Large thumb shutterstock 82381516

【地方別】全国の心霊スポット30選!最恐の心霊スポットとは?

更新:2020.02.13

全国の心霊スポットランキングトップ30をまとめてみました。北海道から沖縄まで、背筋がぞっとするホラースポットをお届けします。あなたの知っている場所はありますか?恐怖体験にはもってこいの心霊スポットですが、遊び半分では行かないようご注意を…。

心霊スポットランキング【東京編】

1、道了堂跡(八王子市)

かつては人々の信仰を集めていた道了堂ですが、現在は御堂が撤去されている為跡地としての痕跡しかありません。ポツンと置かれた石灯籠のみが残っており、心霊スポットとしての寂しさを醸し出しています。

この場所では昭和38年に、道了堂管理人だった老婆が殺害されるという痛ましい事件が起こりました。更にそれから10年後の昭和48年、立教大教授が不倫相手の女子大生を殺害するという事件も起こっています。

この二つの殺人事件が起こった現場である事から、老婆のすすり泣く声が聞こえる、女子大生の霊が見えると言った心霊現象が噂されています。また、事件の犯人が白い車に乗っていた事から白い車で行くと呪われるという噂もあります。車で行く方は要注意!

2、旧小峰トンネル(八王子市)

東京都あきる野市と八王子市の堺にある小峰峠には、旧小峰トンネルという小さなトンネルがあります。ここは、平成元年に起きた幼女連続殺人事件の犠牲者だった少女の一人が殺害、遺棄された場所で、今でも少女の霊が出る心霊スポットとして噂されています。

しかしこの場所に少女の霊が出ると噂されたのは昭和63年頃と、事件が起こるよりも前だった為、この場所に何かしらの曰くがあるのではないかと言われています。現在は車で通る事はできず、自転車か徒歩のみのなっています。

全国の心霊スポットランキングの中でも特に信憑性が高く、今回ご紹介するトップ30の中でも特に霊の目撃例が多い場所です。面白半分で行かないよう、くれぐれも気を付けてください!

3、石神井公園(練馬区)

練馬区にある石神井公園は、自然も多く昼間は散歩を楽しむ人も多いのどかな場所です。しかし夜になると一変、心霊スポットとして噂されているのをご存知ですか?

この公園には、石神井城跡という城跡があります。その城は1477年の合戦に敗れた事で落城しており、城主であった豊島泰経はここにある池で入水自殺を図ったと言われています。

更に豊島泰経の娘、照姫も後追い自殺をした事から、この公園の池には霊が出ると噂されています。全国の心霊スポットランキングトップ30の中でも、歴史ある曰くのあるスポットですね。

4、青山霊園(港区)

東京都23区の中では最大規模の巨大霊園で、その規模と歴史から昔から心霊スポットとして様々な噂が流れています。タクシー運転手が体験したという「夜中に一人の女性を乗せたらいつの間にか女性は消えてしまい、その女性が座っていたシートはビショビショに濡れていた」という都市伝説の発祥は、この青山霊園なのだとか。

更にこの青山霊園には、不思議な標識が存在するという噂もあります。それは、ただ「!」と書かれただけの標識です。普通標識は「飛び出し注意」や「落石注意」などの意味がありますが、この「!」だけの標識は「幽霊注意」なのだとか…。

しかしこの謎めいた標識は、現在すでに撤去されてしまいお目にかかることはできないという話もあります。興味のある方は直接確かめに行ってみては…?

5、江北橋(足立区)

足立区の荒川にかかる江北橋(こうほくはし)は、昔から事故が多発している為心霊スポットとしても噂されている橋です。見晴らしもよく道路が狭かったり走りにくかったりするわけでもないのに、何故かこの橋から車が落下する事故が多発したのです。

事故を起こしたドライバーは口々に「運転中に突然視界が歪み、ハンドル操作を誤った」と証言しており、何らかの怨霊がドライバーに手を出しているのではないかと囁かれています。

あまりにも事故が多発する為何度かお祓いや供養が行われましたが、効果は見られず現在は橋としては珍しく欄干に蛍光灯が付けられるという対処が施されています。有名な霊能者ですら「この場所はどうにもできない」とさじを投げたとまで言われているこの場所を通る方は、くれぐれも事故にご注意を…。

心霊スポットランキング【関東編】

6、霞ヶ浦分院(茨城県)

