INDEX

ケイトのダブルラインフェイカーが大人気!

ここが凄い①自然なのにデカ目

ケイトのダブルラインフェイカーは、リキッドアイライナーとかわらない見た目です。そのコンパクトなサイズで持ち運びにも便利なアイテムです。通常のアイライナーとの大きな違いはインクの薄さです。極薄のブラウンカラーで二重のラインに影をつくり、より大きく印象的な目元にすることができます。

通常のアイライナーのブラウンに比べるとケイトのダブルラインフェイカーはかなり色が薄く、肌になじむナチュラルな色です。ブラウンのアイシャドウなどに重ねると、より自然な影に見えて、目幅、彫の深さのしっかりある、デカ目になれます。

ここが凄い②テクニックいらずで簡単

シャドウ

ケイトのダブルラインフェイカーは筆ペンタイプになっています。極細の筆先で、細いラインを簡単に描くことができ、筆のコシもしっかりしているので、メイク初心者さんでも取り入れやすいアイテムです。使い方はとても簡単で、二重のラインに合わせてダブルラインフェイカーでラインを引くだけです。

カラーが薄いので、失敗しても目立たずカバーも簡単です。極薄極細のラインで元から彫の深いような、目元の影をかけるのでとても自然でおすすめです。アイプチなどだけでは不自然になりがちな二重ラインも、ケイトのダブルラインフェイカーなら簡単に手に入れられます。

ケイトのダブルラインフェイカーの使い方【二重リメイク】

①幅広二重さんの使い方

幅広二重の場合

幅のある二重への使い方は、もともとの二重のラインの延長線上に、ケイトのダブルラインフェイカーで二重ラインを伸ばすように書きます。目じり側、目頭側のラインの延長線上に沿ってまっすぐ足すことで自然にデカ目、彫の深さをプラスできます。もっとしっかり二重ラインを強調したい場合は、二重ライン全体に重ねます。

二重ライン全体にケイトのダブルラインフェイカーで影を足すと、ダブルライン効果がより生まれ二重ラインが強調されます。ダブルラインを引くことで、自然しっかり目元が強調されて立体感が生まれます。通常のアイライナーでのダブルラインは普段使いが難しいですが、ダブルラインフェイカーなら普段メイクにも馴染みます。

②幅狭二重さんの使い方

幅狭二重の場合

幅の狭い二重への使い方は、元の二重のラインに合わせて、ケイトのダブルラインフェイカーでラインを引けばナチュラルでも彫の深さのある目元になれます。アイプチを使ってメイクをする方は、アイプチで作った二重ラインに合わせて使うとより効果的で、変化を実感できるでしょう。

アイプチをした場合は、アイプチでできた二重ラインの両端にケイトのダブルラインフェイカーで二重の影を付け足すように書きましょう。アイプチだけだと物足りない、と感じる方にもピッタリです。アイプチの上にラインを引いてもいいですが、両サイドにひく方がナチュラルなデカ目が手に入ります。

③奥二重さん・一重さんの使い方

奥二重・一重の場合

奥二重・一重への使い方は、ダブルラインメイクがおすすめです。ダブルラインを引くだけで、かなり印象が変わります。アイシャドウやアイラインをいつもと変えてみたり、アイプチなどと併用すれば、存在感はあってもナチュラル感のある二重ラインが作れます。

アイプチと併用する場合は、幅狭二重の場合と同じです。二重ラインの延長線上にケイトのダブルラインフェイカーで二重ラインの影を足すだけです。ダブルラインを引くときは、欲張りすぎない幅で描くことが大切です。

ケイトのダブルラインフェイカーの使い方【涙袋メイク】

①ダブルラインフェイカーでくっきり涙袋メイク

くっきりとした涙袋を作るときの使い方は、涙袋の影を作りたい部分、元からの涙袋のラインにあわせて、ケイトのダブルラインフェイカーで細くラインを引くだけです。ラインを細くひくことがポイントです。ひいたあとは、涙袋に明るいパールカラーなどをのせて涙袋のメイクをします。

極薄ブラウンなので、ラインを書くだけでも悪目立ちしたり、浮いてしまうこともありません。ブラウンのパウダーなどで涙袋も作るより、ダブルラインフェイカーなら細いラインが描けます。ライナーなのでパウダーよりもよれにくく、しっかりとした影が作れます。

②ダブルラインフェイカーでナチュラルな涙袋メイク

ナチュラル涙袋

くっきり涙袋は普段のアイメイクに合わない、や、もう少しナチュラルな涙袋メイクから挑戦したいという方は、ダブルラインフェイカーで涙袋の影部分にラインを引いた後、指や手持ちのブラシで少しぼかしましょう。すると、もともとの極薄ブラウンがより肌になじみます。

より、ナチュラルに見せたい方や肌が白く浮きがちになってしまう方は、ダブルラインフェイカーでラインを引いた上にパウダーなどを重ねてもよいでしょう。ぼかすよりも自然になります。影がなくなってしまったらまた書き足してみることも出来るので、ちょうどいいベストな濃さを見つけましょう。

③ダブルラインフェイカーとの合わせ技で写真写りもばっちりな涙袋

写真写りもばっちりな涙袋

暗いときや写真を撮るときなどは、普段よりも濃いメイクのが映えますよね。そんなときもケイトのダブルラインフェイカーはとても便利です。ダブルラインフェイカーで涙袋を書いた後、かなり薄いブラウンのパウダーをブラシで重ねます。ラインをぼかしながら、濃さを少し足して、よりくっきりとした涙袋メイクができます。



ここでのポイントは、薄すぎるかな?と思うくらいの薄いブラウンをほんの少しにすることです。濃すぎると、老けて見える原因になります。暗いときや写真写りようのメイクなので、普段使いには向きませんが、いつでもバッチリな涙袋になれます。

以下の記事は涙袋アイライナーを使った自然なデカ目メイクについて詳しくまとめております!涙袋を強調させたい場合はこちらも参考にしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 603919916
関連記事 自然なデカ目メイク!涙袋アイライナーを使ったメイクのやり方とは?

