INDEX

元気の意味を持つ(ガーベラ)の花言葉

基本的な(ガーベラ)の花言葉は「希望」

元気の意味の花言葉を持つガーベラは、キク科で春と秋に咲く多年草です。咲き方にも色々な種類があります。また、グラデーションも花もあるため、色の花言葉の組み合わで、色々なメッセージを届けることができます。ガーベラ全体の花言葉は「希望」や「前向き」など元気が出そうな言葉です。

ガーベラの花言葉の由来は、ガーベラには色や形が豊富にあり、様々な形で明るさを与えてくれることから来ていると言われています。

【元気の花言葉】(ガーベラ)の品種別の花言葉

ガーベラには、約2,000種以上の品種があると言われています。ガーベラの原種は、 「ヤメソニー」で、咲き方は200種類以上あるようです。オレンジ赤の品種「ペイントボール」の花言葉は、「チャレンジ」です。ピンクの「フィガロ」や「メトリーゼ」は、「崇高美」です。

黄色とオレンジのグラデーションの「ゴールドホーク」や「パティオイエローストーン」の花言葉は「我慢強さの先にあった、究極愛」です。そして、オレンジと黄色の 「エンテ」や「ボタン」は、「その冒険は、あなたの親しみやすさで乗り切れる!」です。白いココナッツケーキやラシナは「純潔」「希望」です。

【元気の花言葉】(ガーベラ)の色別の花言葉

花色は赤や黄色、オレンジ、ピンク、白、紫などがあります。赤いガーベラの花言葉は「神秘の愛」です。ピンクは「熱愛」」「「童心に帰る」、オレンジは「神秘」「冒険心」「我慢強さ」、黄色は「究極愛」、白は「希望」です。赤いガーベラがつぼみの場合は、「熱い想いを秘めている」という花言葉になります。

【元気の花言葉】(ガーベラ)の本数別の花言葉

ガーベラはバラの様に本数による花言葉はありません。一般的に、花束の本数ごとの意味は、1本が「あなたが運命の人」、3本が「愛している」、4本が「一生愛し続ける」、6本が「あなたに夢中」、8本が「思いやりに感謝」、9本が「いつも一緒にいよう」、11本が「最愛」、12本が「恋人(奥さん)になって」です。

また、40本は「永遠の愛を誓う」、99本が「永遠の愛」、108本が「結婚してください」という意味があります。特に、12本の花を贈ってプロポーズすると幸せになれると言われていて、16本は「不安な愛」、15本が「ごめんなさい」、17本は「絶望の愛」というネガティブな意味になります。

ちなみに、つぼみは「秘めた恋」「恋の告白」という意味があります。ガーベラの場合は、これに個々の花言葉の意味を組み合わせて、その花束の花言葉とします。

元気の意味を持つ(トルコキキョウ)の花言葉

基本的な(トルコキキョウ)の花言葉は「永遠の愛」

元気の意味の花言葉を持つトルコキキョウ全体の花言葉は、「永遠の愛」でプロポーズによく使われる花です。トルコキキョウはリンドウ科でキキョウ科ではありません。トルコキキョウの原産はアメリカで、つぼみがトルコ人のターバンに似ていて、キキョウに似た花であることからトルコキキョウと名付けられました。

花言葉の由来は、形がキキョウに似ているからことから、キキョウの花言葉が使われています。キキョウの花言葉の由来には逸話があり、桔梗(キキョウ)が恋人を待ち続ける若い女性の象徴であったという話から来ています。

【元気の花言葉】(トルコキキョウ)の品種別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つトルコキキョウは、日本で品種改良され現在300品種以上あるそうです。代表的なのは、バラに似たエクローサグリーンやブライダルにふさわしいリボヤージュ、ラベンダーカラーのロジーナラベンダー、淡いピンク色のセレブピンク、八重咲きのエグゼラベンダー、コサージュなどがあります。

