INDEX

レモンビーグルとは?

レモンビーグルとは①薄い茶色と白のレモンカラー(レモンホワイト)の毛色

レモンビーグル

レモンビーグルとは、濃い茶色と白のレモンカラー(レモンホワイト)のビーグルのことを指します。こよなく薄い優しい茶色と白色の2色で構成された毛色をしていて、多くの場合は耳全体と目の周りを薄い茶色が覆います。胴体は基本的には白色で、背中の部分からしっぽまでにレモンカラーの茶色の柄が入ります。

ビーグルの共通点として「しっぽの先は白い」ということがありますので、レモンカラー(レモンホワイト)のビーグルもその例に漏れません。全体的にふんわりとした優しいカラーリングなので、ビーグルの朗らかさの魅力をさらに引き立ててくれるような色合いだと言えるでしょう。

レモンビーグルとは②レモンホワイトはレッド&ホワイト(茶白)の1種

散歩中のレモンビーグル

レモンビーグルとはレッド&ホワイトの内の1種類です。基本的にビーグルは「トライカラー」と「レッド&ホワイト」の2種類に分かれています。トライカラーは、白と黒と茶色の3色が混じった毛色です。そしてレッド&ホワイトは、茶色と白の2色で構成されている毛色です。

そして今回ご紹介するレモンカラー(レモンホワイト)のビーグルも、大きく分ければこのレッド&ホワイトのカラーリングの内の1つに入るのです。ペットの毛色における「レッド」は赤ではなく茶色になり、この茶色の濃さによっても犬の雰囲気はかなり変わります。レモンカラーのビーグルは優しいイメージになりますね。

レモンビーグルとは③レモンホワイトにグレーなどが入るとミスカラー

レモンビーグル

レモンビーグルは、レモンホワイトにグレーなどが入るとミスカラーになります。これはレモンカラー(レモンホワイト)のビーグルだけに限らず、トライカラーやレッド&ホワイトにおいても共通しています。青みが入ったようなグレーやこげ茶のような色が代表的なミスカラーとなります。

もちろんミスカラーだからと言ってその子の健康状態が悪いということではなく、あくまで「繁殖用の犬からは除外される」というだけです。血統書に書けるカラーの種類は決まっていますので、ミスカラーがあると「その犬が定められたカラーリング」から外れてしまうからです。ペット用飼育には何ら問題はありません。

\ POINT /

薄い茶色と白で優しい雰囲気を感じさせる

レモンビーグルのカラーリングは、レッド&ホワイトの「レッド(茶色)」の部分が薄くなった毛色です。ふんわりとした印象になり、優しい雰囲気を感じさせます。

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの性格は?

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの性格①活発でヤンチャ

レモンビーグル(レモンカラー・レモンホワイト)が人気のビーグルの性格の1つ目は、活発でヤンチャであることです。元々ビーグルは猟犬として人間と共に暮らしていた歴史があり、ハンティング能力に優れています。そして筋肉量も豊富であり、それにともなって1日に必要な運動量も多いです。

そして好奇心旺盛な性格で、興味が持ったことは遠慮をせずにどんどん知ろうとします。犬らしい素直な可愛らしい性格です。まるで人間の子供を相手にしているかのような快活さで愛おしさを感じるでしょう。とにかく活動的でヤンチャ者なので、時にはイタズラをしてしまうかもしれません。しっかり躾けて育てたいですね。

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの性格②寂しがり屋さんで甘えん坊

上目遣いのレモンビーグル

レモンビーグル(レモンカラー・レモンホワイト)が人気のビーグルの性格の2つ目は、寂しがり屋さんで甘えん坊だということです。ビーグルは茶白などの毛色に関係無く、とにかく飼い主さんのことが大好きで大好きでたまりません。忠誠心も強めの犬なので、飼い主さんの側から離れようとしない時間が多いです。

ペットとの濃密な時間を過ごしたい人にはピッタリの犬ではありますが、猟犬であることの血が影響してか無駄吠えも多めの犬種です。寂しい気持ちをフォローしてあげないと、無駄吠えが増える原因になります。甘やかしてあげるというよりも、ビーグルと向き合ってあげる時間を増やしていきましょう。

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの性格③抜群に社交的

レモンビーグル(レモンカラー・レモンホワイト)が人気のビーグルの性格の3つ目は、抜群に社交的であるということです。ビーグルは良くも悪くも怖いもの知らずで破天荒、猪突猛進で明るい性格です。元々集団生活に慣れている犬種ですので、多頭飼いにも向いています。ドッグランなどにもすぐ慣れやすいです。

お散歩中に他の犬とすれ違っても物怖じせずに近づいていきますので、距離感を覚えさせるためのしつけは必要になります。ですが飼い主さんはビーグルのその底抜けの明るさと社交性に心が救われることも多いでしょう。誰とでも仲良くしたいと思い、行動に起こすことができるエネルギッシュな犬です。

\ POINT /

素直で元気な明るい犬種

ビーグルは比較的分かりやすい性格をしています。素直で明るく元気という裏表の無い性格です。吠え癖や運動量などの問題をクリアできれば非常に飼いやすい犬の1つです。

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの飼い方は?