ぱっちりと大きな瞳は女性らしさが高まり、男性も思わずキュンとしてしまい

ケイトのダブルラインフェイカーの使い方【眉毛にも】

①眉頭の毛流れにお勧め

眉頭メイクにおすすめ

毛流れのある眉毛は、流行の眉毛です。ですが元の眉毛の量が薄いと、毛流れを作るのは難しいですよね。そこで、ケイトのダブルラインフェイカーで薄く毛流れをつくると、自然な毛流れが作れます。眉頭が濃すぎるとメイクも違和感が出ますが、極薄のブラウンなら少しずつ濃さと毛流れを足すことができます。

普段使っているアイブロウメイクアイテムで、眉頭の毛流れを作ると濃くなりがちですがもともとのカラーが薄いのでその心配はありません。出先のメイク直しも、極薄ブラウンで直せば濃くなりすぎることもないので優秀アイテムです。

②目と眉の間を狭くして彫深フェイス

彫深フェイス

眉と目の間が狭いと、彫の深い海外の方のようなくっきりとしたフェイスになります。生えている眉毛のすぐ下の淵部分に、ケイトのダブルラインフェイカーで影をつくると普通に眉メイクをするよりも目との距離が近くなります。(やりすぎ厳禁です。)

眉毛のアウトラインを描くようにすれば、まゆメイクも簡単ですし、時間も短縮されます。濃いブラウンではないので、すっぴん風のメイクの時や、ナチュラルメイクの時にも自然ながらも目と眉毛の幅を近づけることができます。

③眉尻もすっきり細いラインがかける

眉尻すっきりラインがかける

ケイトのダブルラインフェイカーは、極細のラインが書きやすいしっかりコシのある筆が特徴です。その特徴を生かして、眉尻のラインなども書きやすいです。ペンシルやパウダーだと、太くなりがちな眉尻もすっきりと細く書くことができます。濃さが足りない場合は、手持ちの眉メイクアイテムを上から重ねてもいいでしょう。

眉尻がすっと細いラインだと、メイク全体にしまりが出てすっきりして見えます。インクの色が濃くないので、失敗してもお直しが簡単です。

ダブルラインフェイカー以外にもある優秀アイテム

①ケイトの「ブラウンシェードアイズ」

プチプラで優秀なアイシャドウは、ほかのメーカーからも多く出ていますが、ケイトのブラウンシェードアイズは、彫の深い目元に見せる骨格リメイク効果があります。5色ワンセットで6色展開されています。6色すべてブラウンベースなので一つ持っていても無駄がなく、手持ちのほかのシャドウとの組み合わせもし易いです。

ブラウンシェードアイズは、ブラウンベースですがとブラウンいってもピンク系のブラウンや、ゴールド系のブラウンなど、その人の肌や好みに合わせて選べるのがおすすめポイントです。

②ケイトの「デザイニングアイブロウ」

ケイトのデザイニングアイブロウは三色のカラーがセットになったアイブロウコスメです。価格も手ごろながら、発色の良さと塗りやすい二種類のブラシがついています。持ち運びにも便利なコンパクトなサイズなのも魅力です。一番薄いカラーは、ノーズシャドウにも使えます。

肌なじみのいいブラウン三色なので、アイブロウやノーズシャドウ以外に、アイシャドウとしても使うことができます。しっかり彫の深いアイメイクにすることも出来ますし、出先でアイシャドウが思いがけずヨレてしまったときの救世主としても使えるのが、とても便利ですね。

③ケイトの「カラーセンサーリップティント」

カラーセンサーリップティントは、オイルタイプとマットタイプから選べるタイプのティントです。今までのティントとのイメージといえば、ツヤのあるタイプが多く販売されていました。そしてこのリップは、自分の唇の水分量によって発色が変わるので、個人の発色を楽しめるのも魅力です。

カラー展開はオイルタイプが4色で、マットタイプが3色です。オイルタイプには人気のブラックカラーもあります。ティントは発色の持ちがよく、メイク直しのできない時や、食事をするときなど落ちにくく、メイク直しの手間が省けることが魅力です。

ダブルラインフェイカーの使い方をマスターして整形級メイク!

整形級のメイクが簡単に出来るケイトのダブルラインフェイカーを今回は紹介しました。彫の深く見える二重メイクにはもちろん、涙袋メイクや、眉毛メイク、お直しにも使えて一つ持っていると便利な優秀アイテムです。そして、ドラッグストアなど全国さまざまなところで販売されていて、購入しやすいのも魅力の一つです。

一本で何通りもの使い方ができて、価格もプチプライスなので手軽に試しやすいです。極薄ブラウンのインクを利用して、メイクにたくさん取り入れられるケイトのダブルラインフェイカーはマストアイテムでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。