Large thumb shutterstock 226435555

2回目のデートへの脈ありサイン11選!見極めポイントとは?

更新:2020.07.24

2回目のデートへの脈ありサイン11選では、初めてのデートで相手からの好意を見極めるポイントを紹介します。2回目のデートは相手に好意がなければしないので、初デートで好意を見極めることが重要です。そこで好意を見極めるためのポイントについて紹介します。



2回目のデートをしてもいいと思った理由とは?

好感が持てた

好感

初めてのデートで相手に対して好感を持つことができれば、さらに相手のことを知りたいと思うようになります。清潔感があって話が合えば、相手に対して好感を持ちやすくなります。好感が持てる相手ほど一緒にいて楽しいと思えるので、2回目のデートも期待してしまいます。

会話が盛り上がった

会話

初めてのデートの時はお互い緊張するものですが、共通する話題が多いほど相手に親近感を覚えることが多いです。そのため初めてのデートで会話が盛り上がると、相手との相性がいいと思ってまた会いたいと思うようになります。

初めてのデートでこんなに盛り上がることができれば、次はもっと楽しいデートができると思えます。そのため次もデートをしたいという気持ちになるので、2回目のデートをしてもいいと思えてきます。

2回目のデートへの脈ありサイン11選~デート中~

①常に笑顔でよく目が合う

笑顔

2回目のデートの脈ありサインを知るには、1回目のデートで相手が好意があるかをチェックすることが大切です。好意がある相手に対しては自分を良く見せようとするので、常に笑顔を絶やさないことが多いです。また好意があれば気になって相手のことを見る機会も増えるので、目が合う回数も増えます。

初めてのデートの時は緊張して上手く会話をすることも難しいですが、自分を良く見せようと努力をするものです。そのため笑顔で好感度を上げようとしたり、相手をもっと見たいと思って目が合うなどの行動が多くなります。相手からの好意を感じることができれば、2回目のデートもできる可能性が高まります。

②体ごとしっかり相手と正対しようとする


正対

人は好意がある相手に対して真摯に対応しようと思います。そのためデート中はできるだけ相手と真摯に向き合いたいと思うので、正対して話をしたいと思っています。歩いている時や座っている時など、正対できない時でもできるだけ体を相手に向けようとします。

相手と真摯に向き合おうとすると自然と体がその人の方に向くので、相手の行動によって行為があるかを知ることができます。真摯に対応したいと思うのは自分に好感を持ってもらいたい意思の表れなので、少なくとも相手は好意を持っている可能性が高くなります。

③気遣ってくれる

気遣い

相手に対して気遣いができる人は素晴らしいと思います。気遣いができる人は普段からできる人もいれば、相手に好意を持ってもらいたいから意識してやる人もいます。初めてのデートでは相手の普段の姿を知ることはできませんが、少なくとも興味がない人には気遣いをする必要はありません。

そのためデート中によく気遣ってくれれば好意があるかもしれないと判断していいでしょう。たとえ普段から気遣いをする人だとしても、素敵な人には変わりないので、2回目のデートに誘いたいと思うはずです。気遣いを2回目のデートの脈ありサインだと思って、積極的に誘ってみるのもいいかもしれません。

POINT

脈ありサインのポイント!

相手からの好意を感じたら2回目のデートに誘ってみる。

2回目へのデートの脈ありサイン11選~会話~

④積極的に自分のことを話してくる

会話

2回目のデートへの脈ありサインとして、初めてのデートなのに自分のことをよく話してくる人は脈ありサインだと思っていいでしょう。初めてのデートではお互いを知るきっかけを作るものですが、相手に好意があるからこそ自分のことを知ってもらいたいという気持ちがあります。

そのため初デートで自分のことをよく話してくる時は相手に興味津々なので、自分のことを知ってもらって欲しいと思っています。相手が2回目のデートを望んでいるからこそ、自分のことを積極的に話をしてくるので、脈ありサインだと受け取ることができます。

⑤質問が多い


質問

相手に対して興味を持つと自分のことを知ってもらいたいという気持ちのほかに、相手のことを知りたいという気持ちも強くなります。そのため自然と会話が相手に対しての質問が多くなるケースも多々あります。相手からの質問が多くなった時には、2回目のデートへの脈ありサインのひとつとして受け取ってもいいでしょう。

⑥次のデートの具体的な場所や日にちの話をする

会話

初デートの時にはその日を楽しむことはもちろんですが、2回目のデートの約束ができるかが重要なポイントになります。そのためデート中の会話で具体的な次のデートの場所や日にちの話をしてきた時は、2回目のデートへの脈ありサインだと受け取ることができます。

初めてのデートであまり印象が良くなくても、社交辞令のように次のデートの話をすることはあります。その場合には曖昧な表現が多く、具体的な話が出てこないので見極めも簡単です。具体的な話題が出てきた時には、2回目のデートへの脈ありサインとして受け取れるので、しっかりと見逃さずにチャンスをものにしましょう。

