INDEX

イタリア料理の用語は?

イタリア料理の用語①イタリアンレストランの種類

レストラン
レストランの種類
  • リストランテ・・・高級なレストラン。
  • トラットリア・・・リストランテよりリーズナブルで、大衆向け。
  • オステリア・・・居酒屋。
  • ピッツェリア・・・名物がピザの店。
  • バル・・・お酒もおいてる喫茶店。

イタリアンレストランの呼び方の用語です。イタリアンレストランにも色々な種類があり、呼び方も様々です。日本でも聞きなれた言葉が多いですよね。聞いたことはあるけど、違いはなかなか分からないものです

イタリア料理の用語②食事の流れ

食事
食事の流れ
  • アペリティーヴォ・・・食前酒。
  • アンティパスト・・・前菜。
  • プリモ・ピアット・・・パスタ、リゾット、スープなど。
  • セコンド・ピアット・・・メインディッシュ。
  • コントルノ・・・ミニサラダや付け合わせなどの副菜。
  • ドルチェ・・・デザート。
  • カッフェ・・・コーヒー。基本的にエスプレッソコーヒー。
  • ディジェスティーヴォ・・・食後酒。

イタリア料理を食べる際の食事の流れの用語です。知っておくと便利な用語ばかり。これを知っておくと通と思われ、今後きっと役に立つはずですよ。

イタリア料理の有名な前菜の名前6選

イタリア料理の有名な食べ物の名前【前菜】①カプレーゼ

イタリア料理の有名な前菜のひとつ「カプレーゼ」。モッツァレラチーズとトマトのサラダのことです。イタリア全土で前菜として長年親しまれており、日本でもメジャーなイタリア料理の前菜です。

「カプレーゼ」という食べ物の名前には、「カプリ島風の~」という意味があります。バジルの葉にオリーブオイルと塩とブラックペッパーで味をつけるだけのシンプルな料理なので、ドレッシングにこだわってみるのもいいかもしれませんね。

イタリア料理の有名な食べ物の名前【前菜】②バーニャカウダ

野菜

イタリア料理の有名な前菜のひとつ「バーニャカウダ」。日本でもイタリアンレストランで親しまれている食べ物です。きゅうりやにんじん、パプリカ、レタス、トマトなどの野菜をソースにつけて食べるヘルシーな前菜です。

野菜スティックとの大きな違いは、バーニャカウダは熱いソースを使います。おもてなし料理としても最適で、家庭でも簡単に作れるところが魅力的です。

イタリア料理の有名な食べ物の名前【前菜】③カルパッチョ

イタリア料理の有名な前菜のひとつ「カルパッチョ」。生の牛肉を薄くスライスし、ソースなどの調味料を上からかけて食べる食べ物です。最近では、肉だけでなく魚介類を使ったカルパッチョも大人気で、日本のイタリアンレストランでは必ずといっていいほど存在するメニューです。

「カルパッチョ」の名前は、人の名前に由来しています。料理の色鮮やかな様が、画家の「カルパッチョ」の色彩に似ていたため、そのまま料理名になったのです。「マリネ」とは大きく違います。「マリネ」は食材をレモン汁などに漬け込み柔らかくしたり、保存したりする方法をあらわしているのです。

イタリア料理の有名な食べ物の名前【前菜】④ブルスケッタ

イタリア料理の有名な前菜のひとつ「ブルスケッタ」。イタリア風ガーリックトーストです。軽食として親しまれ、イタリア料理では前菜としてよく用いられます。元々イタリア中部の郷土料理です。

ガーリックトーストの違いは、ガーリックオイルの代わりにオリーブオイルを使用しています。「ブルスケッタ」という名前の由来は、ローマ地方の方言「炭火であぶる」という意味の「ブルスカーレ」に由来しています。

イタリア料理の有名な食べ物の名前【前菜】⑤タリアータ

イタリア料理の有名な前菜のひとつ「タリアータ」。焼いた牛肉を切って、野菜などと一緒に食べる食べ物です。調理法がシンプルなので、良い肉を楽しむための料理です。

付け合わせは、ルッコラやレモンなどがおすすめで、ローストビーフに似ています。「タリアータ」という名前の意味は、イタリア語で「薄く切った」という意味です。

イタリア料理の有名な食べ物の名前【前菜】⑥アクアパッツァ

イタリア料理の有名な前菜のひとつ「アクアパッツァ」。タイやスズキなどの白身魚を水と白ワインで煮込んだイタリア料理です。魚介類と相性抜群のトマトは必需品です。

ムール貝やアサリなどを入れると、貝から出汁が出てより美味しくなります。彩りが鮮やかで食欲を増進させてくれる料理で、日本では家庭で作る人もいます。

有名なパスタのイタリア料理の名前5選

有名なパスタのイタリア料理の名前①ボロネーゼ

イタリア料理の有名なパスタのひとつ「ボロネーゼ」。正式名称は、「ラグー・アラ・ボロネーゼ」といい、香味野菜をオリーブオイルで炒め、赤ワインとトマトの水煮で煮るパスタソースです。

ミートソースとは使っている具材は同じなのですが、麺の種類が違います。ボロネーゼでは、「タリアテッレ」という平打ち面を使用します。イタリア都市ボローニャが発祥の地なので、「ボローニャ風の」という単語の「ボロネーゼ」が料理の名前になりました。

