INDEX

誠意製作中の意味とは?

誠意とは私利私欲のない真心という意味

パソコンの上にあるハート

誠意とは、私利私欲のない真心という意味です。「せいい」と読みます。誠意のこもったもの、誠意を尽くす、誠意のある態度、などと使われます。誠心誠意、や誠意を見せる、といったような使い方もあります。自分のためではなく、物事や相手のためを思う真っすぐで正直な気持ちという意味になります。

製作中とは道具や機械などを使ってものを作っているという意味

工具

製作中とは、道具や機械などを使ってものを作っているという意味になります。「せいさくちゅう」と読みます。実用品の物や器具など、なにか形のあるものを作る時に使う言葉です。主に工業製品や、精密機械などを指し、いわゆる大量生産できるもののことを意味します。

しかし、幼稚園の図工などで何かを作る時も、製作という言葉が使われています。道具や材料を使って物を作る際に製作という言葉が使われるので、必ずしも機械などを作ったり、大量生産品を作る時に使われているわけではありません。また、実用品でなければいけないというわけでもありません。

制作中とは芸術作品を作っているという意味

芸術作品を作る女性

制作中とは、芸術作品を作っているという意味です。「せいさくちゅう」と読みます。制作中は製作中と読み方が同じであり、非常に似ているため間違ってしまいそうになりますが、意味は違います。芸術作品とは、映画や絵画などのことを指します。

しかし、映画においては、小道具や衣装を使うことや、資金調達をすることは製作、シナリオや演出等、アーティストが関わっている部分を制作と言ったりと細かく区分がされています。同じものを作るにしても、作り上げるまでの過程の中で製作中と言ったり制作中と言ったり、二つの言葉が混在する場合もあります。

誠意製作中とは誠意を込めて物を作っている最中という意味

カラフルなバラを渡す人

誠意製作中とは、誠意を込めて物を作っている最中という意味です。真心を持って一つ一つ丁寧に誠意を込めて物を作っている最中の状態を伝えたい時、「誠意製作中」という言葉を使います。誠意は副詞ではないので、正確には「誠意を持って製作中」の略になります。

誠意製作中に使い方と例文は?

誠意製作中の使い方と例文①現在誠意製作中

ハートを作っているところ

誠意製作中の使い方と例文一つ目は、「現在誠意製作中」です。今現在、真心を持ち誠意を込めて作っている最中という状況を表します。漢字が続いてしまい、読みづらくなりますので、「現在、誠意製作中」と句読点を打った方が読みやすくなっていいでしょう。

誠意製作中だけでも伝わりますが、「現在」を入れることで今の状況説明がより分かりやすく伝わります。また、口頭で伝えるのならいいですが、書面やブログ等に掲載し、文章で報告や経過として「現在、誠意製作中」という使い方をする場合は、西暦や日付を一緒に記載するとさらに分かりやすくなるのでおすすめです。

誠意製作中の使い方と例文②誠意製作中につきお待ちください

待っている女性

誠意製作中の使い方と例文二つ目は、「誠意製作中につきお待ちください」です。これは、誠意を持って物を作っているところなので、待っていてほしい時に使います。作っているそのものの完成を待ってほしい時や、今製作中のものがあるから、他のものが作れない時などにも使います。

また、製作に忙しいので、他のことに対応する時間を取るのが難しい時などにも使用できます。ただ単に「製作中につきお待ちください」より、真心を込めて作っている様子が伝わってくるので、イメージがいいです。

誠意製作中の使い方と例文③誠意製作中につきご了承ください

理解を求める女性

誠意製作中の使い方と例文三つ目は、「誠意製作中につきご了承ください」です。ご了承くださいとは、納得して下さい、理解して受け入れてください、という意味があります。真心を込めて物を作っている最中なので、他のことへの対応が遅れたり、注文を受けることが出来ないかもしれないという意味です。

ただの「製作中につきご了承ください」より、誠意をつけることで精神が物作りにいっているんだな、ということが伝わりやすいです。時間や手間が取れないだけではなく、精神的にも物作りに向いていることが分かります。

誠意製作中の使い方と例文④このサイトは誠意製作中です

パソコン画面

誠意製作中の使い方と例文四つ目は、「このサイトは誠意製作中です」です。これは、製作中のサイトのトップページや、各メニューページ画面に載せておきます。大きいフォントを使ったり、中央に字を寄せておくとより分かりやすいです。

ただの「このサイトは製作中です」だと、事務的になってしまいます。しかし、誠意をつけることで、真心を込めて作っている最中なんだということが伝わります。サイトの完成が楽しみになるし、イメージアップにも繋がります。

最近では、簡単にサイトがスマホから見れるようになりましたね。時間があるときに気軽に見ることが出来ます。こちらの記事では、おすすめの面白い暇つぶしサイトについて紹介しています。エンタメ系やオカルト系、動物系などの色々な種類のサイトが載っているので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 516531457
関連記事 暇つぶしサイトってどれがおすすめ?面白暇つぶしサイト40選!

