実は難しい眉毛のメイク。似合う眉毛が分からずいつも同じように描いてしまいますね。実は本当に似合う眉毛は、顔の形や目の形によって変わってくるのです。顔の形別の似合う眉毛、目の形別の似合う眉毛を紹介していきます。また髪色に合わせた色選びも大切です。ポイントを押さえて美眉を手に入れましょう!

INDEX

  • 【顔型別】似合う眉毛(美眉)の形と書き方5選
  • 【目の形別】自分に似合う眉毛(美眉)の形と書き方3選
  • 他にもある美眉のポイント!顔型や目の形関係なく試してみて!
  • 自分に似合う眉毛の色の選び方は?
  • 自分に似合う眉毛の形・色・メイクを診断できるアプリは?
  • 眉毛がない人が自分に似合う眉毛を書くコツは?
  • 似合う眉毛を手に入れてメイクを楽しもう!

【顔型別】似合う眉毛(美眉)の形と書き方5選

丸顔

丸顔の方は、顔の長さの縦横比率が2:3となっているのが特徴です。また頬にふんわりとした丸みがあり、角ばったところがないので、可愛らしい印象を与える顔型といえるでしょう。ふっくらとしたフェイスラインで女性らしさを活かした、全体に温かみのあるメイクが似合います。

丸顔の方は基本的に可愛らしいメイクが似合うので、眉毛の形も可愛い形で整えることをおすすめします。ふんわりしたフェイスラインに合わせて、眉毛の形もふんわりアーチを描くようにすると全体の印象を可愛くまとめてくれますよ。また、少し太めの眉毛でも浮くことはありませんので、流行の太眉も挑戦してみてくださいね。

面長

面長な方は、顔型の縦横比率が3:2となっているのが特徴です。また頬に丸みがあまりなく、シャープなシルエットの顔型です。目の下、鼻の下の距離が比較的に長めの方が多いということもあり、全体的に落ち着いた大人の印象となります。サッパリ爽やかさを演出したメイクがしっくりくる顔立ちになります。

そんな面長な顔型の方に似合うと言われているのが、直線平行眉です。横にしっかりと眉毛のラインを見せることで、縦横の比率を意識させないメイクに。高さのメリハリをつけすぎないのが美眉のポイントとなります。太さも太すぎず、少し細めにすればよりシャープに。直線平行眉で大人のクールな印象を活かしましょう!

卵型

卵型は、縦横の長さの比率が1:1になる顔型で、卵のような曲線が特徴です。頬やフェイスラインに角ばったところがなく、理想的な顔型とも言われます。メイクの印象で幼くも大人っぽくも見せることが出来るので、メイクの要である眉毛を美眉に整えることが重要になってきます。

一般的には卵型の方に似合う眉毛の形は、眉尻に向かってほんの少しナナメ上に角度をつけた直線の眉毛です。どんな印象のメイクにしたいかで、太さと整えるとなおグッドです。ここ数年トレンドの太めの眉もばっちり決まりますし、細眉ならスッキリとした美人顔になります。自分に似合うメイクを探しておくと良いですね。

ベース型

ベース型の顔型は全体的に直線の印象が強く、またエラが張っているのが特徴です。丸さがあまりないためマニッシュな印象の眉毛やメイクが似合います。ベ-ス型というとマイナスイメージをもたれることもありますが全体に丸みが無いのでクールでカッコいい雰囲気になりますし、大人の女性らしさを表現することも可能ですよ。

ベース型の顔型を活かした眉毛の形といえば、もちろんへの字まゆです。眉頭からゆるやかな角度で上昇させ眉尻でしっかりと下げることで、眉毛の形をはっきりと見せつつ、エラが目立たないようなスタイルとなります。への字まゆはバランスが難しいので、フェイスラインを見ながら、似合うバランスを見つけてください。

逆三角形

逆三角形の顔型の方は、アゴのラインがシャープでとがっているのが特徴です。小顔のイメージになりますが、眉毛のバランスを間違えると強めのイメージになってしまうこともあります。丸みを見せて女性らしさを強調するのではなく、小顔効果に眉毛のゆるやかさをプラスして、優しいイメージを作り出すのがおすすめです。

ゆるやかな眉毛というのは眉尻に向かってふんわりと緩く、細くしていくイメージで描くと良いでしょう。太眉にせず、細めの眉毛で整えることで、あごの角度を強く見せないようにすることをおすすめします。眉毛のバランスで、大人可愛いが実現できる顔型といえます。

ダイヤモンド型

頬骨が高くなっていて、アゴがシャープな顔型をダイヤモンド型といいます。頬骨の印象が強くなりがちなので笑顔で元気なイメージが強くなりますが、フェイスラインのシャープさで美人顔メイクもばっちり似合う顔型と言えるでしょう。眉毛は似合うメイクを仕上げる為にちぐはぐにならないようにしましょう。