Large thumb shutterstock 440848411

敷石をDIY!庭やアプローチにに合うタイル・飛び石・石畳の敷き方は?

更新:2019.06.21

庭や玄関アプローチのイメージを変えたいけど、どうしたらいいの?そんなときは敷石のDIYがおすすめです!庭や玄関アプローチをガラッとおしゃれにすることができます。今回は、庭や玄関アプローチにぴったりのタイル・飛び石・石畳の敷き方だけでなく、洋風や和風に合う敷石までたっぷり紹介します。

敷石をDIY!基本的な敷石の敷き方は?

基本的な敷石の敷き方・DIY|【難易度★】砂利と敷石の合わせ技!

初心者も簡単にDIYできる方法が、砂利と敷石を合わせていく敷き方です。まずは敷石を敷きたい部分を平らにならしていきます。のちのち砂利の間から雑草が生えてくることを防ぐために、しっかり防草シートを敷いて雑草対策をしておきましょう。下準備ができたら、実際に敷石を並べてみて、バランスを調整していきます。

次はいよいよ砂利を流し込んでいきます。敷石の周りを埋めるようにつめていきましょう。白玉砂利やピンク玉砂利など砂利の種類も豊富なので、お家のイメージに合わせて選んでくださいね。クッション性の高い松の樹皮でできているバークチップや優しい色合いのレンガチップを利用しても、とってもおしゃれになります!

【難易度★】砂利と合わせる敷き方

  1. 敷石を敷く部分を平らにする
  2. 敷石を敷く部分に防草シートを敷く
  3. 敷石を並べていくレイアウトを決める
  4. 敷石を置いてバランスを確認する
  5. 敷石の間に玉石や砂利を流し込む

基本的な敷石の敷き方・DIY|【難易度★】砂で敷石を固める!

初心者も簡単にDIYできるもうひとつの方法が「砂で敷石を固めていく敷き方」です。まずはきちんと敷石を並べていくレイアウトを考えましょう。レイアウト通りに実際に仮置きしてバランスをみていきます。場所が決まったら砂利を敷き、小さい砂利に変えたり砂利を抜いたりして高さが均一なるように調整していきます。

高さが決まったら、その上に砂(珪砂)を撒きます。ここまできたら、いよいよ敷石を並べていきます。配置が決まったら、砂(珪砂)を敷石の隙間にきれいに入れて散水して完成です。敷石の上に珪砂が残ると、散水した後に敷石がくすんだように見えてしまうので注意が必要です。一気に撒かず、丁寧に隙間に入れましょう。

【難易度★】掘らずに砂と敷石を合わせる敷き方

  1. 敷石を並べていくレイアウトを決める
  2. 敷石を仮置きして確認する
  3. 敷石を敷く部分に砂利を敷く
  4. 砂利の高さを均一にする
  5. 砂利の上に砂(珪砂)を撒く
  6. 敷石を敷く
  7. 敷石の隙間に砂(珪砂)を流し込む
  8. 散水して固める

基本的な敷石の敷き方・DIY|【難易度★★】モルタルで敷石を固める!

モルタルを使うと聞くと、構えてしまう人も多いかもしれませんね。実は初心者の敷石DIYには使いやすいアイテムです。まずは、敷石を敷く部分を平らにしたら、砂(珪砂)を撒いてモルタルを塗ります。敷石をゴムハンマーで軽く叩いて落ち着かせ、水平をとっていきましょう。モルタルが柔らかいため簡単に調整できますよ。

平らになったことが確認できたら、敷石の隙間に砂(珪砂)を流し込んでいきます。最後に散水して完成です。モルタルを使うと、水平がとりやすいことやきれいに並べた敷石が崩れにくいというメリットもあります。しっかり作りこみたいという人は、モルタルを使ったワンランク上のDIYにぜひ挑戦してみてくださいね。

【難易度★★】モルタルと敷石を合わせる敷き方

  1. 敷石を敷く部分を平らにする
  2. 敷石を敷く部分に砂(珪砂)を撒く
  3. 砂(珪砂)の上にモルタルを敷く
  4. 敷石を敷く
  5. ゴムハンマーで叩いて落ち着かせる
  6. 敷石の隙間に砂(珪砂)を流し込む
  7. 散水して固める

基本的な敷石の敷き方・DIY|【難易度★★★】敷石を埋めて固める!