有名なパスタのイタリア料理の名前②ジェノベーゼ

イタリア料理の有名なパスタのひとつ「ジェノベーゼ」。バジルの葉、松の実、にんにく、オリーブオイルを混ぜて作る緑色のパスタソースのことです。

「ジェノベーゼ」の名前の意味は「ジェノバの」です。これはイタリアのジェノバ地方で生まれたことからこの名前がつきました。ジェノベーゼはパスタだけではなく、ガーリックトーストなどにジェノベーゼのソースをかけても絶品です。

有名なパスタのイタリア料理の名前③カルボナーラ

イタリア料理の有名なパスタのひとつ「カルボナーラ」。日本でもお馴染みで、パスタの中でも人気の高いパスタです。ベーコン、チーズ、生クリーム、卵などを使って作ったソースのことをさします。日本とイタリアでは多少作り方が異なります。日本では生クリームを使用しますが、イタリアでは使用しません。

そのため、イタリアで食べるカルボナーラの方が濃厚でしょう。「カルボナーラ」を日本語に直訳すると「炭焼きのパスタ」です。これは使用している胡椒が「炭」や「石炭」に似ていることから、イタリア語でそれらを意味する「カルボーネ」に由来すると言われています。

有名なパスタのイタリア料理の名前④アラビアータ

イタリア料理の有名なパスタのひとつ「アラビアータ」。唐辛子やにんにくなどが入った辛いトマトソースのパスタです。「アラビアータ」には、唐辛子を使用しスパイシーにしたものという意味があります。

イタリア語では「怒り」という意味があります。これはソースがあまりにも辛く顔が怒っているように赤くなることからこの「アラビアータ」という名前がつけられました。パスタだけではなく、鶏肉を煮込んだりなどいろいろな使い道があるソースです。お酒との相性もバッチリです。

有名なパスタのイタリア料理の名前⑤ペスカトーレ

イタリア料理の有名なパスタのひとつ「ペスカトーレ」。魚介類をふんだんにしようしたパスタのことです。作り方はいたってシンプル。トマトと魚介類の旨味とガーリック味が癖になりますよ。隠し味にアンチョビをいれても美味しいです。

「ペスカトーレ」は、日本語で「漁師風」という意味があります。その昔、漁師が余った魚やそのあらをトマトソースで煮込んだことがこの名前の由来となっています。

イタリアの美味しい肉料理の名前5選

イタリアの美味しい肉料理の名前①ポルケッタ

イタリアの美味しい肉料理のひとつ「ポルケッタ」。ヴェネツィアの名物料理です。いわゆるローストポークなのですが、豚ばら肉の中に詰め物をして、にんにくやローズマリー、ハーブなどで味付けをしてローストした食べ物です。

そのまま食べても美味しいですが、パンなどにはさんでサンドウィッチとして食べても美味しいです。豪快な料理なのでかつては特別なときのご馳走として食されていましたが、今では惣菜屋さんで売られています。

イタリアの美味しい肉料理の名前②ディアーヴォラ

イタリアの美味しい肉料理のひとつ「ディアーヴォラ」。鶏皮はパリッと香ばしく、お肉はジューシーなスパイシー鶏肉料理です。「ディアーヴォラ」は元々は調理法の名前で、魚や牛肉にも応用されます。

「ディアーヴォラ」の名前の意味は「悪魔風」で、鶏肉を開いた形がマントを広げた悪魔のように見えることから名付けられました。また、赤く燃え上がるように調理し、スパイシーな調味料を使用することからも「ディアーヴォラ」という名前がついたと言われています。

イタリアの美味しい肉料理の名前③サルティンボッカ

イタリアの美味しい肉料理のひとつ「サルティンボッカ」。子牛肉を薄切りしして、その上にハムの薄切りをのせバターでソテーしたものです。ローマを代表する肉料理ですが、スイスやイタリア、スペインでもポピュラーな料理のひとつです。

「サルティンボッカ」という名前は、直訳すると「口に飛び込む」という意味で、あまりの美味しさからそう名付けられたと言われています。調理方法はいたってシンプルなので、家庭でも簡単に作ることができます。

イタリアの美味しい肉料理の名前④オッソブーコ

イタリアの美味しい肉料理のひとつ「オッソブーコ」。骨後と輪切りにした講師のすね肉に小麦粉をつけて炒め、白ワインで煮込んだ料理です。イタリアの煮込み料理といったら「オッソブーコ」というくらいポピュラーなイタリア料理です。

「オッソブーコ」の名前は、直訳すると「穴の空いた骨」です。これは、調理中に骨の中央に穴ができることから「オッソブーコ」と名付けられました。リゾットが添えられることが多い料理です。

イタリアの美味しい肉料理の名前⑤インヴォルティーニ

イタリアの美味しい肉料理のひとつ「インヴォルティーニ」。イタリアの地方によっては調理法も使う食材も異なる料理です。肉類を使用しトマトソースで煮込んだり、魚を使用しパン粉をつけて焼く地方もあります。

「インヴォルティーニ」を直訳すると「包んだ」「巻いた」の意味になります。日本でお馴染みのロールキャベツもインヴォルティーニのひとつです。付け合わせにチンゲン菜のソテーやトマトを添えると色鮮やかになりますよ。

イタリア料理の美味しい食べ物を知ろう!

レストラン

イタリア料理の有名な前菜やパスタ、肉料理から、用語まで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?用語は知っておくとデートでイタリアンを食べに行った際にきっと役に立ちますよ。日本でも馴染みのある料理が多いイタリア料理ですが、これを機会にイタリア料理通になってみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。