Large thumb shutterstock 551810083

統括の意味とは?役職や総括マネージャーとの違いと使い方や例文も

更新:2021.04.19

統括の意味といざ聞かれると中々答えるのが難しいのではないでしょうか。総括との違いや統括マネージャーといった役職について、そして部長職との差異等も併せて見ていきます。ビジネスパーソンとしては知っておくべき内容なので、是非一読しておきましょう!



統括の意味とは?どんな役職?

統括の意味とは全体をまとめること

統括の意味とは全体をまとめること

統括の意味とは全体をまとめることです。全体を統括する、ということになるとそれを実行する人のマネジメント力によって組織をまとめることを意味します。この場合に統括できるかどうかという部分は、それを実行する人のマネジメントにおける経験やクオリティが大きく影響してくることでしょう。

またこの言葉を使う場合には4~5人のグループをまとめる場合には使いません。最低でも数十人単位の組織に対して使う言葉になりますし、数百人~数千人の組織においてこの言葉が使われることも少なくはないでしょう。統括にはもちろんリーダーシップが必要になりますので下記の記事も参考にしてみてください。

統括マネージャーとは組織全体をまとめる役職のことで多くは部長職にあたる

役職は部長職にあたる

統括マネージャーとは、組織全体をまとめる役職のことで多くは部長職にあたります。最近では会社組織も部長や課長といった呼び方ではなくマネージャーやサブマネージャーといった形で呼称される会社も増えてきています。そういった会社の中では統括マネージャーという役職が正式にある場合も少なくありません。

そしてそういった会社の中で実質的な統括マネージャーの役割としては部長職に当たります。これは現場側の最高責任者であって、経営陣側で物事を考えなければならない立場だからです。課長以下であればそこまでの視点が求められることは少ないかと思います。ちなみに出世したい人は下記の記事も読んでみてください!

統括マネージャーに期待されるのはビジネスにおける組織の構築

統括マネージャーに期待されるのはビジネスにおける組織の構築

統括マネージャーに期待されるのは、ビジネスにおける組織の構築です。マネジメントの仕方によって、集団は様々なまとめ方をすることができますが、ここで統括マネージャーに求められるのは「会社組織の構築」です。そこには前提として縦割りの組織と指示系統、そして報告ラインの存在があります。

こういった会社組織にあるべきシステムがなあなあになっておらず、毅然として敷かれているような会社組織の構築と維持が統括マネージャーには求められているのです。そのため、統括マネージャーという役職には社会人としての高い経験値と能力が要求されることが少なくないのです。

統括マネージャーは基本的に大きな組織に1名しかいない重要な役職

1名しかいない重要な役職

統括マネージャーは基本的に大きな組織に1名しかいない重要な役職です。何万人規模の大きな会社になれば統括マネージャーは各社に何人かいるような形になるかもしれませんが、中小企業であれば1名であることも珍しくありません。統括マネージャーは会社組織において代わりの利かない役職になることも少なくないでしょう。

統括マネージャーの役割は現場と経営陣をつなぐ役割になりますのでそう何回も入れ替えるようなことは、望まれないでしょう。また、経営陣の事情等も知っているので社外に流れて欲しくない人材である、という見方もできます。統括マネージャーは、会社経営において非常に重要な役職なのです。

統括と総括や統轄との違いは?

統括と総括や統轄との違い①統括は支配的にまとめる要素を含む

統括は支配的にまとめる要素を含む

統括と総括や統轄との違いとして、統括は支配的にまとめる要素を含むことが挙げられます。統括マネージャーに求められる「支配的にまとめる」という要素はあくまでも会社組織の軸に沿った形でまとめるという内容を指すのであって、強圧的なものや一方的なものが必ずしも求められるものではありません。

ただし組織が大きくなるほど組織の全員を同じ方向に向かせるのは難しくなるものなので、ある程度強圧的なマネジメントが求められるシーンも否定はできませんが、あまり好ましくはないでしょう。あくまでも「支配的」という言葉は、会社組織のシステムに沿った形だという認識を持つようにしてください。

統括と総括や統轄との違い②総括は全体を調整して取りまとめる


総括は全体を調整して取りまとめる

統括と総括や統轄との違いとして、総括は全体を調整して取りまとめることが挙げられます。総括という言葉は統括と並べて用いられることが少なくない言葉ですが、統括のように支配的な要素は基本的にありません。どちらかというとその場に合わせて調整をする要素が強く求められる言葉になります。

そのため、この言葉はカウンセリングをするような場合にもよく使われる言葉になります。統括は全体的な見通しを立てて動くことが強く求められますが、総括はその場の調整に重点が置かれる言葉となります。総括という言葉はマネジメントが求められる場面に限定されないこともその特徴の一つとなっています。

統括と総括や統轄との違い③統轄は統括に管理も含まれるが現在は統括と同じ

統轄は統括に管理も含まれるが現在は統括と同じ

統括と総括や統轄との違いとして、統轄は統括に管理も含まれるが現在は統括と同じ内容であることが挙げられます。元々統轄という言葉は統括が持つニュアンスに管理的な要素が含まれる言葉でしたが、現在では同じ意味合いで使われることが多くなっていますので、統括に統一されているという認識で良いかと思います。

