INDEX

美味しい焼き魚の作り方とアレンジ方法

定番の焼き魚の作り方

魚を焼くだけで簡単に献立の主菜になる焼き魚は主婦の強い味方です。最近では魚の栄養が注目され、積極的に摂取するよう推奨されています。特に、子どもの成長に必要な栄養素や頭がよくなる栄養など、お子さんがいる家庭では積極的に取り入れていきたいものです。そんな魚料理の基本、焼き魚の定番の作り方をご紹介します。

焼き魚の作り方【グリル編】
  1. 青魚の場合、焼く少し前に塩を振ってしばらく置いておき、水分がでてきたらふき取っておきます。白身魚の場合は、焼く直前に塩を振りましょう。
  2. タレや味噌に付け込んでいる場合は、焼く前に少しふき取っておきます。
  3. グリルを5分程予熱し、網に油を塗っておきます。
  4. 表面を下にして裏面から弱火で焼きます。裏面が焼けたら、ひっくり返して表面を焼きましょう。
  5. 焼いている間にみりんや酒を少し塗るときれいな焼き目がつきます。
  6. 両面にきれいな焼き目がついたら完成です。
焼き魚の作り方【フライパン編】
  1. グリルの時と同様、先に塩を振っておきます。
  2. フライパンにクッキングシートやアルミホイルを敷いておきましょう。
  3. 魚はフライパンの端に並べることで、焼きムラを少なくできます。
  4. 魚は皮目から弱火でじっくり焼きます。魚から出た脂はふき取りましょう。
  5. 片面が焼けたら、ひっくり返し蓋をして蒸し焼きにします。
  6. 5分程弱火で蒸し焼きにしたら、蓋を開け、強火で両面に焼き目を付けます。
  7. 焼き目がついたら完成です。

焼き方のコツをつかんで、ご家庭にあるグリルやフライパンでよりおいしい焼き魚を作りましょう。魚には健康に良いとされる栄養がたくさん含まれていますし、肉よりも脂が少なく良質なたんぱく質を含むため、ダイエットにも良いとされています。詳しい記事がありますのでこちらも参考にしてみてください。

美味しい焼き魚のアレンジメニュー・種類

焼き魚ときくと塩焼きを想像する方が多いのではないでしょうか。同じ焼き魚でも調味料を変えるだけで、いつもと違った料理になります。味噌や塩こうじ、酒粕などに付け込んで焼いたり、バターやマヨネーズで焼いたりとお好みの調味料で味付けしましょう。マンネリ化の予防になります。

焼き魚に野菜の甘酢餡をかけると、一味違ったメニューになります。焼き魚が余ってしまった際などにいかがでしょうか。また、片栗粉をまぶして多めの油で焼いた魚に餡をかけると本格的な甘酢あんかけです。他にも、餡の味付けを中華風、和風と変えたり、餡の具材をかえるだけで様々なアレンジが可能です。

焼き魚をお米と一緒に炊くと、香ばしい香りの炊き込みご飯になります。にんじんや生姜、きのこ類などお好みの食材と一緒に炊き込みましょう。焼き魚に味がついている場合は炊き込む際、薄味にすることをお勧めします。また、炊いたご飯にほぐした魚の身と味付けして炒めた具材を混ぜ込むだけでもおいしいご飯が作れます。

焼き魚の献立|付け合わせや副菜・おかず【定番編】

焼き魚の献立・付け合わせ【定番編】①がめ煮

和食の副菜として定番のがめ煮(筑前煮)は、焼き魚の副菜としてもピッタリです。お煮しめやうま煮とちがって、具材を先に炒めてから味付けをして煮込みます。煮込む時間が少なく、火の通りが均等になりやすいため、初心者の方にも作りやすいメニューです。

また、作り置きもできる為お弁当にもピッタリです。毎日の献立の強い味方となること間違いなしの一品です。和食の定番おかずですので是非作り方をマスターして献立に取り入れてください。

焼き魚の献立・付け合わせ【定番編】②ほうれん草のおひたし

焼き魚の付け合わせにピッタリなほうれん草のおひたしは、とても簡単にできる定番おかずです。お弁当にも大活躍間違いなしです。作り方の工程も少ないので常備菜として作っておくと便利です。

また、作り方がシンプルなため、アレンジも簡単にできます。味付けや使う食材を変えれば、様々なおひたしを作ることができます。ほうれん草のほかに、小松菜や白菜など旬の野菜を取り入れて季節を感じながら楽しみましょう。

焼き魚の献立・付け合わせ【定番編】③お味噌汁

献立には欠かせない汁ものですが、やはり定番は味噌汁ですね。具材を変えれば、いろんなバリエーションが楽しめます。家庭によってだしや具材も変わってくると思います。時間があるときは、昆布やいりこ、鰹節などでだしから取ってみましょう。