エクローサグリーンの花言葉は、「あなたを思う」「優美」「希望」「思いやり」です。ボヤージュは「旅立ち」、セレブピンクは「希望」「 優美」、エグゼラベンダーとロジーナラベンダー、コサージュは「すがすがしい美しさ」「優美」「希望」です。

【元気の花言葉】(トルコキキョウ)の色別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つ、トルコキキョウの花の色別の花言葉は、紫の花言葉は「希望」で、ピンク色は「優美」、白は「変わらぬ愛」、です。どれもトルコキキョウ全体の花言葉ととても近いです。

また、プリマドンナは「華やかな存在」、キャンディイエローは「毅然とした態度」です。ネイルハートは「繊細かつ大胆」、ネイルピンクは「うそのつけない人」という花言葉があります。

【元気の花言葉】(トルコキキョウ)の本数別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つトルコキキキョウは、バラの様に本数による花言葉はありません。一般的に、花束の本数ごとの意味は、1本が「あなたが運命の人」、3本が「愛している」、4本が「一生愛し続ける」、6本が「あなたに夢中」、8本が「思いやりに感謝」、9本が「いつも一緒にいよう」、11本が「最愛」です。

また、12本が「恋人(奥さん)になって」、40本は「永遠の愛を誓う」、99本が「永遠の愛」、108本が「結婚してください」という意味があります。特に、12本の花を贈ってプロポーズすると幸せになれると言われています。

そして、16本は「不安な愛」、15本で「ごめんなさい」、17本は「絶望の愛」となりネガティブな意味になります。ちなみに、つぼみは「秘めた恋」「恋の告白」という意味があります。トルコキキョウの場合は、これに個々の花言葉の意味を組み合わせて、その花束の花言葉とします。

元気の意味を持つ(タイム)の花言葉

基本的な(タイム)の花言葉は「勇気」

元気の意味の花言葉を持つタイムは、原産地が北半球のシソ科の植物です。昔から薬草として使われていたタイムの学名はThymus(タイマス)で、ギリシャ語で「勇気」の意味があり、花言葉の由来です。最近は、料理やアロマセラピーなどに使われるハーブの一種です。花言葉は「勇気」」「活気」「活動力」です。

【元気の花言葉】(タイム)の品種別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つタイムは、原産地は地中海沿岸で、およそ300種から400種の品種があります。代表的な品種と花言葉は、コモンタイムの花言葉は、「勇気」「清潔感」、フレンチタイムは「勇気」、クリ―ピングタイムは「勇気」「清潔感」です。レモンの香りのレモンタイムは「勇気」「感情」です。

カンファータイムは「勇気」、イブキジャコウソウは「勇気」「行動」「潔癖症」「神聖」です。タチジャコウソウの花言葉は「活発」です。

【元気の花言葉】(タイム)の色別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つタイムの花の色は、主に白やピンク、紫などがあります。タイムには色別の花言葉はないようです。品種による花言葉に若干の違いはありますが、どの品種も「勇気」が花言葉になっているようです。

【元気の花言葉】(タイム)の本数別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つタイムはハーブなので、単体ではなく他のハーブと一緒にラッピングをして贈ったり、鉢植えでプレゼントをすることが多いようです。アレンジの仕方は豊富にあり、おしゃれなポットやカップにアレンジして贈ることもできますと喜ばれます。特に料理好きな知り合いにプレゼントすると喜ばれます。

元気の意味を持つ(ネモフィラ)の花言葉

基本的な(ネモフィラ)の花言葉は「どこでも成功」

元気の意味の花言葉を持つネモフィラは、北アメリカ原産の一年草で、爽やか空色の花です。ネモフィラの花言葉は、「どこでも成功」や「可憐」」「清々しい心」です。花言葉の由来は、ネモフィラにまつわるギリシャ神話から来ているようです。

【元気の花言葉】(ネモフィラ)の品種別の花言葉

ネモフィラの品種は、一般的にブルーの花を咲かせるインシグニスや、黒に近い色で縁が白のペニーブラック、シルバーリーフのプラチナスカイ、花に斑点があるマクラータなどがあります。ネモフィラは、特に品種別での花言葉はありません。ちなみに、ひたち海浜公園のネモフィラは、「インシグニスブルー」という品種です。

