INDEX

どんな場面で頭をかく?

困った時

困った

何かに困っていると、なぜか人間は身体のどこかを触ろうとします。複雑な何かを解決しようとしている時、頭はいっぱいいっぱいになり、助けを求めている状態になっているからです。はっきりとした定説はないのですが、頭をかく人の心理では、身体で表現することで少し気が楽になるから起こることと言えるでしょう。

頭で解決しようと考えているので、フル回転して興奮状態の頭の中を落ち着かせなければなりません。頭をかくという心理では、混乱している興奮した頭の中を落ち着かせうようとしてかゆみを起こし、自然と頭をかくことで困った状態を解消しようともしているのです。

緊張する場面に遭遇してしまった時

緊張

なぜ人間は緊張するのでしょうか?緊張しなければ心も安定してゆったりと構えて過ごせるはずです。ですが、人間は成長する生き物です。適度なストレスを脳に与えることで、人間は可能な限り成長していくことが分かっています。

緊張する場面でのストレスを感じると、身体は汗ばみ頭の中では、興奮してほかほかした状態になっているでしょう。このほかほかした状態では血流が良くなるため、身体だけでなく頭をかゆみがある状態に導き、結果頭をかいてしまうのです。頭をかく人の心理は、ストレスと切っても切れないと言えるでしょう。

いつもの癖でかく

癖

ある決まった行為をする時に必ず決まって頭をかく人は、かゆいからではなく、もう毎日の習慣となってしてしまいます。頭をかく人の心理としては、無意識の心で自分でも気にしていない無自覚の行為でしょう。10選のうちでは納得の心理と言えます。癖は習慣付けられていて、止めるやめないの問題ではなく心地良いのです。

なぜ頭をかくのか知りたい!頭をかく人の心理10選

①精神的に不安定

不安

頭をかく人の心理とは、1つだけでなく色々な具合が混ざった深いものでしょう。10選の中では切っても切れないベールに包まれた心理とも言えます。この深い心理には、精神的に波がある不安定な状態が考えられます。何か気にかかることがある、不安要素があると、頭をかいてしまうでしょう。

②ストレスを溜めやすい

ストレス

なぜストレスを感じると頭をかくのでしょうか?頭をかく人の心理10選の中でも特に気にかかる心理状態でしょう。人が生活していくのに常にあるストレス。ストレスを感じやすく人よりうっぷんが溜まり易い人は、より頭をかくでしょう。自分を戒めるように頭をかくことで発散されて、気持ちがスッキリとするのです。

③恥ずかしがり屋

恥ずかしい

頭をかく心理としてまず思い浮かぶのが、まさにこれでしょう!恥ずかしいと女の人は口に手をあて、男の人は照れて頭をかくといった光景もよく見かけますよね。何かの発表などの人前に出る場面で、恥ずかしがると見ているこっちまで恥ずかしくなるのですが、見ている方は頭をかく行為はしないでしょう。

恥ずかしがり屋さんは顔や頭が火照るため、顔の場合は赤らんだ頬などを隠したくなるでしょう。汗ばむことからかゆくなり、頭をかくことで恥ずかしさを解消しているのが恥ずかしがり屋さんのポイントです。

④アトピーなどにより頭がかゆくなりやすい体質

体質

花粉やダニなどのアレルギーやアトピーを持っている人は最近増えていますよね。体の中から出てくる症状はさまざまで、それは時としてかゆみという形で発症します。このかゆみ症状は、体の一部であったり、全体であったり人によって個人差があります。頭をかく人の心理としては必然的なものでしょう。

かゆみ症状が頭に出ている人のであれば、体質的にかゆいため頭をかく行為をしてしまうことになります。この体質の人があまりかき過ぎると、フケが出易く不潔な身だしなみになってしまうので、フケが落ちていないか時々チェックをしましょう。

\ POINT /

アトピーでかゆい場合の対策とは?

アトピーやアレルギーなどでかゆいと思われる場合は、皮膚科を受診して医師の判断に従いましょう。軟膏や飲み薬を処方されることが多いようです。

⑤頭をかくと落ち着く

落ち着く

大した理由はないのについ頭に手がいき、知らずと頭をかいていることがありませんか?頭をかく人の心理という面では、もはや手元が何かを触っていないとソワソワする不安定な状態と言えるでしょう。頭をかくことで手元が安定して心もほっと落ち着けるのです。四六時中大好きな人形を手放せない子供と似ている所があります。

⑥言いたいことを我慢しがち

がまん

言いたいことをどれだけ言葉に出していますか?思っていること全てを言葉に出すことが出来たら、なんて幸せなことでしょう!ですが大人になればなるほど、現実と理想のギャップが大きくなり実際は心に閉まっておくことが増えます。本当は話したいのに言えない、または状況が許さないのであればもやもやが溜まりますよね。

