INDEX

クロテッドクリームとは?

イギリスのクロテッドクリームの概要

クロテッドクリームとは、正式には「デボンシャー・クロテッドクリーム」といいます。イギリスの南西部に位置するデヴォン州で2000年以上も前から作られてきた伝統的乳製品のことです。スコーンにジャムと一緒に塗って食べるのが一般的です。

また、コーンウォール州で作られたクロテッドクリームはコーニッシュクリームと呼ばれています。デボン州ではクロテッドクリームを先に塗ってからジャムをスコーンにつけ、コーンウォール州では逆にジャムをスコーンに先につけてからクロテッドクリームをつけて食べます。

クロテッドクリームは脂肪分の高い牛乳を弱火で煮詰め、それを一晩おいたときに表面に固まった脂肪分です。脂肪分は60パーセントです。バターの脂肪分は80パーセント、生クリームの脂肪分は30パーセントから48パーセントなので、脂肪分はバターより低く、生クリーム以上です。

イギリスでのクロテッドクリームの食べ方

イギリスでは、通常クロテッドクリームはスコーンにつけるものです。イギリスではアフタヌーンティといえば紅茶とスコーンというほどのメジャーぶりで、クロテッドクリームはジャムと一緒にスコーンにつけるようです。たっぷりクロテッドクリームを塗ることでクリーミーなおいしさになります。

スコーンは、どちらかというと粉っぽく、パサパサとした食感が特徴の焼き菓子です。なので、紅茶とクロテッドクリームをたっぷりとつけるスタイルが人気なのです。実際にイギリスではアフタヌーンティやクリームティを頼むと紅茶とスコーンに大量のクロテッドクリームが添えられて出てきます。

バターをパンに薄く塗って食べる日本人には、最初は驚きですが、クロテッドクリームはバターよりもカロリーも低く、あっさりとした味わいなので、ぜひスコーンにたっぷりとクロテッドクリームをつける食べ方を試してみてください。

スコーンにつけるクロテッドクリームの味とは

クロテッドクリームはバターと生クリームの間くらいの滑らかさと味わいです。牛乳の風味はそこまで強くないので、牛乳が苦手な方でも、無理なく食べることができます。実際に食べてみた方の感想を紹介します。

Q web

バターより重くないんだけど濃厚なコクがあって・・・ 生クリームをギュッと圧縮して固形にし、ほんわか甘くしたカンジ。 チーズのような臭みはなく、練乳を薄くしたような臭いです。 見た目や食感はクリームチーズに似てるかな。 んで、口に入るとトロッと溶けます。

引用元: 浅次郎の勇気凛々ブログ

Q web

スコーンにモリモリ&モリモリのせて食べても胸焼けせず、主張し過ぎず口の中でスーッとほどけていくミルキーな味わいがスコーンやジャムを引き立てる

引用元: British tea style

濃厚なコクはあるけれど、さっぱり感もあって、ジャムとよく合うということが分かります。本場のイギリスでは、クロテッドクリームをたくさんスコーンに塗って食べるのが主流のようです。スコーンにジャムを先に塗るか、クロテッドクリームを先に塗るか、こちらでも好みが分かれるようです。

スコーンを先に塗ると温かいスコーンによってクロテッドクリームが少し溶けてしっとりとした美味しいスコーンが味わえます。ジャムを先に塗ると、クロテッドクリームを塊で味わうことができるので、さらにクリーミーで優しい甘さが口の中に広がります。ぜひ両方試して自分の好みの食べ方を見つけてみてくださいね。

クロテッドクリームのスコーンにつける以外の食べ方

クロテッドクリームは、スコーンにつける以外にもクラッカーにつけて食べると美味しいです。クラッカーの程よい塩味とマッチして、何枚でも食べられそうな美味しさです。また、パンケーキに乗せたり、ケーキに添えて食べるとコクが出て美味しいです。

また、クロテッドクリームがどこでも手に入れられるイギリスでは、画像のようにケーキにクロテッドクリームのアイシングをすることも一般的です。ほんのりとしたミルクの甘みがケーキの味をマイルドにしてくれ、美味しいそうです。

クロテッドクリームもどきの代用レシピと作り方は?

