Large thumb shutterstock 551637001

一重向けのマツエクの種類やタレ目・丸目・切れ目に似合うデザインは?

更新:2019.06.21

マツエクをしている女性、増えてきていますよね!今回はそんなマツエクのデザインをタレ目や丸目、切れ目別に似合うものをご紹介します。またナチュラルやキュートセクシーなどと与えた印象別や、一重まぶたの方にオススメなマツエクのデザインも併せてご紹介しますよ!

【目の形別】似合う自然なマツエクのデザイン5選

タレ目に似合うマツエクのデザイン

初めてマツエクをつける方で心配なのは、自分にマツエクが似合うのかどうかという点だと思います。でも大丈夫!自分の目の形を把握しておけば、自分にぴったりなマツエクデザインを知ることができます。鏡をよく見て自分の目の形がどのようなものか把握してみましょう!

それでは、目の形別に合うマツエクのデザインについてご紹介致します。まずはタレ目の目の形をした方からです。マツエクでタレ目に見せようとする方は多いのですが、もともとタレ目の方は自分のタレ目のデザインを活かすマツエクデザインがおすすめです。Cカールを目の中央から目尻まであまり長さを変えないデザインです。

タレ目さんは目尻だけ長めにしてしまうとかえって不自然になってしまうので、目の中央から目尻までを1ミリくらいの差で埋めていきましょう。また、長さもあまり長いものはタレ目さんにおすすめしません。タレ目さんは11ミリくらいが一番ちょうどいいかと思います。

丸目に似合うマツエクのデザイン

丸目って羨ましがられますよね。目が丸い形をしていると、目がクリクリとした可愛らしい印象を与えやすくなります。そんな丸目の方は自分の目の形を活かすならば、中央長めで両サイド短めのデザインがおすすめです。こうすることで自分の丸目をさらに強調することができます。

ただ、自分は丸目であることをあまり強調したくない。とお考えならば、全て同じ長さで統一するか、目頭から目尻までを同じ長さにして、目尻だけ2ミリほど長めのデザインにするとナチュラルであまり丸目だと分かりにくいマツエクデザインになるかと思います。

カール感はSCやCC、Dカールといったキツめのものでも比較的丸目の方は似合うかと思います。もちろんそれよりも緩いCカールでも丸目の方ならお似合いだと思います。

【目の形別】似合う自然なマツエクのデザイン5選

切れ目に似合うマツエクのデザイン

次にご紹介する目の形別に似合うマツエクデザインは切れ目をお持ちの方に似合うマツエクのデザインです。切れ目はクールな印象を与えがちです。そんな切れ目を最大限に活かしたいとお考えの場合は、Jカールで長めのマツエクを目尻に置いたデザインがおすすめです。

切れ目は目頭から目尻にかけては同じ長さが良いでしょう。またあまり太すぎないマツエクを多めの本数でつけることによって不自然さを感じさせないナチュラルな目に仕上げることができますよ。そうすることで、本来の切れ目の形を最大限まで活かすことが可能です。カール感は抑え目の方がこの場合良いでしょう。

もしも、切れ目の印象を変えたいとお考えならば、全体的に長さのある派手めなデザインがおすすめです。後ほどご紹介致しますが、ゴージャスというタイプに属するデザインが良いと思います。そうすることによって目全体にボリュームが出て切れ目の印象を消す効果が期待できます。

アーモンドの目の形に似合うデザイン

続いてご紹介する目の形別に似合うマツエクのデザインは、アーモンドの目の形に似合うマツエクデザインです。アーモンド形の目はその形ゆえエキゾチックで印象的な目ですよね。そんなアーモンド形の目には、目頭から目尻まで順に長くなっているナチュラルなデザインがおすすめです。

長さは長め、太さも太めにすることでよりアーモンド形の目を強調することができます。アーモンド形の目の方はもともと目が派手めの方が多いので、長さや本数でボリュームを出したとしても不自然な印象を持たれる心配があまりありません。自分の好みに合ったデザインを楽しむこともできます。

ただ、アーモンド形の目の形を活かすのならば、カール感はあまり強すぎない方が良いかと思います。Cカールならまだ大丈夫ですが、SCやCCなどと言った強めのカール感は派手派手しくなってしまうので、アーモンド形の目の方はJカールのように落ち着いたカール感がおすすめです。

一重に似合うマツエクのデザイン

続いてご紹介する目の形別に似合うマツエクデザインは、一重の方におすすめなマツエクデザインです。一重の方は瞼が重くてキツい印象を与えがちです。そのことに悩まれてマツエクを決意した方も多いのではないでしょうか?一重の方はまつ毛の根元が瞼に隠れがちです。

