INDEX

ひまし油と重曹を混ぜた「カソーダ」とは?

カソーダはアメリカで開発

アメリカで研究

カソーダはアメリカで開発され、肌の凸凹をつるつる滑らかにしてくれる商品として、爆発的な人気を呼んだ商品です。値段も安く、気になる肌の凸凹がなくなるという素晴らしい商品ですが、使い方を間違えてしまうと大変な商品でもあります。

心霊治療家で有名なエドガー・ケーシーがひまし油を使った健康法を提唱していたことから開発されたとされるカソーダは、医薬品ではないことから、誰でも使える商品ではありません。効果が期待される一方、リスクも大きいと考えられます。

ひまし油とは?

Amazonで商品の詳細を見る

ひまし油とは、トウゴマの種子から抽出した植物油です。実はトウゴマは毒性の強い植物ですが、なぜか抽出した油は人畜無害という大変不思議な植物です。日本では下剤として使われることで有名ですが、近年美容面でも効果があるということで、人気のある植物油になっています。

ひまし油の用途
  • シミを薄くする
  • 肌の保湿
  • ニキビ肌の改善
  • 皮膚の炎症を鎮める効果
  • イボの除去
  • 肉割れや妊娠線の改善

重曹とは?

Amazonで商品の詳細を見る

重曹は料理やお掃除に使ったり、馴染みのあるものではないでしょうか。しかしカソーダとして、別名「炭酸水素ナトリウム」をひまし油と混ぜて使用する場合は、重曹「炭酸水素ナトリウム」は皮膚を溶かす役割を担っています。

重曹の用途
  • 頑固な油汚れの掃除
  • 茶渋や湯垢取り
  • 排水口のヌメリ・ニオイ取り
  • 入浴剤
  • ホットケーキを膨らませる<食用の重曹に限る>
  • お肉を柔らかくする

ひまし油と重曹を混ぜると?

考える女性

ひまし油にアルカリ性の重曹を混ぜることで出来るカソーダは、重曹で一旦皮膚を溶かしてしまい、ひまし油の効果を発揮させやすくしていると考えられます。二つを混ぜることで、強力なシミ取りクリームとなるわけです。

カソーダ(ひまし油と重曹)の5つの効果

①シミ・ほくろが除去できる

綺麗な顔の女性

綺麗な肌に憧れる女性は、大人の女性すべてと言っても過言ではないでしょう。シミ・ほくろがなければ…と思っている人は、カソーダは気になるクリームですよね。安価で自宅でシミ・ほくろが除去できるなら、ぜひ試してみたくなりますね。

濃いシミ・ほくろは、一回の再生では綺麗になくなりません。根気強さが鍵となりますので、皮膚が再生したらカソーダを塗布する作業の繰り返しになります。シミ・ほくろのない綺麗な肌作りの長い鈍行の旅にでかけみませんか?急ぎの方は、レーザー治療でビュンとどうぞ。

②イボが除去できる

イボがない女性

つい気になって触ってしまうイボもテンション下がる皮膚トラブルの一つです。イボが取れて、つるっと滑らかな肌になったら、幸せが訪れてくる前触れのような気分に。

イボ取りに効果的なのが、イボをつまようじなどでカリカリ軽くこすってから、カソーダを塗布していく方法です。小さいイボなら、一回で効果がでた人もいるほどです。

③ニキビ跡に効く

ニキビに悩む女性

醜いニキビ跡も、一旦皮膚を溶かして再生させるカソーダは、実力を発揮してくれます。ニキビ跡が集中してある人は、一気に綺麗にしようとせず、徐々にカソーダを塗布していきましょう。

④気になるアザが除去できる

あざが気になる女性

肌の弱い人や、体質によってケガによるアザが、なかなか消えない人もいます。ケガによって出来てしまったアザが気になる人は、ぜひカソーダをお試しください。強制的に皮膚を再生させるカソーダはアザ消しにも効きます。

⑤頑固なタコやかさぶたが除去できる

たこやかさぶたのない綺麗な女性

カソーダは皮膚を溶かし、新しい皮膚を再生させることから、頑固なタコやかさぶた状になってしまった肌にも効果的です。頑固なタコは、ほくろ同様根気が必要ですが、自宅でコッソリケアしていけるのもいいですね。

カソーダ(ひまし油と重曹)の4つの危険性

①高校生以下の使用は避ける

子供

成長期の過程で起こる肌トラブルは、思春期で気になる人もいますが、カソーダはあくまでも強制的に肌を溶かし、新しく再生させるものなので、成長期のホルモンバランスの乱れの肌荒れには、悪化する可能性もありますので、おすすめできません。

カソーダ(ひまし油と重曹)ではなく、ひまし油のみの使用をおすすめします。ひまし油だけでも、シミやソバカスを薄くする効果が期待できますので、どうしても気になる人は、お試し下さい。

