INDEX

【上旬・中旬・下旬】東京12月の天気や気温は?

東京の12月の天気と降水率

12月の天気

12月の東京は、すっかり冬の空気に包まれて、寒さも本格的になっていきます。おでかけにアウターは必須ですし、防寒具も用意すれば、さらに安心ですね。2017年の12月の東京は快晴の日も多く、降水を記録したのは1か月で2回だけでした。寒さ対策さえしっかりしていれば、心地よい冬の雰囲気を楽しめる時季です。

東京の12月の最高気温・最低気温・平均気温

2017年12月の東京は、最高気温と最低気温の差はさほど大きくなく、氷点下もほぼ観測していません。日中は10度超えの日も多いです。しかし、ビル風が強い場所などは、気温以上に寒く感じることも。また都心部では、室内や電車移動などで着込みすぎると、汗をかいてしまうくらい暖かいこともあるので注意しましょう。

東京の12月の気温と降水率を表にまとめてみました。すでに本格的に冬が到来している時季なので、1か月を通してそれほど大きな気温の変化はありません。突発的に暖かい日や寒い日はあるものの、基本的には安定しているので、しっかりと防寒対策さえしていれば、冬のファッションを大いに楽しむことができます。

東京の12月気温・降水量
(2017年データ) 12月上旬 12月中旬 12月下旬
平均気温 7.41℃ 6.41℃ 6.75℃
降水量 4.5mm 0 10.5mm
最高気温 11.67℃ 10.94℃ 11.91℃
最低気温 3.36℃ 2.39℃ 2.43℃

\ POINT /

表について

国土交通省の気象庁発表データをもとに算出しています。すべて平均値です。

【上旬編】東京の12月の服装コーデ

東京の12月上旬の服装選びポイント!

東京の12月上旬は、ニットセーターや、ベロア、コーデュロイなど、冬らしい素材を使ったアイテムにどんどんチャレンジできる時季です。アウターは、デニムジャケットやライダースなど、秋を中心に活躍していたアイテムとはお別れ。防寒力の優れたダウンやダッフル、ボアなどに、チェンジしていきましょう。

東京の12月上旬の服装①:ダッフルコートでカジュアルママコーデ

冬も本番になってくる12月上旬は、ダッフルコートが活躍が増えるころ。膝丈までカバーするものを選ぶと、しっかり温かく快適に過ごせます。アクティブな日は、中にたくさん着こまなくても、ニット1枚でOK。シンプルなセーターと、ハイウエストデニムのラフな組み合わせに、アクセントのある小物使いで、こなれ感UP!

ダッフルコートは、カジュアルから大人ガーリーなスタイルまで、幅広く合わせやすいアウターです。カラーによっても印象が変わり、いろんなコーデが楽しめます。もっとダッフルコートについて知りたいという方は、こちらも併せてご覧ください。

東京の12月上旬の服装②:ビジネスウェアしても最適な大人ダウンコート

軽くて暖かいダウンコートも、そろそろ本格的にワードロープに加えましょう。長時間着ていても疲れないのもダウンのいいところ。長めのものを選ぶとさらに防寒力が上がります。ウエストがリボンで絞れる女性らしいフォルムのものを選ぶと、きれいめに着こなせますね。ビジネスウェアとしても重宝しますよ。

東京の12月上旬の服装③:ベロアで光沢を楽しむ大人ファッション

12月らしい服装を演出したいなら、ベロアアイテムを取り入れるのはいかがでしょうか。特に生地感が出やすいプリーツスカートは、ベロア特有の光沢が存分に楽しめるのでおすすめです。足元はタイツでオシャレに寒さ対策!ロング丈のアウターをチョイスすると更に安心ですね。スニーカーであえて外してオシャレです。

東京の12月上旬の服装④:ゆったりサイズのニットカーディガンを主役に

天気が良さそうな日中だけのおでかけなら、厚めのボリュームニットカーディガンでコーディネートしてみると、トレンド感がグンと高まります。ロゴトップスやデニムなど、程よく力の抜けたラフなアイテムと着こなすと旬コーデになりますよ。気温が低くそうなときは、インナーをニットなどにチェンジしても楽しめる服装です。

今、ビックサイズや、ゆるっとシルエットのニットカーディガンが大ブーム中!ぜひコーデに投入してみてください。お洒落に着こなす方法が知りたい人は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

東京の12月上旬の服装⑤:ムートンコートをカジュアルに着こなす

こちらは、抜け感のある大人カラーのムートンコートを、あえてボーダートップスとデニムでラフに着こなした、大人カジュアルコーデです。ふわふわっとしたムートンならではの雰囲気で、大人の女性らしい上品なスタイルに仕上がっています。コートと同色のパンプスを選んでいるところもポイントです。

甘めの大人女子コーデにも、カジュアルな服装にも、羽織るだけで上質な雰囲気を作ってくれるのが、ムートンコートのいいところ。こちらの記事も併せてチェックして、ぜひオシャレに着こなしてみてくださいね。

【中旬編】東京の12月の服装コーデ

東京の12月中旬の服装選びポイント!

