INDEX

クッキングシートネイルとは?

クッキングシートネイルは時短セルフネイル

ご自宅でセルフネイルされている方に朗報!セルフネイルって、乾かす時間が不十分で簡単なべた塗りさえもよれる。べた塗りはなんとか出来るんだけど、可愛い凝ったネイルアートをしたい。でも難しい、時間がない、よれる、剥がれる、といった悩みを抱えているセルフネイラ―さんも多いのではないでしょうか。

そこで、セルフネイル下手さんにも、利き手の爪にも、簡単に自作セルフネイルアートが出来る方法「クッキングシートネイル」をご紹介します。ネイルアートはもちろん、いつもよれちゃうべた塗りにも最適です。

クッキングシートネイルとは、その名の通り、クッキングシートを使ったネイル方法。クッキングシートの表面はコーティングされているため、マニキュアを塗ってもキレイにはがせます。その特徴を生かし、ネイルアートをシールのように使うのです。セルフネイルアートを諦めていた方も簡単にネイルアートが楽しめますね。

まずは簡単なネイルパーツ作りから!

クッキングシートネイル初心者さんにおすすめなのが、時間のある時に作り置き出来るネイルシールのような自作ネイルパーツ。好きな柄をたくさん描いてストックしておくと便利です。

こんなに小さなアートを自爪に直接たくさん描こうと思うと時間もかかるし、利き手は難しいですよね。しかも、シールとは違って同じマニキュアで作ってあるので、爪にのせた時、実際描いてあるかのような仕上がりです。

\ POINT /

ストーンでも自作パーツ作りが可能

ブローチのような豪華なネイルパーツも自分で作ることが出来ます。作り方はとっても簡単、乾いたベースコートの上にたっぷりのネイルグル―をのせてストーン(天然石等)を貼りつけ、そのまわりにブリオンを貼りつけるだけ。こちらも時間のある時に作り置き出来ますよ。簡単なのに本格的な自作ネイルパーツも作ってみてください。

セルフネイル下手もOK!基本的なクッキングシートネイルのやり方は?

クッキングシートネイルの基本的な方法

クッキングシートネイルの基本的な方法
  1. クッキングシートにベースコートまたは好きなカラーのマニキュアを塗り、乾かします。
  2. その上に、好きなデザインを描いたり、ストーン等をのせたりしましょう。
  3. クッキングシートのマニキュアがしっかり乾けば、爪の大きさに合わせてシートごとハサミでカット。
  4. クッキングシートからネイルを優しく剥がし、接着剤代わりのトップコートを薄く塗った爪の上にのせます。
  5. 表面をなじませるよう軽く押えてからトップコートを全体に塗れば完成。

クッキングシートネイルで作るネイルアートは、あらかじめクッキングシートの下に下絵をセットしたり、裏に下書きをしておくともっと簡単にネイルアートが出来ます。

時間のある時にストックをしておけば、ネイルシールのようにいつでも簡単にネイルを楽しむことが出来ます。しかも、乾かすのはトップコートだけなので、よれる心配もありません。忙しい女性の味方、時短クッキングシートネイルです。

セルフネイル下手さんでも剥がれないクッキングシートネイルのコツ

クッキングシートネイルのコツ1つ目は、クッキングシートに爪より大きめにべた塗りすることです。乾いたネイルを爪の横幅に合わせてカットする際も、きわギリギリではなく、少しだけ内側になるようにカットしてください。爪とマニキュアの境目にトップコートがつくことになるのでしっかりと密着して剥がれません。

クッキングシートネイルのコツ2つ目は、トップコートの種類です。クッキングシートで作ったネイルアートを爪にのせる際の接着剤代わりとなるトップコートは速乾性ではなく遅乾性のものが最適です。また、薄く塗ることでよれることなく貼ることが出来ます。逆に、仕上げのトップコートは速乾性であればより時短になります。

クッキングシートネイルのコツ3つ目は、爪先まであるネイルアートの場合、爪先までトップコートをつけ、しっかりと密着するよう押さえてください。乾いたあと余ったネイルをカットすればキレイに仕上がります。この接着処理が甘いと、余ったネイルを取る際ガタガタになります。

セルフネイル下手さんでも簡単にできる自作ネイルアートの方法

クッキングシートネイルのアートには、様々なアイテムが使えます。マニキュアやジェルで上手に絵を描けないというセルフネイル下手さんは、是非カラーペンを使用してみてください。クッキングシートに塗って乾いたベースコートやカラーマニキュアの上に、普通にお絵かきするだけです。筆や竹串を使うより簡単ですよね。

