Large thumb shutterstock 427071115

ワンレングス(ワンレン)カタログ16選|似合う人の特徴も紹介

更新:2019.06.21

ワンレングス(ワンレン)というヘアスタイルをご存知ですか?ワンレンはクールな大人っぽさから、キュートな女の子っぽさまで出せるオールマイティーなヘアスタイル!美容院に行きたいけどヘアスタイルに悩んでいる方は是非読んでみてください。

ワンレングス(ワンレン)ってどんな髪型?

【ワンレングスとは?その1】バブル時代に流行った髪型

ワンレングスとは、バブル時代に流行っていた髪型です。バブル時代といえば、すだれのように薄い前髪や、太い眉毛、ボディコンなどを思い浮かべますよね。どれもバブルを象徴するおしゃれですが、ワンレングスも例外ではありません。当時の若い女の子は、ワンレングスの髪型を楽しんでいました。

ワンレングスがバブルの髪型となると、「ワンレンって古い!?」と感じてしまうでしょうが、ワンレングスは古い髪型ではなく、昔から愛されている髪型なのです。そのため、今でも人気があるのです。おしゃれの歴史は繰り返すとも言うので、太い眉毛や薄い前髪がまた人気が出ているように、ワンレングスも注目されています!

【ワンレングスとは?その2】表面が長いのが特徴

ワンレングスとは、表面の髪の毛の長さを長くとって、内側の髪の毛を少し短くしている髪型です。表面を長くすることで、まとまりやすい髪型になります。内側を短くしなかったら、膨張しやすくなったり自分では髪の毛を落ち着かせるのが難しくなります。そのため、表面を長くしてセルフでも完璧にできるようにするのです。

また、髪の毛が多い人にとってワンレングスは、似合わない髪型とか、まとまらない髪型というイメージがありますよね。しかし、表面を長くして、内側を短くすることで、髪の毛が多い人でも楽しむことができるようになっています。ワンレングスは髪の毛の量が多いほうが、かっこよくなりますよ!

【ワンレングスとは?その3】毛先の長さが同じなのも特徴

ワンレングスとは、毛先の長さが揃っているのも特徴の1つです。毛先の長さを揃えずに、動きをつける髪型もありますが、ワンレングスは重みを与えるため、毛先を揃えているのです。まるで定規を使って切ったかのように、揃った毛先におしゃれを感じさせるのがワンレングスですね!

ワンレングスにすると、強気な女性のイメージも出てきますが、女性のかっこいい魅力を引き出すということに繋がります。女性に憧れられている女性がしている髪型がワンレングスです!ここで、ワンレングスが似合いそうなイケメン女子の特徴についても、チェックしておきましょう!

ワンレングス(ワンレン)のメリットとは?

【ワンレングスのメリットその1】前髪が邪魔にならない

ワンレングスのメリット

ワンレングスのメリット1つめは、前髪が邪魔にならないことです。ワンレングスは基本的には前髪が長いので、おでこに前髪があたってムズムズする・・・・。なんてことがありません。また、前髪が長いことで肌の清潔さを保つことができるのも、ワンレングスのメリットでしょう!

そして、前髪は、人の印象を決める重要な部分なので、しっかりとスタイリングしないといけないのですが、ワンレングスは前髪が長いのでセットも簡単です!ワンレングスの長い前髪は男ウケも良さそうですが、ここで男ウケする前髪についてもチェックしておきましょう!

【ワンレングスのメリットその2】大人っぽくなる

ワンレングスのメリット

ワンレングスのメリット2つめは、大人っぽくなることです。ワンレングスは色気を感じさせる髪型でもあるので、大人びた雰囲気を出すことができますよね。ワンレングスにするだけで、大人美人な雰囲気を手にいれることができるでしょう。これは、ワンレングスが持つ特権でもありますよ!

しかし、ワンレングスが大人っぽい髪型なら、童顔は似合わないの?という疑問があるでしょう。確かにワンレングスは大人顔とか、美人顔の人がするとハマります。しかし、童顔でも顔の形に合っていればちゃんと似合うので、心配無用です!

【ワンレングスのメリットその3】小顔効果がある

ワンレングスのメリット

ワンレングスのメリット3つめは、小顔効果があることです。小顔効果って絶対に欲しいので、ワンレングスがますます気になってきますね。ワンレングスは、フェイスラインの髪の毛が長いため、隠したいところを隠すことができます。そのため、顔が小さく見えるようになるのです。

元から顔が小さい人は、なおさら小さくなります。そして、顔のサイズが気になっていた人は、ワンレングスにすることでコンプレックスを解消することができるでしょう。

ワンレングス(ワンレン)が似合う人の顔の形とは?