なので、Jカールのようにカール感が自まつ毛と同じようなものよりも、CカールあるいはCC、SCカールのようにカール感がハッキリしているものを使用したデザインの方が目を強調させることができます。おすすめなのは、目の中央から目尻を長めの長さにすることです。

そうすることによって、目全体が大きく見えるようになり、キツめに見られがちな一重の印象を払拭する効果がありますよ。また、目の中央だけ長めにするデザインも、目を丸目に見せてくれるので、一重の方が求める目のデザインになるべく近くなるかとは思います。

与えたい印象別のおすすめのマツエクのデザインは?

与えたい印象別のおすすめのマツエクのデザイン:ナチュラル(自然)

それでは続いて、与えたい印象別のおすすめマツエクデザインについて見て行きましょう。先ほどまでは、ご自身の目の形(タレ目、丸目、切れ目)などに合ったマツエクデザインをご紹介してきました。でもどんな印象を周りの人に与えたいかによってマツエクのデザインは変わってきますよね!

まずはナチュラルな印象を与えるマツエクデザインです。マツエク初心者の人もとりあえずこのナチュラルのオーダーから始める事かと思います。ナチュラルの場合は、カール感はビューラーを当てたくらいのCカール。長さは長すぎない11cm程をおすすめします。また、太さは0.1ミリと自まつ毛くらいのものがよいでしょう

そして重要なのは、デザインです。ナチュラルな印象を与えたい場合は、目がしらと目の中央を同じ長さにして、目尻だけ少し長めにすると良いです。ただ、少し長めなので目尻と他の場所のまつ毛の長さは1ミリくらいの違いがいいでしょう。こうすることで自まつ毛と同じような生え方になってナチュラルな印象になります。

与えたい印象別のおすすめのマツエクのデザイン:キュート

続いてご紹介する、なりたい目の印象別のおすすめマツエクデザインはキュートです。こちらは名前の様に可愛らしく、まんまるとした目の印象を与えたい方におすすめなマツエクデザインです。おすすめのカール感はカールがキツめのCCカールやSCカール、Dカールです。ビューラーよりもきつくカールするのが特徴的です。

太さは0.15ミリがおすすめです。0.15ミリはだいたい自まつ毛にマスカラを一度塗りしたくらいの太さなので少しお化粧している感が出る太さになります。そして、長さは10ミリから12ミリくらいを使用する事をおすすめします。サロンによって長さは差がでる場合もあるので実際に目に当ててもらうと良いでしょう。

そしてこのキュートなマツエクデザインで一番重要なのは長さの変化です。キュートデザインは目の中央、黒目の上部分だけ長めにするデザインになります。こうすることで黒目が強調されて可愛らしい印象になるのです。中央を一番長くして、両サイドはそこから段々短くしていくとナチュラルにキュートデザインになります。

与えたい印象別のおすすめのマツエクのデザイン:セクシー(目尻ポイント)

続いてご紹介する与えたい印象別におすすめなマツエクデザインは、セクシーデザインです。このマツエクデザインにすることによって色気のある大人っぽくセクシーな印象の目元になることができます。目元は色気を出すのにとても効果的な部位です、よく「流し目」なんて言ったりしますよね!マツエクで簡単に叶えましょう。

おすすめのカール感はJカールです。Jカールというのは自まつ毛と同じくらいの比較的弱めなカール感のことを指します。太さは0.15ミリか0.2ミリくらいが良いでしょう。0.2ミリはだいたいマスカラ二度塗りくらいの太さです。そして長さは13ミリ以上を使用する事をおすすめします。

セクシーデザインの場合は目尻だけ長めにするデザインになります。そうすることで流し目がちな色っぽい目元を演出することができます。また、セクシーデザインの場合は本数も少し多めにしてその多い分を目尻に足してもらうとよりセクシーさを印象付けられることでしょう。

一重にも合うマツエクのデザインは?

