Large thumb shutterstock 460938724

「どうやって撮ってるの?」他撮り風のカップル写真の撮り方を解説!映えるポーズも!

更新:2021.01.18

彼氏とのツーショットは、映える素敵な写真にしたいですよね。自撮りではなく他撮り風で、自然体にラブラブな写真を撮りたい方に朗報です。おしゃれな写真、ラブラブ風、自然体のカップル写真をどうやって撮るのかを伝授します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうやって撮ってる?他撮り風自撮りカップル写真の撮り方

①カメラを台に乗せる

カメラを乗せる

他撮り風写真は、台や三脚にカメラを乗せて撮ります。他撮り風写真においては、一番オーソドックスな撮影方法で、カメラの向きを調節すれば、凝った構図や独特の写真になります。

②カメラをバッグに乗せる

何かに乗せる

カメラをバッグに乗せるのは、台や三脚がない場合におすすめです。構図によっては地面に近いアングルにもなるので、少し凝った写真が撮れます。塀に乗せる、植え込みの花壇に乗せるといった行為は非常識なのでやめましょう。

③スマホの場合は連写モードがおすすめ

スマホ使用時

スマホの場合は、連写機能を使うといい写真が撮れます。必須ということはありませんが、一瞬一瞬の表情やポーズを鑑みると連写の方がいいのです。折角のツーショットなのに目を閉じてしまった、表情が気に入らないこともあるでしょう。写真の出来で喧嘩をするより、連写の中から好きなものを選ぶのがおすすめです。

カップルフォトには、動きのある写真もあります。連写機能は、動きのある写真を撮る時にも役立つ機能です。写真の幅を広げる意味でも、スマホの連写機能を試さない手はありません。

④お揃いの服を着て撮る

ペア

お揃いの服を着て撮ると、おしゃれです。ペアルックはもちろん、彼氏が黒、彼女が白を基調とした服を着るなど対になるイメージの衣装もいいでしょう。お揃いの服を着ていると、それだけで二人が恋人だと分かります。凝ったポーズは恥ずかしい、という彼氏さんにおすすめの撮り方です。

服だけではなく、同じ靴を履いている場合には足を撮りましょう。足だけの写真でも、靴が揃っていれば十分おしゃれです。むしろ、彼氏と彼女の個性の違いが出て、面白みのある写真になりますよ。

⑤部分アップ

手

部分アップの写真もおしゃれです。ツーショット写真とは、必ずしも全身を移したものではありません。手のアップ、足元を強調した写真もカップルフォトと言えます。手元アップの写真の場合は手を握り合う、そっと添える、おそろいのリングを見せるといった構図がいいですよ。

足元のみを写す場合は、歩いているところ、背伸びのようなポーズがおすすめです。顔が写っていない分、二人の感情や仲の良さを想像させます。あまり顔をさらしたくない彼氏さんがいる方にいいですよ。手だけ、足だけでも仲睦まじさを演出させることはできます。

⑥シルエットのみ

シルエット

シルエットのみの写真もおすすめです。時には逆光を利用し、二人のシルエットを浮かび上がらせましょう。いつもの写真とは違った、情緒あふれる写真が撮れます。クリスマスイルミネーションや夏の花火、サンセットなど、シルエットの方が映えるシーンは多いです。

華やかな光の中、二人だけが影で浮かび上がる構図は、二人の仲の良さを演出できます。非日常的な印象もあるので、少し雰囲気を変えたツーショットを撮りたい方はお試しください。シルエット写真は、表情や顔を出したくない人にも向いています。

⑦後ろ姿

2人の後ろ姿

後ろ姿も、カップルフォトとしておすすめです。顔が見えないので、仕上がりに不安がある方もいるかもしれませんが、シーンによっては趣のあるおしゃれな写真が撮れます。顔が見えない分、何を思っているのかを想像させることが可能です。

後ろ向きの写真は、空間に広がりを持たせる効果もあります。後ろ向きに写ることで、写真を見る側と視線を共有している錯覚が生まれるのです。開放感や空間を表したい時には、後ろ向きになるといい写真が撮れます。

