Large thumb shutterstock 155645630

名器になれる膣トレーニングの方法!彼氏を魅了♡簡単に鍛えられる?

更新:2019.09.02

最近膣のしまりが悪い、イキにくくなったという悩みを持つ女性のために膣トレーニングの方法を紹介します。名器と呼ばれるための簡単レッスンでアナタも感じやすく、キツい膣になることができますよ。一日数分でもトレーニングすることで劇的に変わります!

膣トレーニングの方法【はじめに】

膣のゆるみは多くの女性の悩み

頭を抱えて悩む女性

最近膣によるトラブルが増えたな…なんて思うことはありませんか?膣がゆるいなんて女性としては恥…と誰にも言えなくて不安を抱えたままの女性もいるでしょう。しかし同じように膣についての悩みを持つ女性は多くいるんですよ。

近年移動手段が発達してきたおかげで下半身を動かすことも減り、運動量も低下しています。そんな近年では女性の膣のゆるみはいわば当然といえば当然ですね。しかしそれを当たり前にしてしまうのは大変危険です。

膣がゆるいとどうなる?

下半身にsosのカードを持つ女性

膣がゆるくても困らないのでは?と思っている女性もいるでしょう。しかし膣がゆるいと自分の感度が落ち、なかなか膣でイケない状態になりパートナーが満足できません。また膣が子宮を支えられなくなり、子宮脱を引き起こす恐れもあります。

パートナーと普段からセックスをする人も多いですよね。そんななか感度やしまりが悪いとパートナーを満足させることもできません。自分の身やパートナーとの絆を守るためにも膣トレーニングの方法を実践して膣力をアップしましょう!また以下の記事も参考に読んでみましょう。

膣トレーニングの方法【膣のゆるみの原因】

膣のゆるみはどうして起る?

クエスチョンマークと女性

膣のゆるみはどうして起こるか気になりますよね。膣のゆるみはさまざまなことが原因で引き起こされます。それこそ普段の生活による影響も大きいので、人によっては生活自体を見直さなければいけなくなるでしょう。

膣のゆるみと下半身の筋肉…特に骨盤付近の筋肉は深い関係があります。骨盤付近を意識して動かすことが少ないと、それだけ膣のゆるみが引き起こされやすくなるので気をつけましょう。

膣のゆるみの原因

壁によりかかり考える女性

では膣のゆるみとなる原因をみていきましょう。こうしたことに気をつけないと、膣のゆるみは次第に大きくなっていきます。放っておくと膣から子宮が出てしまう子宮脱などになってしまいます。子宮脱になると手術が必要になるので放っておくようなことはしないように!

膣のゆるみの原因

  • 歩く量の低下、運動不足
  • 出産
  • 加齢による筋力の低下
  • 骨盤周りの歪み など

膣のゆるみと関係が深い筋肉は「骨盤底筋群」です。ここの筋力が低下すると、子宮や膀胱などを支える力がなくなるのでゆるみます。特に出産は大きく膣が開くわりに、元通りにならないので膣のゆるみが一気に悪化します。

膣トレーニングの方法【膣のゆるみチェック】

チェック項目について

チェックリスト

ですが自分で膣がゆるんでいるか?なんて多くの女性がよく分からないと答えるでしょう。そのためにもまずは自分の膣がしまりが良いのか、悪いのかを知る必要があります。そのためにも以下のチェックをしてみましょう。

膣のゆるみチェック

  • 最近トイレが近くなった
  • お風呂などで膣に水が入るようになった
  • お尻がたるむようになった
  • 性交時に膣ナラ(おならのような音)が出る
  • 尿漏れが多い
  • 膣の感度が落ちた

より多く当てはまるならかなり危険レベルでしょう。当てはまる項目が2個以下でも、膣のゆるみやすくなってきているので膣トレーニングの方法を参考に膣力をアップさせましょう。また膣ナラがどういったものか分からない場合には以下の記事を参考にするとよく分かりますよ。