カラーペン以外にも、次にご紹介する自作クッキングシートデザインでは、セルフネイル下手さんでも出来る簡単なネイルアートから凝った応用編までございますので、出来そうなものから是非チャレンジしてみてください。お店でやってもらったかのようなデザインも出来ますよ。

自作クッキングシートネイルデザイン7選

自作クッキングシートネイル①クラフトパンチを使用してフレンチネイル

自作クッキングシートネイルデザインの1つ目は、星柄のクラフトパンチを使用したフレンチネイルです。クッキングシートに好きなカラーのマニキュアをべた塗りして、乾いたものを100均や文房具屋さんにあるクラフトパンチでカットしただけの自作ネイルパーツ。このパーツを組み合わせて貼るだけの簡単ネイルアートです。

自作クッキングシートネイル②秋ネイルにおすすめアーガイル柄

自作クッキングシートネイルデザインの2つ目は、秋におすすめなアーガイル柄です。ひし形を細い筆で描こうとするとガタガタになったり、同じ大きさで描けないなど意外と難しいのですが、こちらはとっても簡単!

クッキングシートにマニキュアをべた塗りして乾いたらハサミでひし形にカットします。このパーツを貼って、ゴールドのラメでラインを描くだけで可愛いアーガイル柄の完成です。

自作クッキングシートネイル③ジェルネイルのようなぷっくりフラワー柄

自作クッキングシートネイルデザインの3つ目は、ジェルネイルのようなぷっくりフラワー柄です。細かいアートも平面のクッキングシートに描けるので、お絵かきをしている感覚で難しい花柄もキレイに描けます。ゆっくり作業が出来るので、たくさんのカラーを使用したり、ジェルでぷっくり感を出すことも可能です。

自作クッキングシートネイル④セルフネイルでは難しいハートプッチ柄

自作クッキングシートネイルデザインの4つ目は、セルフネイルでは難しいハートプッチ柄です。利き手には絶対出来ないであろうプッチ柄ですがクッキングシート上であれば紙に描くのと同じ感覚なので、セルフネイル下手な私にも描けそうです。筆が苦手であればカラーペンで描く方法もいいですね。

自作クッキングシートネイル⑤ひし形フレンチとステンドグラスアート

自作クッキングシートネイルデザインの5つ目は、ひし形フレンチネイルとステンドグラスアートです。こちらもとっても簡単。べた塗りしたものをひし形にカットしたり、三角形にカットしたものをランダムに貼ったデザインです。簡単なのに上級者さんネイルの完成です。

自作クッキングシートネイル⑥自爪には難しいピーコックネイル

自作クッキングシートネイルデザインの6つ目は、自爪には難しいピーコックネイルです。自爪には難しいですが、クッキングシート上であればとっても簡単です。方法は、3色のラインを描き、書いたラインの上から一点に向かって細い筆でマニキュアを引っ張るように柄を出します。他と同様、乾かして爪に貼れば完成です。

自作クッキングシートネイル⑦チェック柄

自作クッキングシートネイルデザインの7つ目は、チェック柄です。チェック柄は、写真のようなガーリー調はもちろん、ラインの太さや色を変えればかっこよくも作れます。こちらの記事にもセルフネイルデザインがたくさんありますので、参考にしてみてくださいね!

慣れてきたらフットネイルもクッキングシートネイルでチャレンジしよう!

毎日仕事や家事に追われていると、ネイルする時間を取るのが難しい。おしゃれなネイルをしている人を見かけると憧れるけど、現実的に難しい方が多いのではないでしょうか。

クッキングシートネイルであれば、時間短縮が可能です。ネイルパーツを作り置き出来るし、乾かしている間によれてやり直しということも少ない。忙しい女性にピッタリです。最近ネイルをしていない方は、是非クッキングシートネイル試してみてください。指先がキレイになっただけでテンション上がること間違いなしです。

そして、ハンドネイルに慣れてきたらフットネイルにもチャレンジしましょう!クッキングシートネイルであれば、剥がれない凝ったフットネイルアートも出来るようになります。こちらの記事に素敵なフットネイルデザインが紹介されていますので、合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 333616157
関連記事 おしゃれな秋冬フットネイルのデザイン21選|簡単セルフネイルのやり方も

ふと夏の暑さが和らぐと、もう秋はすぐそこです。フットネイルも春夏とはチ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。