おしゃれ|他撮り風カップル写真のおすすめポーズ

①見つめ合う構図

見つめ合う

見つめ合う構図は、オーソドックスなカップルフォトです。自然な動作の中から切り取ったようなものでもいいですし、お互いに真正面から見つめ合う構図もおすすめです。クールな印象のポーズや構図でも、仲の良さが伝わります。腕を組むのもいいですが、ボディタッチがないのもいいでしょう。

どんなシーンでも通用するテクニックなので、比較的簡単です。じっと熱っぽく見つめ合うのが恥ずかしい場合は、わずかに視線をずらしてください。

②口元を隠すキス

口元隠し

口元を隠したキス写真も人気です。口元を隠すだけで、単なるラブラブ写真とは違った趣が生まれます。コツは、なるべく口元のみを隠すことです。鼻から下を全部隠してしまったら、ロマンチックな印象が出ないので注意しましょう。

撮影の時点で隠すのもいいですし、写真をアプリで加工するのもおすすめです。あまり出来上がった写真に手を入れたくない方は、撮影の段階から工夫をしてください。カメラの前に物を置いて、口元を隠すテクニックもあります。

③敢えて視線を合わせない

視線を合わせない2人

敢えて視線を合わせないと、おしゃれなカップルフォトになります。お互いにそっぽを向いたような写真でもいいのです。視線を合わせなくても、手を握り合う、寄り添うといった動作だけで恋愛関係にあることは表せます。一風変わったカップル写真を撮りたい方は、一度お試しください。

視線を合わせないのは、カップルフォトに抵抗がある人でも比較的撮りやすい方法です。恥ずかしいけど、恋人と一緒に撮りたい人におすすめですよ。

④背中合わせ

背中を合わせる

背中合わせの写真は、独特の印象を与えます。カップル写真は、向き合うか同じ方向を向いたものが多いです。背中合わせの構図は少し珍しく、人目を引きます。場合によっては動きや広がり感じさせますので、遊園地や旅行先といった、いつもと違う空間で開放感ある写真を撮りたい時にお試しください。

ラブラブ|他撮り風カップル写真のおすすめポーズ

①頬をくっつけ合う

ハグ

頬をくっつけ合う写真は、ラブラブぶりがよく出ます。バックハグを伴ったポーズが多いです。ハグをしたくない場合でも、顔を近づければ撮れる写真なので、シャイな人でも撮影できます。

②手でハートを作る

ハート

手でハートを作るポーズは、ラブラブ写真におすすめです。お茶目な印象や遊び心を伝えることができます。手元が重要なので、顔を写したくない場合でも抵抗なく写真が撮れるでしょう。お互いに片方の手を出してハートを形作る他、両手で二重にハートを作るなど、バリエーションはたくさんあります。

③頬にキス

キスする人

頬にキスするのは、ラブラブ写真におすすめです。男性が女性に、女性が男性にとどちらのパターンでも構いません。頬にキスの写真に抵抗がある場合は、遠近感や道具を利用した方法で撮ってください。

④鼻やおでこをくっつける

くっつける

鼻やおでこをつけるだけでも、ラブラブな写真になります。顔をつけることは、腕を組んだり体をつけるよりも、より親密度が高く見えます。顔部分のアップのみで仲睦まじさを出したい時は、鼻やおでこをつけてみましょう。恥ずかしい場合は、少し触れるだけでも構いません。

自然体|他撮り風カップル写真のおすすめポーズ

①歩く

浜辺を歩く

歩く動作を撮ると、自然体の写真になります。カップルフォトとなると、つい表情を作ったりポーズを決めたくなるものです。敢えて、ただ二人で歩いているだけの写真を撮ると、新鮮な一枚になります。ポーズばかりだとマンネリになるとお考えに方はお試しください。

歩く写真は、後ろ向きに撮るのがおすすめです。スマホの連写機能を使えば、不自然さを感じさせないお気に入りの一枚が撮れます。手は繋いでも繋がなくても構いません。

②食事中

乾杯

食事風景も、カップルフォトになり得ます。あまりに食べ進んだ状態よりも、お互いに話をしながら箸を進める、グラスを持つといった写真がおすすめです。食事風景の一部を切り取ったような写真は、個性的な仕上がりになります。