View this post on Instagram

#茨城県#美浦村 …と言えば競馬ファンなら誰もが知っているJRA美浦トレーニングセンターがあってそこで鍛えられたレイデオロ(藤沢厩舎の管理馬)が今年ダービー制覇しましたね。いつか美浦トレセンの調教風景を見てみたいものです。 さて、本題に入ります。#霞ヶ浦 の南岸にあるこの#廃墟 は#鹿島海軍航空隊 の司令部庁舎 として使用されていた建物です。 1937年頃に軍用道路・水上の建設工事、水田と野原の埋め立て工事が始まり、1938年(昭和13)名称変更を経て鹿島海軍航空隊は設立されました。 ここでは水上機(※)のパイロット養成訓練が行われ、太平洋戦争開戦後は水上偵察班や潜水艦の攻撃隊も加わり、内地の防衛、鹿島灘における対潜作戦を主な任務としました。 1945年(昭和20)5月5日に練習航空隊の指定を解除され、鹿島海軍航空隊北浦派遣隊となって同年8月15日、終戦となりました。 戦後の1946年(昭和21)、航空隊跡地の東側地区に結核療養患者の為の東京医科歯科大学#霞ヶ浦分院 が置かれました。その後、西側地区には国立公害研究所が置かれました。 現在、西側地区には独立行政法人国立環境研究所の施設となっていて東側地区は1997年(平成9)に霞ヶ浦分院が廃止されてから廃墟となり、心霊スポットとして有名になって建物内部への侵入者が相次ぎ、それを防ぐ為、敷地内にフェンスとセコムによるセキュリティで厳重管理されています。 ●※水上機は車輪の代わりにフロート(いかだ)を装備する事によって、水上にて離着水出来るように設計された航空機です。 飛行場を整備しなくても、広い水面さえあればどこでも運用出来るのが最大のメリットであり、日本海軍が南洋諸島へ進軍する際、飛行場が作れないような小島や、飛行場が整備される迄の駐留部隊機として活用する目的で採用されました。 しかし、水上機は世界の趨勢から見ると既に時代遅れであった上、フロートで空気抵抗が増す為、普通の飛行機(陸上機)と比較すると性能が劣り、空母やレーダーなどの発達や陸上機の性能向上により水上機の役割は徐々に少なくなっていったようです。

A post shared by ひろ (@hiro1ps) on

茨城県内にある心霊スポットの中でも非常に有名で、廃墟マニアや心霊マニアがよく足を運ぶそうです。ここはかつて軍人病院でしたが、現在は封鎖され廃墟となっています。

戦争に関連する施設や病院の跡地などには残留思念が残りやすく、そのようなマイナスの気が集まっている事で心霊スポットとなっていると言われています。

建物の外から中を見たところ、窓の中に無数の黒い人影を見た!という証言もあります。現在はフェンスで囲われている為、中に入る事はできません。

7、八柱霊園(千葉県)

千葉県内にある巨大霊園の八柱霊園は、昔から心霊スポットとして有名な場所です。多くの霊魂が眠る場所だからこそ、様々な心霊現象も引き寄せてしまうのでしょう。

ここで起こる心霊現象で有名なものは、ある区画に行くと無縁仏の霊を呼んでしまう、ある一角に設置された標識の下には女性の霊が立っている、霊園内のベンチには若いカップルの霊が出る、墓石の前で男性の霊が手招きしている、などが挙げられます。

また、霊園周辺の道路でも人影を見るという心霊現象が目撃されています。人影を見ると事故を起こしてしまうという噂もある為、車で行く際はくれぐれも注意したいですね。

8、油井グランドホテル(千葉県)

この場所にはかつて油井グランドホテルというホテルがありましたが、現在は廃墟となっており活魚と書かれた看板が目立つことから「ホテル活魚」の名前でも知られています。

元々ラブホテルだった場所を魚料理の料理屋兼ホテルにして営業していましたが、ホテルに宿泊したカップルが喧嘩をきっかけに刺殺事件を起こしてしまいます。更にその後も宿泊客が自殺したり殺人事件の現場になったりと、異常な事件が連発します。

このように様々な人の死に関わっている場所であることから、油井グランドホテル(ホテル活魚)は千葉県内でも有名な心霊スポットとして語られるようになりました。

9、山の神トンネル(神奈川県)