パートナーから指摘されたら

ベッドで喧嘩するカップル

中にはパートナーから「最近ゆるいね」なんて心無いことを言われちゃった人もいるでしょう。パートナーにそんなことを言われると「ムカッ」「イラッ」としますが、ここで見方を変えて「危険を知らせてくれた」と思いましょう。

膣のゆるみはただパートナーがイケなくなるだけでなく、自分の身も危険になるということです。知らない間に子宮脱になるのを防ぐことができたと考えれば、むしろパートナーにありがとうと言いたいですね。またそんなことを言われたら見返してやる!と膣力をアップしてパートナーをぎゃふんといわせましょう!

名器と呼ばれる膣トレーニングの方法

膣トレーニングの方法①足上げ体操

柔軟体操する女性

膣トレーニングの方法では主に下半身の筋力をアップさせることを重要視します。下半身…特に骨盤やお尻周りの筋肉を鍛えることで骨盤底筋群も鍛えられていくので、まずは足上げ体操をやってみましょう。

足上げ体操のやり方

  1. 横になって足を伸ばし上を向く
  2. かかとを90度曲げ、ゆっくりと上げ下げを繰り返す(左右両方)
  3. 2分~3分行う

ゆっくりと交互にかかとを上げ下げしてみましょう。寝そべっても座りながらでもできるので、テレビを見ながら行って習慣化してみましょう。お尻の筋肉を使うのでシェイプアップ効果も期待できますよ。またお尻のたるみも気になるなら以下のトレーニングも併せて行いましょう。

膣トレーニングの方法②スクワット

ダンベルを持ちながらスクワットする女性

下半身を鍛えるにはスクワットも効果的です。重たいものを持つ必要はないのでゆっくりと自分のペースで行ってみましょう。毎日習慣化すると回数も増えてきて、より筋力アップに繋がります。

スクワットのやり方

  1. 足を肩幅に開く
  2. ゆっくりと腰を下ろしていく
  3. 背中が前かがみにならないように注意
  4. 2分~3分繰り返す

運動不足な人はスクワットを数回やっただけでバテてしまうでしょう。最初はゆっくりでも良いので、スクワットを続けて回数を増やしていき、膣周りの筋肉を刺激して膣力をアップさせましょう。

膣トレーニングの方法③膣に力を入れてキープ

道に立っている女性

膣トレーニングの方法で一番簡単なのがこの方法です。膣に力を入れる、抜くを繰り返すだけなので、通勤時立っているときにもできますね。立っているときに意識して膣に力を入れてゆっくりと力を抜くを繰り返しましょう。

膣の力入れトレーニングのやり方

  1. 姿勢を正して立つ(足を肩幅くらいに開く)
  2. 膣にゆっくりと力を入れてしめる
  3. 10秒キープ
  4. ゆっくりと力を抜いていく
  5. 2分~3分繰り返す

膣トレーニングの方法は毎日行う方が効果が出ます。1日だけやっても効果があまり感じられないので、なるべく習慣化できるように簡単なトレーニング方法から取り入れていきましょう。名器といわれるように簡単トレーニングです!

膣トレーニングの方法④3穴を一度に締める

ベッドで重なる男女

このトレーニング方法は3穴(肛門・膣・子宮)をしめるだけです。といっても意識しても上手くできないこともありますよね。主に便意や尿意を我慢するときに動く筋肉を意識的に動かしてみましょう。

3穴締めのやり方

  1. 肛門・・・肛門をしめるようにお尻の筋肉を動かす
  2. 膣・・・おしっこを我慢するように尿道口をしめる
  3. 子宮・・・子宮を上にあげるような感覚でしめる

この方法はイメージが大切なので難しいと感じる人もいますが、慣れればどの筋肉を動かせばよいのかが分かります。しめたらなるべく10秒以上キープできるようにし、その後ゆっくりと力を抜くを繰り返しましょう。