また、具材も旬の野菜やお肉など様々なものを入れてみましょう。レパートリーが増え、毎日の献立に役立ちます。味噌汁の具材について詳しく紹介している記事がありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

焼き魚の献立・付け合わせ【定番編】④肉じゃが

こちらも和食の定番おかずの肉じゃがです。定食などでも焼き魚の副菜に使われることが多いですね。ご家庭によって味付けは変わってくるかと思いますが、基本的に味がしっかりしている場合が多いので、あっさりとした塩焼きにピッタリのメニューです。献立にボリュームを出したい時には是非取り入れたい一品です。

肉じゃがは作り置きにも便利なおかずですが、あまりがちなおかずでもありますね。そんな時は、リメイクをして別のメニューにしてしまいましょう。残った肉じゃがで作るリメイクレシピや簡単なアレンジ方法を紹介した記事がありますので、こちらをぜひ参考にしてください。

焼き魚の献立・付け合わせ【定番編】⑤きんぴらごぼう

和食の定番副菜きんぴらごぼうは、常備菜として作っておきたいおかずです。焼き魚にもとても相性の良い付け合わせです。ごぼうをれんこんに変えてきんぴられんこんにしたり、人参を多めにして人参のきんぴらにしたりと基本の味付けを覚えておけば、アレンジが色々とできるのでとても便利なメニューです。

こちらもリメイクレシピが豊富で、パンにはさんでサンドイッチにしたり、グラタンの具材に入れてみたりと献立に合わせたアレンジをぜひ楽しんでみてください。

焼き魚の献立|付け合わせや副菜・おかず【簡単に作れるおかず編】

焼き魚の献立【簡単に作れるおかず編】①たことわかめの酢の物

焼き魚に合う簡単にできる簡単おかずのまず一つ目はたことわかめの酢の物です。火を使わなくていいので、あと一品ほしいときにすぐ作ることができます。また、甘酢を使うことで味付けに迷うこともありません。

生姜やミョウガなど薬味をお好みでいれても楽しむことができます。さらに、春雨を入れるとカロリーはほぼそのままで、ボリュームを出すこともできます。火を使いたくない夏や、短時間でおかずを作りたいときにとても重宝するメニューです。

焼き魚の献立【簡単に作れるおかず編】②カポナータ

夏野菜が旬の時期にはぜひつくっておきたいイタリアの常備菜です。パンやパスタなどと食べるイメージがありますが、トマトの酸味や夏野菜の甘味がとても魚にピッタリで、塩焼きにした魚にかけてもとてもおいしくいただけます。ソース替わりに作り置きしておくと便利なおかずです。

定番のナスやズッキーニ、パプリカなどはもちろん、れんこんやきゅうり、さつまいもなど和食で使われる野菜で作るとより焼き魚に合う味わいになります。冷蔵庫の中にあるもので作ってみましょう。

焼き魚の献立【簡単に作れるおかず編】③あさりと豆腐の韓国風スープ

焼き魚に以外にピッタリなキムチスープです。あさりといりこを入れることで、魚介の風味が出て、焼き魚とけんかすることがありません。コチュジャンのコクのある辛さがとっても食欲をそそります。具材をスープで煮込むだけなのでとても簡単です。絹ごし豆腐を使ってつるりとした食感を楽しんでください。

キムチは常備しておくととても便利な食材です。肉や魚と炒めたり、スープに入れるなど、味が決まるだけではなく、野菜も手軽に取れるので、色々と活用しましょう。自分の好きな野菜でキムチを作るのもおすすめです。

焼き魚の献立【簡単に作れるおかず編】④野菜のワイン蒸し

魚の付け合わせにはやはり野菜をたくさん撮れるメニューがいいですよね。ワイン蒸しは蒸し器がなくても、電子レンジで簡単にできちゃうおかずです。旬の野菜やお好きな野菜で作ってみましょう。素材の旨みをソースにしてとても風味豊かな一品です。そのソースを魚に絡めて食べるのがおすすめです。

また、少し物足りないときは、野菜の上に薄切りにした豚肉や牛肉を乗せて電子レンジで加熱しましょう。ボリュームがでて、食べ応えもアップします。付け合わせのサラダ感覚で食べることができるので、お肉がメインの魚の邪魔をすることもありません。食べ盛の子どもさんがいる家庭の献立に是非作ってみてください。

焼き魚の献立【簡単に作れるおかず編】⑤きのこのお酢炒め

脂がのった焼き魚の付け合わせには、さっぱりとした物を合わせたいものですよね。こちらは、オイル控えめのヘルシーマリネです。ほどよい酸味が口の中をさっぱりとさせてくれます。秋には、秋刀魚などの旬の魚とともに旬のきのこをたっぷり使って作ってみましょう。

