INDEX

初心者でも簡単!手編みのマフラー

手作りすると愛着がわく

マフラー

手編みのマフラーとは、手作りプレゼントとしては定番なものの一つでもありますよね?また自分用に作って、世界で私だけのマフラーにしてもいいかもしれません。手編みのマフラーなんて大変そうだと思われがちなものですが、完成した時きっとあなたはそのマフラーに愛着がわくに違いありません!

色選びやデザイン、編み方など自分で考えて手作りすれば感動もひとしおでしょう。少なからずマフラーを購入するよりも手間はかかっているわけですから、大事にしたいと思います。

編んだ人の温かみを感じられ丁寧な編み方で感動する

女性

マフラーとはその編み方やアレンジ方法にもよりますが、基本的にはそれ程難易度の高いものではないのです。女性だったら大好きな彼に手編みのマフラーをプレゼントする!なんて憧れますよね。難しいものではないにしろ時間はある程度かかります。贈る相手の事を考えて編んであげればその人の温かみだって届きます。

かぎ針の使い方

かぎ針の編み図

かぎ針編みの場合、手軽に小物やレースなども作る事ができます。簡単なものであれば、市販の編み図以外にも個人でオリジナルに作った編み物の編み図を公開してる人もいます。皆に試してほしいと素敵な作品をの編み図を公開されているのです。

かぎ針の持ち方

「かぎ針編み」は一般的に手作りマフラーでイメージするような棒針編みよりもずっと簡単に、初心者でも手編みマフラーが作れる編み方です。マフラー以外にもコサージュやコースターなどを作るのにも使われる事が多いです。

かぎ針にはかぎ爪のようなものが棒についていて、棒針とは違い一本のみを使用します。持ち方は難しいものではありません。利き手で人差し指と親指を使ってかぎ針の先から4㎝ほどの部分を優しく支えましょう。そして中指で軽く添えてあげましょう。鉛筆を持つときのイメージして頂ければわかりやすいでしょう。

かぎ針の糸のかけ方

かぎ針の持ち方がわかったら早速糸をかけていきましょう。利き手で糸の端っこを持ったら、左手の甲の方から薬指と小指で挟み、中指と人差し指の間に糸をかけてください。できたら、糸端を左手の中指と親指でもちます。

ぴんと糸がはった状態になったら、左手の親指と人差し指の間の糸の部分で編んでいきましょう。初心者さんはまずはくさり編みからチャレンジすると、かぎ針編みに慣れていくでしょう。

かぎ針の編み図の読み方

手編みにチャレンジするとき、お店などに編み図が置いてある場合があります。それを参考にしながら手編みをする方もいらっしゃるでしょう。しかし図だけを見てもはじめは何が何だかわかりませんよね?かぎ針編みの編み図の読み方を見ていきましょう。

まずは手順をチェックする事が大切です!かぎ編みの編み図の場合は、広い範囲で作る事が多いので、中心に「わ」と書かれています。「わ」を中心に左回りに編み進めていくのが一般的です。手編みマフラーの場合は平編みをしていきます。「平編み」とは往復編みの事を指しています。

それぞれ編み図には記号がちりばめられています。記号には読み方と意味があって、編み方の記号も「平編み」や「長編み」、「細編み」など記されています。なかなか編み方や記号もたくさんあるので、覚えるまでは大変かもしれません。

かぎ針編みの編み方で作るマフラー以外のもの

かぎ針編みは、とても簡単に手作りのものが作れると親しまれてきた編み方です。マフラー以外の編み物にも使用できるので「コースター」や「たわし」、「座布団」や「ぬいぐるみ」など慣れてくればさまざまなものが手作り出来るのです。最近ではハンドメイドなども流行っていますから、自分だけのものを作れますね。

かぎ針編みのデザイン編み方アレンジ方法

多様性が見込めるかぎ針編みですが、手編みのマフラーにひと手間加えるだけでも可愛く自分らしいものが作れます。例えば、途中で毛糸の種類を変えてぽこぽことした大きめの編み目を作ってみたり、ワッペンのようなものを作ってマフラーと一緒に編み込んでみたりと、アレンジ方法はたくさんあります。

またネックウォーマーやスカーフもかぎ針編みで作れますし、マフラーの端にボタンを付けてスヌードのようにしても可愛らしいですよ。かぎ針編み以外でも実現できますが、模様や色を変えて編んで行ってもアレンジを効かせる事ができます。

かぎ針編みの魅力

手軽に、しかも簡単に行えるのがかぎ針編みでしょう。編み途中で中断も出来ます。マフラー以外にもさまざまな小物や日用品などが作ることができるのが最大の魅力です。編み物を始めてみようと思う初心者には最適な方法でもありますよ。かぎ爪がついていて一本で行うので、慣れれば何でもすぐに作ることができます。

