Large thumb shutterstock 332500766

似合わせカットとは?意味と女性が失敗しないおまかせのコツは?

更新:2019.06.21

最近よく聞く似合わせカットですが、デザインカットとはいったい何が違うのでしょう?女性の髪は命とも言われています。きれいになりたい女性にとっては美容師選びは重要です。似合わせカットの意味とおまかせの失敗しないオーダーの仕方を解説していきます。

似合わせカットとは?意味やデザインカットとの違いは?

似合わせカットとは?意味やデザインカットとの違い|注文の仕方

似合わせカットとはどういう意味でしょう?デザインカットとの違いは注文の仕方が違います。お客様からしたら似合わせカットでというのとデザインカットでと注文するのはお店の表記の違いと思っていませんか?実は注文の仕方なのです。その違いによって基本となる髪型の選び方が変わります。

似合わせカットというのはそのまま本人に合うように美容師が提案するカットのことです。顔の形、頭の丸さを考えた上でどのようなカットが似合うかを考えます。お客様がどんな髪型にしたいかを聞き出すことも大切なことですが前髪の長さ、サイドの長さパーマをするかどうかを考えながら失敗しないスタイルを考えていきます。

デザインカットは髪型を主に考えています。お客様からボブ・ロング・ショートもしくは何センチ切ってほしいとオーダーされます。注文されたデザインをいかに似合うようにカットしていくかがデザインカットであり、美容師の腕の見せ所になります。この時もこだわりを伝えることが失敗しないコツです。

似合わせカットとは?意味やデザインカットとの違い|美容師の提案

似合わせカットの意味やデザインカットとの違いは美容師の提案の仕方が変わることです。似合わせカットは美容師に意見を求めることになるので、ほとんどお任せのような状態になります。自分でどこをどうすればいいのかよく理解している人はこだわりがしっかり伝えれたらデザインカットにしても失敗はしないでしょう。

美容師とお客様との間に信頼関係があってこそ満足する仕上がりが望めるでしょう。自分のチャームポイントがまだ理解できていない場合は、そのことを担当者に伝えたらどんどん提案してくれます。髪型だけではなく、ヘアアレンジの仕方からメイクや服装までアドバイスをもらえるかもしれません。

例えば、丸顔が気になっている人ならショートよりロング、ボブなら前下がりにしたり、前髪を長めにして横に流すなど提案の幅が広がります。縦のラインを象徴するスタイルを提案されるでしょう。美容師のセンスや好みが入ってきますので、安易におまかせにするのではなくしっかりカウンセリングしてもらいましょう。

似合わせカットとは?意味やデザインカットとの違い|仕上がった後の再現性

似合わせカットの意味やデザインカットとの違いは仕上がった後の再現性の違いです。似合わせカットもデザインカットも再現性を高くするべきですが、デザインカットのほうが高いのが現状です。デザインを重視にしているので、簡単に乾かしただけでもスタイルが成り立つようにカットしているからです。

似合わせカットを骨格修正カットと名付けている美容室もあります。ハチ周りが張っている人はトップにボリュームを出して、顎のラインにウェイトを持ってくるときれいに見えます。えらが張っている人は顔周りに動きを出したり、パーマを当ててたロングヘアでAラインにするのがおすすめです。

似合わせカットは人それぞれに提案する髪型が違います。スタイリング方法もそれぞれですので、今後のお手入れ方法などもしっかり教えてもらいましょう。初めての髪型になるときは失敗しないためにスタイリング剤もつけ方を教えてもらいましょう。再現性を高める為にはお客様自身の技術も必要なのです。

似合わせカットのメリットは?