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの飼い方①運動量をクリアする

レモンビーグル(レモンカラー・レモンホワイト)が人気のビーグルの飼い方の1つ目は、必要運動量をクリアすることです。お散歩は最低でも1日30分連れて行ってあげたいところです。また筋肉量も多いので、フリスビーやオモチャを投げて遊んであげたりして発散させてあげましょう。

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの飼い方②テリトリーを用意する

レモンビーグル(レモンカラー・レモンホワイト)が人気のビーグルの飼い方の2つ目は、テリトリーのスペースを用意してあげることです。人と過ごすことが大好きなビーグルですが、時には1人の時間を大切にしたい時もあります。子供などにも邪魔されずに過ごせるサークルなどはマストで用意してあげましょう。

巷でレモンビーグルが大人気!ビーグルの飼い方③清潔な状態を維持する

レモンビーグル(レモンカラー・レモンホワイト)が人気のビーグルの飼い方の3つ目は、清潔な状態を維持することです。ビーグルは他の犬と比べて皮脂の分泌が多いので、短毛種であることも影響して体臭が出やすい犬種でもあります。最低でも月に1回のお風呂を欠かさず、濡れタオルなどで体を拭いてあげるようにします。

また垂れ耳の犬種なので、耳の中に雑菌が溜まりやすいです。定期的に耳の中をチェックしてお掃除をしてあげましょう。子犬の内に、耳の中を触られることに慣らせておくことをおすすめします。

\ POINT /

子犬の頃からの癖付けを大切に

ビーグルは快活な犬ですが、パーソナルスペースの確保も大切です。また子犬の頃から他の犬と触れさせることで、もちまえの社交性をより磨いてあげることができます。

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍は?

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍①ビーグル

Amazonで商品の詳細を見る

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍の1冊目は、「ビーグル (愛犬の上手な育て方12カ月)」です。ビーグルのしつけや食事、健康や月毎のケアポイントを解説してくれています。また子犬期・若犬期・成犬期・老犬期にわけて説明してくれることで、年代ごとに変化していく注意点も理解することができます。

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍②ILoveビーグル

Amazonで商品の詳細を見る

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍の2冊目は、「I Loveビーグル―元気なビーグル、ここにいます。」です。ビーグルの基本的な知識やしつけの知識を教えてくれます。また可愛いビーグルの写真が多く、写真集としての楽しみ方ができるのも嬉しいです。ホームセンターなどでも手に入ります。

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍③ビーグル大好き!

Amazonで商品の詳細を見る

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍の3冊目は、「ビーグル大好き!―お待たせ。やんちゃビーグルのおでましだ!」です。ビーグルの可愛い写真が多く楽しめます。ペットとしてだけではなく猟犬として活躍するビーグルやフリスビーや登山などスポーツとビーグルなどの紹介もあり、読み物としても充実の内容です。

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍④楽しいビーグルライフ

Amazonで商品の詳細を見る

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍の4冊目は、「楽しいビーグルライフ (すべてがわかる完全犬種マニュアル)」です。ビーグルの生態や健康面はもちろん、飼い主とビーグルとの生活をサポートしてくれる飼育マニュアル本です。飼育方法だけではなく飼い主としての在り方も教えてくれます。

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍⑤THEDOGビーグル

Amazonで商品の詳細を見る

ビーグルに関して詳しく学べるおすすめの書籍の5冊目は、「THE DOG キャッシュブック ビーグル」です。魚眼レンズで撮影した動物で有名な「THE DOG」シリーズのビーグルバージョンであり、家計簿も付けられるキャッシュブックです。いつでもビーグルと一緒にいたい!という人にこそおすすめです。

\ POINT /

本の方向性をチェックして選ぼう!

ビーグル向けの本は「しつけ、健康」に特化した知識系の本と「ビーグルの魅力」に特化した娯楽形の本で分かれますので、目的に沿った本を選ぶようにしましょう。

魅力いっぱいのレモンビーグルをもっと知ろう!

いかがでしたか?魅力いっぱいのレモンビーグルについてご紹介しました。レモンカラーのビーグルは珍しく、ペットショップでも見かけるとついつい目を引かれてしまいますよね。個性が溢れるレモンビーグルは、性格も明るくて元気いっぱいです。ぜひ、お家の新しい家族に迎えてあげるのはいかがでしょうか。

またこの記事をご覧の皆様の中には、今から犬を飼おうか迷っている人も多いかと思います。そんなあなたにおすすめの犬の飼い方の記事も纏めてありますので、こちらも併せてご参考ください!ペットがいる生活は、きっとあなたの人生を変えてくれるほどの悦びをもたらしてくれるでしょう。

Small thumb shutterstock 545972260
関連記事 犬に必要な食事回数や犬の一日の食事量・ご飯の時間は?子犬/老犬

犬に必要な食事回数や食事量やご飯の時間など、子犬や老犬でも異なってきま

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。