少し難しくなりますが「穴を掘って砂で敷石を固めていく敷き方」は雰囲気よく仕上がります。まずはきちんと敷石を並べていくレイアウトを考えましょう。レイアウト通りに実際に仮置きしてバランスをみていきます。場所が決まったら、高さに注意して掘り下げていきましょう。掘りすぎないようにバランスを見ながら進めます。

高さが決まったら、穴の中に砂(珪砂)を撒いていきます。平らになるように砂の量で調整をかけましょう。これで下準備は完了です。敷石を並べて、隙間に砂(珪砂)を流し込んだら散水して完成です。一見簡単そうですが、穴を掘ることは玄人さんでも慎重になる作業です。敷石埋めに挑戦するときは注意してくださいね。

【難易度★★★】敷石を埋める敷き方

  1. 敷石を並べていくレイアウトを決める
  2. 敷石を仮置きして確認する
  3. 敷石を敷く部分に穴を掘る
  4. 穴の高さを均一にする
  5. 穴の中に砂(珪砂)を撒く
  6. 敷石を敷く
  7. 敷石の隙間に砂(珪砂)を流し込む
  8. 散水して固める

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石の種類は?

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石①ピンコロや乱形石などの自然石

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石の1つ目は、ピンコロや乱形石などの自然石です。かわいいカラーのピンコロを使えばナチュラルに、シックなカラーのピンコロを使えば落ち着いた印象にすることができます。乱形石は、コロンとかわいらしいピンコロと比較するとスタイリッシュなイメージの庭や玄関アプローチになります。

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石②ラコッタやレンガなどの素焼き素材

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石の2つ目は、ラコッタ、レンガなどの素焼き素材です。形や大きさが比較的均一に作られていて、積み上げや敷き詰めが簡単で、DIYに適した素材です。レンガは温かみのある質感なので、洋風のデザインに特に多く用いられます。経年により独特の深みが出て、ビンテージ感も楽しめます。

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石③天然木ウリンやFRP製の枕木

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石の3つ目は、枕木です。天然木ウリンの枕木とFRP製の枕木の2種類があります。天然木ウリンの枕木は耐水性が強く、味わいのある古材風のぬくもりが魅力です。FRP樹脂製の枕木は軽量で扱いやすくなっています。ガーデニングとの相性もぴったりですので、取り入れてみてくださいね。

おすすめの敷石4選|洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石①アンティークレンガ

プレス加工のみで焼成せずに作られたカラフルなレンガです。通常のレンガの高さと比較すると薄く作られているので、DIY初心者に使いやすいレンガになっています。色もカラフルですので、お家のイメージと併せてアレンジしやすくなっています。石畳のように並べたり飛び石のように配置したりと敷き方もアレンジ豊富です。

アンティークレンガをランダムに並べるだけでとってもおしゃれになりますよね。洋風のかわいらしいお家の玄関アプローチにおすすめです。レンガの周りに木などを植栽しても雰囲気がよくなります。アンティークレンガをレンガチップで固定するとかわいいです。レンガチップの種類も豊富なので、挑戦してみてください。

敷石DIYでレンガが余った場合には、インテリアとしても優秀なピザ窯のDIYはいかがでしょうか。簡単に作ることができる方法を次の記事で紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてみてください。

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石②ピンコロマット

自然石風のピンコロです。 石畳をイメージして作られたタイルですので、色の組み合わせや並べ方を考える必要がありません。無造作に並べるということは簡単そうで意外と難しいですよね。そんなときにはこのタイルがおすすめです。石畳風や飛び石風など、敷石の敷き方のバリエーションも豊富に楽しめます!

バラバラのタイルをきれいに並べるためには、穴の深さを均一にしなければならないので比較的難しいとされています。マットタイプであればある程度高さを調整しながら作業ができるため、出来上がってみたら凸凹ということを避けられます。カラーや素材も多く出ていますので、お気に入りのタイルでDIYしてみましょう。

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石③コンクリート製枕木

天然木をイメージして作られたコンクリート製の枕木です。天然木を原型としているため、幅は均一ではなくばらつきがあります。アンティーク感を演出するため、色にもばらつきを出しているこだわりの枕木になっています。ただ枕木を並べるだけで、おしゃれな雰囲気を出すことができる敷石DIYにぴったりの素材です。

ランダムに並べるだけで雰囲気よく仕上げることができますが、コンクリート製枕木と砂利を合わせるとレトロなアプローチに変身させることができます。枕木を置く部分に手間がかかる下処理をする必要がないため、敷き方も簡単で短時間のうちにアレンジすることができます。古い線路のような雰囲気がとてもかわいいですよね。

洋風の庭や玄関アプローチに合う敷石④自然石の乱形石

自然石を割ったままの形で加工した乱形石です。乱形石は並べると必ず隙間が空くのが特徴です。同色や同系色でまとめれば落ち着いた印象に、いくつかの色合いを混ぜればモザイク画のような印象に仕上げることができます。自然石のため温かみがあるエクステリアにすることができ、洋風の庭や玄関アプローチにぴったりです。

自然石の乱形石の敷材は、使い勝手の良さから人気の高いDIY素材となっています。カラーも種類も豊富なので、組み合わせてデザインを作ることも可能です。レイアウトを決めて、仮置きするステップをきちんとすれば素敵な敷き方ができますよ。アレンジ次第で雰囲気をガラッと変えられるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石の種類は?