神奈川県厚木市にある山の神トンネルは、「お化けトンネル、通称化けトン」と呼ばれる程有名な心霊スポットです。このトンネルでは昔から謎めいた行方不明者が多く居る為、神隠しが起こるトンネルとして噂されています。

このトンネル周辺はゼロ地点と呼ばれる地磁気の狂う場所とも言われており、その歪みが霊や心霊現象を呼んでいるのではないか?とも言われているようです。トンネル内には作業着を着た男性の霊が出る、夜中に透と笑い声が聞こえる、白い服の少女の霊が出る、などの目撃証言があります。

更にこのトンネルを抜けた先には廃キャンプ場があり、こちらも幽霊が出る心霊スポットと言われています。謎の行方不明者が多発している神隠しスポットなので、近づく際は自己責任でお願いします。

10、秩父湖吊り橋(埼玉県)

埼玉県内にあるダムによって作られた人工湖・秩父湖は、自殺の名所としても知られているいわくつきの場所です。とある心霊ビデオで紹介された事から、自殺の名所、心霊スポットとして知られるようになりました。

この秩父湖には吊り橋があり、この吊り橋から投げ落とされて命を失った女性の霊が出ると噂されています。そのせいか、この吊り橋から湖を覗くと霊に引きずり込まれてしまうと言われているとか…。

更に2006年にはこの秩父湖近くで5人の男女が集団自殺するという痛ましい事件も起こりました。多くの自殺者が出ていることから、沢山の霊が漂う心霊スポットと言われています。

心霊スポットランキング【北海道編】

11、藻南公園・花魁淵(札幌市)

北海道にある藻南公園には花魁淵と呼ばれる淵があり、花魁にまつわるいくつかの心霊的噂が囁かれています。一つはかつて金山だったこの土地の秘密を知る花魁を、口封じの為淵に捨てられたという伝説。

そしてもう一つは明治時代に吉原遊郭から北海道に売られた花魁が、人生を悲観して追ってから逃げつつ当時の薄野遊郭(すすきの)を飛び出したものの、追い詰められてしまい絶望しながらこの淵に身を投じたというものです。

いずれにせよ花魁にまつわる伝説が残っており、この場所で写真を撮ると女性の顔が写るとも言われています。また、夜には「夕焼け小焼け」の歌を歌う声も聞こえるという噂もあります。

12、常紋トンネル(北見市)

JR北海道石北本線の生田原駅と金華駅の間にある常紋トンネルは、かつて過酷な労働条件で働かされた労働者たち、通称タコ部屋労働によって建設されたことで有名です。重労働や病気で倒れた労働者は、その場に生き埋めにされたという恐ろしい歴史のある場所です。

古くから「常紋トンネルには人骨が埋まっている」と囁かれていましたが、1968年(昭和43年)に起こった十勝沖地震で壁面が崩れ、その後1970年(昭和45年)に改修工事を行った際に、実際に立ったままの人骨が発見されました。

更にトンネルの入り口付近からも多くの人骨が発見され、噂は本当だったと証明されました。心霊スポットランキングの中には嘘か本当かわからない噂も多くありますが、こちらは実際に起こった事件で、証拠も発見されている場所です。

13、雄別炭鉱(釧路市)

View this post on Instagram

#廃墟 #雄別炭鉱 #雄別 #廃炭鉱

A post shared by ワイちゃん (@matsumoto.laphy) on

北海道内だけでなく全国的にも有名で、5本の指に入るとまで言われている心霊スポットです。1919年~1970年にまで、北海道釧路市内で非常に栄えていた炭鉱で、当時は病院、映画館、学校といった設備も充実した街でした。

しかし定期的に大きな事故が起きており、多くの人が命を落としたガス爆発事故、落盤事故、崩落事故などが数回起こっています。その為この炭鉱に近づくと心霊現象や体調不良を起こす人が多いとの事です。

特に病院は危険スポットと言われており、足を踏み入れると謎のめまい、頭痛、寒気などを感じる人もいるようです。霊感の強い、弱いに関係なく近づくのは避けた方がいいでしょう!