ただし、現在でも会社によっては統轄マネージャーという呼称が一般的になっている場合もあり、その場合に総括という文字を使うと相手方にとっては誤字となり心象が悪くなる可能性がありますので、その点に於いては注意が必要です。

統括と総括や統轄との違い④統括マネージャーと総括マネージャーの違い

統括マネージャーと総括マネージャーの違い

統括と総括や統轄との違いとして、統括マネージャーと総括マネージャーの違いが挙げられます。統括マネージャーは基本的に社内の正式な部長職に当たる役職として設置される場合が多い役職であり、会社としても長期のビジョンを達成させるために期待を持たせる役職であると言えるでしょう。

一方で総括マネージャーに関してはどちらかというと単発的なプロジェクトや、部長職が取りまとめるには少し小規模な組織をまとめる場合や、その人気が統括マネージャーよりも短い場合に置かれる役職であると言えます。ただし会社によってこの定義は異なりますので、都度確認が必要となります。

統括と総括や統轄との違い⑤動詞としての使い方の違いはまとめ方の違い


動詞としての使い方の違いはまとめ方の違い

統括と総括や統轄との違いとして、動詞としての使い方の違いはまとめ方の違いであることが挙げられます。役職ではなく言葉だけの違いで説明をすると、総括に関してはその場その場をその人の調整力によってまとめるようなやり方を指します。

一方で統括はその組織におけるシステムやマネジメント力で大きなものを一つにまとめることを求められますので、総括とはだいぶ違ったニュアンスになってくるでしょう。ここの違いを押さえておくと、統括と総括の使い分けが楽になってくると思われます。

統括の使い方と例文は?

統括の使い方と例文①マネージャーや部長等の役職に関わる例文

マネージャーや部長等の役職に関わる例文

統括の使い方と例文として、マネージャーや部長等の役職に関わる例文について紹介します。このパターンについては、統括という言葉が最もよく使われるパターンになるかと思いますので、しっかりと押さえておきたいところです。

POINT

マネージャーや部長等の役職に関わる例文

統括マネージャーというポジションは組織の運営において非常に大切です。何故なら現場に対して経営陣の意図を伝えること、また現場の意見や状況を経営陣に直接伝えることができる、組織の扇の要と言える存在だからです。

統括の使い方と例文②統括と総括等似た言葉の違いを説明する例文

統括と総括等似た言葉の違いを説明する例文

統括の使い方と例文として、統括と総括等似た言葉の違いを説明する例文を紹介します。この2つの言葉についてはよく混同される、しっかり使い分けをしておきたい言葉になります。そのため、こういったシーンで統括という言葉で出て来ることは少なくないでしょう。

POINT

統括と総括等似た言葉の違いを説明する例文

統括という言葉には総括という似た言葉があり、また同じ発音で統轄という言葉があります。現在は統轄と同じ意味で統轄が使われ、総括は人気が短く調整の役割を期待されることが多い言葉になっています。

統括の使い方と例文③動詞として使う際の例文

動詞として使う際の例文

統括の使い方と例文として、動詞で使う際の例文を紹介します。統括マネージャーという役職に関しては形容詞的な使い方になりますが、基本的に名詞としての使い方です。ここではその行動について説明する動詞としての使い方を紹介します。

POINT

動詞として使う際の例文

組織を統括するのは非常に難しいことで、経験と知識などの総合力を兼ね備えた人物を据えるのが重要になってくる。また組織を統括したことのある人材を呼んでくるのが手っ取り早いとも言えるが、その資質がある人物を昇格させて育てた方が組織を維持して成長させていけるようになる可能性が高いと言える。

統括の使い方と例文④名詞として使う際の例文

名詞として使う際の例文

統括の使い方と例文として、名詞で使う際の例文を紹介します。名詞で使う場合も少なくないので、しっかり押さえておきたいところです。この使い方ができるようになると統括という言葉をマスターしたと言っても過言ではないかもしれません。

POINT

名詞として使う際の例文

組織の統括が円滑に進むことで会社の拡大も視野に入れることができるが、逆にその部分に課題を残したままで組織を慌てて拡大をすると経営に大きなダメージを与える結果になるリスクが出て来る。そのため統轄力のある人材をそのポジションに据え付けることができる段階まで組織の拡大は待った方が良いだろう。

統括という言葉をしっかり使いこなし説明できるようになろう!

統括という言葉はビジネスのシーンでよく使われる言葉ですが、その漢字が示すニュアンスで何となく理解している人も少なくないと思います。しかしながらここでその意味合いをしっかりチェックしておけばビジネスのシーンで次にこの言葉が出てきた時に、その背景等もしっかり理解しつつ話を聞くことができるでしょう。

ビジネスでは何となくの理解で損をすることが少なくないので、統括という言葉も含めてこれを機会に様々な言葉を勉強してみるといいかもしれません。すぐに使うような言葉でなくてもそれが役に立つ時が必ず来ることでしょう。これを機にビジネスパーソンとしてステップアップが図れるといいですね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。