INDEX

ゴルゴ線(ゴルゴライン)とは?

ゴルゴ線(ゴルゴライン)とは目頭から頬に向けて入る目の下の線

ゴルゴ線(ゴルゴライン)とは、目頭から頬に向けて入る目の下の線で、顔の溝です。実は「しわ」ではありません。専門用語では、「ミッドチークライン」、「中頬溝」と言われています。ゴルゴ線(ゴルゴライン)というのは通称で、有名漫画「ゴルゴ13」の主人公にもある特長的な溝でそのように呼ばれるようになりました。

元々、その部分は溝で、様々な原因により目立っている状態です。ゴルゴ線(ゴルゴライン)があるのは、小さい子供からご年配の方までと年齢は関係なく、性差もなく、個人差があります。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)は加齢しわとは異なる

ゴルゴ線(ゴルゴライン)と同じように気になる、ほうれい線やマリオネットラインは加齢しわと呼ばれ、年齢を重ねると誰にでも出来てしまいます。加齢しわは、紫外線から肌を守り、エイジングケアのスキンケアでのお手入れや表情筋を鍛えるなどを若いうちから続ける事で何もしないよりは目立ちにくくできます。

しかし、ゴルゴ線(ゴルゴライン)は必ずできるわけではありません。人によって出来る人、出来ない人、目立つ人、目立たない人と個人差があります。この原因は一体何かをご紹介します。

しかしゴルゴ線(ゴルゴライン)は、加齢しわが目立ち始める年齢よりも早いうちからできてしまうもので、年齢を重ねてできるものではありません。ただ年齢を重ねる程、加齢しわが目立つのと同時にさらに溝の深さは深くなる一方です。早めの対処が重要と言えます。では、このゴルゴ線の原因をこれからお伝えします。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因は?

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因①表情筋の衰え

その表情筋は、骨と皮膚をつないでいる為、表情筋が衰えると皮膚を支えることができなくなり、皮膚が陥没を起こす為、ゴルゴ線(ゴルゴライン)が目立ってしまいます。表情筋は、顔の目や口、鼻、眉などを動かす筋肉で、顔の表情を作っている筋肉です。

表情筋の衰えを解消するには、表情は豊かにする事です。それにより表情筋を鍛えることができます。但し、ゴルゴ線(ゴルゴライン)が気になる方は、笑顔をつくる時に、顔の中心に力を入れないように気を付けてください。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因②肌の弾力低下

肌の弾力が低下すると、毛穴が縦に開き、目立つようになります。毛穴のたるみを解消させる事は重要です。肌は表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、肌の弾力を維持する役割があるのは真皮です。真皮には、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を維持する線維があります。美容整形でこれらを注入する事も可能なのだそうです。

これらの肌弾力の線維が年齢を重ねる加齢や紫外線を過剰に浴びる事などで衰えていき、肌弾力を失い、ゴルゴ線(ゴルゴライン)が、目立つようになるのです。コラーゲンやエラスチンは20代~30代には減少していく為、ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消する為にも、早いうちからエイジングケアのお手入れが重要になります。

また、肌弾力を維持するのに忘れてはならないのが皮下組織に存在する、皮下脂肪です。思い出してみてください。痩せている方よりも、脂肪が適度にある方の方が肌にハリがあると思います。女性は無理なダイエットをしてしまいますが、普通体型を維持する事が大切です。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因③目の疲れ

目の疲れ、血行不良も原因の一つです。スマートフォンが普及した近年は、仕事ではパソコンを使い、家ではスマートフォンを使うといった電子機器を使用する時間が増えているように思います。それにより、まばたきをする回数は減少し、一日中、電子機器を使っている環境にある現代人は目を酷使しているのです。

目を使う事で、目の周りの筋肉は緊張状態が長時間続いている為、凝ってしまいます。それが、目元のたるみにつながります。目の疲れは、血行不良などを引き起こす為、たるみだけでなく、クマやむくみの原因にもなってしまいます。

そんな目の疲れを解消する為にも、特にゴルゴラインが気になる方は、まばたきをして、目を動かす事や目を休ませる事を意識してください。目の周りの筋肉を動かし、血行を促すことは重要です。血流が滞ると皮膚に栄養がいかない為、肌の目の周りの肌弾力が低下する原因にもつながっていきます。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因④骨格・この場合は整形もあり!