【元気の花言葉】(ネモフィラ)の色別の花言葉

日本でよく見られるネモフィラは、黒に近い紫に白い縁取りが入ってものや、白い花びらに紫色の斑点がは入っているものがあります。ネモフィラは、色別での花言葉はありません。

【元気の花言葉】(ネモフィラ)の本数別の花言葉

ネモフィラは一般的に、寄せ植えで使われることが多いようです。本数別の花言葉は特に持っていないようですので、1本でも何百本でも、同じ花言葉になります。ちなみに、観光スポットの茨城のひたち海浜公園内のネモフィラの丘には、約450万本の可憐な、「インシグニスブルー」のネモフィラが植えられているそうです。

元気の意味を持つ(グラジオラス)の花言葉

基本的な(グラジオラス)の花言葉は「勝利」

元気の意味の花言葉を持つグラジオラスは、南アフリカ原産の多年草の球根です。海外で栽培、品種改良されている花で、日本には自生地がありません。グラジオラスの花言葉は、「勝利」「密会」「用心」「忘却」です。冬以外は楽しむことができ、園芸用として人気がある花です。

「密会」や「用心」といった花言葉の由来は、恋人たちが密会する時に、グラジオラスの花で時間を伝えていたという古代ヨーロッパの出来事から来ています。また、グラジオラスの元名はグラディウスで、ラテン語で剣を指します。剣が戦いを連想させるため、「勝利」という花言葉の由来になりました。

【元気の花言葉】(グラジオラス)の品種別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つグラジオラスは、原種が300種あり品種改良で生まれたものを合わせる5,000種以上になります。一般的にグラジオラスと呼ばれているのは夏咲きで、春咲きは早咲きグラジオラスと呼ばれています。

夏咲グラジオラスには、トパーズ、コロラド、トラベラがあります。グラジオラスは色別の花言葉はありますが、品種別の花言葉は無いようです。

【元気の花言葉】(グラジオラス)の色別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つグラジオラス全体の花言葉は、「勝利」「密会」「用心」「忘却」ですが、グラジオラスは花色が豊富で、色によって花言葉が違う場合があります。花色と花言葉は、 赤が「堅固」「用心深い」、紫が「情熱的な恋」、ピンクが「たゆまぬ努力」「ひたむきな愛」「満足」、白は「密会」です。

緑は「思い出」「忘却」「なごやか」です。それ以外の青や黄色、オレンジ単体でのグラジオラスには、花言葉は特にないようです。

【元気の花言葉】(グラジオラス)の本数別の花言葉

元気の意味の花言葉を持つグラジオラスは、バラの様に本数による花言葉はありません。一般的に、花束の本数ごとの意味は、1本が「あなたが運命の人」、3本が「愛している」、4本が「一生愛し続ける」、6本が「あなたに夢中」、8本が「思いやりに感謝」、9本が「いつも一緒にいよう」、11本が「最愛」です。

また、12本が「恋人(奥さん)になって」、40本は「永遠の愛を誓う」、99本が「永遠の愛」、108本が「結婚してください」という意味があります。特に、12本の花を贈ってプロポーズすると幸せになれると言われています。

そして、16本は「不安な愛」、15本で「ごめんなさい」、17本は「絶望の愛」となりネガティブな意味になります。ちなみに、つぼみは「秘めた恋」「恋の告白」という意味があります。グラジオラスの場合は、これに個々の花言葉の意味を組み合わせて、その花束の花言葉とします。

元気の意味の花言葉で気持ちを伝えよう!

元気の意味の花言葉を持つ花を、花言葉と合わせてご紹介しました。花によっては、品種や本数で花言葉が変わるものもありました。花屋さんに行って、花言葉の組み合わせで大切な人に気持ちを伝えて見ませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。