INDEX

本当に色気のある服装とは?

露出控え目で上品なファッション

色気のある服装と聞いて、まず露出度の高い服装をイメージする方が多いと思いますが、実は露出=色気ではないのです。露出が多いと、場合によっては下品というイメージを与え、色気のある女性とはかけ離れてしまいます。あくまでもさりげない露出を意識したファッションが、より大人の女性ならではの上品な色気になります。

女性ならではの体のラインを意識したファッション

本当に色気のある服装をするには、洋服の形や素材も大事ですが、女性らしいボディラインをきれいに見せてくれるような形を選ことが重要なポイントになります。また、自分の自信がある部分をよりきれいに見えるようにしたり、自信がないところはうまく隠したりして、自分をより魅力的に見せる服装を意識しましょう。

色気を感じる服装11選

色気を感じる服装①体のラインをきれいに見せる服装

色気を感じる服装1つ目は、体のラインをきれいに見せる服装です。バストの丸み、きゅっと締まったウエスト、適度に引き締まった丸みのあるヒップという、女性ならではの体のラインをきれいに見せるような服装は、露出がなくても色気を感じます。

もし自信がない部位があれば、そこはうまく隠しつつ、自信のある部位でラインをアピールするような服装にすることもおすすめです。自分の体型タイプを知り、自分に合う服装をしていることが、色気を感じるポイントになります。

例えば、上半身は華奢でヒップやももの割合が広い「洋なしタイプ」の体型には、トップスはボリュームがある形のもので隠しつつ、ボトムスは色の濃いパンツやAラインスカートできゅっと締まった足首をアピールするようなファッションが綺麗です。他にも自分の体型に合ったコーディネートを見つけましょう。

色気を感じる服装②色気のあるリトルブラックドレス

色気を感じる服装2つ目は、リトルブラックドレスです。リトルブラックドレスとは、黒一色で装飾が少ないドレスのことです。主に結婚式やパーティーシーンで使うブラックドレスですが、色や装飾でごまかせない分、女性本来の色気が出ます。

黒一色で装飾が少ないなんて、一見、暗く見えそうと感じている方もいるかもしれないですが、髪型やアクセサリーとうまく合わせることによって、華やかで艶っぽい大人の色気を出すことができます。大人の女性であれば、自分だけのとっておきの一枚を持っていたいですね。

色気を感じる服装③華奢なアクセサリーを合わせる方法

色気を感じる服装3つ目は、華奢なアクセサリーを合わせるという方法です。華奢なアクセサリーは、普段の服装に合わせるだけでぐんと色っぽくなるので、女性らしさを引き立ててくれるファッションアイテムの中でも、最も試しやすいのではないでしょうか。

ピアスであれば揺れるタイプのものは、より女性らしさを際立たせてくれますし、ブレスレットや指輪であれば、ゴールドのものをつけると肌をきれいに見せてくれる効果もあります。

色気を感じる服装④デコルテラインをきれいに見せる服装

色気を感じる服装4つ目は、デコルテラインをきれいに見せる服装です。色気のあるファッションには適度な露出がつきものですが、その中でもデコルテラインがきれいに見える服装はより一層女性ならではの色気を感じます。

冬場は防寒の意味でも隠したくなる首元ですが、外ではマフラーやストールで暖かくしつつ、室内ではマフラーやストールを取ってデコルテラインをアピールしてギャップを楽しんだりして、デコルテラインをきれいに見せる服装は1年中できるので、普段からデコルテラインのケアをしっかりしておきましょう。

色気を感じる服装⑤透け感のある素材を使った服装

色気を感じる服装5つ目は、透け感のある素材を使った服装です。チュールやレース、シースルーなどの透け感のある素材は、あからさまな露出よりもずっと色っぽく、男性の想像力も掻き立てられます。

ヴェールに包まれているような絶妙な感じが、何とも言えない色気のある雰囲気を演出してくれます。透け感のある素材を使った服装は適度で上品な露出ができるので、肌を直接出すのに抵抗がある方にもおすすめです。