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が加齢とは関係なく、小さい子供でも目立つのは、骨格によるものです。これは、遺伝の要素がある為、予防は難しいと思います。それでも、今以上に目立たないように、注意が必要です。

骨格による原因の場合、整形に頼る方法も一つかもしれません。ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消することができる手段として、骨格が原因の方には整形は必要だと思います。ただし、はっきりと骨格が原因だと分かった場合は整形をするという事も必要ですが、その前に他の原因は、当てはまらないかを確認してください。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消・改善するメイク方法5選

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消・改善するメイク方法①ハイライトで消す

ゴルゴ線(ゴルゴライン)に添って、ハイライトを入れてください。ハイライトにより、膨らんで、浅く見えるので、消す事ができます。メイクの仕上がりに、パウダータイプのハイライトをブラシにとり、ゴルゴ線(ゴルゴライン)に添って、なぞります。そして、額や鼻筋、Cゾーン、顎先など顔の凸部分にいれます。

ハイライトに使用する色は、自分の肌の色や仕上がりのイメージで選んでください。白を使用する場合は、ハイライトを入れ過ぎないように注意してください。入れ過ぎてしまうと不自然で、整形したようにみえてしまいます。

ハイライトカラーは、通常のメイクでは顔の立体感を演出するのに使う方が多いと思いますが、肌の悩みにも消す事ができ、万能です。ゴルゴ線(ゴルゴライン)だけでなく、シワやしみ、くまなどにもハイライトを入れる事で、それを隠す事ができます。朝の時間の無い時でも、このひと手間で随分違います。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消・改善するメイク方法②コンシーラーで消す

コンシーラーで消す方法です。溝を埋めることで、溝が浅くなり、目立たなくすることができます。コンシーラーはよれやすいので、付け過ぎない事、化粧下地をしっかりと塗りこみ、ヨレを未然に防ぐようにしてください。

コンシーラーは通常のものでも良いですが、「ハイライター」がおすすめです。ハイライターは、コンシーラーとハイライトの働きを持っているので、1つで2役です。スティックタイプが手軽に使えると思います。通常のコンシーラーよりも「ハイライター」の方が消す効果が高いと思います。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消・改善するメイク方法③ファンデで消す

ファンデーションのベースカラーよりも明るいトーンのファンデーションをゴルゴ線(ゴルゴライン)には使います。コンシーラーやハイライトと役割は同じですが、仕上がりが自然に見せつつ消すので、コンシーラーで気になるヨレも起こしにくくなると思います。

ファンデーションでぜひ、使用して欲しいのはリキッドタイプのものです。リキッドタイプは自然な仕上がりになり、つやのある肌も演出できます。ゴルゴ線(ゴルゴライン)のある顔は老けて見えてしまうので、リキッドファンデーションがつやがあり、若々しい印象に仕上がります。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を消そうと厚く仕上がりがちなファンデーションも、リキッドファンデーションを使うと、その特徴である薄づきに仕上がる為、目立たなくすることが可能です。ゴルゴ線(ゴルゴライン)の部分はベース色とはワントーン明るいリキッドファンデーションを使って、仕上げてみてください。

おすすめのリキッドファンデーションを関連記事でご紹介します。ぜひご自身に合ったものを見つけて、若々しい印象を手に入れましょう!

Small thumb shutterstock 305209583
関連記事 カバー力抜群リキッドファンデーションランキングTOP20|透明感/艶肌

カバー力の高いリキッドファンデーションは、肌を綺麗に見せてる便利アイテ

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消・改善するメイク方法④チークで若々しく

チークを入れることで、ゴルゴ線(ゴルゴライン)が目につきにくくする方法です。チークの役割には、血色良く見せる事で若々しい印象に仕上げる事ができます。ゴルゴ線(ゴルゴライン)があると、老けて見えてしまいますが、チークの効果で補正できます。

その際には、顔型によりチークの入れ方を工夫してみてください。基本的なチークの入れ方は、頬の高い位置で(笑ったときに盛り上がる部分)、黒目の下辺りです。黒目よりは外側に入れるようにしてください。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を解消・改善するメイク方法⑤化粧下地で消す

化粧下地でゴルゴ線(ゴルゴライン)をを解消できるメイクができます。化粧下地は、メイクの崩れを防ぎ、肌とファンデーションのつきを良くする事、顔の凹凸をならすなどの働きがあります。その為、ゴルゴ線(ゴルゴライン)を目立たなくするアイテムとしては重要です。

方法は、化粧下地をゴルゴ線(ゴルゴライン)に入れて、溝を埋めます。その上からファンデーションを仕上げていけば、“なかったこと”にできるメイクが仕上がります。その際、ファンデーションをパフなどでのばす時はこすり過ぎに注意してください。せっかく、埋めた化粧下地が台無しになってしまいます。

ライフスタイルの改善が予防の鍵!ゴルゴ線はメイクでなかった事に!

ゴルゴ線(ゴルゴライン)はしわとは違う事、その原因をお伝えしました。すべての原因はライフスタイルにあります。この機会にライフスタイルの改善をお試しください。それは難しいという方や費用や時間のかかる整形ではなくて何とかしたい方は、紹介したメイクを取り入れてみてください。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)だけでなく、老け顔に見せてしまうしわがあります。いつまでも若々しくいたいのにしわが出来るだけで実年齢よりも上に見られてしまいますよね。そんな加齢しわのひとつであるマリオネットラインの記事がありますので、合わせてご覧ください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。