バターを使ったクロテッドクリームの代用レシピの作り方

クロテッドクリームは本来、牛乳を弱火で煮詰めて作るのですが、日本で一般的に売られている牛乳はホルスタイン種のもので、イギリスのジャージー種の牛乳でないと本格的なクロテッドクリームを作るのは難しいです。また、手間も時間もかかりますので、今回はクロテッドクリームの代用レシピ・作り方を紹介します。

バターを使った代用レシピの材料
  • 発酵無塩バター 100グラム
  • コンデンスミルク 25グラム
バターを使った代用レシピの作り方
  1. バターを常温に戻します。
  2. コンデンスミルクを加えて泡だて器で混ぜます。
  3. まったりとしたクリーム状になったら完成です。

バターとコンデンスミルクをよく混ぜるだけという少ない材料と簡単なレシピ・作り方で、本物のクロテッドクリームのようなまったりした濃厚な味わいを楽しむことができます。クロテッドクリームはクリームの食感とあっさりした味が特徴なので、代用の作り方では無塩バターを使うようにしてください。

思いついたときにすぐに作って食べられる代用レシピ・作り方なので、困ったときに大活躍します。クロテッドクリームをつけるだけでスコーンがイギリスっぽくなりますので、おもてなしにもぴったりな代用レシピです。

ヨーグルトを使ったクロテッドクリームの代用レシピの作り方

バターは脂肪を多く含むので、スコーンにたっぷりつけるのは抵抗があるという方や、カロリーが気になるという方はヨーグルトを使った代用レシピでクロテッドクリームを作るのがおすすめです。さっぱりとした味で、ジャムとの相性もばっちりです。バターで作るよりもなめらかな食感になります。

ヨーグルトを使った代用レシピの材料
  • ヨーグルト 450グラム
  • コンデンスミルク 大さじ3
ヨーグルトを使った代用レシピの作り方
  1. ヨーグルトをキッチンペーパーを使って、冷蔵庫の中で一晩水切りします。
  2. 水切りしたヨーグルトにコンデンスミルクを加えて混ぜます。
  3. まったりとしたクリーム状になったら完成です。

ヨーグルトを水切りするのに時間はかかりますが、家にある簡単な材料で代用品を作ることができます。代用でもまったりとした本物っぽいクリーム感を出したいのなら、しっかりと水切りをするのがおすすめです。キッチンペーパーを何回か取り換えて完全に水切りをすると美味しいクロテッドクリームを食べることができます。

本来のクロテッドクリームのレシピと作り方は?

本来のクロテッドクリームの作り方|湯煎

イギリスの本来のクロテッドクリームの作り方を紹介します。手間も時間もかかりますが、その分クロテッドクリームが完成したときの喜びは大きく、スコーンにつけて食べるとバターのような生クリームのような何とも言えない美味しさが口の中いっぱいに広がります。ぜひ時間があるときに試してみてください。

本来のクロテッドクリームの材料
  • ジャージー種の牛乳(ない場合はダブルクリームでも可)600ml
本来のクロテッドクリームの作り方
  1. 牛乳かダブルクリームをボールに入れて冷蔵庫に一晩おいておきます。
  2. 2時間ほど湯煎にかけます。この時、温度は90度を保ちます。
  3. 粗熱をとります。
  4. 冷めたら冷蔵庫で8時間ほど冷やします。

クロテッドクリームは乳製品なので、長く保存ができません。一度作ったら3日以内に食べることをおすすめします。冷凍保存をすると固形部分と脂肪分が分解してしまい、美味しく食べられなくなることがほとんどですので、生クリームの代わりに料理に使って、早めに食べきるのがおすすめです。

本来のクロテッドクリームの作り方|オーブン

湯煎をするのは面倒だ、90度に保ち続けるのは難しいという方は、オーブンでもクロテッドクリームを作ることはできます。オーブンの場合、時間は湯煎よりもかかりますが、オーブンで温めている間にほかのことをできるので、そこまで苦にならないはずです。材料は、湯煎の場合と同じジャージー種牛乳かダブルクリームです。

本来のクロテッドクリームの作り方
  1. 牛乳かダブルクリームを平らな耐熱容器に入れます。
  2. オーブンを80度にセットして、8時間ほど温めます。
  3. 粗熱をとります。
  4. 冷めたら冷蔵庫で8時間ほど冷やします。

冷蔵庫から取り出すと、黄色い層ができているはずです。その黄色い層の下にできているのがクロテッドクリームです。黄色い層も食べることができますが、シャリシャリとした食感になりますので、好みによって取り除くか一緒に好みの硬さになるまでしっかりと混ぜて食べてください。

