INDEX

コミュ障とは?性格の特徴3つ

コミュ障とは「コミュニケーション障害の略」

コミュニケーション障害の略

『コミュ障』とは「コミュニケーション障害」の略です。コミュニケーション障害とは、自分以外の他の人との関係が必要な時に、その相手と充分なコミュニケーションを取ることができず、意思の疎通を図ることができない障害のことを言います。また、コミュニケーションを取ること自体が苦手な人を指す場合もあります。

コミュ障の特徴①会社の上司と意思の疎通ができない

会社の上司と意思の疎通ができない

コミュ障の特徴の1つ目は、会社の上司と意思の疎通ができない、という特徴です。コミュ障の人は会社の上司のことをとても怖い人間だと思っているケースがあります。また、人によっては「自分の意見を聞いてくれない人」と認識しているケースもあります。どちらも場合も、「自分のことは理解してくれない存在」と考えていま

このような考え方が根底にある為、上司のコミュニケーションを取って意思の疎通を図ろうとする気持ちは皆目ありません。「どうせ理解してくれない」と思い込んでいる為、意思の疎通を図ろうという気持ちが湧いてこないのでしょう。この考え方のすれ違いが原因で、ますます上司の意思の疎通ができないという状態になります。

コミュ障の特徴②会社の人たちと意思の疎通ができない

会社の人たちと意思の疎通ができない

コミュ障の特徴の2つ目は、会社の人たちと意思の疎通ができない、という特徴です。コミュ障の人は上司だけでなく、会社の人たちとも意思の疎通ができない、という特徴があります。これは、会社という一時的な空間の中で、自分のことを本当にわかってくれる人なんていない、という思いが心のどこかにあるからでしょう。

コミュ障の人にとって会社の同僚や先輩、後輩は、自分とは深くかかわらない人という認識がどこかにあります。会社という一時的な場所で、たまたま一緒に仕事をすることになった人、という気持ちがどこかにある為、意思の疎通を図ろうという気持ちはあまり湧いてきません。その為、会社の人たちとも距離ができてしまいます。

コミュ障の特徴③家族と意思の疎通ができない

家族と意思の疎通ができない

コミュ障の特徴の3つ目は、家族との意思の疎通ができない、という特徴です。人によっては自分の家族とも意思の疎通ができない、というケースがあります。これは、自分の感情や考えていることを、どのようにして家族に伝えれば良いのかわからないからでしょう。自分の考えや感じていることを、言葉で表現できないのです。

言葉で表現することが苦手になると、自分の考えや気持ちを相手に伝えることはしなくなっていきます。上手に伝えられないことに対して、もどかしさや怒りを感じるからです。そのような感情は抱きたくない、という強い思いも同時に心の中に湧き上がって来ています。その為、家族と意思の疎通ができないという状態になります。

コミュニケーション能力を上げる方法や磨く方法についてご紹介している関連記事が2つあります。どちらもリンクいたしますので、ご覧ください。

Small thub shutterstock 486675022
関連記事 コミュ力とは?上げる・磨く方法11選!活かせる心理学や向上する場所も

仕事も私生活も充実させていく為にはコミュ力の向上が必須!そもそもコミュ

Small thub shutterstock 547272460
関連記事 コミュニケーション能力向上のための本15選|会話術のスキルアップには?

コミュニケーション能力というのは仕事や生活で、常に必要とされるスキルで

コミュ障に向いている仕事4選

コミュニケーションできない人におすすめの仕事①新聞配達

新聞配達

コミュニケーションできない人におすすめの仕事の1つ目は、新聞配達、という仕事です。新聞配達は自分が回るルートさえしっかり覚えてしまえば、後は、毎日同じルートを通って同じ家に新聞を配達するだけで良くなります。新聞も昔のような手渡しではなく、ポストに投函するだけですから、会話をする必要はありません。

ただ、新聞の集金の際には、その家の人と会話をしなければならなくなります。ですが、新聞代の集金という目的がはっきりしている為、無理にお客様とコミュニケーションを取る必要はありません。集金時の会話の内容も限られたものですし、長時間同じ人と顔を合わせていることはありませんから、心理的負担は軽いでしょう。

コミュニケーションできない人におすすめの仕事②プログラマー

プログラマー

コミュニケーションできない人におすすめの仕事の2つ目は、プログラマー、という仕事です。プログラマーは専門的な知識が必要になります。ですが、一日中コンピューターに向かって仕事をすることになります。他の人と会話をすることはほとんどありません。仮に会話が必要になっても、仕事の内容ばかりになるでしょう。

