Large thumb shutterstock 123103753

DIY真鍮アクセサリーの簡単な作り方|指輪の加工道具やパーツは?

更新:2020.10.30

アクセサリーは好きだけど、ピンと来るものがない。ハンドメイド、DIY時代の昨今、ないなら作ってしまいましょう。真鍮がおすすめの材料です。パーツや道具を揃えて作り方が分かれば後は加工するだけ。唯一無二、あなただけのアクセサリーでドレスアップしましょう。

真鍮アクセサリーの作り方|DIYに必要な道具や材料は?

真鍮アクセサリーに必要なパーツ|真鍮

M keep aspect 61  rxxo1ql. ac sl1500
光 真鍮 1×50×100mm YZ152
Amazonで商品の詳細を見る

真鍮アクセサリーを作るのに必要なパーツは、何はさておき真鍮です。控えめな金、もしくはススキを思わせる色をしています。特殊な素材に思われそうですが、実はホームセンターなどで、板状の真鍮を購入することが可能です。市販の真鍮には棒状のものもありますので、指輪などはそちらを丸めて使用するのもいいでしょう。

真鍮は他の金属よりも比較的安いのでお勧めの材料です。厚さは色々ありますが、初めは薄めのものから始めるのがいいでしょう。まずは扱いやすい素材から行い、徐々に凝ったものにしていくのが肝要です。加工の際熱や刃物を使うので、怪我などに気を付けて下さい。また換気をしておくこともお勧めします。

真鍮アクセサリーに必要なパーツ|ストーン

M keep aspect 71ngyzy2hal. ac sl1000
ピンクゴールド通販広場 台座付き A級ガラス製ストーン ビジュー パーツ ビーズ レジン 封入
Amazonで商品の詳細を見る

場合によっては必要なのが、真鍮アクセサリーを彩るストーンです。ちょっとした真珠や小さなものでも構いません。あなたがいいなと思ったものをつけて下さい。こうしたストーンがあるだけでいくらか高級感が増し、ハンドメイドなのに市販品のような存在感を放ちます。ビーズでもかわいらしくてお勧めです。

真鍮アクセサリーに必要なパーツ|金具

View this post on Instagram

. 皆さま❤️大変ご無沙汰しております🙏. . お待たせしておりました、靴ベースの小さいサイズが再入荷いたしましたのでお知らせ致します😊. 今回は、更に小さいサイズや、 一部メンズサイズも入荷しておりますので、お子様用にもお使い頂けます♡. 外履きできる靴のベースとなり、ステッチに編みつけて、簡単にお作りいただけます😊. . サイズが揃っている今、. お早目にご購入下さいませ♡. . 2つまで、レターパック510で発送可能ですのでコメントかDMよりお問い合わせくださいませ。お支払はお振込・ラクマで対応させていただきます😊. . . その他、二重タイプのチェーン2色・差し込み錠各種、入荷中✨. ゴールド・シルバー・ブラック・アンティークの4色。. スタイルは今、15スタイル程度、揃っております😊. カテゴリ別に検索も可能です。皆さまのご注文心よりお待ちしております。. . . お客様の作品です✨. いつもありがとうございます😊. 皆さまからの刺激が、エネルギーとなっております❤️. VOL99DIY. . . #靴ベース #サンダル #靴底#ハンドメイド #ハンドメイド資材 #ハンドメイド素材 #手芸 #手芸材料 #ワッペン #チェーン #バッグチェーン #バッグストラップ #コンビチェーン #ズパゲッティ #ズパ #zpagetti #hoooked #hoookedzpagetti #Tシャツヤーン #チャーム #チャームナスカン #差込み錠 #金具 #留め具 #錠前 #ストラップ #ショルダー紐 #VOL99DIY

A post shared by 〜VOL99DIY〜 (@vol99diy) on

留め具となるべき金具も必要です。オンラインショップなどでトップス、チャームの類を入手できますが、自分ですべて作りたいこだわり派の方には、円形状の留め具もお勧めです。真鍮製ハンドメイドアクセサリー用の留め具といったパーツもオンラインで購入できますので、ご検討ください。