12月中旬になると、楽しみにしていた冬スタイルも一周して、少しマンネリしてくるころ。オシャレはしたいけど年末で忙しいという人や、気付けば黒っぽい服装ばかり…という人もいるのでは?そういう時は、旬顔アイテムを買い足してみたり、色合いや柄にひとアクセント加えて、定番な服装に新鮮さをプラスしましょう。

東京の12月中旬の服装①:寒さを吹き飛ばすクールなロングコート

全身をカバーしてくれるロングコートは、防寒力バツグン!気温が下がりそうな日は、ぜひコーデに投入してみましょう!シンプルニット×スキニーも、ロングコートの持つカッコよい雰囲気で、東京らしい都会的なファッションに仕上がります。トラッドになりすぎないように、ファーバッグをプラスしてバランスを取るのも◎

きっちり感のあるロングチェスターコートはビジネスシーンでも使えて便利です。また、それ以外にもロングコートにはいろんな種類があり、1着持っていると重宝します。ぜひ、こちらの記事もご覧くださいね。

Small thub shutterstock 522307024 1
関連記事 今年のロングコートコーデ、何がいい?!秋冬人気レディースコーデ57選

今季秋冬も人気なロングコート。ロングコートを使ったレディースコーデを楽

東京の12月中旬の服装②:柄ニットを探すならノルディックがおすすめ!

コーデの主役になってくれるニットセーターをお探しなら、ノルディック柄をチョイスするのもおすすめです。丁度良い存在感が魅力的で、一気に冬らしくなります!暖かいのにラクチンな、もこもこのモカシンもこの時季活躍してくれるシューズです。ぜひこちらの記事も参考にしながら、スタイリングしてみてください。

Small thub shutterstock 424656067
関連記事 モカシンコーデ30選!レディースの春の靴下や冬のUGGとの合わせ方は?

モカシンのおしゃれなレディースコーデをご紹介しています。UGGなどのブ



東京の12月中旬の服装③:ボルドー×ブラックでつくるデートスタイル

12月でもアクティブなデートを楽しみたい人には、ボルドーとブラックで作る甘辛ミックスコーデはいかがですか。軽くて動きやすいMA1に、女性らしさをプラスする黒フレアスカートをオン。同色のタイツとシューズで、防寒しつつ脚長×美脚も忘れないのがポイント!渋めのボルドーは、媚びずに女性らしさを演出できます。

東京の12月中旬の服装④:冬のマンネリを解消するNOブラックコーデ

つい暗くなりがちなのが冬の服装。そのマンネリ打破として、ブラックを使わないというのも、ひとつのテクニックです。華やかなイエローのニットにホワイトのスカートが明るい印象を作ってくれます。小物は落ち着き感と甘さが共存した、ブラウンを投入。ママ友のお食事会や、ちょっとしたお呼ばれなど、室内コーデにも◎

柄物のストールは防寒しつつ、コーデにアクセントを加えてくれるので、時々コーデに加えてみると新鮮な印象になります。これらの記事もぜひ参考にしながら、ストールコーデも楽しんでみてください。

東京の12月中旬の服装⑤:オーバーサイズMA1で旬スタイルの仲間入り

とことんカジュアルな冬の服装を楽しみたいなら、オーバーサイズのMA1にチャレンジしてみるのも◎羽織るだけで、いつものコーデが一気に旬顔になる優秀アウターです。上半身にボリュームがあるときは、スキニーを選んでメリハリをつけると、低身長さんでもバランスよく着こなすことができますよ。

MA1は、サイズや着丈によって随分印象も変わりますし、デザイン性に凝ったオリジナリティー溢れるものなども出ています。お気に入りの1枚を探したい方は、こちらの記事もおすすめです。

Small thub shutterstock 124584727
関連記事 ma1のレディースコーデ15選!ブルゾンとの違いやサイズの選び方も!

話題のma1ブルゾン。サイズの選び方次第で印象が違い、コーデがスタイリ

【下旬編】東京の12月の服装コーデ

東京の12月下旬の服装選びポイント!