膣トレーニングの方法⑤バスタオルで骨盤底筋を鍛える

トレーニング道具

バスタオルとイスを使ったトレーニング方法もあるので、イスに座りながらテレビを見る人はこの方法も取り入れてみましょう。このトレーニング方法は「しめる」のではなく腰を上下左右に動かすことが大切です。

骨盤底筋群の鍛え方(バスタオル&イス)

  1. バスタオルを丸める
  2. イスの真ん中に丸めたバスタオルを置く
  3. バスタオルを足の真ん中に挟むようにして座る
  4. バスタオルが膣に当たるのを確認して重心を上下左右に動かす
  5. 背中で動くのではなく腰だけを使って重心を移動させるようにする
  6. 2分~3分繰り返す

背中から動くのではなく腰で動くようにイメージしながら行いましょう。丸めたバスタオルの上に座ってよいので、バスタオルを落とさないようにトレーニングしてみましょう。このトレーニングは骨盤の歪みにも有効です。以下の記事と併せて骨盤の歪みも治しておきましょう。

膣のトレーニング方法⑥お尻とお腹をしめる

ヨガをする女性たち

お尻の筋肉とお腹をしめることによって膣周りやお尻周りの筋肉を刺激することができます。寝ながら行えるので、寝る前やテレビを見ながら行ってみましょう。習慣化できるようにしましょう。

お尻・お腹の引き締めのやり方

  1. 仰向けになって膝を45度くらいに立てる
  2. お腹の上に手を置き、お腹をゆっくりとひっこめる
  3. 次にお尻をしめる
  4. ゆっくりと力を抜くを繰り返す

お腹を引っ込ませながらお尻をしめるトレーニング方法です。こちらも2分~3分程度繰り返してやってみましょう。どれか1つのトレーニング方法を行うよりも、たくさん行った方が効果が感じられますよ。

膣のトレーニング方法⑦お風呂でトレーニング

お風呂に入っている女性

膣トレするならお風呂でトレーニングもおすすめです。お風呂で湯船に浸かりながらトレーニングすることで冷え性もより改善されますし、血流もアップします。膣と肛門をしめたりゆるめたりしてトレーニングしてみましょう。

湯船で行うときは無理をしすぎないようにしましょう。また長湯するほどのぼせてしまうので、のぼせにも気をつけながら効果的にトレーニングできるように時間を調節しながら行ってくださいね。

膣トレーニングの方法⑧膣ほぐし

トレーニング道具

膣トレーニングをしてもなかなか効果がでないぞ、というときには膣が凝り固まっている恐れがあるので、膣をほぐすトレーニングもやってみましょう。使うものは空のペットボトルです。

膣ほぐしのやり方

  1. ペットボトルの上に跨る
  2. 膣をペットボトルに押し付けるようにする
  3. 前後左右に押し付けながら腰を動かしてマッサージする

毎日膣のトレーニングの前にほぐしを行うと準備運動にもなりより効果も期待できます。2分程度マッサージするだけなのでテレビを見ながら行うと良いですよ。ペットボトルに痛気持ちいいくらいの強さで押しつけながらマッサージしましょう。

膣のトレーニング方法⑨バスタオル挟み

アロマグッズ

丸めたバスタオルを足に挟んで足を曲げるトレーニングです。簡単にでき、5セット程度行うだけなので誰でも行うことができます。厚手のバスタオルの方がやりやすいので厚手のバスタオルを用意しましょう。

バスタオル挟みのやり方

  1. バスタオルを丸める
  2. 丸めたバスタオルを両足で挟む
  3. バスタオルがズレないようにそのまま足を曲げる
  4. 自分がきついと思うところまで曲げて10秒キープ
  5. 10秒キープ×5セット

足に挟んだバスタオルが足を曲げたときに落ちてしまわないように気をつけましょう。また足や股関節をよくしめることが重要なので、緩く挟むのではなく、足でしっかりとバスタオルを挟み込みながら足を曲げましょう。

膣のトレーニング方法⑩膣トレグッズを使う

ダンベルで運動する女性

膣トレーニングには専用グッズを使うのもいいですね。専用グッズはインナーボールとして売られていて、クリニックでも使用をおすすめされるくらいです。2000円~3000程度で売られているので使ってみてはどうでしょうか?