真鍮アクセサリーに必要なパーツ|トップス

アクセサリーによってはトップスやチャームを付ける場合もあります。自分で作るのもいいですし、自信がない、もしくはより精巧なものやかわいいものがいいという時にはトップスを購入するのもいいでしょう。サイトを覗いてみれば、結構凝ったデザインのパーツもあるので、リングやブレスレットにつけてみるのもお勧めです。

真鍮アクセサリーに必要な道具

真鍮アクセサリーに必要な道具|やすり・紙やすり

M keep aspect 61rcan7fayl. ac sl1200
Funshare Funshare 紙やすり サンドペーパ 耐水ペーパー 36枚入り 12種類
Amazonで商品の詳細を見る

やすりや紙やすりは、加工の際真鍮アクセサリーの形を整えたり、角を取ったりするのに使います。余計な角を取ることで、怪我の心配がいりません。ディスクグラインダーなどがあれば、そちらを使うのもいいでしょう。適度にやすりをかけておくことで、商品のような完成度になります。より綺麗に表面を仕上げて下さい。

真鍮アクセサリーに必要な道具|ハンマー

真鍮アクセサリー作りにおいては、ハンマーも大事です。これは、ハンマー仕上げと呼ばれるハンドメイド感のある凹凸を生み出すために使われます。無骨な印象はなく、オンリーワンを印象付ける仕上がりです。アクセサリーによってはハンマーで真鍮を曲げ足り、適度な硬さを加えたりもします。結構重宝する道具です。

真鍮アクセサリーに必要な道具|ペンチ

ペンチは真鍮アクセサリー作りに欠かせない道具の一つです。製作中の心中を安全につまみ、時にひねりを加えるなどといった第二の手の役割りをします。小さめでつまむ部分の小さなペンチならストーンを載せたり並べたりといった、ピンセット並みに細かい作業も行えます。アクセサリー作りには極めて重宝される道具です。

真鍮アクセサリーに必要な道具|カッター

真鍮を切り出す為に使います。薄めの真鍮板の場合は普通のカッターでも十分機能を発揮してくれますが、どちらかというとプラスチックカッターなど加工用のカッターの方が作業はしやすいです。斬り削った時に出るカスのことを考えても、プラスチックカッターをおすすめします。使用時は怪我に気を付けて下さい。

真鍮アクセサリーに必要な道具|定規

定規は長さを測るだけではなく、カッターで必要な分を切り出す時に、真っすぐ切るための線引きにも使われます。定規を使う際の注意点は、ちゃんとまっすぐ、斜めになっていないかを確認することです。デザインにもよりますが、初めて作る時には、やはりちゃんと真っすぐになっていた方がいいでしょう。

真鍮アクセサリーに必要な道具|刻印棒

必要不可欠というよりオンリーワンを演出できるアイテムという点でお勧めです。これはその名の通り、アクセサリーに自分の名前や送りたい相手の名前、その他いろいろな言葉などを刻印できるものです。アルファベットだけでなく、数字や絵などもあります。通販でも売っていますので、ご興味がわいたらどうぞ。

ハンドメイド真鍮アクセサリーの加工に必要な道具

真鍮アクセサリーのDIYの加工に必要な道具【ガスバーナー】

真鍮も金属なので、加工の時熱を加えると形状を変えやすくなります。ガスバーナーの使用時には火傷に気を付けて下さい。じかに手に持つと熱くなりますので、ペンチなどでつかんで炙ることをおすすめします。また、もしもの時に備え水は用意しておきましょう。ガスバーナーは、耐熱仕様のレンガなどの上で使用してください。

真鍮アクセサリーのDIYの加工に必要な道具【ロウ】

M keep aspect 612qojnhb8l. ac sl1000
新富士バーナー 新富士バーナー フラックス RZ-200 銀ロウ用
Amazonで商品の詳細を見る

ハンドメイドの心中アクセサリーにおける溶接は、ロウが使われます。他のストーンや金属をつけるのに使われることが多いようです。単にロウと真鍮を一つのアクセサリーとして組み込む時には真鍮を温めてロウを流し込むなどします。安全面には十分注意をして、ロウ付けを行ってください。

ロウといっても一般的なロウソクに使われるものよりも、銀ロウと呼ばれるものがよく馴染みます。リングを完全な円形にする際などに、銀ロウをご使用し、加工するといいでしょう。