お酢は毎日摂取することで、内臓脂肪を減らしてくれる効果があるといわれています。焼き魚と合わせてとることでより効果が期待できますので、健康にとても良い食べ合わせです。積極的に献立に取り入れましょう。

焼き魚の献立|付け合わせや副菜・おかず【汁もの・スープ編】

焼き魚の献立・副菜【汁物・スープ編】①根菜ののっぺい汁

ホクホクの根菜をたっぷり入れたのっぺい汁は野菜のだしがやさしく香ります。脂がのった旬の魚とやさしいだしが相性ピッタリです。秋から冬にかけての寒い時期はもちろん、クーラーや冷たい食べ物で冷えたからだにも染み渡るメニューです。野菜はたくさん入れた方がおいしくできるので、具沢山で作ってくださいね。

焼き魚の献立・副菜【汁物・スープ編】②洋風味噌汁

焼き魚の定番の付け合わせである味噌汁ですが、具材を変えるだけで洋風にアレンジできるんです。例えば味噌汁にはあまり使わない具材ですが、セロリやベーコン等は意外とおいしい組み合わせです。また、牛乳を加えてみるとおいしい味噌クリームスープになります。毎日の献立のアレンジにいかがでしょうか。

焼き魚の献立・副菜【汁物・スープ編】③トムヤムクン風中華スープ

エビやお好きな野菜を入れて煮込んだ中華スープにトムヤムクン豆板醤やレモン汁、ナンプラーを加えるだけで、酸味とスパイスがきいたトムヤムクン風のスープになります。具材が煮えた後、食べる前に味付けをすることでしっかりした風味がでて魚との相性もばっちりなスープです。

また、あまった焼き魚を入れて煮込んでもとてもおいしいスープになります。付け合わせとしてだけではなく、焼き魚のアレンジメニューとしても作りやすい一品です。是非、魚料理の付け合わせとして覚えておきたいメニューの1つです。

焼き魚の献立|付け合わせや副菜・おかず【野菜・サラダ編】

焼き魚の献立・副菜【野菜・サラダ編】①パプリカとえびのエスニックサラダ

毎日の献立に欠かせないのが、野菜のおかずですね。エスニックサラダはミントやナンプラーを使ってさわやかに仕上げます。旬の青魚など脂がのった焼き魚にはさわやかな口当たりが付け合わせにピッタリです。具材はお好みで好きな野菜を使って作ってみましょう。エビは大きめの物を使うと食べ応えもアップします。

焼き魚の献立・副菜【野菜・サラダ編】②いかとキャベツのワサビ和え

野菜は生ではなかなか食べ辛いですよね。野菜は熱を加えることでかさが減るので食べやすくなりますが、栄養が水分とともに出てしまうものもありますので注意が必要です。こちらは出てきた水分までおいしく頂けるメニューです。キャベツだけではなく、お好みの野菜を入れて作ってみましょう。

また、わさびは抗菌作用がありますので魚料理にはぴったりの付け合わせです。最近では、抗がん作用や美容作用があることも分かっています。ソースなどに入れるだけでいつもと違った風味を出すことができ、おさかなやおにくの下味に少しも見込むだけでさっぱりとしますので、ぜひ毎日の献立に取り入れてみてください。

焼き魚の献立|付け合わせや副菜・おかず【肉編】

焼き魚の献立・もう一品【肉編】①豚肉の冷しゃぶサラダ

魚も食べたいけれど、お肉がないと物足りないという方に、おすすめのメニューです。サラダとして献立に加えることができるので、どんなメニューにも相性のよい付け合わせです。生の野菜の上にゆでたお肉を乗せるだけでなく、野菜ごと電子レンジで加熱すれば、温野菜にもできます。お好みの野菜で楽しみましょう。

焼き魚の献立・もう一品【肉編】②鶏肉とカリフラワーのコーンクリーム煮

白身魚や赤身の魚など、脂が少ない焼き魚には濃厚なクリームがとても相性が良いです。寒い時期には体の芯から温まるメニューなので、朝食にもピッタリな献立です。具材を少し小さめに切ればスープとして食べることもできますし、大きめの具材で煮物のようにして食べることもできます。献立に合わせて作ってみましょう。

焼き魚に合うおかずを色々と作ってみましょう!

いかがだったでしょうか。焼き魚に合うおかずや付け合わせをご紹介しました。栄養満点の魚は毎日の献立に取り入れたいものですね。付け合わせやおかずによって朝ごはんにも夕ご飯のメインにもピッタリな焼き魚です。旬の魚をおいしく食べて健康な毎日を送りましょう。

毎日の献立を考えるのは大変ですが、魚の味付けや焼き方によって色々なおかずや付け合わせを作ってみましょう。また、焼き魚のアレンジも是非試してみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。