頭をかく人の心理としては、心のもやもやは体にも伝わり、頭をかくという行為で表れることになるでしょう。もやもやを解消するためには頭をかくことが必要なのです。

⑦とにかく癖でやめられない

くせ

頭をかく人の心理で、無自覚の癖という認識がこれでしょう。自分では気付いていないことだってあるかもしれません。自分ではそれ程気にしていないはずですが、周りの人から指摘されてはっとするところでしょう。気付いた時点で頭をかくことをどうこうする気はないのですが、気にして止めたいと思っている人も多いのです。

なぜか頭をかいてしまう、たったそれだけのことが頭をかいている本人には必要で、なかなか止めることはできないでしょう。一種の快感を味わっているようなものです。快感は心を落ち着かせ、何事にもやる気を発揮するはずです。

⑧無意識のうちに

無意識

頭をかく人の心理の全てのベースになるのが、無意識に頭をかいてしまうということです。頭をかこうと思ってかいている人はいないはずです。無意識の快感や落ち着く習癖行動と言えるでしょう。

\ POINT /

かきすぎ防止のためには?

無意識にかいてしまうと、かいた部分が心配になりますよね。就寝時には綿100%のおやすみ手袋をはめて寝たり、シャンプーを低刺激用に変えると自然とかゆみが減ったりします。また、リラックス効果のあるハーブでアロマを楽しんでも効果的でしょう。

⑨頭をかくふりをする

ふり

頭をかく人の心理で、驚きの心の内に違いないでしょう!頭をかくということが人にどう見られるか分かっているからこそする、頭をかく行為。これは、その時々の状況や場面に応じて計画的に頭をかく仕草をしているのです。

大抵の人は、頭をかいている人を見ると、恥ずかしいのか上がり症なのか、または頭が日常的にかゆい人なのかなどと考えます。どう見せたいのかという本心は本人にしか分からないけれど、場面でなんとなく予想ができるでしょう。

⑩恥ずかしい人を演じる

恥ずかしい

頭をかくふりと似ている心理ですが、こちらは、とにかく異性に謙虚に見られたいなどの思いがあってするものでしょう。恥ずかしいフリをすれば、相手に少し控えめな印象を与えます。魅せる自分を上手く演出しているのです。

頭をかく人の性格とは?

繊細なタイプ

大人

頭をかく心理では、精神的に感じ易い人が寄り処を求めるため、頭をかいてしまうことが多いようです。おおらかなタイプでなく、色々なことを気に留めやすい、いわゆる繊細な性格の人が心の思いを解消する方法として頭をかくのでしょう。

上がり症

緊張

人前に出ると、いつでも緊張してしまう人がいませんか?大勢の視線が自分に向けられていると思うと心がすくんで上がってしまうのです。頭をかく人の心理の10選の中では、この上がり症の人は、まさに頭をかき易いタイプと言えるでしょう。

我慢強いタイプ

我慢

頭をかく人の心理で多いのが、我慢強い心でしょう。いたって何事にも我慢強く精神的にタフで心が折れずに自分を保てる人は、何か支えがあるはずです。その支えを保つポイントが、頭をかくということなのです。

気になる頭をかく人の心理!どんな気持ちで頭のどの辺をかいているの?

頭の前

前

頭の前が火照っている時に頭をかくことがあります。おでこ周辺やこめかみの近くなどは、吹き出物が出やすい部分でもあるため、ただ単にかゆみか不快感を伴うから頭をかいている場合も多いでしょう。それとは違い、物事の行き詰まりか何かで困っている時に頭の前部分をかいていることがあります。

困っている時に頭が火照るととにかく血流が良くなり頭がかゆくなります。一生懸命考えていると働いている頭の前周辺をかきたくなるのでしょう。

頭の後ろ

後ろ

頭をかく人の心理では、人と顔を合わせて対面していたりすると顔を見せたいので手を頭の後ろに位置付けるのでしょう。人と対面する時に顔がよく見えないのであれば失礼になります。マナーをわきまえている心理がよく表されていると言えるでしょう。

まるで頭全体をかく?

横

どうしようもない時、行き詰まった時に頭を抱え込んでしまう時がありませんか?頭に血が登ってしまうと自然と頭を押さえてしまいたくなります。

頭をかこうと思ってかいていないのに、興奮状態になっていたから夢中で頭をかいてしまったというのが、この頭全体をかいてしまった人の内心で、頭をかく人の心理でしょう。

頭をかく人の心理10選を知って理解のある人間になろう!

頭をかく人の心理10選をご紹介していきましたが、本当にさまざまな心理があって驚かされますよね。頭をかく人の心理のどれか1つでも、自分も同じような気持ちを感じたことがあるとすれば、新たな内面を発見したように思えるでしょう。頭をかく人を不思議に思っていた人も、きっと理解が深い眼差しで見れるはずです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。