Large thumb noimage

コストコ牛タンの詳細について!ブロックとスライスのコスパ比較も!

更新:2020.09.11

独特の食感が人気の「牛タン」ですが、なかには「スーパーで少量しか売られていなくて困った」という方も多いことでしょう。実はコストコには、大容量で安い牛タンが販売されているのです。今回は、コストコの牛タンを紹介します。食べ方もまとめていますので、ぜひご覧ください。

コストコで買える美味しい牛タン一覧

①USAビーフ カワムキタンブロック

1つ目は「USAビーフ カワムキタンブロック」です。コスパと食べ応えが人気のブロックタイプの牛タンとなっています。食べ方や好みの厚さに合わせて、切り方を調節できる点が最大の特徴です。サシが入っており、脂っぽさや臭みが控えめであり、上品でさっぱりとした旨味が、多くのコストコファンを虜にしています。

100グラムあたり389円という値段の安さも注目すべきポイントです。タン元を薄切りにして焼肉にするだけでなく、タン先をタンシチューにするのも美味しいですよ。様々な食べ方に挑戦したい方はもちろん「美味しいタンを大量に食べたい」という方におすすめのタンブロックです。

「USAビーフ カワムキタンブロック」の詳細

参考価格 100gあたり389円
内容量 1kg前後

②USAビーフ タン厚切りスライス 焼肉用

2つ目は「USAビーフ タン厚切りスライス 焼肉用」です。カワムキタンブロックと同じく、コストコで人気の「USAビーフ」シリーズの1つとなっています。100グラムあたりの値段が498円と安いため、コスパを重視したい方にはぴったりのスライスタンです。

1パック当たりの量が839グラムと、スーパーで販売されている薄切りタンに比べて大量である点も注目すべきポイントです。ブロックタイプのように、自分で厚さを調節する必要がなく、下処理や血抜きもされています。「もっと手軽にスライスタンを食べたい」という時におすすめの商品です。

「USAビーフ タン厚切りスライス 焼肉用」の詳細

参考価格 4,103円
内容量 839g

コストコには、牛タン以外にも、焼肉などの料理にぴったりな牛肉がたくさん販売されています。関連記事では、コストコで買える最強コスパの牛肉についてまとめた記事を掲載していますので、ぜひこちらもご覧ください。

コストコの牛タンはブロックとスライスのどっちがコスパが良い?

①様々な料理に活用するならブロック

ブロックの牛肉

タンブロックは、自由に厚さを調節できることから、様々な料理に活用したい方におすすめです。分厚く切ることで、タンの特徴的な弾力を楽しめるうえ、薄切りにすることで、焼肉やピザの具材としても使えます。1kg前後の量で値段が安いため、パーティーやBBQなどで、大量の牛タンが必要な時におすすめです。

厚さや食べ方の自由度が高い反面、一本に筋などがまるごと入っているため、筋切りや血抜きなどの下処理が必要です。そのため、より手軽さを重視したい方にとっては、コスパが悪く感じる場合もあります。

②手軽さを重視するならスライス

薄切りタイプのタンは、安い値段であるうえ、コストコ側で血抜きや筋切りなどの下処理が施されています。そのため、すぐに焼いて食べられる点が最大の特徴です。そのため、焼肉やピザ用具材などをはじめ「少量あれば十分」というシーンには、コスパが良いといえるでしょう。

その反面、すでに薄切りにカットされていることから、タンブロックに比べて用途が狭い傾向にある点は注意しましょう。タンを使った料理を大量に作りたい場合は、コスパが悪く感じることもあります。

コストコのブロック牛タンの正しい切り方とは?

①裏側の筋を切る

ナイフと牛肉

1つ目の切り方が「裏側の筋を切る」です。タンの裏側には、V字になるように大きな白い筋が入っています。こちらの筋は硬く、歯触りも良くないため、包丁でそぎ落とすような切り方をするのがポイントです。筋の部分は、煮込み料理やスープの具材などの食べ方ができますよ。

②赤身を半冷凍にしてカットする

冷蔵庫を見る女性

2つ目の切り方が「赤身を半冷凍してカットする」です。筋を取った後の赤身は、ラップなどをしっかり巻いて、できるだけ早く冷凍庫へ入れましょう。柔らかい状態の時よりも、半冷凍状態の方が包丁の通りが良く、厚さ調節がしやすくなります。

休ませる時間は3時間程度が目安ですが、タンの状態を確認しながら、時間を調節しましょう。軽いシャーベット状態になったら取り出し、タン先とタン元でカットします。その後、自分の好きな厚さにスライスしていきましょう。

③網目状に切りこみを入れておく

細かな切り込みが入った牛肉

3つ目の切り方は「網目状に切りこみを入れる」です。好みの厚さにカットしたら、タンの表面に軽く包丁をすべらせるように切り込みを入れます。網目状の切り込みによって、火の通りが良くなりますよ!特にグラム数の大きいタンブロックを扱う時に、大変便利な切り方です。

コストコの牛タンの下処理方法とは?