使用方法はグッズによって異なりますが、ボール状のものなら膣に入れて振動させる&入れながら動くだけです。ボールが膣の筋肉を刺激して鍛えることができるので、女性側の感度アップにも繋がりますよ。名器を目指して使用するのもおすすめです。

膣トレーニングの方法【専用グッズ】

膣トレグッズについて

トレーニング道具

膣力をアップさせるには膣トレグッズもおすすめです。膣トレグッズは通販などでは「インナーボール」として売られています。アダルトグッズのようにも思えますが、お医者さんからお勧めされることもあるので参考程度に見ておくと良いですよ。

インナーボールは膣に入れるボールのことで、振動を与えて膣の筋肉を刺激させます。最初は違和感がありますが、尿漏れ対策や骨盤の開き・歪み対策としても使用されているので、名器を目指す以外にもこうしたトラブルが多いなら尚更使ってみることをおすすめします。

トレーニンググッズ①【Enlove】膣トレボール

リモコン操作が可能な膣トレボールです。重そうに見えますが本体は45gと軽量で、10mまでは遠隔操作可能で初心者さんにもおすすめです。柔らかい素材を使っているのでケガの恐れもありません。

性交時の悩みの他に尿漏れなどにも効果的です。振動が7パターンあるので自分の好みによって振動を選ぶことができます。テレビを見ながら、運動しながら使えるので便利ですよ。

トレーニンググッズ②【MSSAYA】膣トレグッズ

3段階で膣力アップを目指すトレーニンググッズです。最初は15分のトレーニングから始め、徐々にボールを大きくしていきます。不快感が少なく、取り出しやすい設計で初心者でも安心して使うことができます。

短期間で膣力をみるみる向上させたい人におすすめです。音が小さいので日常的に使用していても気づかれることもなく、通勤時や運動はたまた家事をしながらでも使うことができます。

トレーニンググッズ③【lederTEK】膣ボール

形が可愛いインナーボールです。5つの色違いのチェリー型ボールを自身の状態に合わせて変えながらトレーニングします。こちらも短期間で膣力を向上させたい人に向いています。

5つのボールが1セットになっていて、週を追うごとに色(大きさ)を変えてトレーニングします。紐部分は伸びが良い素材でできています。膣トレーニングの方法も詳しく記載されているので初心者でも安心してトレーニングすることができます。

トレーニンググッズ④【MoRo】インナーボール

毎日15分程度のトレーニングで膣力を向上させるボールです。最初は1個のボールから始め、慣れてきたら2個に増やしてトレーニングし、膣力やPC筋を鍛えていきます。膣力をあげることで女性側の感度もあがりさらに性交が盛り上がります。

ボール内部に鉄球が入っているので動くとそれが転がり振動となります。ボールをつけるだけでなく運動やダンスなどを行うとより効果的なので、運動しながらのグッズ使用を考えているならおすすめです。

トレーニンググッズ⑤【BOOBOO】膣ボール

こちらもボール内部に鉄球が入っていて、動くとコロコロと転がり振動を伝えてくれる不思議な膣トレボールです。ボールサイズが直径3㎝なので大きくもなく初心者でも安心して使うことができます。

2本セットで3種類のトレーニングができます。初心者~上級者までこの膣ボールでトレーニングすることができるので、大切に使えば長期間のトレーニングも可能です。重さも40、80、120gと自身の状況に合わせることができるので嬉しいですね。

膣のトレーニング方法【運動について】

運動不足を解消しよう

ランニングする女性

運動不足は膣のゆるみの原因でしたよね。最近は室内での仕事も増え、通勤も電車や車も増えたため前よりも歩くなくなった人が多くなっています。これにより筋肉量が低下して下半身にお肉が付きやすくなり、膣が緩む人が増えています。