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石①御影石や瓦などのタイル

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石の1つ目は、御影石や瓦といった和風素材のタイルです。和素材の中でも最近特に人気が出ており、和モダンや純和風といった日本の住宅にとてもよく合います。雨などの水で濡れるとタイルの色が変わるため、お天気によってまったく違った雰囲気を楽しむことができるのも特徴のひとつです。

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石②天然石の敷石

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石の2つ目は、天然石の敷石です。和風旅館や庭園、寺院などでも見かけますよね。1枚1枚の色合いや模様が異なる天然石を組み合わせて敷きつめていくと、深い味わいを出してくれます。アプローチ全体に敷きつめたり導線のように1列に並べたり、飛び石のようにしたりしてもいいですよね。

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石③天然石の飛び石

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石の3つ目は、天然石の飛び石(ステップストーン)です。ホームセンターやネットで簡単に手に入れることができますが、家族や仲間で河川敷や山に出かけ、実際に飛び石を集めることもできます。自分たちで集めた石で敷石DIYをすれば、家への愛着も一層深まること間違いなしです!

おすすめの敷石4選|和風の庭や玄関アプローチに合う敷石

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石①セラミックタイル

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石の代表は、セラミックタイルです。最近多くなっている和モダンの玄関アプローチにも使用される機会が多い、人気のタイルです。バーナー仕上げや本磨き仕上げなど加工方法も豊富なので、家の雰囲気にあったセラミックタイルを選ぶことができるのもうれしいですよね。DIYも簡単ですよ!

セラミックタイルを使用するときは、玉砂利がぴったりです。白玉砂利を使用すれば、メリハリがついてモダンな印象にアレンジすることができます。庭の雰囲気も和風にすれば雰囲気もぐっとよくなりますよね。タイルタイプなので敷き方も簡単なのに、玄関アプローチを何倍もおしゃれに演出してくれるおすすめアイテムです。

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石②瓦タイル

瓦の大産地である西三河地方で受け継がれてきた「燻し瓦」の技法で作られる、まさに和の敷材です。落ち着いた光沢で深みと味のある瓦タイルは、玄関アプローチやガーデニングの素材として人気があります。時間とともにさらに味わいを増していくと言われており、町屋や文化財の修復、和風庭園や店舗の内装にも用いられます。

和風の庭や玄関アプローチにぴったりの瓦タイルは、玉砂利や砕石砂利などの白系の石と相性がよいです。瓦タイルと白系の石のコントラストは、純和風の住宅にも和モダン風の住宅にもよく映えます。スタイリッシュでおしゃれな印象ですよね。タイルと砂利の組み合わせは敷き方も簡単で扱いやすく、DIYにおすすめです。

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石③天然御影石の敷石

天然御影石を板状に加工した敷石です。敷き方のアレンジも可能で、庭の飛び石としても玄関アプローチの敷石としても使用できます。天然石をノミで切り出して作られているため、機械で作られたものと比較すると色や個体にばらつきがあります。その絶妙な凹凸が、庭や玄関アプローチを粋な空間に引き上げてくれますよ!

天然御影石はカラーも仕上げ方も豊富です。バイオレットピンクの御影石などもあり、和風スタイルに柔らかな印象を加えてくれます。天然御影石をライトアップするような位置に灯りを用意すると、ムードがあってとてもおしゃれです。太陽光で充電することができるソーラーライトやミニマーカーを置いてもよさそうですよね。

最近では100均でもソーラーライトを扱っている場合があります。プチプラなのにおしゃれでかわいいライトがたくさんありますので、次の記事を参考にしてみてくださいね。

和風の庭や玄関アプローチに合う敷石④天然石材の飛び石

天然石材のステップストーンです。もちろん天然石のため、色合いや形は均一ではありません。大きさや形の異なるステップストーンをどのように並べていくかを考えることも、楽しそうですよね。ひとつひとつに天然石のステップならではの温もりや表情がありますので、和風の庭や玄関アプローチにはぴったりの素材ですよ!

天然石の飛び石(ステップストーン)は、同じく天然石の砕石砂利がよく合います。ガーデニングにもよく使われる砕石砂利ですが、ジャリジャリと大きな音がするため防犯対策にも役立ちます。イエロー・ピンク・グリーン・クリームなどのカラーがありますので、お気に入りの飛び石に合う砂利を探してみてくださいね。

敷石を敷く際の注意点・気をつけることは?