【ワンレングスに似合う顔の形その1】卵型

ワンレングスに似合う顔の形

ワンレングスに似合う顔の形1つめは、卵型です。卵型の人は、卵の形のように丸みがある顔をしています。顔の形の中でも1番理想的で、皆が憧れです。卵型の人は、基本的にはどんな髪型も似合ってしまうため、ワンレングスも当然似合うでしょう。卵型の人がワンレングスをすると非常に女性らしい雰囲気を出します。

ワンレングスは顔のコンプレックスを隠すことができるのですが、卵型の人は隠さなくてもいいので、ワンレングスにしたときは、耳にかけたり、アレンジして結んだりするのもいいでしょう!

【ワンレングスに似合う顔の形その2】丸顔

ワンレングスに似合う顔の形

ワンレングスに似合う顔の形2つめは、丸顔です。丸顔の人は、ワンレングスにすると余計に丸顔が目立つのではないかと、心配になる人もいますよね。しかし、ワンレングスは前髪の長さがあるため、縦のラインを強調してくれる特徴があります。丸顔に足りないのは縦のラインなので、ワンレングスは最適な髪型です。

丸顔の人って、とても可愛らしい雰囲気があるので、ワンレングスにすることで今まで出せなかった大人の部分を出すことができますよ!でも、どこか可愛らしさも残せるので、魅力的なワンレングスになるでしょう!他にどんな髪型が丸顔に似合うのか、関連記事を用意しているので、参考にされてくださいね!

【ワンレングスに似合う顔の形その3】ベース顔

ワンレングスに似合う顔の形

ワンレングスに似合う顔の形3つめは、ベース顔です。ベース顔の人は、エラが張っているのが特徴ですね。エラが張っていることで、骨格がしっかりしたイメージがあるでしょう。そのため、ワンレングスにすることで、エラをカバーして、女性らしさをプラスさせることができます。

ベース顔の人は、エラが張っている分、顎のラインがキレイな人が多いですよね!意外かもしれませんが、ワンレングスの片方を耳にかけて首筋やデコルテを見せるスタイルも似合うのです。ベース顔はワンレングスでコンプレックスを隠すだけではなく、活かすこともできるのです!

ワンレンロングの参考にすべきスタイル・アレンジ6選とは?

【ワンレンロングその1】ストレートスタイル

ワンレンロングの参考にしたい髪型1つめは、ストレートスタイルです。やっぱりストレートは外せないですよね。ワンレンロングの毛先が揃ったストレートヘアは、美しさも感じさせることができる髪型ですね。注意しないといけないのが、髪の毛のケアをしっかり行うことです。

ワンレンロングのストレートは、髪質が美しくないと魅力が落ちてしまいます。パサパサと乾燥していたり、痛んでいたりするワンレンロングにならないように、トリートメントなどで毎日ケアをしましょう。ストレートは特に、髪質が出る髪型なので、気を配ってください。

【ワンレンロングその2】ゴージャスな巻き髪

ワンレンロングの参考にしたい髪型2つめは、ゴージャスな巻き髪スタイルです。ロングだからこそ、しっかり巻くことで出せるゴージャス感がありますよね。少し太めのアイロンを使って、縦に内巻きになるように巻いてあげると、上手に巻くことができます。

最近は濡れ髪風が人気があるので、ワックスをしっかりつけて、濡れ髪を作ったら、より色気のある髪型になりますね!ワンレンロングに似合う雰囲気に仕上がるでしょう。ここで、ロングヘアのアレンジ方法を他にももっとチェックしておきましょう!関連記事を参考にしてください!

【ワンレンロングその3】毛先ゆる巻きスタイル

ワンレンロングの参考にしたい髪型3つめは、毛先をゆる巻きにしたスタイルです。トップから2/3ぐらいまでの長さは巻かないのですが、残りの1/3を巻いて、毛先に動きを出します。ワンレンでも今風のワンレンな感じがして、おしゃれなアレンジになっています。

ポイントは、しっかり巻きすぎないことです。毛先が色んな方向を向いたほうが可愛いので、外ハネや内巻きをランダムに作ってしまいましょう!巻いた直後に手を通して、巻きをバラつかせてあげると、かっこいい仕上がりになりますよ!