一重にも合うマツエクのデザイン:カール感は強め

それでは続いて一重の方にも合うマツエクのデザインについてご紹介していきます。この記事をご覧の方の中には一重まぶたの方も多いでしょう。一重まぶたの方は瞼が重く目にかぶさる事によってキツめの印象を与えてしまいがちです。一重まぶたの方はパッチリとした印象的な目を求めている方が多い事かと思います。

マツエクをすることによってそのマツエクデザインによって目の印象は操作することができますし、まつ毛を長く太く濃くすることが可能なので目を大きく見せることもできます。まず一重まぶたの方におすすめなのはカール感がキツめのマツエクデザインです。該当するのはCカールかCC、SC、Dカールです。

一重まぶたの方はまつ毛の根元が瞼に埋もれがちなことが多いのでJカールの様にナチュラルなカール感にしても印象がさほど変わらないのです。そこで強めのカール感にすることで重たい瞼を払しょくできる印象を与えられるのです。CC、SC、Dカールはサロンによって名称が違うので注意しましょう。

一重にも合うマツエクのデザイン:長さが長めのデザイン

続いてご紹介する一重まぶたの方におすすめなマツエクのデザインは比較的長さが長めのデザインです、二重の方に比べて一重の方は瞼が目に覆いかぶさっているので目のサイズが小さくなってしまいます。そこで長めのマツエクデザインにして、まつ毛を利用して全体的な目の大きさを大きく見せることがおすすめです。

マツエクにおいて長めなデザインと言うのは、だいたい12ミリ以上を指すかと思われます。全て長くするとつけまつげの様な不自然な印象を与えてしまうので、長いのは目の中央や目尻といった一部分だけにする事をお勧めします。特に、目の中央を長めにすると、目全体が大きく見える錯覚の効果が期待できますよ!

また、余談ですがマツエクデザインにおいて重要なのは本数です。初心者の方は80本。通常は100本。派手めにしたければ120本となりますが、120本でも太さを一番細いものにすれば比較的ナチュラルになりますし、80本でも太さを0.2ミリのように太くすると派手な印象になります。マツエクのデザインは無限大です

マツエクが似合わない顔の特徴は?

マツエクが似合わない顔の特徴:もともとまつ毛が多い・長い

それでは続いてマツエクが似合わない顔の人の特徴についてご説明致します。マツエクしたいと思っていらっしゃる方でもこの項目に当てはまる場合は、もしかするとマツエクが似合わず、お金の無駄になってしまうかもしれないのでよく注意してみてください。まず最初はもともとまつ毛が多い、あるいは長い方です。

まつ毛がもともと多かったり、長かったりすると似合わないというよりもマツエクをしている意味が無くなってしまうんですね。マツエクと言うのはもともとまつ毛が無かったり細かったりする方が、ナチュラルに自分のまつ毛を増やすために考案されたものなのです。なのでもともとまつ毛が長く多いとマツエクの意味がありません

ですから、比較的まつ毛が多くて長い欧米の方はあまりマツエクしている方を見かけませんよね。こんなにもマツエクが流行しているのは日本くらいで、アメリカ発祥ではあるもののアメリカ人はもともと豊かなまつ毛を持っているため、マツエクをする必要性を感じないのだそうです。

マツエクが似合わない顔の特徴:派手顔

続いてご紹介するマツエクが似合わない顔の特徴は「派手顔」です。芸能界でいうと代表例は女優の菜々緒さんなどがあげられるかと思います。菜々緒さんというと大きく印象的な目元に引き締まった唇、高く通った鼻筋とTHE派手顔といった女性ですよね。それでは何故派手顔の女性はマツエクが似合わないのかご説明します。

派手顔の女性の特徴のほとんどが大きな目元です。たいてい派手顔の女性は目が二重で大きく、まつ毛も長く濃いことが挙げられます。また顔が小さいので顔の中で目が陣取る面積が大きく、余計に目が強調されがちかと思われます。そのような派手顔の女性がマツエクをしてまつ毛を増やすと印象が強すぎになってしまうのです。

派手顔の女性がまつ毛を増やして目を強調するマツエクをした場合、簡単に説明すると宝塚のような舞台メイクの不自然な印象になってしまうのです。なので派手顔の女性はマツエクがあまりに合わないと言えるのです。

あなたもマツエクで魅力的な目を手に入れよう

いかがだったでしょうか?日本ではかなりマツエクが浸透していますが、実際にマツエクを装着している女性はごくわずかだと思われます。マツエクはつけまつげよりもナチュラルに自分の目をなりたい目や与えたい印象ごとに操作することができます。また、何よりも化粧がかなり楽になります。

マツエクによってビューラー、マスカラというメイクの中で一番時間のかかる部位をする必要がなくなるため、朝の忙しい時間に余裕を持つことができます。筆者もかれこれ4年ほどマツエクをしていますが本当にお化粧が楽になります。費用はかかりますが、ビューラーよりまつ毛に与える負担は少ないのでおすすめです。

以下の記事ではマツエクだけでなくメイクについての気になることをピックアップしているので、気になる方は参考にしてみてください!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。