また、会社に出勤せず、自宅でプログラマーの仕事をすることもできます。この場合は、会議の時にはチャットを使って会議をすることになるでしょう。他の人と顔を合わせることもほとんどない為、仕事に集中できます。専属のプログラマーなら営業に回る必要もない為、精神的な負担なしで、仕事をすることができるでしょう。

コミュニケーションできない人におすすめの仕事③工場

工場

コミュニケーションできない人におすすめの仕事の3つ目は、工場での仕事です。工場での仕事の中でも、ライン作業と呼ばれている仕事は、仕事中は他の人と会話をすることは、ほとんどありません。機械や自分の作業と向き合って、仕事に没頭することができます。多くの工場は私語が禁止な為、会話のストレスはないでしょう。

工場の人たちとコミュニケーションが必要になってくるとするなら、それはお昼休みでしょう。ですが、特別に仲の良い人を作らなければ、どこかのグループに入る必要はありません。また、工場勤務の人たちの中には、一人が好きな人も大勢います。あなたもお昼休みは独りで過ごすようにすると、ストレスがないでしょう。

コミュニケーションできない人におすすめの仕事④ライター

ライター

コミュニケーションできない人におすすめの仕事の4つ目は、ライターです。特にフリーランスでのライターは、他の人とのコミュニケーションを必要としません。フリーランスでライターをしている人たちはほとんどが、契約者とのコミュニケーションツールとしてチャットやメールでやり取りをする為、会話は必要ありません。

ライターにもさまざまな種類があります。ですが、取材などの一切ないライターの仕事を選ぶことで、コミュニケーションができないという人でも、気持ち良く仕事をすることができます。また、自分のペースで仕事をすることも可能な為、精神的な負担も大変少ないでしょう。コミュ障の人には最適な仕事と言えるかもしれません。

コミュ障に向いていない仕事は?

コミュニケーションできない人に不向きな仕事や会社①営業

営業

コミュニケーションできない人に不向きな仕事や会社の1つ目は、営業です。営業はお客様とのコミュニケーションがとても大切になります。コミュニケーション能力が長けていないと、顧客の新規開拓はもちろん、すでに契約済みの顧客にも大きな影響を及ぼしてしまいます。コミュニケーション能力が最も重要な仕事です。



コミュ障の人には、営業の仕事は不向きでしょう。お客様とのコミュニケーションができないからです。また、営業の仕事でコミュニケーションが必要になってくるのは、お客様だけではありません。社内の人たちとのコミュニケーションも、とても重要になってきます。コミュ障の人にとっては苦痛としか言いようのない仕事です。

コミュニケーションできない人に不向きな仕事や会社②人数が多い会社

人数が多い会社

コミュニケーションできない人に不向きな仕事や会社の2つ目は、人数が多い会社です。人数が多い会社では、コミュニケーションが必要ないと思っている人がいるかもしれません。ですが、これが意外とそうではありません。人数が多いということはそれだけ部署が多いということになり、さまざまな人とかかわることになります。

また、人数が多い会社ほど、社内の人たちとの交流を目的に、さまざまなイベントが開催されることが多くなります。コミュ障の人にとって、このような社内のイベントが多い会社は苦痛以外の何ものでもないでしょう。仕事以外のことで自分の時間を取られることにも大きなストレスを感じる為、あまり良い環境とは言えません。

コミュニケーションできない人に不向きな仕事や会社③事務職

事務職

コミュニケーションできない人に不向きな仕事や会社の3つ目は、事務職です。事務職は営業職以上に、さまざまな人たちとのコミュニケーションが大切になってきます。事務職はすべての部署のいわゆる「雑用係」のような仕事も引き受けている為、仕事が大変多岐にわたります。その為、仕事でかかわる人も大変多くなるのです。

まったく関係のない他部署の人たちともコミュニケーションを取りながら仕事をこなしていく必要があります。社内でのコミュニケーション能力だけで見るなら、営業職以上に事務職はコミュニケーション能力が必要になる職種と言えるかもしれません。コミュ障の人にとっては大変大きなストレスになる職種と言えるでしょう。

コミュ障が円滑に仕事をするために心がけたいこと3つ

コミュ障が社会人として上司や会社で心がけること①メモを取る

メモを取る

コミュ障が社会人として上司や会社で心がけることの1つ目は、メモを取る、ということです。コミュ障の人は会話の内容を覚えていることが大変苦手です。自分がコミュニケーションができない事を自覚している為、上司との会話や会社での会議などでは、他の人以上に緊張してしまい、会話に集中できないという状態になります。

