Large thumb shutterstock 615524180

【かわいい】100均ダイソー・セリアのタッセル一覧!作り方や使い方もマスター♪

更新:2020.11.19

100均にあるタッセルが気になっていませんか?ダイソーやセリアにあるかわいいタッセルを、店舗別にご紹介します。100均のタッセルを使ったハンドメイドアイデアや、100均材料で作るタッセルの作り方もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ダイソー】100均のかわいいタッセル一覧

①ミックスカラーミニタッセル

ダイソーにある、ミックスカラーのタッセルです。ツヤのある糸で作られており、きれいで品があります。数種類の色がミックスされたタッセルなので、表情のある作品が作れますよ。

ミニサイズで2個セットになっているので、ピアスやイヤリングといったアクセサリー作りにおすすめです。留め具の輪っかが付いているので、ピアスやイヤリングのパーツがあればすぐに作れます。

②スエード調タッセル

スエード調のひもで作られた、ダイソーのタッセルです。同じ色のタッセルが4個セットになっています。合皮素材ですが、本格的な革ひものように見えるので、かっこいい雰囲気のタッセルを探している人におすすめです。

留め具部分のキャップ金具がゴールドで、高見えするタッセルに仕上がっていますね。サイズは小さめなので、アクセサリー作りにぴったりです。何個か繋げて、ガーランドにしても素敵ですよ。

③タッセル10個セット

3色のシンプルなタッセルが10個セットになっている、ダイソーの商品です。3色のタッセルは、グラデーションのような色の組み合わせになっています。似た系統の色味がセットになっているので、色の組み合わせで悩む必要がありませんね。

10個で100円と安いので、アクセサリー作りにはもちろん、布小物のアクセントにするのもおすすめです。留め具の輪っかが付いているので、すぐに作れますよ。たくさん繋げて、ガーランドにするのも良いですね。

【セリア】100均のかわいいタッセル一覧

①3色タッセル

3色の糸を使って作られている、セリアのタッセルです。白と黒とベージュのように、全く異なる色が組み合わさっているものは、大人っぽい見た目です。似た色味が組み合わさって、グラデーションになっているものもありますよ。

長さは短く小さめサイズですが、たっぷりの糸が使われており、ボリューム感があります。高見えするタッセルを探している人におすすめです。

②編み紐付きタッセル2色セット

太めの編み紐が付いた、セリアにある単色のタッセルです。編み紐まで同じ色でできているので、すっきりとした見た目ですね。1パックに4個入っており、2個ずつ2色がセットになっています。

似た系統の2色がセットになっているので、組み合わせて使うと統一感が出ますよ。少し長めなので、手芸で布小物を作る時のアクセントチャームにしたり、部屋のインテリアに使ってみたりするのもおすすめです。留め具が金具ではなく編み糸なので、温かみのあるイメージになりますよ。

③チェーンタッセル

ゴールドのチェーンでできた、セリアのタッセルです。糸などを一切使わず、チェーンと金具だけでできています。糸でできたタッセルのようなボリューム感はありませんが、揺れ感のきれいなタッセルです。

1個100円なので、ピアスやイヤリングなどを作る場合には、2つ購入しましょう。シンプルにピアスやイヤリングの金具と繋ぐだけで、高級感のあるおしゃれなアクセサリーができますよ。

100均の材料を使ったハンドメイドタッセルの作り方

①刺繍糸のタッセル

最も基本的な、刺繍糸を使ったタッセルの作り方をご紹介します。カーテン用のタッセルを作るなら、同じ作り方で太めのひもを使いましょう。ふさ掛けにかけておくだけでもおしゃれな、カーテンタッセルが簡単にできます。

まず、作りたいタッセルの長さより少し長めの厚紙に、好みの色の刺繍糸を巻きます。たくさん巻けば巻くほど、ボリューム感のあるタッセルになりますよ。巻き終わったら、同じ糸で片側を縛りながら、厚紙から外します。後から巻き付ける糸は、同じ色の糸はもちろん、あえて違う色の糸を選んでもおしゃれになりますよ。

巻き付け方は、動画を参考にしてくださいね。最後に薄い紙を巻いて端を切り揃える工程は、きれいな仕上がりに欠かせません。端が揃っているのと揃っていないのとでは、かなり見た目に差が出るので、忘れずに行いましょう。

刺繍糸タッセルの作り方

  1. 作りたい長さより少し長めの厚紙に、好みの太さになるまで刺繍糸を巻き付ける。
  2. 巻き終わったら、20cmほどの刺繍糸を通して結び、厚紙から刺繍糸をそっと外す。
  3. 頭に巻きつける糸を30cmほど用意し、ぐるぐると頭に巻き付けて、しっかり結ぶ。
  4. 輪っかになった刺繍糸をカットする。
  5. 薄い紙を巻き付け、髪の端に沿ってタッセルの下部分を切り揃える。

②デニムヤーンのタッセル

100均でも人気の、デニムヤーンを使ったタッセルの作り方です。作りたいタッセルの2倍の長さのデニムヤーンを、好きな本数用意し、糸で束ねます。最後に巻き付けるのは、糸でもデニムヤーンでも構いません。ビーズやチャームを追加してもかわいいですよ。

デニムヤーンのタッセルは、使っているうちに端がほつれてきます。そのほつれが良い味になるので、よりかっこいいタッセルに育っていきます。ぜひ動画を参考に、作ってみてくださいね。

デニムヤーンタッセルの作り方

  1. 作りたい長さより少し長めの厚紙に、好みの太さになるまでデニムヤーンを巻き付ける。
  2. 丸カンをはめてまとめたら、厚紙からデニムヤーンをそっと外す。
  3. 頭に巻く糸かデニムヤーンを巻き付け、しっかりと結ぶ。
  4. 下部分の輪っかをカットし、薄紙を巻いて下の端を切り揃える。