似合わせカットのメリット①個性にあった提案をしてくれる

似合わせカットのメリットの1つ目は個性にあった提案をしてくれることです。似合わせカットを注文する人は今の髪型からイメージチェンジしたいか、現在の髪型に満足していないかの人が多いでしょう。美容師はその人に似合った髪型を提案しますが、どちらかというと悩みを聞く方が重要です。

髪の毛に限ったことではありません。それは服装や仕事とも連動した提案をしてもらえます。みなさん日常生活でオシャレにいたい気持ちはありますが、男性の場合はある程度仕事場でのスタイルを制限されることも多いです。普段の生活スタイルも考慮して美容師は髪型を考えます。

髪の毛の量や癖で悩んでいる人はデザインカットより似合わせカットがおすすめです。髪の毛が多い人はよく『量を減らしてください』とオーダーします。ですが単に少なくするだけだと後々の大変なことになります。その人の髪質に合った質感調整をすることも似合わせカットの技術です。髪質に関わる悩みはおまかせしましょう。

似合わせカットのメリット②信頼できる美容師を見つけられる

似合わせカットのメリットの2つ目は信頼でいる美容師を見つけられることです。似合わせカットは髪質の判断もしながらスタイルを提案しますので、その時の流行の髪型よりは長い目で見たスタイルが多いでしょう。多くの美容師は今回に続いて次回どうすればいいのかも提案するはずです。

失敗しないために初めての美容室で似合わせカットをオーダーするときには完全におまかせにするのはやめましょう。こうしてほしいということが伝えられなくても、顔のこの部分を隠してほしい、面長な顔立ちが気になるということぐらいは理解してもらいましょう。美容師からの提案は断らずに受け止めましょう。

初めての美容室での仕上がりに満足ができれば担当者への信頼はぐっと上がります。極度のくせ毛や髪が細いなど悩みがある人はその担当者に長く担当してもらうことによって髪質改善につながります。一度の仕上がりを完璧にすることはできない時もあります。次の提案をされたときはその美容師におまかせしましょう。

似合わせカットのメリット③自分では想像できない髪型にチャレンジできる

似合わせカットのメリットの3つ目は自分では想像できない髪型にチャレンジできることです。自分ではなかなか踏み出せない一歩を出させてくれます。自分ではロングしか似合わないと持っている人が美容師におまかせするとショートを進められることがあるでしょう。

ストレートの人がパーマを提案されることもあるでしょうし、自分では普段できないことも美容師の技術で大変身できるチャンスにもなります。一番顔を左右する前髪は切るか切らないかの判断も担当者の意見を仰いでもいいです。勇気を持って新しい髪型を受け入れてみてください。

普段行ってる美容室ではスタイルチェンジもなかなか言い出せないこともあります。変わりたいけど上手く伝えられないときは違う美容室に行くことも新しく生まれ変わるきっかけです。美容師が変われば同じスタイルでも仕上がりが違います。変化を楽しみましょう。

似合わせカットのメリット④髪質改善ができる

似合わせカットのメリットの4つ目は髪質改善ができる可能性が広がることです。これは髪の毛に悩みを持っている人におすすめです。特に癖毛体質の人です。癖が強い人が毎回ストレートパーマを当てるのは髪の毛の負担も経済的負担も大変のものです。

似合わせカットとなると逆にストレートではないスタイルを提案する美容師もいるでしょう。例えば、ストレートの部分を全部カットしてしまって、ショートの癖毛風アレンジにするのです。全然スタイルが変わるので気分も変わります。これを機に服装もメイクも変えてしまうのも素敵です。

スタイルに合わせたメイクや服装を知りたいのであれば女性の美容師に相談する方がいいでしょう。仕事中のアレンジの仕方も確認できます。カラーの入れ方もカットに合わせたデザインのものを考えてもらいましょう。カラーはおまかせしてもいいかもしれません。

似合わせカットのメリット⑤女性のスタイリングの幅が広がる

似合わせカットのメリットの5つ目はスタイリングの幅が広がることです。デザインカットは再現性が高いのですが、似合わせカットは自分に合った髪型なのでアレンジの方法も広がります。部分的にほしいところに髪の毛がありますし自分でもスタイルを作りやすいです。

カットに合わせたパーマやカラーを同時にしていればカットではできない顔周りの小顔効果や、トップのボリュームの調整もできます。メイクなどのパーソナルカラーを取り入れることでさらにアレンジができます。全身を変えるタイミングにもなります。

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点は?