棒針の使い方

棒針の編み図

棒針編みの編み図は編み方やアレンジ方法により異なっておりこれから紹介する編み方にも「縄編み」や「ガーター編み」などさまざまな種類が紹介しています。そのため個人でデザインしたり市販の編み図を購入してみてもわかりますがバリエーションが豊富です。自分なりに作りたいもの出来そうなものを選ぶ必要があります。

棒針の持ち方

棒針編みは、手編みのマフラーと聞いたとき一番イメージしやすい編み方でしょう。編み方も覚えてしまえば難しい事はありません。棒針編みでは糸を持つがどちらかによって「アメリカ式」と「フランス式」に分けられます。

アメリカ式とフランス式では、持ち方が違うだけですので自分がやりやすい方を選んでください。アメリカ式では編んでいく糸を右手の人差し指にかけるようにして持ちます。フランス式では左でに糸をもちます。どちらも中指と親指で棒を持ち、人差し指を添えて支えてあげましょう。

棒針の糸のかけ方

まずアメリカ式の糸のかけ方ですが、右手を使って針の向こう側から手前に糸を持ってきてください。糸は基本的にアメリカ式は右手を使ってかけていきましょう。手前に糸をかき出して引き出すイメージです。

フランス式では人を左手の小指と薬指との間に挟んで、人差し指に糸をかけます。棒針を軽く持ったら糸を針の向こう側において糸をかけて引き出していきましょう。

棒針の編み図の読み方

まず、編み図は仕方ら見て聞くのが基本となります。「1」と書かれている段からはじめていきましょう。矢印の方向が進んで編んでいく方向を指しています。端まで終わったら「2」と書かれているところで折り返してまた矢印の方向へ進めていくだけです。

棒針で作るマフラー以外のもの

棒針編みはかぎ針編みと比べて大きいものを作るのに適しています。毛糸で作るバッグやヘアーバンド、ポンチョなどが作れます。ニットは冬場に大活躍してくれますね。

棒針編みの編み方アレンジ方法

棒針編みの場合は、毛糸の種類や色を変える事で自在に柄のアレンジが可能となります。特に大きめのセーターやベストなども作れますから、これからご紹介する模様などを組み合わせていくとより自分らしく表現できるのです。

アラン模様のマフラーの簡単な編み図・編み方のポイント

アラン模様のマフラーの編み図

ここまで一般的な手編みのマフラーの方法や使用する針の種類について見てきました。では手編みのマフラーを作る際に出来上がる「柄」についても迫っていきましょう。慣れてくればさまざまな模様のマフラーを手作り出来ちゃいますから、きっと楽しめるでしょう!

そもそもアラン模様とはニットの編み方によって表現される模様の一つです、漁に使うロープなどをイメージした編み方が特徴的です。編み図にもたくさんの種類があり、その人のアレンジによって自分らしさなどが表現されます。編み図だけで見るととても複雑なようにも見えますね。

アラン模様マフラーをかぎ針で編む

かぎ針編みの場合は、かぎ針自体がとても持ちやすくそして何よりコマワリが良く効く編み針です。そのため細編みなどの編み方でアラン模様を作ると細い模様が作れますし、小物のバリエーションも豊富になります。

アラン模様マフラーを棒針で編む

棒針はかぎ針に比べるとコマワリはどうしても効きません。しかしセーターやバッグなど大きなものを編むときはとてもおすすめです。強弱の強い毛糸を選んでくるとアレンジを効かせることも可能になりますよ。

アラン模様のマフラーの編み方の手順

編み方の手順
  • 作り目を一段とし、二段目編み始める
  • 編み図は左から見る
  • 表目、裏目を四回繰り返す
  • 奇数段は表から編んでいく
  • 偶数段は裏かアラン模様を編んでいく

アラン模様は縄編みの変化が楽しめる編み模様でもあります。一目ずつ、編み目によって複雑な模様が作れる事こそ、アラン模様の特徴でしょう。一見複雑で難しいように見えますが、慣れて手に馴染んで来れば編みやすくなるでしょう。

アラン模様のマフラーの手編みのポイント

アラン模様に限らず、はじめ手編みのマフラーを作る際には編み方や編み図など市販のものを利用するといいでしょう。付録として付いていることありますし、記号の見方など詳しく書かれてる事が多いのです。またアラン模様で気を付けたいのは作っている目を無くしてしまわない事です。

アラン模様の意味

アラン模様とはさまざまなアレンジを加える事ができる柄ですが、始まりはアイルランドのアラン諸島だったそうです。漁師のセーターに使われていた事が起源となっており、糸を交差させることで防寒性が高いとされていました。