色気を感じる服装⑥足首が出ている服装

色気を感じる服装6つ目は、足首が出ている服装です。全体的に露出がなくても足首が出ているだけで色気を感じます。足元はスニーカーでもとても色っぽいですが、ヒールであればなおさら大人の色気が出ます。

きゅっと締まった足首は男性から見ても魅力的です。脚全体を出すのは抵抗がある方でも、足首だけを出すファッションであれば気軽に試すことができると思います。

色気を感じる服装⑦もこもこ・ふわふわ素材を使った服装

色気を感じる服装7つ目は、もこもこ・ふわふわ素材を使った服装です。もこもこ素材やふわふわ素材というと、一見色気よりもかわいらしさのほうがイメージにあるかもしれないですが、服の形や髪型など、全体的なコーディネート次第で、かわいらしさの中にも色気のあるファッションになります。

大人の女性というと、かっこいいイメージもあるかもしれないですが、色気を出すにはかわいらしさもあることがとても重要です。かわいらしいアイテムをあえて大人の女性が着ることによって、かわいいだけでも大人っぽさだけでもない、絶妙な女性としての色気を醸し出すことができるのです。

色気を感じる服装⑧タイトスカート

色気を感じる服装7つ目は、タイトスカートです。短い丈のタイトスカートは色気を感じる服装の代表といっても過言ではないですが、丈が長いタイトスカートもまた、大人の色気を感じます。

タイトスカートを履くと、大股にならずに女性らしく歩くことができるので、歩いてる姿にも色気を感じます。タイトスカートは「いい女の代名詞」とも言われる程、大人の女性だからこそ着こなせるアイテムです。

カジュアルなタイプのタイトスカートも多くありますし、パンツスタイルが多い方も、ロング丈のタイトスカートであれば気軽にスカートスタイルで色気のあるファッションを楽しむことができますよ。

色気を感じる服装⑨背中があいたファッション

色気を感じる服装9つ目は、背中があいた服装です。後ろ姿をみたときに初めてわかる背中があいている服装は、そのギャップもあってとても色気を感じます。前からみたときはほとんど露出がなかったり、長い丈のドレスだったり、”背中だけ”があいているというのが色気を感じるポイントです。

あまりに背中があきすぎていたり、背中の他にも肌の露出している部分が多いと、品がないと感じて色気とは遠ざかってしまうので、バランスが重要です。

さりげない露出は同性から見ても色気を感じるものですが、デートでこんな後ろ姿を見たら男性は惚れてしまうこと間違いなしです。日頃から背中のケアもしておき、さりげない背中あきファッションで色気のある女性になりましょう。

色気を感じる服装⑩Vネックニット

色気を感じる服装10こ目は、Vネックニットです。ニットは女性らしさを出すアイテムの中でも気軽に身に着けられるアイテムで、様々なタイプがありますが、その中でも鎖骨が見えるVネックは特に、大人の女性ならではの色気を感じます。

Vネックニットはカジュアルなタイプのものも多く、ボトムスを選ばす色気を出すことができるので、一枚は持っておきたいですね。

色気を感じる服装⑪着物

色気を感じる服装11こ目は、着物です。日本人女性ならではの「大和撫子」な魅力を引き出されるのは、やっぱり着物ですよね。着物は大人の女性が着るからこそ、色気が出るものです。

着物を着ると、姿勢もよくなり所作もおしとやかになるので、大人の女性ならではの色気が増します。着物はなかなか着るタイミングがないものですが、あえて着物を着るきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。華道や茶道などを習ってみるのも、実際に美しい所作が身に付くのでおすすめです。

凛とした立ち姿やおしとやかな所作で、艶やかな着物をまとっている女性はとても美しいものです。日本人男性だけではなく外国人男性も思わず色気を感じることでしょう。着物に合うアクセサリーの記事もあるので、合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 201622223
関連記事 着物に合うピアス12選|和装にアクセサリーはマナー違反?振袖/留袖

洋服と同じく和装にピアスをする女性が多くなった昨今。自分も着物にピアス

服装以外で色気を出す方法は?

