間から大きな声を出すはずです。しかしそれを実際に自宅でしてしまうと、近所から苦情が入ってきたりしてしまいますよね。そこで防音マイクを自作することで、普段カラオケで味わうような体感を自宅でも簡単に楽しむことができますよ!

自作防音マイクが持つ効果②叫んだりデスボイスをしても近所の苦情が来ない

自作防音マイクが持つ効果として2つ目に挙げられるのが、叫んだりデスボイスをしても近所の苦情が来ないということです。普段からボイストレーニングを行なっている人の中でも、自宅内で同じようにボイストレーニングができれば良いなと思ったことがある人もきっと多いのではないでしょうか。

確かに、カラオケやボイストレーニングができる場所であれば歌声やデスボイス、さらには叫ぶことさえ簡単にできますよね。しかし実は、防音マイクを自作するだけでそんなデスボイスや叫ぶことも問題なくできるのです。なので防音マイクは、ボイストレーニングをする人にはもってこいのアイテムであるとも言えますね。

自作防音マイクの100均で買える材料5選

自作防音マイクの100均で買える材料5選①厚めのフェルト

自作防音マイクをDIYするのにおすすめの100均材料1つ目に紹介するのは、厚めのフェルトです。おそらく、厚めのフェルトがどのような役割を担っているのかということについてあまりご存知でない人も多いかもしれません。しかし実は、厚めのフェルトは自作防音マイクに必須のアイテムといっても過言ではないのですよ!

というのも、自作防音マイクの中でも防音につながる主な材料がフェルトだからです。フェルトしたい防音効果があるのですが、そのフェルトを厚くすることでより高い防音効果を発揮することができるのです。なのであなたが防音マイクを自作DIYする際は、ぜひ厚めのフェルトを使ってくださいね。

自作防音マイクの100均で買える材料5選②メガホン

続いて自作防音マイクをDIYするのにおすすめの100均材料2つ目に紹介するのは、メガホンです。メガホンが防音マイクを自作するのに必要であるということに関しては、あまりイメージできないのではないでしょうか。しかし、防音マイクを形どるのにはこのメガホンが非常に大切となっているのですよ!

メガホンといえば普通に話していても声が大きくなるアイテムですが、実はこれが厚めのフェルトと合わせることで防音効果をより高いものにしてくれるのですよ!大きさに関しては、一般的なものを使うと良いでしょう。こちらも100均で手に入れることができるので、ぜひ参考にしてください。

自作防音マイクの100均で買える材料5選③スポンジ

自作防音マイクをDIYするのにおすすめの100均材料3つ目に紹介するのは、スポンジです。防音効果のあるアイテムの中でも、厚めのフェルトに加えてスポンジは非常に高い効果を発揮するものとなっています。なので、防音マイクを自作する際はぜひスポンジを使ってみてください。

スポンジを使うのが防音マイクを自作するのにおすすめであるということをお話ししましたが、実際にスポンジには様々なタイプの形があるので正直どんなものを選べば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。防音マイクを自作する上でおすすめのスポンジは、切り取ることができるスポンジマットですよ!

自作防音マイクの100均で買える材料5選④ガムテープ

自作防音マイクをDIYするのにおすすめの100均材料4つ目に紹介するのは、ガムテープです。これはガムテープに防音効果があるということではなく、ガムテープは防音マイクを自作する上での接着の役割を担っています。ではなぜ、数あるテープの中でもガムテープを使うのでしょうか。

自作防音マイクをDIYする際にガムテープを使う理由としては、一度接着すると剥がれにくいからということが挙げられます。しかし、いくら接着力の高いものを選ぶとはいえボンドなどの接着剤は使わないようにしましょう。ガムテープに関しても、強度が高いものが100均に置かれているので一度探してみてくださいね。

自作防音マイクの100均で買える材料5選⑤カッター

そして自作防音マイクをDIYするのにおすすめの100均材料5つ目に紹介するのは、カッターです。カッターが防音マイクを自作する上でどのような役割をにになっているかということに関しては、おそらくイメージできるのではないでしょうか。カッターは、スポンジやフェルトなどを切り取るのに使います。

カッターに関しても100均で多く取り揃えられているので、あなたの一番使いやすいものを選ぶと良いでしょう。もしカッターだと使いづらいのであれば、ハサミでも十分使えますよ!スポンジやフェルトを切り取るのに使うものであれば、あなたに合ったものを使ってみてくださいね。

自作防音マイクの作り方は?