他撮り風カップル写真を撮りたいシチュエーション

①アニバーサリー

記念

アニバーサリーは、カップル写真を撮るのに適しています。誕生日、初めて付き合った日と、恋人たちの記念日は多いです。大事な日にカップルフォトを撮り、より絆を深めましょう。誕生日なら、その日や月にちなんだものと一緒に写ると分かりやすいです。

記念日の場合は、思い出の品と一緒に撮るといいでしょう。付き合うきっかけとなった花束と同じブーケを持つ、記念日が書かれたアイテムと一緒に写るのも一つの方法です。二人だけのアニバーサリーを、カップルフォトで彩ってください。

②クリスマス

クリスマスの景色

クリスマスは、カップルフォトにおすすめのシーンです。ツリー、イルミネーションと映える要素はたくさんあります。クリスマスフォトを撮るコツは、クリスマスという特別な日であることを強調することです。

イルミネーンツリーの前で撮る時はツリーに向かって立っている写真がいいでしょう。シルエット調にすれば、美しいイルミネーションと同時に、二人の姿も映ります。また、お互いの存在を邪魔することもないのでいい写真になりますよ。

他撮り風カップル写真が映える場所

①海

きれいな海

海は、カップル写真に適した場所です。クール、キュートとどんなシーンの写真でも違和感なく撮影できます。海は季節や時間帯によって雰囲気を変えるので、撮りたい雰囲気に合わせてください。夕方頃なら、少し寂し気でおしゃれなエモい写真が撮れるでしょう。

おしゃれな写真が撮りたいなら、二人で海を向いている構図がおすすめです。海をバックに、繋いだ手をアップにするのもストーリー性が生まれます。活発な写真が撮りたい場合は、昼頃に波と戯れる写真をお試しください。スマホの連写機能で、一緒にはしゃいでいる写真を撮れば素敵な一枚と出会えます。

②遊園地

きれいな遊園地

遊園地は、カップルで写真を撮るのにいい場所です。デートの一コマとしての写真が多く撮られており、遊園地のグッズを身に付けて撮る人も多いです。童心に帰ったような写真は、通常と違った印象を与えます。遊園地でのツーショットは、一風変わった自分を見つけたいカップルにおすすめです。

乗り物と一緒に写る場合でも、撮り方によってはクールでかっこいい写真は撮れます。夜にライトアップされた乗り物の前で撮ると、情緒ある写真になるでしょう。

③カフェ

コーヒーカップ

カフェは、カップルフォトを撮るのに適しています。綺麗に撮るコツは、テーブルの上にカメラを置いて撮影することで、カフェデートの一コマとして日常を切り取った写真ができます。

④旅行先

旅先

旅行先は、カップルフォトを撮るのにおすすめです。色々な場所、シーンがあるので、写真にもバリエーションができます。人波の中、自分たちを写真の主役として切り取ればいいカップルフォトになるでしょう。他者の迷惑にならない範囲で、素敵な写真を撮ってください。

⑤ハートのある場所

花のハート

背景にハートがあるとラブラブぶりが発揮できます。後から描くのではなく、元々ハートがある場所で撮るのです。デートスポットでは、時折壁にハートが描かれていたり、ハート形の植え込みがあったりします。ハートスポットと呼ばれる場所での撮影は、恋人たちに人気です。

二人の記録を他撮り風カップル写真で残そう

恋人

カップルフォトは、二人の記録です。他撮り風写真は、時に自撮りでは出せない自然体の風味を出します。自撮りとは違った出来の写真を見て、お互いの良さを再発見しましょう。自然体でいられる相手との記録を、思い出と一緒に増やしてください。

ポーズや表情だけで、写真の出来は変わります。写真の撮り方のコツや、ポーズの取り方をもっとよく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。今まで以上に素敵な写真が取れることでしょう。

WRITER

avatarImage
えどの ゆうき

占いや、DIY記事が得意です。生活に張りを与えてくれるものをご紹介させていただきたいと思っております。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。