漁ではどうしても事故が多く、アラン諸島の漁師の間では家庭ごとに編み方を変えていたそうです。それにより万が一の事故で、亡くなってしまったとしても個人の判別ができたと言われています。

縄編みの簡単な編み図・編み方のポイント

縄編みの編み図



縄編みとは、アラン模様とも似ているものですが大きな縄のようにして編むのが特徴です。アラン模様の中にアレンジとして加えられることも多いでしょう。少々練習が必要かもしれませんが、手に馴染めば誰でも作れる編み方です。

編み図を見るときは、交差させる段や位置に気を付けましょう。位置がずれてしまうと綺麗な「縄」が出来上がりません。うっかり集中しすぎて段を超えてしまうなんて事もあります。

縄編みマフラーをかぎ針で編む

縄編みをかぎ針で編む場合は、先程も述べたように細かい作業に最適です。マフラーにさまざまな模様を設けるときや縄編みの部分を小さくするなど、小さいストールのようなマフラーを作るときに良いでしょう。

縄編みマフラーを棒針で編む

縄編みの特徴はマフラーやセーターの中に縄のような部分があるところですよね。特に棒針編みの場合は大きな変化や強弱をつけやすいですから幅が大きく長めのマフラーを編む際には棒針で縄編みに挑戦してみましょう。

縄編みの編み方の手順

編み方の手順
  • 四十目作り目をする
  • 表目、裏目で編んでいく
  • 二段目は逆に裏目、表目で編んでいく
  • 七段目で三段に分けて交差させる
  • 好きな長さで処理をして完成

縄編みは始める位置や終わらせる位置を調節できますから、自分のデザインに合わせてもいいですね。縄のようなデザインですから、交差させる時には注意が必要です。アラン柄と同様アレンジも豊富ですがその分緩むのが心配になるのです。

縄編みの手編みのポイント

縄編みを見ると何だか一気に編み物らしく見えてきますね。縄編みのコツは途中で段を間違えたり、過ぎてしまう事がないようにする事でしょう。それに加えて、大きい編み方が特徴ですので、緩んでしまわないように気を付けたいところです。ねじれていますので次の段へ進むときにも注意が必要な編み方です。

縄編みの意味

縄編みとは、編み物としてその網目がまるで縄目のように見える編み方の事を指しています。編み物以外にも髪の毛を縄のようにして編むことにも使われる事がありますね。こちらもアラン模様と同様、アイルランドの伝統として用いられてきました。

ケーブル編みの簡単な編み図・編み方のポイント

ケーブル編みの編み図

ケーブル編みに関しても、縄編みとそれほど差異があるものではありません。ケーブル編みの編み図では、だいたい左右四段目を交差させています。また中心の四目、右上をまた交差させます。記号さえわかるようになれば、難しい作業ではありません。

ケーブル編みマフラーをかぎ針で編む

かぎ針の場合にはケーブル編みをするのに調度いいかもしれませんね。ケーブル編みは編み目がなるべく緩まないようにするのがポイントであるとこの後紹介しますが、かぎ針は細かい作業に適していますから緩みにくくていいでしょう。しかし大きなマフラーやデザインをするのであれば棒針をおすすめします。

ケーブル編みマフラーを棒針で編む

ケーブル編みでは、編み目が緩んでしまわないようにするのがポイントなのですが棒針編みの場合は緩み安野が気を付けたいところです。大きく編み目を作り、なおやつ緩まないようにきつめに編むといいでしょう。

ケーブル編みの編み方の手順

編み方の手順
  • 六段から編み始める
  • 表目、裏目と交互に編む(一段表目、二段裏目~)
  • 七段目表目、十六目の中心に四目×四目右上の交差を編む
  • 交差を編んだら後ろの四目を編む

ケーブル編みを始める位置はだいたい六段目あたりでしょう。交差させるように編むまでは表目、裏目と順に編んでいきます。交差させる部分を編むときに緩んでしまわないように注意してください。

ケーブル編みの手編みのポイント

ケーブル編みでは裏側の前に編んだ表目が緩みやすい点があげられます。表面が緩んでしまう事によって編み目が揃ってくれなければ、綺麗なケーブル編みになりません。

手編みのマフラーを作るときには十分注意したい点ですね。またこれまでアラン模様や縄編みでも紹介したように列がずれてしまう事のないように注意してください。

ケーブル編みの意味

ケーブル編みとはニットの編み方、またはケーブル編みを施したニットの模様の事を指します。服やアイテムすべてに共通しています。縄編みとも似ていて、縄のようにねじれた模様をイメージして頂ければわかりやすいでしょう。模様だけではなくケーブル編みは立体にする事でも厚みによってデザインを表現しているのです。