12月下旬は、2017年の記録によると、1月に向けて一段階寒さが厳しくなり始める様子が伺えます。でも、忘年会やクリスマスなどイベントは盛りだくさん!しっかり防寒を考えつつ、華やかさを忘れない女性らしいスタイリングを楽しみたいですね!明るいカラーをプラスするように心がけてみるのもおすすめですよ。

東京の12月下旬の服装①:ホワイトでまとめた甘めクリスマスコーデ

いくつになってもドキドキするのが、クリスマスデート。服装も悩みますね!白のニットやアウターは、見た目も柔らかな生地を選んで、大人の女性らしさや品の良さを大切に!そこに程よい甘さをプラスする、チェック柄のミニスカートをオン。長めコートと黒タイルで露出をカバーしたら、優しい印象のデートスタイルが完成。

東京の12月下旬の服装②:大人女子のためのパンツクリスマスコーデ

こちらは、夫婦や家族で過ごしたり、女子同士で集まってクリスマスを過ごす人に、おすすめの服装です。全身をマカロンカラーでふんわりまとめつつ、センタープレスが効いたワイドパンツで大人の雰囲気も演出。ボリュームのある袖は、女性らしいフォルムを作ってくれます。ファーピアスや白バッグの小物使いもおしゃれ!

東京の12月下旬の服装③:冬素材ワンピで周りに差を付ける!

12月らしいワンピースコーデを楽しみたい人は、ツイード素材をチョイスしてみましょう。高級感のあるツイードを大胆に使っていて存在感バツグン!フレアスカートも大人っぽく着こなすことができます。キャスケットやシックなハンドバッグなどと合わせて、レトロな雰囲気のある服装にまとめています。

東京の12月下旬の服装④:仕事の忘年会は明るめシンプルコーデで参加

12月終盤は、忘年会で大忙し!という働く女性も多いのではないでしょうか。今日は特にキメたいという日は、ダスティーパープルと白チュールスカートを合わせて、室内で明るく見えるようにコーデしてみるのも◎きっちり感のある黒チェスターを脱いだ時のギャップも素敵なので、男性からのウケも良くなるかもしれませんよ。

東京の12月下旬の服装⑤:モノトーンで決めるカッコいい冬コーデ

とことんカッコいい服装を目指すなら、暗めのトーンにまとめたトラッドアイテムでスタイリングしてみましょう。首つまりニットや、ハイウエストワイドパンツでトレンド感満載!きちんと感のあるロングのテーラードコートを合わせれば、モードな雰囲気に!ファー小物やスニーカーなど、外しアイテムを忘れないのが鉄則!

【番外編】東京の12月におすすめの持ち物は?

東京の12月の持ち物①:スマホ使用もOKな手袋

長時間外にいることが多い人は、手袋が必需です。ショーティーや、ミトン、ガントレットなど様々な種類があります。普段の服装に合わせて、デザインや素材を選ぶと着回しやすいです。またわざわざ脱がなくてもスマホが使える手袋も増えていて、外出先では特に重宝します!お出かけ時にはバッグに入れておきましょう。

東京の12月の持ち物②:ほかほか癒されるカイロ

ポケットに入れておいたり、身体に貼っておくと、とっても癒されるカイロ。バッグの中にいつでもストックしておくと、ここぞという時に大活躍してくれます。最近は、カイロにメッセージを書いてプレゼントするのも流行中。気になる人や、大切なお友だちに手渡せば、心まで温かくなりそうですね。

\ POINT /

貼るタイプは要注意?

洋服に貼るタイプは、一日中外にいるときにはとても暖かく重宝しますが、室内と室外を行き来する場合や電車移動を予定している場合は、避ける方がベターなことも。特に人の集まる都心部では暑くなりすぎることがあるので、シーンに合わせてカイロの種類を変えてみてくだいね。

東京の12月の持ち物③:巻き方自由自在なロングスヌード

首元を暖かく包んでくれるスヌードは、服装のアクセントにもなるので1つ持っていると便利。マフラーやストールのように、着崩れてくることが少ないので、アクティブな日にもおすすめです。寒いときは2重巻き、暑くなったら1重に、など温度調整もできて、首にかけておけば、手で持ち歩く煩わしさも減らせる優秀アイテム。

季節に合わせた服装で東京ライフを楽しもう!

いかがでしたでしょうか。気温も天気も安定している12月は、冬らしい素材や冬らしいアウターがとことん満喫できる時季です。またお出かけやイベントも多い月なので、服装にも気合が入りますね!季節に合った服装で、12月の東京を思う存分楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。