Large thumb shutterstock 451033267

ペットボトルプランターの作り方は?家庭菜園/水耕栽培/野菜/イチゴ

更新:2019.06.21

簡単に自作出来るペットボトルプランターの作り方を知っていますか?ペットボトルプランターは、植木鉢になったり水耕栽培が出来たりととても便利です。ペットボトルなので場所も取らず、日が当たる窓辺に置けば、手軽に家庭菜園を楽しむことが出来ます。今回は、そのペットボトルプランターの作り方を詳しく紹介します!

自作ペットボトルプランターで植物を育てるメリットは?

自作ペットボトルプランターのメリット①手軽に家庭菜園を始められる

自作ペットボトルプランターのメリット1つ目は、手軽に家庭菜園を始められることです。通常だと、家庭菜園を始めようと思いついても、それには鉢やプランターを買ったり、それを置く広い場所が要ったりと、用意や準備をしないといけないことがたくさんあり、途中で面倒になることがあります。

しかし、自作のペットボトルプランターは、捨てるはずだったペットボトル1本で、色々な野菜や植物を育てることが出来ます。場所もペットボトルを置くサイズだけなので、手軽に家庭菜園を始めることが出来ます。エコで地球に優しく、使い終わった後はリサイクル出来るのも魅力の1つです。

自作ペットボトルプランターのメリット②野菜の成長が速い

自作ペットボトルプランターのメリット2つ目は、野菜の成長が速いことです。ペットボトルで水耕栽培をすると、種から育てたものでもすぐに根が張り始めます。約10日程経つと、ぐんぐんと成長していることに驚くほどです。また、窓辺やベランダの日当たりの良い場所に置くと、さらに成長は早まります。

自作ペットボトルプランターのメリット③ガーデニングを楽しめる

自作ペットボトルプランターのメリット3つ目は、ガーデニングを楽しめることです。庭や部屋の中に場所がなくてガーデニングが楽しめない方も、ペットボトルプランターは場所も取らず、すぐに移動させることが出来るのでおすすめです。

また、水耕栽培のときは、全く土を使わずに植物や野菜を育てることが出来るので、害虫などがつきにくく、手入れもとても簡単です。病気などにもかかりにくいので、今からガーデニングを始める初心者の方でも、自作ペットボトルプランターでガーデニングを楽しむことが出来ます。

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方は?

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方①用意するもの

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方、まずは必要なものを準備しましょう。ペットボトルプランター(植木鉢)を作るのはとても簡単なので、ペットボトルとはさみ、ビニールテープと土さえあれば作ることが出来ます。鉢となるペットボトルは、丈夫で厚みのある2リットルのものがベストです。中は洗っておきましょう。

用意するもの

  • 2リットルのペットボトル
  • ハサミ・カッター
  • ビニールテープ
  • 土(野菜用培養土)

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方②ペットボトルを切る

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方2つ目は、ペットボトルを切ります。まず、2リットルのペットボトルの中央辺りに、少しへこんでいるところがあるので、その下辺りから上下に分かれるように切って2つにします。最初にカッターで切り込みを入れた後、ハサミを使うと簡単に切ることが出来ます。

次に、今切ったペットボトルの切り口に怪我をしないよう、ビニールテープを貼っておきます。貼り終えたら、2つに分けたペットボトルの上半分に切り込みを入れていきます。水はけを良くするために、注ぎ口の下(傘の形状部分)に、カッターで何本か切り込みを入れます。切り込みを入れた箇所は、少し開いておきましょう。

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方③組み立てて完成

ペットボトルプランター(植木鉢)の作り方3つ目は、ペットボトルを組み立てて完成です。組み立てはとても簡単で、ペットボトルの注ぎ口を逆さにして、切った下半分にはめ込むだけです。

ペットボトルプランター(植木鉢)を使うときは、鉢底石か又は適当な大きさの小石を何個か入れたあと、土を上から入れます。土は、野菜を植える場合は野菜用培養土をおすすめします。水を入れた部分が日光に当たり過ぎると、水温が高くなり藻が発生しやすくなります。周りをアルミホイル等で覆うと藻を防ぐことが出来ます。

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方は?

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方①用意するもの

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方1つ目は、作るのに必要な物を用意しましょう。用意するものは、500mlのペットボトル、水耕栽培用の液体肥料、培地、フェルトです。まず初めに、500mlのペットボトルは、植木鉢のペットボトルプランターと同じように切って組み立てておきましょう。

用意するもの

  • 500mlのペットボトル
  • 水耕栽培用の液体肥料
  • 培地
  • フェルト
  • スポンジ

水耕栽培用の液体肥料は、花屋さんやホームセンターなどで購入することが出来ます。色々な栄養が配合されているので、使うと植物の成長にとても良いです。培地は、ハイドロボールロックウール・パーム用土などで、土の役目に変わるものです。

フェルトは根元に水分を行き渡らせる役割をします。幅が1.5cm、長さ30cm程の長さのものを用意して下さい。スポンジは、苗床として使用します。家庭にある台所用のスポンジで十分です。ある程度の厚みがあるスポンジを選んで下さい。

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方②スポンジで苗床を作る

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方2つ目は、スポンジで苗床を作ります。スポンジにそのまま種を置くと、ずれたり風で飛ばされりしてしまうので、予めスポンジに切り込みを入れてから種を置きましょう。

種を置いたら、スポンジの3分の1程度が水に浸かるように、トレイなどに置いておきます。種が成長すると間引きをして少なくなるので、1つのスポンジに1~3粒程置きます。毎日水替えをし、スポンジから根が出るまでそこで育てます。

スポンジの苗床からしっかりと根が出たら、次にペットボトルプランター(植木鉢)の容器の中に、土ではなくスポンジで作った苗床をそのまま入れます。

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方③培地で固定して完成

水耕栽培用ペットボトルプランターの作り方3つ目は、スポンジの苗床を培地で固定して完成です。苗床が出来たら、フェルトを注ぎ口から通して、液体肥料につくように垂らします。

その次に、苗床の周りに培地をしっかりと固定するように入れ、敷き詰めて完成です。水耕栽培は室内でも屋外でも育てることが出来ます。しかし、室内のままだと日光が不足してしまうので、室内で育てる場合はなるべく日当たりの良い場所に置いて下さい。

POINT

根の病気に気を付けて!