【ワンレンロングその4】ワンレンロングで外ハネ

ワンレンロングの参考にしたい髪型4つめは、ワンレンロングの外ハネスタイルです。ロングで外ハネが似合うのかな?と思うでしょうが、意外と可愛いですよ!ワンレンストレートは定番で可愛い髪型ですが、たまに飽きてくるときがありますよね。そんなときは、外ハネを使って、違うストレートスタイルを楽しみましょう!

ワンレンロングで外ハネを作るときは、ストレートアイロンが使いやすいでしょう。表面をストレートにしつつ、毛先が外ハネになるように手首を外側に返しましょう!とっても簡単にできるアレンジですし、時間もかからないのでおすすめです!

【ワンレンロングその5】ワンレンロングのグラデーション

ワンレンロングの参考にしたい髪型5つめは、ワンレンロングのグラデーションです。かなりかっこいい印象に仕上がるので、人と差をつけたいとか、よりおしゃれを磨きたい!という人は、グラデーションスタイルがいいでしょう!毛先が揃っているからこそ、グラデーションの美しさが映えますね!

グラデーションにした場合は、ストレートヘアでも、巻き髪でもどちらでも似合うので、その日の気分でアレンジしてください!グラデーションがあるだけでおしゃれなので、ファッションもシンプルに決めると良いでしょう!

【ワンレンロングその6】オールバックポニー

ワンレンロングの参考にしたい髪型6つめは、オールバックポニーです。オールバックポニーは、前髪が長いワンレンロングなら必ず似合う髪型ですね!そしてかっこよさもあるので、女性の憧れの髪型でもあります。ワンレンロングだと、ポニーテールの可愛い雰囲気は封印することができるため、大人っぽさを維持できます。

最近のアレンジヘアはふんわりしたこなれ感がポイントになっていますが、ワンレンロングのポニーテールなら、きっちり結んでしまってもかっこいいですよ!もちろん、こなれ感を出すのもおしゃれです。

ワンレンミディアムの参考にすべきスタイル・アレンジ5選とは?

【ワンレンミディアムその1】内巻きワンカール

ワンレンミディアムの参考にしたい髪型1つめは、内巻きワンカールです。ワンレンはかっこいい雰囲気が強いですが、ミディアムですと女性らしさが出るので、可愛さを楽しむこともできますよ!清潔感や、清楚感も伝わってくるのがワンレンミディアムなので、男ウケもバツグンです!

ワンレンミディアムで内巻きワンカールをするときは、ぺたんこヘアにならないように気をつけましょう。ぺたんこヘアは貧相に見えてしまいます。そのため、ストレートアイロンで内巻きワンカールを作ったら、ふんわりするように、空気を入れながらワックスで馴染ませましょう!

【ワンレンミディアムその2】ストレート外ハネ

ワンレンミディアムの参考にしたい髪型2つめは、ストレートの外ハネです。ミディアムの長さですと外ハネも自然に決まりますね!また、ワンレンミディアムは重みがあるので、外ハネが似合います。今までは、ミディアムの長さって「髪の毛がハネるのが悩み。という人もいましたが、今ではハネさせるのが可愛い髪型ですよね!

ワンレングスはバブル時代から人気があるヘアスタイルですが、ミディアムの外ハネは、今っぽさがあるので、おしゃれ感も増します!外ハネにしたときにも揃っている感じがまた、可愛くてたまらない髪型です。

【ワンレンミディアムその3】ふんわり外ハネ

ワンレンミディアムの参考にしたい髪型3つめは、ふんわり外ハネです。さきほどのストレート外ハネよりも全体的にふんわりしているのが特徴です。こなれ感がプラスされた感じがしますね!これぐらいふんわりさせると、よりワンレンミディアムが女性らしくなって、魅力的です。

ワンレンミディアムのふんわり外ハネヘアを作るときは、最初に毛先をストレートアイロンで外ハネにします。その後に、巻き髪を作るアイロンを使って、表面に動きがつく程度で軽く巻いてください。アイロンの使い方を関連記事でもチェックしておきましょう!

【ワンレンミディアムその4】巻き髪スタイル

ワンレンミディアムの参考にしたい髪型4つめは、しっかり巻いた巻き髪スタイルです。ワンレンロングの巻き髪がゴージャスなら、ワンレンミディアムの巻き髪はお嬢様風になります。大切に育てられた女性の雰囲気が出るので、男ウケも良いですよ!