③スエード調紐のタッセル

スエード調のひもを使ったタッセルの作り方です。100均には、ベーシックなブラウンはもちろん、カラフルな色のスエード調紐がたくさんあるので、好みの色を選びましょう。1色で作るのはもちろん、2~3色を混ぜて作ってみてもおしゃれですね。

スエード調のひもでタッセルを作る際、最後に巻き付けるのは、糸以外に丸カンもおすすめです。もちろん、同じスエード調紐を巻き付けても良いですよ。短く作ってアクセサリーにしたり、長く作ってバッグチャームにしたりするのがおすすめです。キーホルダーにして、男性へプレゼントしても良いですね。

スエード調紐タッセルの作り方

  1. 作りたいタッセルの、2倍の長さのスエード調紐を、好きな本数カットする。
  2. 向きを揃えながら、端を閉じた丸カンを通して、紐を半分に折る。
  3. 頭に糸を巻く部分に、丸カンをはめて、端と端が重なるようにギュッと閉める。

タッセルを自分で作ってみたいと思ったら、ぜひ下記の記事も読んでみてください。タッセルの作り方を詳しく解説しているので、きっと参考になりますよ。難しそうに思えても、意外と簡単に作れます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

100均のタッセルのおすすめの使い方

①ピアス

100均のタッセルを使って、ピアスを作るアイデアです。自分でタッセルを作っても良いですが、100均で売っているタッセルを使うと、とても簡単にできます。シンプルに、タッセルとピアス金具を繋げるだけでも良いですし、チャームやビーズを組み合わせてもおしゃれですよ。

100均には、ピアスの金具やビーズ、チャームなどもたくさんあるので、組み合わせて購入するのがおすすめです。タッセルの色や素材で、かなりイメージが変わるので、色々なタイプで作ってみるのが良いですね。

タッセルピアスを作ってみたいと思ったら、ぜひ下記の記事も参考にしてください。素敵なフリンジピアスやイヤリングなど、タッセルを使ったアクセサリーの作り方が、色々と載っています。きっと参考になりますよ。

②披露宴の席札

披露宴の席札を、タッセルとプラバンで作るという使い方です。プラバンには名前を書き、穴を開けてから、トースターで熱して固くします。穴にタッセルの留め具の輪っかを通せば、おしゃれな席札の完成です。披露宴の席札は、たくさん作らなければいけないので、100均で買えるタッセルを使えば低コストですね。

100均のタッセルは見た目も高級感があっておしゃれなので、披露宴に使っても全く見劣りしません。様々な色のタッセルを使うと、「自分だけの席札」という感覚を招待客に与えられるので、きっと喜ばれますね。

③市販ポーチのアクセント

市販のシンプルなポーチのファスナー部分に、100均のタッセルを付けるという使い方です。ポーチは100均でも手に入ります。もちろん、そのままでもかわいいポーチが多いですが、タッセルを足すだけでオリジナルのポーチに変身しますよ。

ポーチ以外にも、バッグチャームやキーホルダーに、100均のタッセルを使うのもおすすめです。タッセルの留め具を、ファスナーやキーホルダーなどに直接繋げばOKです。気分によってタッセルの交換を気軽にしたい場合には、カニカンを使いましょう。カニカンも100均で手に入るので、一緒に購入しておくと良いですね。

タッセル作りにおすすめの100均パーツ

①ダイソーのレース糸

タッセル作りにおすすめの、ダイソーにあるレース糸です。ツルツルとした素材の糸で、細すぎないので、初心者でも作りやすいでしょう。ダイソーのレース糸は、とにかくカラーが豊富です。ベーシックな黒や白だけでなく、かわいいピンクや涼し気なブルーなどもあるので、きっと好みのカラーと出会えます。

せっかく豊富な色揃えなので、単色のタッセルだけでなく、2~3色のレース糸を使ってタッセルを作ってみましょう。表情のある、おしゃれなタッセルができますよ。

②ダイソーの引き揃え糸

タッセルを作るととてもかわいい、ダイソーの引き揃え糸です。聞き慣れない名前ですが、引き揃え糸とは、色や素材の違う糸をいくつも組み合わせて、1つにまとめた糸のことです。ダイソーの引き揃え糸は、ファンシーなパステルカラーが揃っています。ふわふわとした素材も使われており、かわいい雰囲気の糸になっています。

実際に作ってみると、ふわふわした素材のおかげでボリューム感が簡単に出ます。たくさん糸を巻かなくても、ボリューミーなタッセルがすぐに作れますよ。ボリュームが出やすいので、アクセサリーに使う場合には、あまり巻かずに短く作りましょう。大きく作れば、バッグチャームやカーテンタッセルにぴったりですよ。

③セリアのゴールドラメ糸

セリアで販売されている、キラキラとしたラメがゴージャスな、ゴールドカラーの糸です。高級感があるので、大きめのタッセルを作って、カーテンの留め具に使うのがおすすめですよ。

カーテンタッセルにゴールドを使うと、部屋の雰囲気も一気にゴージャスになります。大人っぽい部屋やインテリアが好きな人は、ぜひラメ糸でカーテンタッセルを作ってみてくださいね。

100均のかわいいタッセルをとことん楽しもう

100均には、おしゃれなアクセサリーができるタッセルがたくさんあります。ほかにもバッグチャームやキーホルダー、カーテン用などに使えるものなど、種類も豊富です。

自分でタッセルを作ってみたい人には、100均材料がおすすめです。どれもおしゃれなデザインで、高見えするものばかりなので、ぜひ100均のタッセルでハンドメイドを楽しみましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。