INDEX

クレーマーになった心理的原因は?

クレーマーになった心理的原因①気質や病気などによる孤独

クレーマーになった心理的原因の1番目は、気質や病気などによる孤独です。クレーマーになる人の多くは、その気難しい気質や病気などの影響で孤独な人が多いと言われています。孤独な人は話す相手がいないため、自分の考え方が正しいと思い込んでしまう傾向があるります。

孤独であるからこそ、色んな人の意見や考え方を聞く機会を失くしてしまい、自分の頭の中だけで思考を巡らせることになります。自分だけで考えていると、間違いを指摘してくれる人はいませんので、自分の考え方が正しいものであるという思い込みをしてしまいがちです。

こういった理由から、クレーマーになる人の心理的原因には孤独があると言われており、多くの人とコミュニケーションをとることの大切さを指摘する人も少なくありません。

クレーマーになった心理的原因②寂しさを感じている

寂しさを感じている人の画像

クレーマーになった心理的原因の2番目に寂しさを感じているということが挙げられます。クレーマーは、気難しい気質や病気などの影響で孤独に陥っている人が多く、その寂しさから、「誰かに話し相手になってほしい」という思いでクレーマーになる人が少なくないと言われています。

なぜなら、プライベートで相手をしてくれる人がいなくても、仕事として話し相手になってくれる人を見つけることは比較的簡単だからです。そのため、何かにつけて難癖やいちゃもんをつけることで他者と関わろうとする人が多いと言われています。

クレーマーの心理5選

クレーマーの心理①自分のことしか考えていない

自分のことしか考えずに文句を言うクレーマーの画像

クレーマーの心理の1番目は、自分のことしか考えていないという心理です。クレーマーは、その気難しい気質や病気などの影響で孤独に陥っているケースが多いことから、他者との関わりが非常に少ないと言われています。

こういった状況下だからこそ、他人のことを考える機会が減っていき、次第に自分のことしか考えなくなってしまうという人が少なくありません。自分のことしか考えていないと、相手の事情や気持ちを考慮しなくなるため、クレームをつけることが増えると言われています。

クレーマーの心理②感情的になりやすい

感情的になりやすい人の画像

クレーマーの心理の2番目は、感情的になりやすいという心理です。クレーマーは気難しい気質の人や孤独な人が多いことから、他者との交流が少ない傾向があり、日常生活の中で自分の感情を抑えることが少ないと言われています。そのためクレーマーは感情的になりやすく、自分の感情がむき出しになりやすいと言われています。

また、クレーマーは過去の経験から、難癖やいちゃもんをつければ自分の要求を通ることがあるということを知っていることが多いことから、意図的に感情的になって相手を困らせようとする厄介なモンスタークレーマーもいます。

クレーマーの心理③自分の要求を通したいと考える

お互いに自分の要求を通したいと思う人の画像

クレーマーの心理の3番目は、自分の要求を通したいと考えるという心理です。クレーマーは、自分のことしか考えていないことから、自分の要求が通らないと憤慨することが多いと言われています。このように自分のことしか考えず、相手の事情や言い分には全く耳を傾けないクレーマーに手を焼く人は多いと言われています。

クレームをつける際には、頭の良いクレーマーほど、自分の要求を明確にしたうえでクレームをつけると言われています。準備周到にクレームをつけるクレーマーも多いことから、そのようなクレーマーへの対応は、要求通りにならないことを理路整然と説明できるかどうかが重要であると言われています。

クレーマーの心理④自分が正しいと認められたい

自分が正しいと認められたい人が描く理想のイメージ

クレーマーの心理の4番目は、自分が正しいと認められたいというものです。クレーマーは自分の考えが正しいと信じ込んでいることから、相手にも認めてもらいたいという願望を抱くと言われています。そのため、クレーマーの話に親身になって耳を傾け、共感の言葉を示すことで気が済むクレーマーも多いと言われています。

ちなみに以下の記事では共感力について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。共感力とは何なのか?といった基本的な内容から、共感力が低い人の特徴、共感力を高める方法などについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考になさってください。

Small thumb shutterstock 582948838
関連記事 共感力とは?低い・ない人の特徴の診断ポイントや高める方法10選は?