ワンレンミディアムを巻くときは、表面だけをしっかり巻くようにしましょう。内側は毛先を外ハネにさせる程度で大丈夫です。全ての髪の毛を巻いてしまうと、ボリュームがアップしすぎるので注意してください。

【ワンレンミディアムその5】ワンレンミディアムの一つ結び

ワンレンミディアムの参考にしたい髪型5つめは、一つ結びです。ワンレンミディアムなら、こなれ感のある一つ結びがとてもよく似合います。くるりんぱを使ってもいいですし、編み込みを入れてもいいでしょう。トップの髪の毛を引き出して、可愛いアレンジを作りましょう!

ワンレンミディアムの一つ結びは、結んだときの揃った毛先が可愛いですね!動きをつけなくても、自然とついているクセを利用してアレンジするだけで可愛くなります。

ワンレンショートボブの参考にすべきスタイル・アレンジ5選とは?

【ワンレンショートボブその1】定番内巻きスタイル

ワンレンショートボブの参考にしたい髪型1つめは、定番の内巻きスタイルです。ワンレンショートボブといったら、このアレンジは欠かせないですよね。毎日同じアレンジにする必要はありませんが、この定番アレンジは、かなりおしゃれなので、覚えておきましょう。

少し太めのアイロンを使って、毛先を内巻きにするだけで完成します。表面も軽く巻いてあげると、動きがでますね。横から見たときや、後ろから見たときに、毛先がしっかり揃っているのが可愛いので、巻くときは同じ力で巻いていきましょう!

【ワンレンショートボブその2】おしゃれな外ハネ

ワンレンショートボブの参考にしたい髪型2つめは、外ハネスタイルです。ワンレンショートボブだからこそ出せるおしゃれ感が外ハネにはありますよね!ロングもミディアムも外ハネにすると素敵ですが、ショートボブの外ハネは、かなりおしゃれになることができます。

ヘアカラーをアッシュ系にすれば、よりおしゃれな雰囲気を出すことができるでしょう。ストレートアイロンを使って外ハネを作るだけなので、アレンジは簡単です。

【ワンレンショートボブその3】パーマ風

ワンレンショートボブの参考にしたい髪型3つめは、パーマ風の巻き髪スタイルです。ゆる巻きではなく、しっかり巻いたほうが可愛くなります。ちょっと無造作感があったほうが今風になるので、丁寧に巻きつつも、揃いすぎないようにしたほうがいいでしょう!

毛先は、外ハネを一度作ってから表面を巻くと、上手なワンレンショートボブのパーマ風アレンジになります!髪色が明るいほうが似合うアレンジですね!ショートボブのアレンジを紹介している記事も参考にしてください!

【ワンレンショートボブその4】インナーカラー

ワンレンショートボブの参考にしたい髪型4つめは、インナーカラーです。インナーカラーはどの長さでも入れていいのですが、ショートボブにいれるのが1番おしゃれになります。サラサラのワンレンショートボブにインナーカラーを入れると、動くたびにカラーがチラっと見えるので、可愛いですよ!

ワンレンショートボブで、ギリギリ結べる長さなら、インナーカラーをしたまま一つ結びにするのもおしゃれです。個性的な髪型ですが、そこが真似したくなるポイントですね!

【ワンレンショートボブその5】前髪アレンジ

ワンレンショートボブの参考にしたい髪型5つ目は、前髪アレンジです。ワンレンショートボブは、どうしてもかっこいいアレンジばかりになりがちなので、長い前髪を使って可愛いアレンジも取り入れましょう。前髪をネジって上にあげて、ピンで留めるだけの非常に簡単な髪型です。

前髪をアレンジすると一気に雰囲気が変わるので、ギャップを楽しむことができますね。周りの人もギャップにビックリするでしょう。ワンレンショートボブでも、たまには女の子らしい可愛さを全面に出していきましょう!

おしゃれなワンレングスを真似しよう!

ワンレングスについて紹介しましたが、いかがでしたか?ワンレングスへの憧れが高まったでしょうか?顔の形のコンプレックスを隠してくれるワンレングスは、是非してみたい髪型ですよね!ロングでもミディアムでもショートボブでも、おしゃれ感満載なので、思い切ってワンレンスタイルにしてみましょう!

ワンレングスにしたときは、長さ別に参考にしたい髪型も紹介しているので、是非真似してみてくださいね。おしゃれの最先端を行く人になれるでしょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。