下のほうは液体のままのことがありますが、この液体を一緒に混ぜるとまったりとしたクリーム感が特徴のクロテッドクリームの食感が再現できないので、取り除くといいでしょう。この液体もお菓子作りに使うと美味しいですので、焼き菓子などに利用して無駄をなくしましょう。

おすすめの市販のクロテッドクリーム3選

市販のおすすめクロテッドクリーム①カルディの中沢クロテッドクリーム

日本で買えるおすすめの市販のクロテッドクリームを紹介します。まず1つ目はカルディコーヒーファームや大型スーパーなどで手に入れることができる中沢クロテッドです。品揃えのいいスーパーに行くと手に入れられ、日本で一番よく目にするクロテッドクリームです。内容量は100グラムです。

日本で初めて本場のクロテッドクリームの味を再現した商品で、原材料はクリームのみです。蓋を開けると濃厚な、バターのようなクリームが現れます。上のほうは固形、下のほうはとろりとした少し液体のようなクリームになっています。自分の好みの硬さになるまでよく混ぜて食べるといいでしょう。

カルディコーヒーファームには、クロテッドクリームのほかにも美味しい日本の食品や輸入食品がたくさんあります。気になる方は、こちらに関連記事がありますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 602988833
関連記事 売り切れ続出!カルディに行ったら買うべきおすすめの人気商品15選

普段はお目にかかることのできない商品が手に入るカルディ。おすすめできる

市販のおすすめクロテッドクリーム②タカナシ英国伝統のクロテッドクリーム

日本で買えるおすすめの市販のクロテッドクリーム2つ目は、タカナシ英国伝統のクロテッドクリームです。こちらは本物のクロテッドクリームの証であるクラフトを再現した商品です。クラフトとはクロテッドクリームを作るときに表面に張る黄色のシャリシャリとした層のことです。

蓋を開けると黄色のクラフトが全体にきれいに張っていて、スプーンですくうとトロリとした白っぽい濃厚なクリームが出てきます。イギリスで食べたクロテッドクリームと比較をしても、ほとんど同じ味といえます。内容量は100グラムで、原材料はクリームのみです。

クリーミーな味わいで、くちどけもいいので、スコーンに多めにつけると美味しく食べられます。クリームの香りと甘みがとても美味しいクリームなので、ベリー系のジャムとの相性が抜群のクロテッドクリームです。

市販のおすすめクロテッドクリーム③ロッダのクロテッドクリーム

日本で買えるおすすめの市販のクロテッドクリーム3つ目は、ロッダのクロテッドクリームです。ベノアのオンラインショップで買うことができるロッダのクロテッドクリームはイギリスから直輸入しているクロテッドクリームです。内容量は40グラムと少なめで、目安としてはスコーン2個分くらいの量です。

ロッダのクロテッドクリームの原材料はジャージー乳のみなので濃厚でなめらかな口当たりと口に入れるとすぐに溶けてなくなる口当たりの良さが魅力的なイギリスのクロテッドクリームです。イギリスでも人気のクロテッドクリームです。輸入品なのでお値段は少し高いですが、ネットでも買えるので試してみる価値はあります。

イギリスにはほかにも変わった食品があります。イギリスの食品をほかにも知りたい、試してみたいという方は、こちらに関連記事がありますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

クロテッドクリームでおやつタイムをリッチに

いかがでしたか?今回はイギリスでスコーンに欠かせないクロテッドクリームを紹介しました。ごはんが美味しくないといわれているイギリスですが、アフタヌーンティは古くからイギリスで親しまれてきた文化で、紅茶もお菓子もとても美味しいので、ぜひ試してみてほしいものです。

そんなイギリスのクロテッドクリームが家いなる材料で簡単に作れるレシピ・作り方を紹介しましたので、ぜひ試してみてくださいね。また、本格的なクロテッドクリームのレシピ・作り方も紹介しました。手間と時間はかかりますがとても美味しく、完成したときの感動も大きいのでぜひ時間があるときに挑戦してみてください。

また、時間がないという方や、ちょっと試してみたいという方は、カルディなどの店舗やネットでも気軽にクロテッドクリームを手に入れることができますので、ぜひ一度買ってみてください。クロテッドクリームをスコーンにジャムと一緒につけて食べて、優雅なおやつタイムを楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。