②顔に使用する時の注意点

注意する人

カソーダは、肌を溶かし再生させるため、万が一のことを踏まえて、顔の使用は自己責任としています。使用上の注意をしっかり守って、異常があればすぐに中止して下さい。

顔に使用する場合や人の目に触れる場所に塗布する場合は、必ず皮膚の柔らかい箇所でパッチテストを行ってください。異常がないのを確認してから、シミやほくろに塗布するようにしましょう。

③カソーダは火傷を負った状態

火傷を負った女性

カソーダは、肌を溶かしてしまうことから、火傷を負った状態になります。肌再生していく段階で、引っ掻いたり、掻きむしったりすると、跡が残ってしまう可能性がありますので、カソーダを塗布した部分は、むやみに触れないようにしましょう。

日焼けした肌を早く修復するには、保湿が大事です。カソーダを塗布した部分も火傷させた状態になりますので、洗ったあとの保湿はしっかり行いましょう。

④カソーダは紫外線厳禁

日傘をさす女性

新しく肌が再生していく過程で、紫外線を浴びてしまうと、シミが出来やすくなります。せっかくの効果が台無しになってしまいますので、カソーダを塗布した部分は、絆創膏を貼るなどしっかり紫外線対策しておきましょう。

カソーダ(ひまし油と重曹)の作り方

自宅で作れるカソーダの作り方

手作りカソーダ

カソーダは空気に触れると酸化して劣化してしまうので、大量の作り置きはできません。面倒ですが、保存するふた付き瓶は小さいものを選び、瓶に入るだけの量を作っていきましょう。

用意するもの
  1. 粒子の細かい食用の重曹
  2. ひまし油
  3. 密封できる保存容器
  4. 新しい竹串

保存する容器は、熱湯消毒してしっかり乾かしておきます。保存瓶にひまし油と重曹を入れますが、重曹の割合が多いので先に重曹を入れると、こぼれ防止になります。二つの材料が入ったら、新しい竹串でクリーム状になるように混ぜます。竹串にちょこんと乗っかる程度になったら出来上がりです。

\ POINT /

ひまし油と重曹の割合

ひまし油と重曹の割合は、ひまし油が1に対して、重曹は2にします。【ひまし油1:重曹2】を混ぜて作っていきます。

ひまし油が多すぎるとトロッと垂れてしまい、余計なところにカソーダがついてしまう可能性があります。この場合は、重曹を少しずつ足して調整して下さい。反対に重曹が多すぎると、クリーム状にならずもったりして肌への負担も大きくなってしまいます。この場合も、ひまし油を少しずつ足していき、調整しましょう。

カソーダはネットでも購入可

Amazonで商品の詳細を見る

手作りカソーダは面倒くさい!と思った方は、ネットで購入する方法もあります。しかし、実際使ってみて肌荒れしてしまったら、このカソーダはあとは使えません。手作りなら、カソーダが肌に合わなくても、余ったひまし油・重曹それぞれ単品で使えますので、自分の肌に合うのを確認してから購入するのをおすすめします。

カソーダ(ひまし油と重曹)の使い方7つの手順

⑴塗布したい部分を洗う

体を洗う女性

汚れから細菌などが入ってしまう場合がありますので、まずはカソーダを塗布する前に綺麗に洗いましょう。肌が弱酸性なのに対し、カソーダは弱アルカリ性ですので、肌の保湿も念入りにしておきます。

カソーダの特性上、正しい保湿で対策することは、肌再生が早まる可能性があります。日焼けの後の正しい保湿を知って、カソーダ効果をアップさせてみませんか?

Small thumb shutterstock 272721983
関連記事 痛い日焼け痕を早く治す方法!正しい保湿のやり方は?NGな対処法とは?

「日焼けしてお肌がヒリヒリして痛い」といった経験は誰でもありますよ

⑵シミ・ほくろの上に乗せる

ほくろやシミを隠す女性

カソーダの特徴を考慮して、広範囲には絶対塗布しないでください。直接指で塗ってしまうと範囲が広くなってしまいがちですので、シミ。ほくろ以外の皮膚にカソーダがくっついてしまわないように、つまようじや竹串などの先端にカソーダをつけて、シミやほくろの部分に、ピンポイントでカソーダを乗せるように塗布します。

⑶カソーダ塗布した部分を保護

保護する

カソーダが衣類や睡眠中枕や布団にくっつかないように、塗布した部分にはガーゼや絆創膏を貼っておきましょう。保護しておくことで、シミ・ほくろにカソーダがしっかり塗布されることになるので、効き目にも左右されてきます。

