Large thumb shutterstock 272721983

痛い日焼け痕を早く治す方法!正しい保湿のやり方は?NGな対処法とは?

更新:2019.06.21

「日焼けしてお肌がヒリヒリして痛い」といった経験は誰でもありますよね? 日焼け後に正しく治す対処法を行うことで、より早く痛みを取り、お肌のシミの発生を防ぐことができます。今回は日焼けした後の保湿など正しい対処法や絶対にやってはいけないNGな対処法を御紹介します。

日焼けした場合は、肌をなるべく早く冷やしておくことが大切です。出来るだけ早期に、日焼けした皮膚の処置をしておくと皮膚の痛む程度や治るまでの時間も軽減されます。

日焼けした後は、個人差によりますが約6時間以内に肌が赤くなります。皮膚の痛みは約6時間~12時間後になってピークを迎えます。重い日焼けの症状がある人の場合は、1週間以上痛い状態が継続するケースもあります。

重症の日焼けで、神経も障害されるので、痛みが感じなくなります。皮膚の表面は白くなります。人によっては皮膚が黒くなることもあります。その場合は皮膚が潰瘍となり、跡を残します。

日焼け後の痛い箇所の対処法(冷却・保湿・軟膏)

保湿
保湿

日焼けで痛い肌を冷やした後は、保湿することが大事です。保湿によって、日焼けで傷めた角質層の修復を図ります。保湿クリームはアルコールが入っていない製品を使用しましょう。

痛い肌の炎症を抑える為に使用します。抗炎症作用のある軟膏をおすすめします。日焼けした後に、抗炎症作用の軟膏を使用すれば、効果覿面です。私は以前オロナイン軟膏を日焼け痕に使ってみたら、かなり効果がありました。

痛い日焼け痕を早く治すための対処法

痛い日焼け痕を早く治すための対処法

レモン

日焼け後には、ビタミンCが効果的です。レモンやブロッコリーやキーウイーのは、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCを含んでいるサプリメントや栄養ドリンクなども効果があります。日焼けによる痛い皮膚の免疫を高める為に、ビタミンBも摂りましょう。ビタミンBが多く含まれている豚肉などもおすすめです。

日焼けは体力を想像以上に消耗します。熟睡して体力を回復しましょう。睡眠中は肌にいいとされるホルモンが分泌され、お肌のターンオーバーに効果があります。一般的に午後10時~午前2時までは、お肌のゴールデンタイムと呼ばれています。ホルモンが多く分泌される時間帯ですので、日焼けした日は早めに就寝しましょう。

酒

熟睡して、睡眠中の成長ホルモンを促進させるためには質のよい睡眠が必要になります。アルコールやカフェインを摂取した後の睡眠は、睡眠の質を悪化させます。就寝前にはアルコールやカフェインは控えるのがベストです。

日焼けをした後に痛い所に塗っておきたいクリーム

②アロエクリーム

クリームは消炎効果などの効果があるので、日焼けした後に塗っておきましょう。日焼け後の痛い皮膚を治すための肌ケアにおいて、一般的に使用されるクリームを御紹介しました。

人によって違う日焼けの仕方

紫外線を浴びる量が同じでも、人によって日焼けの仕方が違います。日焼けしたら黒くなってそのままという人と、日焼けして赤くなってしまい、すぐには黒くならない人と分かれます。原因は、紫外線に反応してメラニンを作る能力が人によって異なるからです。

これだけは知っておきたい紫外線の基礎知識

①UV-A

④化粧はNG!極力控える

④化粧はNG!極力控える

紫外線

日焼けしたお肌は、角質層が損傷しており、肌が十分に回復していない状態で紫外線を浴びると、ダメージが相当大きくなります。なるべく肌の見えない服などを着用して紫外線を浴びないようにしましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。