⑦将来の目標や話をしてくる

デート

デート中に自分の目標や将来の話題になれば、相手に対して好意を抱いている可能性が高いです。相手に好意があるからこそ自分との将来のことを考えて欲しいという気持ちから、将来に関する話題を話すことが多いです。自分の目標に共感をしてくれる相手であれば、さらに一緒にいたいという気持ちも強くなるでしょう。

初デートでその日を楽しむだけでなく、将来の話題が出てきた時は2回目のデートへの脈ありサインとして受け取ることができます。相手が今後のことを考えている証拠なので、一緒に将来の話題について盛り上がるのも楽しいものです。

POINT

脈ありサインのポイント!

会話の中でお互いのことや将来の話題が出てきた時は、脈ありサインとして受け取りましょう。

2回目のデートへの脈ありサイン11選~デート後~

⑧相手から連絡をしてくれる

連絡

2回目のデートへの脈ありサインとして、デート後に相手から連絡があればチャンスも広がります。デート中はお互いが緊張しているので、次のデートの約束をしたくても、緊張から話ができなかった可能性もあります。そこでデート後に改めて次のデートの約束をするために、相手の様子を伺おうと連絡してきた可能性が高いです。

初めてのデートで相手に好感を持たなければ、2回目のデートを考えることはないでしょう。興味がない相手にわざわざデート後に連絡する必要はないので、デート後に連絡があるだけでも好感を持ってもらえたということがわかります。そのためデート後の連絡によって2回目のデートへの脈ありサインを確認することができます。

⑨デートの時の会話の内容を覚えている

会話

初めてのデートでは緊張することが多いので、相手との会話の内容も覚えていないことはよくあります。そのためデート後に連絡があった時に、会話の内容をしっかり覚えていた時は脈ありサインだといえます。興味がない相手との会話を覚えておく必要はないので、相手も2回目のデートをしたいからしっかり覚えているのです。

⑩約束を守ろうとしてくれる

約束

デート中の会話の中でいろいろ話をすることもありますが、会話の中で軽い約束をすることもあります。例えば気になるお店に一緒に行く約束をしたり、美味しい料理を食べに行く約束をすることもあるでしょう。会話の流れで約束をすることもありますが、相手がしっかりと約束を守ろうとした時は脈ありサインだと受け取れます。

2回目のデートに誘うきっかけとして、会話の中の約束を上手く利用しています。軽い約束とはいえ会話の中で約束したことには変わりありません。約束をしっかり守ろうとして話題を出してくる時は、誘うきっかけとしている場合が多いので、自然と2回目のデートの約束をすることができるでしょう。

⑪自分に予定を合わせようとしてくれる

予定

デート後に次のデートのための予定を自分に合わせようとしてくれれば、2回目のデートへの脈ありサインだと受け取れます。デートをするのはお互い休みの日が定番ですが、社会人になると休みが合わないことも多々あります。そこで仕事が終わってからデートの約束をするなど、予定を調整しなければなりません。

好意がある相手に無理に予定を変更させるのは申し訳ないと思うので、自分の予定を何とか調整しようとします。予定さえ合えばデートができると思っているので、脈ありサインとして受け取ることができます。

POINT

脈ありサインのポイント!

デート後は具体的な話題が出てくるので、脈ありサインに気づきやすい。

脈ありサインに気づいた時の対処法とは?

相手の話に共感する

共感

相手から脈ありサインを感じた時には、相手の話に共感や同意をしましょう。相手も興味を持っているからこそ脈ありサインを出してくるので、共感してくれると思えばもっと積極的に誘ってくれるはずです。2回目のデートを希望する時は、相手の話に共感するほど相手も自信が持てるので誘いやすくなります。

相手に決断してもらう

決断

2回目のデートへの脈ありサインに気づいたとしても、自分の勘違いかもしれないと思って積極的に行動できない人もいるでしょう。そんな時は相手に決断してもらうことをおすすめします。2回目のデートをする時には具体的な話をしなければいけないので、相手に決断してもらうように誘導するように仕向けます。

「時間が合えばまた会いたい」「この日なら予定はないけど」と伝えてみましょう。相手が2回目のデートを望んでいる時は、具体的な話題を出してくるはずです。「この日なら空いてるから会おう」という流れになるので、決断を相手にしてもらうことで2回目のデートの約束をすることができます。

POINT

脈ありサインに気づいた時のポイント!

脈ありサインに気づいた時は相手に共感するか、勇気を出して積極的に行動してみましょう。

2回目のデートは相手の好意を見極めることがポイント

2回目のデートへの脈ありサイン11選では、相手の好意を見極めることがポイントとなります。初めてのデートでは相手との相性を確認することが多いので、2回目のデートへの脈ありサイン11選を参考に次のチャンスをしっかりと掴みましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。