ガーターの簡単な編み図・編み方のポイント

ガーターの編み図

ガーター編みとは表目と裏目が交互になっている編み方ですが、一般的な手編みマフラーの入り口とも言える編み方です。誰しも初めはこのガーター編みからチャレンジするでしょう。同じ作業を繰り返すだけなので比較的簡単にマフラーが作れちゃいます。

ガーター編みの編み図では、一段目で指をかけて作り目をかけ二段目から持ち替えて、糸を向こう側において行くように編んでいきます。途中大きな編み目や、交差させるような編み図もありませんので編み図を見るのもさほど難易度は高くないでしょう。

ガーター編みマフラーをかぎ針で編む

かぎ針でガーター編みをする場合には編み目がとても小さくしてみてもいいでしょう。またマフラーの柄の中でアレンジを加えやすいですし、まるでストールや布のようなマフラーが出来上がりますのでおすすめです。

ガーター編みマフラーを棒針で編む

ガーター編みはとても単純な編み方であり、棒針であってもかぎ針であっても比較的簡単に行えるのが特徴です。やはり棒針はかぎ針に比べると大きな編み目を作る事ができますから、毛糸の種類や太さを変えてバリエーションを増やしてみてもいいでしょう。

ガーターの編み方の手順

編み方の手順
  • 一段目指でかける作り目をする
  • 二段目で編み地を持ち替え、オチを向こうにおいて手前から針を入れる
  • 次からも同様に表目を編んでいく

ガーター編みの編み図を実際に見てもらうとわかるのですが、とても単純な編み方なのです。最初の一列さえうまくできれば後は淡々と、同じ作業を続けていくだけになります。途中緩んでしまったり気に入らない部分があってもそこまで戻ってやり直すのも簡単です。

ガーター編みの手編みのポイント

ガーター編みの一番のポイントはやはり編んでいる強さが均一になる事でしょう。一部分だけゆるんでいたりすると、後から全体としてみたときそこだけ妙に目立ってしまって綺麗なマフラーに見えないのです。しかし綺麗に出来上がれば並んだ編み目がとても美しく見えますよ。

ガーター編みの意味

ガーター編みは棒針編みで、表目と裏目が一段ずつきちんと交互に出た編み方です。手編みで行う際の基礎的な編み方とも言われています。別名には平編みとも呼ばれている編み方です。伸縮性があって薄く普段使いにもピッタリな編み方でしょう。

贈り物としての手編みマフラー

手編みのマフラーは気持ちに繋がる

女性

手編みのマフラーを誰かに贈ってプレゼントしようと考える人もいるでしょう。慣れてくればお店で行っているような素敵なマフラーだって作れます。しかしマフラーともなると、人にもよりますがそれなりの時間は必要となるのです。

その分相手の事を思いながら編んでいくのですから、手編みのマフラーには気持ちが込められているのです。贈る相手が恋人であれ親友であれ、親であれ愛情を持って作ったものとなります。

手編みのマフラーはいつまでも大切にしてもらえる

恋人

手編みのマフラーはそれなりに時間と労力をかけて作るものです。また形に残るものですから、毎年寒い季節になれば思い出してもらえます。そうする事でいつまでも手作りのマフラーを大切にもっていてもらえるでしょう。少なくともすぐに捨ててしまうようなことはあまりないと思いますよ。

ハンドメイドとしても手編みのマフラーは人気がある

かぎ針編みは空いた時間に作れる簡単な手編み方法

女性

とくに手編みの方法として簡単なのがかぎ針編みであると述べました。最近ではハンドメイドのものが人気を集めています。とくにかぎ針編みは小物を作ったりアレンジを加えることに長けています。マフラーにアクセントを加えてみたり、ちょっとしたポーチなんかも作れます。

主婦の方や学生など、ちょっと手の空いた時間などに作り進めることが可能なので時間を気にせず作れるのも魅力の一つでしょう。すきま時間を使ってちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますね。

かぎ針編みと棒針編みの編み方を上手く使って手編みマフラーをアレンジ!

手編みのマフラーに慣れてきたら、かぎ針編みと棒針編みを上手く活用して手編みマフラーをアレンジすることだってできちゃいます!ハンドメイドで出すとしてもアレンジの加えられている方が目につきやすいですよね?

ワッペンのように小物をかぎ針編みで作り、棒針編みで作った手編みのマフラーにくっつけるだけでも充分可愛らしいデザインアレンジができるのでとてもおすすめです。

楽しみながら編み方を勉強して手編みのマフラーを作ろう

いかがでしたか?一見手編みのマフラーと聞くと、小難しくて面倒なのではないか?と思われがちですが、初心者向けの方法もありますし慣れてしまえばどうってことありません。自分だけのものが作れますから、ぜひ一度、すきま時間などを利用して楽しみながらマフラーを手作りしてみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。