心霊スポットランキング【東北編】

14、慰霊の森(岩手県)

View this post on Instagram

#慰霊の森#日本最恐

A post shared by @ kombu28 on

1971年に岩手県岩手郡雫石町上空を飛行中の全日本空輸旅客機と、航空自衛隊の戦闘機が空中で衝突し墜落したという痛ましい事故が起こった場所です。空中分解した旅客機は高速で墜落し、乗客乗員合わせて162名が命を落とすという大規模な事故となりました。

その墜落現場である慰霊の森は、多くの人が命を失った事から日本国内でもトップクラスの心霊スポットと言われています。一歩足を踏み入れただけで空気の違いを感じ取り、霊感の強い人だとその先に進めなくなるほど強い力を感じるとか・・・。

決して遊び半分では行っていい場所ではないので、もし足を運ぶ際は多くの犠牲者に対する深い追悼の気持ちを持って行くように心がけましょう。

15、黒塚(福島県)

福島県二本松市にある心霊スポットで、多くの旅人を虐殺し食らっていたという安達ヶ原の鬼婆を祀ったお墓です。その伝説は古く、神亀丙寅の年(726年)東光坊祐慶(とうこうぼうゆうけい)という僧が安達ヶ原を旅している途中、親切な老婆に宿を貸して貰えることとなりました。

しかしその老婆の正体は人食いの鬼婆だったのです!祐慶は必死に逃げ出しますが背後からは恐ろしいい形相の鬼婆が追ってきます。追い詰められた祐慶は如意輪観世音菩薩の像を手に取り経を唱えると、舞い上がった菩薩像が光を放ち破魔の矢を鬼婆に撃ちました。

祐慶は阿武隈川のほとりに鬼婆を葬る塚を建てました。これが黒塚となり、現在も祀られています。心霊スポットランキングの中でも、歴史的伝説が残る場所ですね。

心霊スポットランキング【中部編】

16、青木ヶ原樹海(山梨県)

富士の樹海とも呼ばれるこの森は、富士山付近に位置する大きな森で、日本でも有数の自殺の名所としても知られています。遊歩道もありキャンプやピクニックを楽しむ人もいますが、そのように明るい場所から遠くない位置で自殺者が見つかるなど、自殺の名所として知られるだけはあります。

この樹海にはいくつかの都市伝説があり、一度足を踏み入れると抜け出すことができない、方位磁石は狂い携帯電話などの電子機器も使えなくなるなどの噂があります。

もちろんこれらの噂は都市伝説ですが、うっそうとした森の奥はうっかり入り込むと遭難の恐れもあります。軽々しい気持ちで入らないよう、くれぐれも注意してください!

17、新潟ロシア村(新潟県)

1993年に開園した新潟ロシア村は、ロシアとの文化交流を目的にしたテーマパークでしたが、2004年に閉園してしまいました。閉園後は敷地内に入り込み荒らす人物や風雪による劣化が進み、廃墟となりました。

2009年には不審火による火災でホテル棟が全焼しており、現在は教会棟とホテル棟のみが残っている状態となっています。他の心霊スポットとは違い殺人事件や自殺などの噂はない場所ですが、何故か心霊スポットとしての噂が立っています。

テーマパーク内には地下があり、薄暗い中浸水によりビシャビシャに濡れた床は心霊スポットとしてのムードが満点です。ここで写真を撮ると霊が写るという噂も…。

18、二股トンネル(岐阜県)

岐阜県内でもかなり有名で、かつ危険な心霊スポットとして噂されている場所です。通称朝鮮トンネルと呼ばれており、その理由はかつてトンネル工事の為に多くの朝鮮人労働者を使ったものの、その労働者の多くがこのトンネルで命を落としたことに由来しています。

工事の難航によってなかなかトンネルが完成しなかった為朝鮮人労働者を人柱として埋め込んだという説、水や食料を与えず死ぬまで労働させた朝鮮人労働者の亡骸をその場に埋めた説など、噂の由来はいくつかあります。

このトンネルを通ると叫び声が聞こえる、何者かに腕を掴まれる、人影を見ると言った心霊現象が多発している為、無暗に近づかない方がいいと言えるでしょう。

心霊スポットランキング【近畿編】

19、三段壁(和歌山県)

View this post on Instagram

#三段壁 #千畳敷 #気持ちいい

A post shared by Kazumi (@k.m.t.k.z.m) on

和歌山県にある巨大な大岩壁で、断崖絶壁の名所としても有名です。この場所では1950年に結婚を許されなかった若い男女が入水自殺しており、口紅で「白浜の海は、今日も荒れてゐる」という遺書を残し二人で海に身を投じました。