色気の出し方①色気のある話し方を意識する

色気のある話し方

色気の出し方1つ目は、話し方を意識することです。声のボリュームは抑え気味にして、ゆっくりめに話すことが色気を出すポイントです。早口だったりキンキンと高い声で話しているようでは、色気がある女性とは程遠くなります。

流行り言葉や短縮言葉を使いすぎたり、品のない言葉遣いも色気からはかけ離れてしまうので意識するようにしましょう。「ヤバイ」「マジ」などは使わない、「うまい」ではなく「おいしい」と言う、など普段の言葉遣いを意識することが大事です。

また、色気を出すには「秘める」ことも大事です。自分のことをぺらぺらと話し続ける女性には色気を感じることはありません。想像を掻き立てるような話し方に色気を感じます。自分の意思はしっかり伝えつつも話す量を意識しましょう。

色気の出し方②笑顔

笑顔

色気の出し方2つ目は、笑顔です。ふんわりした笑顔が素敵な女性からは色気を感じます。目が合った時にはにこっと微笑んだりと、自然な笑顔を心がけましょう。忙しいからと眉間にしわを作ってる毎日では、色気から遠ざかってしまうので、普段から口角を上げる意識をすることが大事です。

自然なふんわりとした笑顔を出すには気持ちの余裕が何よりも大切なので、ストレスをためずにうまく発散させましょう。また、大笑いするときも口に手を添えるなどして品を失わないように気をつけましょう。

色気の出し方③香り

香りをまとる

色気の出し方3つ目は、香りです。いい香りがする女性からはとても色気を感じます。香水は気軽に香りを身につけられるアイテムですが、強すぎると色気からかけ離れてしまうので、ふんわりと香りをまとうようなイメージでつけましょう。

さりげない色気の出し方としては、石鹸の香りや柔軟剤など清潔感があるものがおすすめです。ただし香りは好みもあるので、不快感を与えないように気をつけましょう。すれ違ったときや、振り返ったときにふわっといい香りがするというのが一番色気を感じるものです。

大人の女性の色気を感じる仕草は?

大人の女性の色気を感じる仕草①髪を掻き上げる・まとめる仕草

かきあげる仕草

大人の女性の色気を感じる仕草1つ目は、髪を掻き上げる・まとめる仕草です。さりげなく髪を掻き上げる仕草には、大人の女性ならではの色気を感じます。また、仕事に取り掛かるときや食事をするときなどにさっと髪をまとめる姿仕草も、男性にとってはドキっとするものです。

その際に髪の毛が傷んでいたりすると色気が出なくなってしまうので、普段からトリートメントをしたり、髪の毛を大事にして美髪を心がけましょう。

大人の女性の色気を感じる仕草②クロスの法則

クロスの法則

大人の女性の色気を感じる仕草2つ目は、クロスの法則です。左側の髪を耳にかけたいときに右手で左側の髪を耳にかける、お皿やコップを取るときも近くの手で取るのではなく逆の手で取る、など、何かをするときにあえて逆の手を使い「クロス」の状態ですることによって、女性らしさが増し、色気を出すことができます。

このクロスの法則は、女性ならではの曲線美を上手にアピールできます。筋肉や骨格の関係できれいな曲線やラインは男性には出せないので、その心理をうまく使って女性らしい色気を醸し出しましょう。ただし、やりすぎや同性の前でやると、不快感を与えてしまうこともあるので、さりげなさが大事です。

色気のある女性は誰でもなれる!

色気を感じる服装はいろいろありますが、自分に合うものを身に着けることが、色気を出す重要なポイントになります。自分の顔立ちや髪型、体型などをちゃんと理解し、自分がより魅力的に見える服装を選びましょう。

また、服装を急に変えるのは難しいかもしれないですが、普段の仕草や心掛けでも色気は出すことができます。色気を感じる女性を研究したり、なりたい姿を想像したりして、普段から意識するようにしましょう。

自分には色気がある服装は似合わないと思っている方も、仕草や心掛けから始めていけば、自然と色っぽい服装も似合うようになっていきます。日頃から色気を意識して、色気がある女性になりましょう!他にも色気の出し方をまとめた記事があるので合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 603919916
関連記事 【女性必見】色気の出し方15選!モテる女に変身しちゃおう!

色気の出し方を15選集めてみました。女性なら男性から色っぽく見られたい

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。