やはり健康的な体作りには筋肉は欠かせません。運動は適度に行えば健康にも良いので、膣のゆるみを防止するためにも日々筋トレや歩くことを意識して下半身の筋肉を衰えさせないようにしましょう。またランニングしながら美容効果が得られる朝ランについては以下の記事を参考にしてみてくださいね。

正しい姿勢もキープしよう

ランニングマシンでトレーニングする女性

やはり骨盤周りの歪みは姿勢が悪いことも原因なので、これを防ぐためにも正しい姿勢に気をつけましょう。猫背や反り背は姿勢が悪く、お腹がでたり腸が下に下がるなどのトラブルを発生させます。

座るときも立つときも、骨盤を立てて、頭の上から糸で吊るされているようなイメージで背筋をピンと伸ばし前を向きましょう。デスクワークでもランニング中でも、どんなときでも正しい姿勢でいると姿勢美人として人気も上がりますよ。また姿勢については以下の記事を読んで姿勢を良くしましょう!

膣のゆるみは治療できる?

クリニックでも治療は受け付けている

入院患者とカルテ

膣のゆるみについてはクリニックなど女性特有疾患を扱う病院であれば治療を受け付けています。膣のゆるみ具合にもよりますが、多くは自宅でできるトレーニング法を使った治療になります。

万が一膣がゆるみきっている、子宮脱の恐れがある場合には手術が必要になります。膣のトラブルが多いなと感じたら、恥ずかしがらずに一度診察を受けてくださいね。また治療内容についてはクリニックにより異なるのできちんと説明を受けるようにしましょう。

クリニックの治療について

手術室

膣の状況によっては手術が必要な場合がありますが、希望すればニーズに合った施術(手術)を受けることもできます。以下に参考程度にどんな治療方法があるか紹介するので、クリニックに問い合わせてみましょう。

クリニック(病院)での治療内容

  • フィラー注入(パールフィラー、ボリュームフィラー)
  • エッジワン
  • ペルビックトレーナー
  • 膣縮小術 など

例えば膣縮小術は膣を小さくしてしまりを良くする手術です。エッジワンは膣壁のコラーゲンを増やして膣自体を若返らせる方法です。どれも10万~50万程の費用が必要です。膣力をアップさせたいなら一度話を聞いてみるのもいいでしょう。

膣トレーニングの方法【注意点】

膣のキツさを確かめるときは綺麗な手で

手と花びら

膣トレーニングの方法を実践すると、本当に膣がキツくなっているか気になりますよね。自分で確かめる場合には手を膣に入れてしまり具合を確認しますが、このときに手が汚れていると大変危険です。

膣にばい菌が入ると感染症を引き起こす恐れもあるので、膣に手を入れて確認する場合には必ず手を綺麗に洗ってからにしましょう。また膣内は大変デリケートです。爪もきちんと切り、内壁を傷つけないように気をつけましょう。

無理はしすぎない

暗い部屋で落ち込む女性

膣のトレーニングを開始するときはパートナーの心無い言葉がきっかけとなることもあるでしょう。しかしそこで見返そうと膣トレをするのは良いですが、あまり自分を追い詰めて無理をしすぎないように気をつけましょう。

膣のゆるみは加齢によるものもありますから、あまり深く囚われず、筋トレと共に膣力をアップさせましょう。無理なく自分のペースでトレーニングを行い、パートナーに名器といわれるように膣力向上に励みましょう!

まとめ

膣力といっても自分ではよく分からないですよね。しかし膣のしまりは性交時だけに関係するものでもなく、尿漏れや尿トラブルなど生活にも支障をきたします。そのため放っておくのはとても危険なんです。

性交すれば自然と膣はゆるむものと考えられていますが、膣はトレーニングすれば鍛えることができます。いつでもしまりの良い膣であればパートナーも虜になって、アナタから離れられなくなりますよ。膣トレーニングの方法を1つでも実践して膣力をアップさせましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。