このような事件があった事から、毎年のように自殺者が出る場所として知られており、水底からは多くの自殺者の霊が呼んでいるとも言われています。

その一方で結婚を反対された男女が来世で結ばれることを祈り身を投じた事から、恋人の聖地としても知られています。心霊スポットとは裏腹に、ロマンチックなウエディング撮影やプロポーズの場所に選ばれることも少なくありません。

20、貝塚結核病院・少年保養所(大阪府)

一部からは関西最強の心霊スポットとも呼ばれる貝塚結核病院は、1948年に設立された小児結核、小児喘息の治療施設です。1992年に閉鎖され、廃墟として放置された後、現在は解体され跡形もなく消えています。

この病院には少年保養所もあり、病院自体は解体されたのですが病院に出ると言われていた霊はこの少年保養所に移ったとも言われています。

居場所を失った霊が引っ越しをするというのは不思議な話ですが、この辺りには何年も前から心霊現象の噂が立っているので、何かしら曰くがあるようです。

心霊スポットランキング【中国編】

21、サウナ付ホテル真野原山荘(鳥取県)

ホテルの看板

鳥取県の霧深い山奥にポツンと存在する廃ホテル、サウナ付ホテル真野原山荘は、通称幽霊ホテルとも呼ばれている心霊スポットです。かなり昔から廃墟のまま放置されている不気味な建物です。

建物内では女性の霊が出たり管理人室に人魂が現れたりと、霊を見たという目撃情報が多々あります。廃墟化した心霊スポットは立ち入り禁止になっているところも多くありますが、こちらは特に封鎖などされていない為、肝試しに立ち入る人も多いのだとか。

ただし、室内は非常に荒れており、床や天井も崩れ落ちるほど老朽化しているので、くれぐれも怪我などをしないよう注意してください!

22、大久野島(広島県)

瀬戸内海芸予諸島の一つである大久野島は、昭和初期に国内では2箇所、大日本帝国陸軍では唯一の毒ガス製造工場があった島だった為、「毒ガス島」とも呼ばれています。

秘密裏に毒ガスが製造されていたこの島や島の周辺では、未だに多くの兵器が見つかっています。毒ガスの影響により命を落とした人も多く、島にある廃墟で写真を撮ると霊が写るとも言われています。

現在はウサギの島としても知られており、嶋にはおよそ700羽のウサギが野生化しています。戦前や戦時中に毒ガスの動物実験や食用として使われていたウサギですが、現在はその愛らしい姿で観光客を呼ぶマスコットになっています。

心霊スポットランキング【四国編】

23、死入道峠・笹ヶ峠(愛媛県)

死に入る道という名前からして、何かしらの曰くがありそうな愛媛県の心霊スポットです。死入道峠の先にある高縄山は、江戸時代あたり姥捨て山として利用されていました。この先命を落とすものが通る道だったことから、このような名前が付けられたと言われています。

なお死入道峠という名前は数年前に廃止されており、現在は笹ヶ峠と名前が変わっていますが、心霊スポットとしての噂は健在です。

白骨死体が発見されたり、ドライブ中に喧嘩を起こしたカップルの男性が女性を殺して遺棄したりと、何かと事件が起こりやすいのは死者の怨念が呼んでいるから、などとも言われている場所です。

24、母子の墓(徳島県)

夕日の前に立つ女性

この場所にはとある恐ろしい伝説があります。お杉という女性は村ぐるみで疎外された身でした。「保瀬は野となれ、山となれ。餓死後50年にして保瀬を壊滅させる。そして100年は人が住めぬようにしてやる。」この言葉を残し、お杉は夫をクワで殺害します。

そしてお杉自身も娘を抱き入水自殺をしてしまいます。その後1892年に保瀬山が崩壊し、多くの人の命が奪われた事から、この場所に母子の墓を作り祀るようにしました。

しかし今でもこの場所には火の玉が出るなどの心霊現象が起こっています。川辺に立つ母子の姿も目撃されており、お杉の怨念は未だ現世に残っていると噂されています。

心霊スポットランキング【九州編】

25、犬鳴峠・旧犬鳴トンネル(福岡県)