自作防音マイクの作り方①スポンジシートで形をとる

自作防音マイクの作り方1つ目のステップは、スポンジシートで形をとるということです。実際に防音マイクを作る上で非常に重要となってくるスポンジシートですが、これは防音マイクの土台となる役目を果たしています。なのでまずは、スポンジシートを用意していきましょう。

まず、スポンジシートをメガホンの形に合わせていきます。この時にサイズが余ってしまうことに関しては後ほど説明するので、気にせず形だけをとっていきましょう。ここでのポイントは、先が尖るように丸めていくことです。スポンジシートをメガホンに入れて形ができたら、次のステップにいきましょう。

自作防音マイクの作り方②メガホンにスポンジシートを入れる

自作防音マイクの作り方2つ目のステップは、メガホンにスポンジシートを入れるということです。スポンジシートを使う上で重要となってくるのは、メガホンの形に合わせて形どっていくということです。実際にメガホンにも数多くの種類があるため、そのメガホンによって形どるサイズのスポンジシートも大きく変わってきます。

メガホンはあくまで自作防音マイクの大元となるベースなので、スポンジシートを入れる際にカットしたい人は、少し大胆なほど余裕を持って切り取ると良いでしょう。もしもギリギリのところで切り取ってしまうと、後でフェルトを挟み込んだ時にうまくバランスの取れたサイズに仕上がりません。

自作防音マイクの作り方③厚めのフェルトをスポンジシートの間に挟む

自作防音マイクの作り方3つ目のステップは、フェルトをスポンジシートの間に挟み込むということです。メガホンにスポンジシートを挟み込んで下準備ができたら、ここからは実際に防音効果が高いとされているフェルトを使っていきます。しかしここでの注意点は、スポンジシートで形どった中にフェルトを入れないことです。

では一体どのようにして挟み込んでいくのかということですが、まずはスポンジシートの上にフェルトを乗せます。この時点でスポンジシートは既に形をとっているため、丸めてもすぐに形を作ることができるようになっています。なのでフェルトを乗せたら、そのまま同じように先ほどとった形に丸めてメガホンに入れていきます。

自作防音マイクの作り方④余分なスポンジとフェルトをハサミで切り取る

切り取る

自作防音マイクの作り方4つ目のステップは、余分なフェルトとスポンジシートを挟みなどで切り取るということです。ここまでで、自作防音マイクはほとんど完成しました。しかしこのままでは、どうしても形的にバランスの取れていない状態のままです。そこで、カッターやハサミを使って余分なスポンジやフェルトを切ります。

この時のポイントとしては、余分なスポンジシートとフェルトを切り取るとはいえほんのすこし余裕を持たせて切り取るということが大切になってきます。というのもこれは最後の仕上げとしてテープで止める際に、余分がなさすぎることでうまく止めることができないことを防ぐためです。

自作防音マイクの作り方⑤ガムテープで固定する

自作防音マイクの作り方5つ目のステップは、ガムテープで固定するということです。ここでの作業は自作防音マイクの中でも仕上げとなるステップなので、ガムテープなどで固定することができたらあなただけのオリジナル自作防音マイクの完成です。ガムテープは、スポンジなどが取れないようにきちんと貼り付けましょう。

一番おすすめなのはガムテープで固定することですが、実は他のアイテムでも代用することができるのです。これは余分にスポンジやフェルトを残した際に使える輪ゴムです。輪ゴムを使えば、テープのように微調整をしながら固定しなくて済むというメリットもあるので、ぜひあなたの使いやすい方法で固定していきましょう。

自作防音マイクの作り方のコツ3選

自作防音マイクDIYのコツ3選①フェルトは厚めのものを選ぼう

厚めのものを選ぶ

自作防音マイクの作り方のコツとして1つ目に挙げられるのは、フェルトは厚めのものを使うということです。実際に一般的なフェルトでも自作防音マイクを作ることができるのですが、フェルトの厚さによって防音効果の高さも変わってきます。

そして防音効果の高さが決まる重要な役割を担っているフェルトですが、これはあなたの好みに合わせたカラーから選ぶことができます。なのであなたの好みでフェルトを選ぶというのも自分だけのオリジナル自作防音マイクを作るコツの1つとなっています。あなたがどれくらい防音したいかで、フェルトの厚さを決めましょう。

自作防音マイクDIYのコツ3選②メガホンは使いやすいサイズを選ぶ

自作防音マイクの作り方のコツとして2つ目に挙げられるのは、メガホンは使いやすいサイズのものを選ぶということです。自作防音マイクを作る上で非常に重要となってくるメガホンですが、実際にこのメガホンにはいくつかのサイズがあるため、正直どのサイズのものを選べば良いかわからないという人もいるはずです。

初めて自作防音マイクをDIYする人には一般的なメガホンのサイズがおすすめですが、もしもあなたの使いたいマイクが大きいサイズなのであれば、それに合わせた大きさのメガホンを使うと便利でしょう。なので実際にあなたが使うマイクのサイズに合わせた、使いやすいメガホンを選ぶことが大切であるということですね。

自作防音マイクDIYのコツ3選③自分の好みに合ったカラーで作る

自作防音マイクの作り方のコツとして3つ目に挙げられるのは、自分の好みに合ったカラーで選ぶということです。自作防音マイクとはいえ、やはり自分でDIYするものですからこだわりを持って作りたいものです。しかし自作防音マイクでこだわりを持てる部分と言われると、カラーを選ぶくらいしかこだわりを持てないのです。

そこで、あなたの好みに合わせたカラーで作るということです。これはメガホンのカラーはもちろん、フェルトのカラーもこだわりを持つということですね。そうすれば、より自作防音マイクのDIYも楽しんでできちゃいますよ!ぜひ、あなたの好みに合わせたカラーで作ってくださいね。

市販の防音マイクとは?