敷石を敷くまでの準備を大切に!

敷石DIYをする上で大切なことは、実際に敷石を敷くまでの準備です。下地をしっかり固めて、しかも均等にしていないと、のちのち敷石が沈んでしまうというトラブルの原因になります。早く敷きたいと思うかもしれませんが、せっかくのDIYだからこそしっかりと地固めをして長くきれいに保てるようにすることが重要です。

とにかくバランスが大切!

職人さんでも、バランスのいい敷き方ができる人は少ないと言われています。簡単そうに見えて難しいのが、敷石のバランスです。色の配置や形の配置など、考えることはたくさんあります。行き当たりばったりで決めずに、必ず仮置きしてバランスを整えるようにしましょう。写真に撮って確認してみるのも効果的です!

DIYの参考になる玄関アプローチや庭の素敵な敷石画像4選

玄関アプローチや庭の素敵な敷石①枕木を飛び石にしたアレンジ

コンクリート製枕木を使ったおしゃれなアレンジです。コンクリート製ですが、やはり木と植物の相性は抜群ですよね。枕木を無造作に配置したら、植物をうまく配置するだけで、センスのよいガーデニングへと変身させることができます。植物が成長するにつれて趣も変わりますので、季節による変化も楽しむことができますよね。

この枕木は、芝や人工芝とも非常に相性がいいです。ガーデニングまではまだちょっとという人もいるかもしれません。そんなときには、芝や人工芝と枕木を合わせてみてはいかがでしょうか。ホームセンターで手に入れることができますし、敷き方も簡単です。芝の緑と枕木の黒茶のコントラストがとってもおしゃれですよ!

玄関アプローチや庭の素敵な敷石②天然石の御影石材を並べたアレンジ

天然石の御影石材を使ったスタイリッシュなアレンジです。石材を横にして1列に整然と並べているだけですが、モダンな印象でとてもおしゃれに見えますよね。石材を縦にして並べると、よりシャープな印象になります。全体の雰囲気とバランス、イメージで石材の向きを決めていけば趣のあるアプローチにできそうですよね。

このアレンジでは、石材の脇には天然庭石の10~20cmサイズを敷きつめています。石材のフラット感と庭石の凸凹のコントラストが絶妙ですよね。そのほかに砕石や玉砂利を使うこともできますし、割石を合わせることもできます。敷き詰める石のタイプ次第で印象をガラッと変えることができるので、挑戦してみてください。

玄関アプローチや庭の素敵な敷石③石畳風レンガのガーデニングアレンジ

アンティークレンガを石畳風に敷いたおしゃれなアレンジです。植物とのコントラストがとてもきれいですよね。ガーデンカバーとしてよく使われるワイヤープランツなどを合わせると、つるを伸ばして生育する途中でうまくレンガの隙間を埋めていってくれます。5~8月には小さな白い花をつけますので、季節も楽しめます。

芝や人工芝とレンガを組み合わせるとメリハリがつくのでスタイリッシュな印象になります。ペニーロイヤルミントやクローバーなどのガーデンカバープランツと合わせるとかわいらしい印象になります。掛け合わせる植物でまったく違う印象にすることができますので、どのようなイメージにするか考えて植物を選んでくださいね。

玄関アプローチや庭の素敵な敷石④和素材のタイルを飛び石にしたアレンジ

和素材のタイルを飛び石に使った坪庭風の玄関アプローチアレンジです。表情が豊かな石タイルを使っているので、雰囲気がとてもいいですよね。温かみが出るように、周囲にはピーチピンク系の砕石を敷きつめています。雨などの水に濡れると赤っぽくなるので、玄関アプローチや庭の色の変化も楽しむこともできます。

玄関アプローチや庭の敷石のイメージが大方固まったら、次は周りのアレンジも考えてみましょう。和風であれば大きな庭石を配置してみたり、陶器の水鉢置いてみたりとアレンジは自在です。最近では洗面台に陶器ボウルを使う人が増えていますので種類も豊富です。お気に入りのボウルを置くだけでおしゃれですよね。

敷石DIYで庭やアプローチをおしゃれにしよう!

玄関アプローチや庭の敷石DIYについて、タイル・飛び石・石畳風などの敷き方やガーデニングとミックスしてアレンジする方法を実例でたっぷり紹介してきました。家の顔となる玄関アプローチや庭はおしゃれにしたいですよね。敷石DIYは、簡単にガラッと印象を変えられます!ぜひ敷石のDIYに挑戦してみてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。