真鍮アクセサリーのDIYの加工に必要な道具【手袋】

手袋

アクセサリーの作り方の前に重要な道具をお教えします。それは、作業用の手袋です。できうる限り不燃性のものをお使いください。また、何より肝心なのが油断をしないことです。道具、特に火器の扱いには十分以上に気を付けましょう。DIYでは怪我もあります。火器を扱うともなれば、より一層の用心が必要です。

DIYだからと言って、そこまで神経質になる必要性もありません。要は火の扱いやけがに気を付ければいいのです。安全に、かつ楽しく真鍮アクセサリーを作りましょう。その為には、手袋は必要不可欠です。作業に慣れても、道具やパーツをうまく扱えるようになっても火を使う時には手袋の使用を怠らないでください。

ハンドメイド真鍮アクセサリーの簡単な作り方【指輪・リング】

真鍮指輪・リングのDIYに必要な加工・パーツ・道具

リングを作るのに不可欠なのが、指のサイズを知っておくことです。これはリングゲージというサイズを測るものがありますので、お使いください。初心者の方は0.3㎜ほどの厚みの板からだと簡単です。先に挙げた道具やパーツを揃えて作業を開始します。

真鍮指輪・リングの簡単な作り方

作り方としては真鍮をカットし、リング状にします。そのままペンチで曲げたり、ガスバーナーなどで赤くなるまで熱して水に入れる焼きなましという加工方法もあります。初心者の方や火が怖い場合は万力で一方を固定してペンチを使うと曲げやすいです。リング状になったらハンマーでたたき、固くしていきます。

銀ロウでロウ付けをすれば、完全なリング状の指輪の完成です。銀ロウを繋ぎめ部分において、ガスバーナーなどの炎を指輪全体に当てることでロウ付けは完成します。ロウ付けを行う前に、リングの油分などをふき取って下さい。この時フラックスという接合用の薬を使うこともあります。棒状の真鍮のでも作り方は変わりません。

ハンドメイド真鍮アクセサリーの簡単な作り方【ピアス・イヤリング】

真鍮ピアス・イヤリングのハンドメイドに必要な加工・パーツ・道具

真鍮板とピアス用の金具が基本です。残りのストーン等はお好みで揃えて下さい。ピアス、イヤリングはこれと言って決まった形状がないので好きなように作れるのが嬉しですね。

真鍮ピアス・イヤリングの簡単な作り方

まず真鍮を切り出し角張ったところをやすりで研いで、怪我を防ぎましょう。ながお好みのデザインに合わせペンチなどで形を作っていきます。どんな形にするにせよ、ピアスは左右揃った状態で使うものなので、バランスをちゃんと整えましょう。左右対称が理想ですが、多少のずれは気にしなくても大丈夫です。

ドリルで金具を通すための穴を開けたら、まずはバリというささくれのようなものを取ります。これは金具でこすれば取れますので、物々しい装置や準備はいりません。徹底的にやすりを使うのは、ピアスが耳に付けるものだからです。怪我をしない為の措置を施し、最後に金具を付けて、真鍮ピアスの出来上がりとなります。

ハンドメイド真鍮アクセサリーの簡単な作り方【ブレスレット・バングル】

真鍮ブレスレット・バングルのハンドメイドに必要な加工・パーツ・道具

ブレスレットやバングルは慣れればストーンやチャームといったパーツを付けていくらでもかわいく出来ます。加工に必要なのはハンマー、バーナーなどです。

真鍮ブレスレット・バングルの簡単な作り方

バングルや腕輪の作り方は、まず手首周辺のサイズを割り出し、必要なサイズを測りましょう。初心者の場合は真鍮板から幅5㎜ほど切り出して作ります。手作り感が欲しい時にはハンマーでたたくと、ゴツゴツとした仕上がりになります。やすりでバリを落とし、怪我をしないようにしましょう。目の細かいやすりがお勧めです。

肌に触れる部分はあまり痛くないようにゴツゴツとさせないようにしましょう。バングルやブレスレットの形に丸めるにはペンチがいいですが、腕と同じくらいの太さのものなら大概使えます。作り方は同じですが、仕上げは違います。ブレスレットの場合はロウ付けをし、バングルの場合は隙間を開けて完成です。