なんだか手持ちぶさたな時間に暇つぶしをする時、皆さんはどう過ごされてい

誠意製作中の類語や言い換えは?

誠意製作中の類語や言い換え①誠意執筆中

ノートに何か書いているところ

誠意製作中の類語や言い換え一つ目は、誠意執筆中です。執筆中とは、文章を書いている最中を意味します。小説だったり雑誌の記事だったりと、文章全般を指します。誠意執筆中とは、真心を込めて文章を書いている最中だという意味です。作っているものが文章の時、製作中ではなく執筆中と言い換えられます。

誠意製作中の類語や言い換え②誠意準備中

整えられたテーブル

誠意製作中の類語や言い換え二つ目は、誠意準備中です。準備中とは、何か物事を行う前に必要な物を用意したり、あらかじめ整えたりしている最中を意味します。誠意準備中とは、簡単に準備ができるものではなく、時間がかかる時に使います。例えば何か大きなものを作るための用意だったり、大きな企画やイベント事などです。

そのものを行うよりも、準備の方が時間や手間がかかる場合もあります。そんな時は、心を込めて準備をしている最中だということを伝えるために「誠意準備中」という言葉を使います。また、お店の開店準備でもただの準備中より誠意準備中をつけたほうがイメージはよくなります。

誠意製作中の類語や言い換え③誠意作成中

書類を作成している女性

誠意製作中の類語や言い換え三つ目は、誠意作成中です。作成中とは、書類や計画などを作っている最中を意味します。誠意作成中とは、真心を持ち誠意を込めて書類や計画を作っている時に使います。「誠意を持って作成中」の略として使いますが、そのまま略さずに使う場合もあります。

誠意製作中の類語や言い換え④誠意作業中

何かを塗っているところ

誠意製作中の類語や言い換え四つ目は、誠意作業中です。作業中とは、仕事や作業をしている最中だということを意味します。「誠意作業中」は、会社の公式ブログ等で、コツコツと真面目に作業中の様子を報告したい時などに使います。

誠意製作中と鋭意製作中の違いは?

鋭意とは集中して一生懸命に取り組んでいるという意味

書類に目を通す女性

鋭意とは、集中して一生懸命に取り組んでいるという意味です。ビジネスでよく聞く言葉です。取引先の相手などに、集中して真面目に取り組んでいる様子を報告する時に使います。鋭意製作中や鋭意努力、鋭意対応や鋭意捜査中など、色々な言葉につけた使い方が出来ます。

ビジネスで鋭意という言葉を使う前に、こちらの記事でビジネスマナー検定について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 166600271
関連記事 ビジネスマナー検定のテスト問題は?過去問・難易度・日程は?3級/2級

あなたはビジネスマナー検定をしていますか?「ビジネス社会の基本ルール」

誠意製作中と鋭意製作中の違いは一点に集中しているかどうか

真面目にパソコンに向かっている男性

誠意製作中と鋭意製作中の違いは、一点に集中しているかどうかです。仕事を請け負った相手方に、鋭意製作中と伝えるのは間違いではありません。むしろ好ましいです。集中して真剣に製作してくれていることが伝わるからです。通常、一対一のやりとりの場合だと、鋭意製作中と使う場面の方が多いです。

しかし、鋭意製作中はそのものに集中して作っているということなので、多用するのはよくありません。例えば、複数の注文を請け負っていた場合、ひとつの注文に対し鋭意製作中と言ってしまったら、残りの注文は集中していないのかと思われてしまいます。

会社の公式ブログなど、複数の人の目が入り注文者が何人も見る状況で、ひとつの注文に対して鋭意製作中と書くのは、他の注文者によくありません。そこで、誠意製作中にすると、真心を持ち誠意を込めて作っているということになるので、他の人から見ても安心できます。

鋭意製作中は多用する言葉ではない

真剣なまなざしの女性

鋭意製作中は、多用する言葉ではありません。真剣に集中して取り組んでいるさまを伝える言葉ですが、ただ単に頑張って取り組んでいるのではなく、特に一生懸命に物事に取り組む時に使う言葉です。

しょっちゅう何にでも簡単に「鋭意製作中」を使っていたら、真剣さが薄れてしまいます。本当に本気で相手に真剣さを伝えたい時に使いましょう。また、複数の人の仕事や注文を請け負っている時に、他の人に聞こえる場で使うのもよくありません。一対一の時に使いましょう。

誠意を込めて作っているときは誠意製作中を使おう

誠意製作中という言葉は、誠意を込めて物を作っている最中の時に使用しましょう。機械や器具を作る時は製作ですが、芸術品を作っている時には制作中、小説などの文章を書いている時には執筆中、書類や企画を作っている時には作成中と言い換える時も使用できます。制作中は同じ読み方なので間違えないようにしましょう。

また、ものを作っているのは仕事や作業でもあるので、作業中にも言い換えられます。誠意を込めて何をしている最中かを分かりやすく伝えることができるので、製作以外にも活用してみてください。鋭意は集中して真剣に取り組んでいる心の様子を表すので、多用はせずに大事な場面で使うことをおすすめします。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。