水耕栽培は根の部分がずっと水に使っているので、根腐れしやすくなります。キレイな水を保つためにも、こまめに水替えを行ってください。また、液体肥料も既定の濃度を守り、定期的に取り換えることが大切です。

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるのにおすすめな植物3つ

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるおすすめな植物①ミニトマト

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるおすすめな植物1つ目は、ミニトマトです。ミニトマトは野菜の中でも、比較的誰でも簡単に育てることが出来ます。ミニトマトは種類にもよりますが、どんどん上に伸びて大きくなります。あまり背が高くなると不安定になって倒れてしまうので、ある程度の高さで止めましょう。

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるおすすめな植物②イチゴ

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるおすすめな植物2つ目は、イチゴです。イチゴは種からではなく、苗を購入して育てましょう。イチゴには色々と種類がありますが、その中でも四季成りイチゴは、ワイルドストロベリーと一季成りのイチゴを掛け合わせたもので、年に2~3回収穫することが出来るおすすめイチゴです。

イチゴの花が芽吹くときは、一斉に咲きます。屋外で育てる場合は気にしなくてもいいのですが、室内で育てる場合、受粉をしてくれるハチや蝶がいないので、人工授粉をする必要があります。筆などで優しく人工授粉しましょう。もし受粉していれば、花が終わった後に、黄緑色をしたイチゴの実が膨らみ始めるはずです。

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるおすすめな植物③ベビーリーフ

ペットボトルプランター(植木鉢)で育てるおすすめな植物③ベビーリーフです。ベビーリーフは、家庭菜園が初めての方でも、簡単に育てることが出来るのでおすすめです。ベビーリーフとは、葉物野菜が発芽して30日以内の若葉のことを言います。早い段階で摘み取るので、ミネラルやビタミンなどの栄養素が詰まっています。

ベビーリーフは、色々な葉野菜を混ぜて作ることが出来ます。カラフルな葉野菜の種を混ぜると、収穫した時にキレイですよね。市販で売られているものは、3種類~10種類ぐらいの葉野菜がミックスされています。色々な種類の種を混ぜて、食卓を鮮やかに飾ることも出来ます。

ベビーリーフは、通常種まき後、3日程で発芽して、約3週間程で収穫することが出来ます。丈が10cm程になったら収穫時期です。外側から摘み取り、中心は残しましょう。また、収穫するときは、葉が病気になっていないか確認しながら摘み取りましょう。

ペットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物3つ

ペットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物①レタス

ペットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物1つ目は、レタスです。レタスは、葉野菜の中でも成長が早く、初心者でも簡単に作ることが出来るのでおすすめです。時期をずらして植えると、毎日レタスの収穫を楽しむことが出来ます。収穫は約1ヶ月半程ですることが出来ます。

ペットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物②バジル

ットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物2つ目は、バジルです。バジルは日光と新鮮な水がとても大切なので、育てる際は、日当たりの良い場所で、毎日水を変えるようにしましょう。そのとき、毎回液肥も入れると栄養不足になるのを防げます。肥料が少ないと、葉が弱々しくなり黄色くなってしまいます。

ペットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物③スプラウト

ペットボトルプランターで育てるのにおすすめな水耕栽培植物3つ目は、スプラウトです。スプラウトとは、植物の新芽のことです。この新芽にはたくさんの栄養価があり、とても人気で注目されています。家庭菜園で誰でも簡単に作ることが出来るので、おすすめです。

スプラウトは、苗床に植えた後、芽が出るまで暗い場所に置くか、上に黒い紙などを被せて下さい。水やりは、霧吹きか、又は種を動かさないようにそっと水を加えて下さい。芽が出てから明るい場所に移動させます。発芽から、約1~2週間で5cm~6cmぐらいの長さになったら収穫します。

POINT

水耕栽培で作れる野菜

水耕栽培で作ることが出来る野菜は限られて言います。種類は、ベビーリーフ・ラディッシュ・カイワレ大根・小カブ・ミニトマト・三つ葉・しそ・レタス・水菜・青梗菜・ルッコラ・ネギ・にんにく・イチゴ・ハーブ類などです。じゃがいもなどの根野菜は作ることが出来ません。

ペットボトルプランターで家庭菜園を楽しんで

捨てるはずだったペットボトルで、簡単に自作のプランターを作れると嬉しいですよね。ペットボトルプランターだと、室内で水耕栽培も簡単に出来るので、手が汚れることもなく虫も寄り付きにくいので、そういうのが苦手な方にはおすすめです。

水耕栽培だと作れる野菜に限りはありますが、料理に使えるものが多いので、収穫してその場で使うことが出来る手軽さがあります。家庭菜園初心者の方でも、簡単に始めることが出来るので、ぜひ挑戦してみて下さい!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。