日本3大心霊スポットにも入るほど有名な場所です。犬鳴峠という名前は近くにある犬鳴山に由来しており、犬鳴村と呼ばれる都市伝説も存在します。

1988年にこの場所で若い男性が不良に因縁を付けられてしまい、リンチの末殺害されるという事件が起こりました。そのような事件の背景がある為、旧犬鳴トンネルでは心霊現象が起こると言われています。

また、トンネルの近くには法治が及ばない集落『犬鳴村』が存在しており、そこに足を踏み入れると生きて帰ってこられないという都市伝説も有名です。村の入り口に「この先、日本国憲法は適用しません」という看板があり、携帯電話も通じない等、様々な背景のある噂のある土地です。

26、六ヶ迫トンネル(大分県)

昼間でも人や車の通りが少なく、どことなく寂しい雰囲気のトンネルです。女性の霊や子供の霊を目撃したという話が頻繁にあり、過去に白骨死体が発見されたという噂もあります。

夜中の二時ごろに車でこのトンネルを通ると、女性とすれ違うことがあると言われています。しかしバックミラーで確認すると人影はないという、何ともぞっとする噂ですね。

その他にも白い着物の老婆の霊を見たり、このトンネルを通ると四日後に金縛りにあい、子供の声が聞こえるようになるという噂もあります。

27、開聞トンネル(鹿児島県)

開聞トンネルは鹿児島県内でも特に有名な心霊スポットです。照明がなく昼間でも薄暗いトンネル内は、車一台分ほどの幅しかない為、車で行く方はご注意を。

この近くの林や磯では自殺が多く、その為このトンネルには死者の霊が集まっていると言われています。車でトンネル内を通った後、後部座席がぐっしょりと濡れていたという話も…。

また、トンネルの天井からは女性の霊が見下ろしており、目が合うとその後事故に遭うという噂も流れています。事故を起こさないよう、この場所へ近づく際はくれぐれも用心を…。

心霊スポットランキング【沖縄編】

28、平和記念公園(糸満市)

かつて沖縄最大の激戦区だった戦場に、慰霊施設、慰霊碑、慰霊塔などを立てた公園です。そのせいか今でも戦争で命を失った人の霊が出ると言われています。

この公園内で機械類を動かすとよく誤作動を起こすという話があり、霊が原因ではないかと言われています。携帯電話やイヤホンの使用には注意しましょう。

また、公園内のトイレでは昔首吊り自殺があったと言われており、夜中に公園内のトイレに行くと、首を吊った人の霊を見るという噂も。

29、大山貝塚(宜野湾市)

ここはかつて「ユタ」と呼ばれる沖縄の霊媒師が修行場として使用していた場所です。「ここから先は霊域なので遊ばないように」という注意を促す看板もあり、地元の人も夕方以降は立ち入る事がない場所との事です。

生まれつき強力な霊能力を持った人だけがなれるというユタが修行していた場所だけあって、この土地の霊的パワーはかなり強いと言われています。例え一般の人でも、ここに近寄ると体調に異変を感じる人もいるとの事です。

洞窟の岩場から睨みつける女性の霊を見た、気絶しそうなほど強い耳鳴りがした、夜になったら金縛りにあったなど、ここに行く際はかなり注意した方がよさそうですね。

30、タナガーグムイ(国頭村安波)

国頭村から東村にかけた県道70号線周辺は、いくつかの心霊スポットとして知られています。タナガーグムイはその中でも有名なスポットですが、米兵が滝つぼに転落し死亡した事件が起こったことから、現在は立ち入りを封鎖されています。

植物群落として知られるタナガーグムイは観光スポットとしても有名でしたが、水難事故も多くどこか神秘的で不思議な雰囲気の漂う場所です。

近年も事故が起こっていることから現在は残念ながら封鎖されており立ち入ることができませんが、心霊スポットとしてだけでなく観光スポットとしても有名なのでまた開放されるといいですね。

心霊スポットランキングトップ30まとめ

全国心霊スポットランキングトップ30はいかがでしたか?しかし心霊スポットは遊び半分で立ち入っていい場所ではありません。くれぐれも身の危険が起こらないよう気を付けてくださいね!

今回ご紹介したトップ30以外にも、日本には多くの心霊スポットが存在します。いずれも自己責任になりますので、心霊スポット巡りは安全に気を付けて行いましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。