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点①おまかせしすぎない

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点の1つ目は美容師におまかせしすぎないことです。まったく意見を言わないとすべて美容師の思うままのスタイルになります。担当者との好みが同じであれば問題はないのですが、途中で違うと思ってしまうともう取り返しがつかなくなります。

美容師が女性か男性かでも違いが出てきます。担当者にも好みや得意な髪型があるでしょう。男性は自分の好みの髪型になりがちですし、女性は得意なスタイルに近づけがちです。ある程度の注文は伝えておくほうがいいです。

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点②こだわりを伝える

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点の2つ目はこだわりを伝えることです。人にはそれぞれコンプレックスに感じる部分があるはずです。似合わせカットはどう似合うかよりもいかに気になる部分を修正できるかが大切です。

自分がどうすればいいかをよくわかっている人は美容師の提案だけでは安心できないでしょう。美容のプロですが自分のことを一番よく理解しているのは自分自身です。おくれ毛は切らない、前髪は短くなりすぎないなどこだわりのある人は必ず伝えましょう。

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点③技術が高い美容師選択

似合わせカットで失敗しないためのポイントや注意点の3つ目は技術が高い美容師を選択することです。人それぞれに合わせたカット技術を必要とするので、高い技術力が求められます。ただカットが上手いだけでなく似合うかどうかの見極めができる洞察力が必要となります。

たくさんの提案ができるためには経験をしっかり持っている美容師がいいでしょう。店舗のオーナーやマネージャー、店長にしてもらうのが理想的ではありますが、指名料別途かかることが多いです。リーズナブルにしたい場合は店のホームページのスタイルを見て判断しましょう。

最近の美容師はカット専門のスタイリスト、カラー専門のカラーリストなどスペシャリストが担当する時代です。担当者が代われば技術者全員にイメージを伝えることになりますが、似合わせカットになれば主にカットをするスタイリストが髪型を決めます。みんなが把握してますので仕上がりのずれが出ることは少ないでしょう。

似合わせカットで有名な美容室は?

似合わせカットで有名な美容室①k-two

似合わせカットで有名な美容室の1つ目はk-twoです。こちらは関東にも関西にもある大きな美容室です。育成教育のカリキュラムがしっかりしているようなので、どの美容師に担当してもらっても十分な仕上がりを期待できるでしょう。担当者が良く変わることが難点です。

メニューも豊富です。似合わせカットの代わりに名前が小顔カットになっています。担当者は男性が多く、フェミニンなヘアスタイルが得意な人が多いようです。大規模な美容室なので担当者の当たりはずれもないでしょう。

似合わせカットで有名な美容室②AFROAT

似合わせカットで有名な美容室の2つ目はAFROATです。こちらも大きな美容室です。再現性の高いヘアスタイルを得意とします。小顔効果をだすのはもちろんですが、自然な柔らかさ演出スタイルが多いようです。

カウンセリングに重きをおきしっかりとした土台を作ってから技術に入るので安心して任せることができます。提案できるスタイルが豊富なこともこのお店のおすすめポイントです。

似合わせカットで有名な美容室③AUBE

似合わせカットで有名な美容室の3つ目はAUBEです。比較的リーズナブルな美容室です。高い料金で高い技術は当たり前ですが、こちらは金額に対して技術がある美容室です。一人で最後まで担当してくれるので安心して任せられます。

お店にいる担当者が多い分お店が混んでいても比較的スムーズに案内してもらえるでしょう。短い時間で確実な仕上がりが望められるので、技術の高さが伺えます。

似合わせカットを注文するコツはこだわりを持つこと

似合わせカットを注文するコツはこだわりを持つことです。似合わせカットもデザインカットもお客様に似合う髪型にすることが大前提です。しかしお客様自身もこだわりを持っているほうが自分の良さが出ます。担当者にすべてをおまかせするのではなく自分の意見を伝えましょう。

大まかな注文をすることでヘアスタイルの基盤ができます。あまりに何もないと美容師もどうすればいいのか、どんな髪型が好みなのかもわかりかねます。何もないところから生み出すのはいくらプロでも難しいです。

わずかでもこだわりを伝えることが担当者との好みや趣味を照らし合わせる方法となります。相性のいい美容師に巡り合えるかどうかは運ですが、自分に合わせたカットをしてもらえるかどうかは自分次第です。似合う髪型は担当者と一緒に作り上げましょう。ヘアスタイルに悩む方はこちらもご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。