①水で血抜きをする

たくさんの牛肉

1つ目の下処理方法が「水で血抜きをする」です。生のタンをそのまま調理してしまうと、内部に溜まった血で生臭くなり、旨味がダウンしてしまう可能性があります。そのため、カットの前か後には、必ず以下の方法で血抜きをしましょう。血の色は少しずつ薄くなるため、水の赤みを確認しながら血抜きをすることが大切です。

タンの血抜き方法

  1. タン全体を流水で軽く水洗いする。
  2. タン全体が隠れるくらいのボウルに水を入れ、全体が入るようにタンを浸す。
  3. 1時間程度タンを浸し、水全体が赤くなってきたら水を取り換える。
  4. この手順を4~5回程度くり返し、水の赤みがほとんどなくなってきたら、ボウルから取り出す。
  5. キッチンペーパーで水気を拭き取ったら完了。

②塩水に浸す

血抜きした牛肉

2つ目の下処理方法が「塩水に浸す」です。生のタンを塩水に浸すことで、タンの生臭さを落とすだけでなく、ほどよい塩味が付くとされています。また、タンに含まれる脂分もほどよく抜けるといわれているため、さっぱりとした風味でタンを食べたい時にもおすすめですよ。

タンの臭みを取る時には、水200ccに対して6グラム程度の塩を入れるのが一般的とされています。休ませる時間については、薄切りで1時間、厚切りで2時間とされており、タンの厚さや切り方によって異なりますので注意しましょう。

コストコの牛タンを使った美味しい食べ方レシピ一覧

①牛タンのバター醤油炒め

1つ目は「牛タンのバター醤油炒め」です。250グラムという少量のタンで作れることから、コスパが良く、いつでも大量に作れる点が魅力といえます。濃厚なバター醤油の香りはタンとの相性が良く、夕飯のおかずやおつまみにしても美味しいですよ!

今回のレシピでは厚切りタンを使用していますが、薄切りを使うことで、より軽い歯触りが楽しめます。「何かもう一品欲しい」という時にぴったりな食べ方です。

材料

  • 厚切り牛タン…250g
  • かいわれ…1パック
  • にんにく…1欠片
  • 塩・黒コショウ…少々
  • サラダ油…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1.5
  • バター…100g

作り方

  1. 牛タンは全体に塩を振って揉み込んでおく。
  2. かいわれは根元を切り落して、2等分しておく。
  3. フライパンにサラダ油を入れて熱し、にんにくを加えて炒めたら、牛タンを加え、タンの色が変わるまで焼く。
  4. しょうゆ・黒コショウ・バターを加えて炒め合わせたら、かいわれを盛り付けた器に入れて完成。

②牛タンのネギ塩レモン炒め

2つ目は「牛タンのネギ塩レモン炒め」です。材料の値段も安く、少ないグラム数のタンで再現できる、コスパの良いレシピとなっています。肉特有の脂っぽさをおさえ、さっぱりとした風味で食べられる点が魅力的です。

お酒との相性も良いため、ビールなどのおつまみにもおすすめの食べ方といえます。ぜひ様々な厚さにスライスしたタンで作ってみましょう。

材料

  • スライス牛タン…10枚
  • ねぎ…1本
  • もやし…1袋
  • 塩・コショウ…少々
  • サラダ油…大さじ1/2
  • ★酒…大さじ1
  • ★塩…小さじ1/2
  • ★コショウ・おろしにんにく…少々
  • ★レモン汁・ごま油…大さじ

作り方

  1. ネギを半分に切ったら、半分は斜めにカットし、残り半分はみじん切りにしておく。
  2. ボウルにみじん切りしたねぎと★の材料を加えて混ぜ合せ、レモンだれを作る。
  3. フライパンはサラダ油を入れて熱しておき、もやし・ねぎをしんなりするまで中火で炒める。
  4. フライパンに牛タンを加え、タンに火が通るまで焼いたら、塩・コショウで味を調える。
  5. フライパンにボウルで混ぜ合わせたレモンだれを加え、混ぜ合わせたら完成。

③薄切りタンのビーフシチュー

3つ目は「薄切りタンのビーフシチュー」です。カット済みのタンをふんだんに使った、定番のアレンジレシピとなっています。タンならではの柔らかい食感を活かした食べ方であるうえ、材料の値段も安く抑えているため、夕飯のおかずにもおすすめです。

また、レシピでは薄切りタンを使用していますが、好みに合わせてタンの切り方をアレンジするのも良いでしょう。タンのグラム数を調節すれば、よりコクのあるシチューが作れますよ!コスパが良いうえ、子どもから大人まで幅広い年代から人気の食べ方です。

材料

  • ビーフシチューの固形ルー…85g
  • 薄切りタン…250g
  • 黒コショウ…少々
  • 玉ねぎ…1個
  • マッシュルーム…1パック
  • ブロッコリー…1/2株
  • サラダ油…大さじ2
  • 水…500ml

作り方

  1. 牛タンは半分にカットし、黒コショウで下味をつけておく。
  2. フライパンにサラダ油を半分熱し、牛タンを炒める。ブロッコリーは小房に分けて茹でておく。
  3. 鍋に残りのサラダ油を熱し、薄切りにした玉ねぎ・マッシュルールを炒める。
  4. 鍋に水を加え、沸騰してきたら、約5分煮込む。途中で一度火を止め、ルウを入れて溶かしたら、さらに弱火で、かきまぜながら約10分煮込む。
  5. 牛タン・ブロッコリーを加え、軽く煮立たせたら完成。

コストコの美味しい牛タンを食べてみよう!

コストコには、焼き肉にぴったりなスライスタイプをはじめ、グラム数と値段のバランスが良いタンがたくさん販売されています。「美味しいタンをたくさん食べたい」という方は、ぜひ今回ご紹介した安い値段で美味しいタンを食べてみましょう!

値段が安く、独特の食感と旨みが食欲をそそる「牛タン」ですが、「付け合わせに困る」という方も少なくありません。そこで関連記事では、牛タンにぴったりの付け合わせ・おかずについてまとめた記事を掲載していますので、ぜひこちらもご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。