上司との会話や会社での会議の際などには、必ずメモを取ることを心がけましょう。メモを取ることで、忘れてしまったことでも後で確認することができます。忘れてしまった為に、もう一度上司や会社の人に聞かなければならない、という精神的に負担のかかる状況も回避できます。自分の為にメモを取るように心がけましょう。

コミュ障が社会人として上司や会社で心がけること②話を聞く

話を聞く

コミュ障が社会人として上司や会社で心がけることの2つ目は、話を聞くという努力する、ということです。上司との会話や会社での会議では、どうしても注意力が散漫になってしまうでしょう。それはあなたが、コミュニケーションができないということを自覚している為です。その事で自分を責めたり、緊張しているのでしょう。

ですが、自分を責める必要はありませんし、緊張していても良いのです。ただ、そのような状況の中でも、話を聞くという努力をしましょう。上司の話を一生懸命聞く努力や、会社での会議の話を一生懸命聞く努力をすることで、自然と会話の内容が頭に入ってきます。すると、同じ事を聞き直すということもなくなるでしょう。

コミュ障が社会人として上司や会社で心がけること③責任感を持つ

責任感を持つ

コミュ障が社会人として上司や会社で心がけることの3つ目は、責任感を持つ、ということです。上司との会話が苦手な人や、会社で意思の疎通を図ることが苦手な人は、自分に対する自信を失っているケースがたくさんあります。「自分は何をやってもダメな人間」という思いがあり、責任感もほとんど失われてしまっています。

自信を取り戻すには、責任感を持つことが大切です。逆ではありません。責任感を持つことで自信を取り戻すことができるのです。自身を取り戻すことができれば、上司との会話が苦手だと思わなくなるでしょう。また、会社で意思の疎通を図ることもできるようになるでしょう。まずは責任感を持つ為の努力をしてみましょう。

コミュ障の人への上手な接し方は?

コミュ障の人への上手な接し方①一度にたくさん言わない

一度にたくさん言わない

コミュ障の人への上手な接し方の1つ目は、一度にたくさん言わない、という接し方です。コミュ障の人は自分が、他の人たちとコミュニケーションができないという事を自覚しています。また、自覚していることで、想像以上に会話の最中には緊張しています。極度の緊張状態になる為、会話の内容がほとんど頭に入っていません。

一度にたくさんの情報を口頭で伝えてしまうと、会話の内容がほとんど頭に入っていない為、聞き逃したり忘れたりすることが大変多くなります。必要な情報は小出しにして伝えるようにしましょう。また、メモを取る時間を作ってあげたり、復唱してもらうようにすることで、コミュ障の人のストレスも軽減されるかもしれません。

コミュ障の人への上手な接し方②同時にメモも渡す

同時にメモも渡す

コミュ障の人への上手な接し方の2つ目は、同時にメモも渡す、という接し方です。仕事上で何か大切なことを伝える場合、口頭で伝えても、コミュ障の人は半分も会話の内容を覚えていない、ということがあります。あなたとの会話に対してとても緊張しているからです。緊張状態にある為、内容に気持ちや意識が向いていません。

半分以上を聞き漏らしているか、または理解できていない可能性があります。「覚えていなかった」や「理解できなかった」という思いがコミュ障の人を苛み、ますます自信を失って自分の殻に閉じこもってしまう可能性があります。これを回避する為、同時にメモも渡してあげましょう。すると、自信喪失は回避されるでしょう。

コミュ障の人への上手な接し方③注目されるような状況を作らない

注目されるような状況を作らない

コミュ障の人への上手な接し方の3つ目は、注目されるような状況を作らない、という接し方です。広いフロアで大きな声でコミュ障の人の名前を呼んだり、たくさんの人がいる前で大きな声で話しかけたり、または会話をしたりするようなことはできるだけ避けましょう。コミュ障の人は注目されることが嫌いだからです。

周囲の人たちが自分に注目している、と認識するだけで、コミュ障の人は極度な緊張状態になります。また、人によっては注目される状況に恐怖を覚える人もいるでしょう。そのような状況はできるだけ避けてあげてください。フロアの端へ呼んであげたり、その人のそばへ行ってそっと話しかけてあげたりすると良いでしょう。

コミュ障の人に向いている仕事は専門的な職種

向いている仕事は専門的な職種

コミュ障の人は、こつこつした仕事が好きなケースが多くあります。また、知識の探求がすきという人も多くいます。これらの点から専門的な仕事が向いていると言えるでしょう。自分の得意分野や好きなことを仕事にして、その道のエキスパートを目指すと良いでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。