「共感力がない人は高めた方がいい」と聞くことがありますが、共感力の意味

クレーマーの心理⑤モンスタークレーマーほど相手を屈服させたいと願う

相手を屈服させようと詰め寄る女性の画像

クレーマーの心理の5番目は、モンスタークレーマーほど相手を屈服させたいと願うという心理が挙げられます。モンスタークレーマーは、自分のことしか考えていない人が多く、自分の要求を通したいという心理が強くになるにつれて、口だけの謝罪や共感だけでは納得しなくなる傾向があると言われています。

そういったモンスタークレーマーが行きつく先は、「自分の言う通りにしないと許さない」といった強硬な姿勢です。このようにモンスタークレーマーは、相手に歩み寄る姿勢が一切なく、自分の言う通りにならないと憤慨する傾向があります。

クレーマーの特徴5選

クレーマーの特徴①些細なことに難癖やいちゃもんをつける

些細なことに難癖やいちゃもんをつける人の画像

クレーマーの特徴の1番目は、些細なことに難癖やいちゃもんをつけるというものです。クレーマーは自分の思い通りにいかないことに憤慨したり、感情的になりやすいといった心理傾向が見られることから、ちょっとしたことで気分を害して難癖やいちゃもんをつけると言われています。

中には、ちょっとした言葉の言い間違いや、間違った敬語表現などを理由に「お前の案内は社会人としてなっていない。上司を出せ」などと、無茶なことを言ってくるモンスタークレーマーもいます。

クレーマーの特徴②クレームを言う時間的余裕がある

時間に余裕があることから延々とクレームを言う人の画像

クレーマーの特徴の2番目は、クレームをつける時間的余裕があるというものです。クレームをつける際には、それなりの時間を要しますので、忙しい人にはクレームをつける時間がありません。逆に、クレームをつけることができる人は、時間の余裕がある人が多いと言われています。

些細なことに難癖やいちゃもんをつけるクレーマーは、考え方を変えれば、小さなことにこだわっている時間的余裕がたっぷりとある人であるとも言えます。また、時間的な余裕があるからこそ、小さなことにこだわることができるとも言えると考えられています。

クレーマーの特徴③頑固

頑固な人が持論を主張する画像

クレーマーの特徴の3番目は、頑固であるということです。クレーマーは自分の考えが正しいと思い込んでいる人が多く、相手の言い分や事情を聞きいれないといった気質の持ち主であることから、非常に頑固な性格という特徴があります。

このように頑固な性格で、周囲の人の意見や考えを否定して、自分の考えだけが正しいという態度をとったために、孤独に陥る人も少なくないと考えられており、「クレーマーになるべくしてクレーマーになった」と考える人も少なくありません。

ちなみに以下の記事では、頑固な人との付き合い方や頑固な性格の治し方などについて詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。頑固な性格の心理や原因なども詳しくお伝えしているので、ぜひ参考になさってください。

Small thumb shutterstock 680916895
関連記事 頑固な性格の治し方とは?頑固の原因や意地っ張りな人との付き合い方も

頑固な性格にも長所はありますが、意地っ張りな性格を治したいと思っている

クレーマーの特徴④気持ちが収まれば納得してくれる

気持ちが収まって納得したクレーマーが話がまとまった際の同意の握手をする画像

クレーマーの特徴の4番目は、気持ちが収まれば納得してくれるというものです。クレーマーの中には、形式的な謝罪や共感を示すことで納得する人もいます。そのため、クレーマーの要求を通すことができなくても、クレーマーの気持ちに寄り添った対応をすることでクレームが収束することも多々あります。

このような理由から、クレーム対応をする際には、謝るべきところは謝って、クレーマーの気持ちを理解する姿勢を表すことが大切であると考える人が多いと言われています。

納得した途端に笑顔で握手を求めてくるクレーマーもいることから、感情の起伏が激しい人も多いと言われ、そんな態度の変化に戸惑う人も少なくないと言われています。

クレーマーの特徴⑤損得に敏感

損得に敏感な人の画像

クレーマーの特徴の5番目は、損得に敏感であるということです。クレーマーの中には、ちょっとした損をしたことや、ちょっとした利益を取り損ねたことに対して難癖やいちゃもんをつける人が多いと言われています。

「あなたのせいで自分はこんなに損をした」とか「説明不足のせいで特典を受け取れなかった」などと言って感情的な怒りを爆発させ、無理な要求を通そうとするモンスタークレーマーも少なくないと言われています。

モンスタークレーマーの心理を理解して気持ち良い日々を過ごしましょう

モンスタークレーマーは難しい気質や病気が原因となっていて増えてきていると言われており、いきなり難癖などをつけられることもあります。そのため、モンスタークレーマーの心理や特徴を理解して、モンスタークレーマーに遭遇してしまった時に、うまく対応できるようにしておくことは非常に大切であると言われています。

モンスタークレーマーには、自分の正当性を認めてもらいたいと感じている人が多いことから、形式的な謝罪をしたり、気持ちに共感している姿勢が大切だと言われています。これらのモンスタークレーマーの心理を理解して、もしもの時に備えたうえで、気持ち良い日々を過ごしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。