ハンドメイド真鍮アクセサリーの簡単な作り方【ブローチ】

真鍮ブローチのハンドメイドに必要な加工・パーツ・道具

View this post on Instagram

2018.10.31 . нαρρу🎃нαℓℓσωєєи . 新しい委託店 @harunire.328 さまへブローチとヘアゴムを発送しました。 どうぞよろしくお願いいたします。 . . 鳥さんブローチの大きめが欲しいな〜と リクエストがありましたので、5cm×4.5cmくらいの大きな鳥さん試作中です…ⱔ . アウターになら、少し大きめでも◎と思うのです。 . ~私のお気に入り~ 米糀甘酒𓂃𓂑 . 小谷田潤さんのカップ . トモタケさんの泥染リネンコースター.手染め手刺繍入り。 使い込んで4年目…色にも経過とともに変化が… 味わい深く愛着が増しています؎ . . ************************** 𓇬取扱い店様 @popo.panchi /福岡 @atelier_tetotetote /宮崎 @kurashi_ing/愛媛  @na_tan3/札幌 10/末~ @harunire.328/網走郡 11月~ @chouchou_tama/東大阪 @yojouhan_zakka/江別市 @kurashitooyatsuhirahira/広島 . . #ハルニレ #harunire #北海道網走郡美幌町 #小谷田潤 #トモタケ #真鍮ブローチ #ハンドメイド #お花ブローチ #ハンドメイドブローチ #真鍮 #ブローチ部 #お花アクセサリー #北欧 #真鍮アクセサリー #ブローチ好きさん #brooch #大人かわいい #リネン #ナチュラル #ナチュラルコーデ #手仕事 #作家ブローチ #kotsukotsu #暮らしを楽しむ #発送しました

A post shared by 𝓴𝓸𝓽𝓼𝓾 𝓴𝓸𝓽𝓼𝓾 (@kotsukotsu8914) on

ブローチに関しては、あまり大きすぎても小さすぎても服から浮いた印象になることがあるので、その点を注意しながらデザインを決めて下さい。必要な道具とパーツは、安全ピンと穴を開けるキリです。大まかに作れる分、作り方は比較的簡単かもしれません。

真鍮ブローチの簡単な作り方

ブローチは服に付けられるので、あまり怪我を気にしなくていいと考える人もいるでしょう。しかし、やすりである程度の角を取っておくに越したことはありません。真鍮板から切り出して形を整え、やすりで全体を磨いて下さい。ストーンをつけるのもいいですが、まずはキリなどで穴を開けるシンプルなものがいいでしょう。

真鍮アクセサリーのお手入れ方法

真鍮アクセサリーのお手入れ方法について

金属類における大敵、それは大体が錆びです。実は真鍮の場合、錆びはマイナスに作用しません。特にアンティーク好きな方にとっては、真鍮の錆びでさえも愛おしい要素となり得ますし、アンティーク雑貨のパーツに真鍮が使われていることは多いです。とはいえ、肌身に付けることもあるので、やはり黒ずみは取りたいですよね。

真鍮アクセサリーの黒ずみを取るには

そこで使われるのが、お酢です。レモンのしぼり汁でも構いません。これらの液体に10分もしくは1時間程度付けておきます。黒ずみが取れたらもう出して構いません。水で洗って、湿気を取れば再び美しく安全な真鍮アクセサリーが戻ってきます。真鍮の敵は、錆びよりも湿気なので、濡れたままでの放置はやめておきましょう。

手作りの真鍮アクセサリーで芯から輝こう

笑顔

アクセサリーは単体でも輝かしいものですが、身に着けることで効力を発揮します。その効力とは、あなたを煌かせることです。ハンドメイドの真鍮アクセサリーは、出来合いのもの檻もさらにあなたを輝かせるでしょう。こだわりと熱意の結晶だからです。何よりも輝かせてくれるのは、熱い心、それに尽きます。

100均でお手軽にできる手作りアクセサリーには他にどんなものがあるのか。どんな材料が使われるのか、興味がある方は以下の記事を合わせてごらんください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。