おすすめ防音マイク「1人deカラオケdx防音マイク」でミュートをしよう

市販の防音マイクの特徴としては、簡単に家での歌声などをミュートすることができるおすすめの防音アイテムであるということです。ここまでのお話で自作防音マイクについてはイメージできましたが、この1人deカラオケdx防音マイクがあれば自作防音マイクよりもより歌声などをミュートすることができるようになります。

しかし、市販防音マイクと自作防音マイクとの違いとしてはそのデザイン性です。自作防音マイクはあなたの好みに合わせて防音マイクを作ることができるのですが、それに比べて市販の防音マイクは声をミュートすることを重視して作られているためデザインは比較的シンプルなものになっているということです。

自宅でカラオケをする際の防音カバーを手軽に手に入れることができる

そして市販の防音マイクの特徴として2つ目に挙げられるのが、家の中でカラオケをする際の防音カバーを手軽に手に入れることができるということです。おそらく、これまでに家の中でカラオケをしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。しかし防音カバーのついた防音マイクを使ったことがある人は少ないはずです。

確かに、市販の防音カバーや防音マイクと言われるとどこか高くつくイメージがありますよね。ところが、市販の防音カバーや防音マイクは非常に手軽な値段で手に入れることができるのです。なので自宅でカラオケを頻繁にする人には、非常におすすめできるアイテムであるということです。

簡単な防音の工夫3選

簡単な防音の工夫3選①自宅内に防音カバーになる壁をつける

簡単な防音の工夫1つ目に挙げられるのは、防音カバーになる壁をつけるということです。防音マイクを使うことで簡単に声をミュートすることができますが、やはり防音マイクを使わずに防音対策をしたいという人もいるのではないでしょうか。そんな人は、防音カバー効果のある壁を家の中に貼り付けちゃいましょう。

自宅でカラオケを行う人の中でも防音カバーになる壁を使っている人は少ないですが、こうした壁を貼り付けるだけで大幅な防音効果を発揮させることができるようになります。家の中に防音カバーとなる壁の貼り付けるのは非常に簡単なので、頻繁に自宅でカラオケをする人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

簡単な防音の工夫3選②家ではマイクを使わずに歌う

簡単な防音の工夫2つ目に挙げられるのは、マイクを使わずに歌うということです。そこまで大幅な防音ができないとはいえ、一番手っ取り早く防音対策ができるのはマイクを使わずに歌うということです。自宅でカラオケをする際にマイクを使ってしまうと、どうしても音が漏れてしまうことにつながります。

しかし、マイクを使わずに歌うとカラオケのような雰囲気にはならないですが簡単に防音ができるようになります。なのでもしも簡単に声をミュートして防音対策がしたいというのであれば、このようにマイクを使わずに歌うといった防音対策をしていきましょう。

簡単な防音の工夫3選③家でのカラオケ音量をできる限りミュートする

簡単な防音の工夫3つ目に挙げられるのは、自宅でのカラオケ音量をできるだけ小さくしてミュートするといった工夫です。これはマイクを使わずに歌うまではいきませんが、できる限りカラオケ音量を下げることも防音につながる1つの方法とも言えます。

防音カバーや防音マイクがあればそれだけで簡単に防音ができるようになりますが、やはりこうした防音カバーなどといったアイテムがない人もいるはずです。特に家の中でカラオケを頻繁にする人は、ぜひここで紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

自作防音マイクを使ってカラオケを楽しもう

カラオケを楽しむ

今回は家の中で歌を歌ったり、大きな声を出す人にはぴったりのアイテムである自作防音マイクについて紹介しました。実際に家の中でカラオケをする人が非常に多い中、こうした防音マイクがあるだけでより安心して楽しむことができるようになります。やはり、家の中だとあまり大きな声が出せませんよね。

しかし、防音マイクがあるだけで家の中でも大きな声で歌ったりすることができるようになります。自作防音マイクはとても簡単にDIYすることができるので、ぜひあなたも一度実際に自作防音マイクをDIYしてみてはいかがでしょうか。

またここでは、今回紹介した防音マイクの他にも日常にあるものをDIYした便利なアイテムについても紹介しています。なので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 399116026
関連記事 手作りカレンダーの作り方&かわいい作品を紹介。初心者でも簡単DIY!

スケジュール管理に必要なカレンダー。誰でも必ず持っていますよね。スケジ

Small thumb shutterstock 397973650
関連記事 手作り写真立ての作り方&かわいい作品を紹介。初心者でも簡単DIY!

手作り写真立てが今ブームを迎えています。簡単にできるものから手の込んだ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。