⑷一晩たったら洗い流す

寝起きの女性

夜寝る前に塗布したら、朝起きたら保護しているガーゼや絆創膏を一旦外して、カソーダを塗布した部分を洗いましょう。洗い方はゴシゴシ洗わず優しく洗います。洗い終わった肌は、保湿も忘れずにしましょう。

⑸朝・晩2回の塗布

カソーダ

効果的なカソーダの塗布は、朝晩塗布するのが望ましいです。もし、顔のシミやほくろ等に塗布している場合、顔に絆創膏を貼るのに抵抗ある人は、塗布せずにUVカットなどで、紫外線対策をしっかり行って、夜寝る前の塗布のみにします。

⑹かさぶた状になるまで続ける

鏡

異常がみられない人は、⑴から⑸を続けましょう。少しヒリヒリ感はありますが、あまりにも痛みを強く感じたり、ただれてきた場合は、すぐカソーダを中止して下さい。3日目くらいから、シミ・ほくろが濃くなったように感じてきたり、茶色の薄皮が張ってきます。

かさぶた状になったらカソーダの塗布をやめて、ひまし油のみの使用に切り替えて、自然にかさぶたが剥がれてくるのを待ちます。カソーダを塗布していなくても、肌は再生中ですので、新しい肌が張るまでは紫外線対策を怠らないようにしましょう。

薄いシミなら1回目のかさぶたが取れると綺麗になりますが、濃いシミやほくろ・イボは数回繰り返すことで、だんだん消えていきます。かさぶたが綺麗に取れたら、カソーダの塗布を開始するといった繰り返しの作業になります。

\ POINT /

かさぶたが出来てからの注意点

皮膚が再生していく過程で痒みはつきものです。かさぶたが気になって、無理矢理剥がしたり、痒みで引っ掻いたりは絶対にしないでください。せっかくの新しい皮膚に傷をつけてしまいます。痒い時は軽く叩くなどして、掻かずに我慢しましょう。

⑺カソーダ効果を最大にする方法

効果がでて喜ぶ女性

効果が出やすい方法として、スクラッチがあります。スクラッチとは、カソーダを塗布する前につまようじなどで、シミやほくろなどをカリカリと軽く擦ります。少し傷をつけることで、カソーダを浸透させる働きが期待できます。

早く効果が出てほしいと、強く擦りすぎたり傷が深すぎると、肌トラブルの原因になってしまう場合があります。くれぐれも軽く擦る程度にとどめておきましょう。

ひまし油と重曹は単品でも使える!

ひまし油は万能コスメ

Amazonで商品の詳細を見る

カソーダで皮膚トラブルを起こしてしまい、カソーダを断念した方や肌が弱い方に朗報です。ひまし油<キャスターオイル・カスターオイル>は、シミ・そばかす・イボ取りの効果があり、近年注目を浴びているオイルです。特に肌が弱い人には、カソーダよりもひまし油のみの単品使いをおすすめします。

ひまし油で毛が伸びる

まつ毛ケアする女性

育毛に効くと言われるひまし油は、髪の毛はもちろん、まつ毛育毛にも効果があります。ひまし油で点眼する方法もあるので、誤って目に入ってしまっても大丈夫です。まつ毛を長くしたい人は、ぜひお試し下さい。

髪の毛をシャンプーする前に、ひまし油でマッサージをすると、育毛・発毛にも効果があると言われています。美容室で髪を短く切りすぎてしまった人や早くロングヘアーを目指したい人は、試してみる価値ありです。

重曹で毛穴の汚れを落とす

美容グッズ

スクラブ洗顔やピーリングケアと同じ効果がある重曹洗顔は、毛穴の汚れが気になる時にお試し下さい。いつもの洗顔料をしっかり泡立ててからひとつまみの重曹を混ぜます。ゴシゴシこすらず包み込むように洗ったら、しっかりすすぎます。洗顔後は保湿ケアを忘れずに。お肌の負担を考慮して、週1回のペースで使用しましょう。

重曹は、洗顔だけじゃありません!重曹を使った美容法をもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。重曹を使って、キッチン掃除もお肌の角栓掃除も、一掃してしまいましょう。

重曹で足のニオイも除去

足のニオイがない

重曹入り足湯は、重曹の弱アルカリ性が足のニオイの原因の弱酸性を中和することで、気になる足のニオイを解消してくれます。方法は簡単です。洗面器に40℃~42℃のお湯を入れ、大さじ1~2杯の重曹をお湯に混ぜてよくかき混ぜます。あとは、約10分程足湯をするだけです。

カソーダ(ひまし油と重曹)で肌再生!

ひまし油と重曹を混ぜて作るカソーダは、安価で、しかも自分で出来る肌再生クリームです。ひまし油と重曹は、それぞれ使える優秀アイテムだけに、カソーダをきっかけに手に入れておきたいものですね。あなたもカソーダパワーで肌トラブルと戦っていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。