INDEX

自己顕示欲が強い女性の特徴/自己肯定感vs承認欲求

褒めて褒めての承認欲求

心理学者:アブハム・マズローは人の欲求とはピラミッドの様に構成され、下の階層が満たされると次の階層欲求が高まると言っています。3番目の社会的欲求で仲間や友人から認められると、4番目の承認欲求を欲するようになります。これは私たちすべての人が持っている欲求とも言えます。

子どもの頃は親から認め・愛され、いい成績をとればクラスから認められましたが、大人になると尊敬される行動をとるのはなかなか難しいものです。そもそも尊敬や評価というものは他者の基準によるもので、本人が努力していいことをしたと思っていても、それらを他者が認めないと褒める=承認されたことにはならないのです。

弱点さえも受け入れる自己肯定感

誰にでも良いところ・ダメなところがあるものですが、自己肯定感の高い人は『ダメな部分の自分も含めて、ありのままそのままを認めること』ができる人です。少々、ダメな部分があっても『自分は大切な存在』『自分はかけがえのない存在』と思える心の状態。そのような感情や感覚の事を『自己肯定感』と呼んでいます。

『わたしってすごくない?!』自己顕示欲

自己肯定感が弱くなりすぎると他者から認めてもらうことで存在価値を証明することができると思い込んでしまうのでしょう。その為、明確にそしてすごい自分・いい自分を表現するようになるのです。あからさまに「すごいね!」という返答を求めるような内容の話をしたり、SNSでのいいねの数にこだわってしまうのです。

では、あなたや身近なあの人にどのくらい自己顕示欲が強い女性の特徴があるかを、さっそく、次の【心理テスト】でチェックしてみましょう!

【心理テスト】自己顕示欲が強い女性の特徴がある?

【心理テスト】自己顕示欲が強い女性の特徴レベル

画像
心理テスト ― あてはまる記号を選びましょう。
  1. 1. パーティなどで絶対に一人では歌わない
  2.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  3. 2. 仕事をしている時、誰かに見られていたら落ち着かない
  4.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  5. 3. 近くにいる知らない人がふざけて、ばかなまねをしていたら不安になる
  6.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  7. 4. 外出する直前、必ず鏡を見る
  8.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  9. 5. 舞台の上から指名されても、舞台に上がることは断る
  10.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  11. 6. 友だち同士の小さなパーティで会場に最初に到着したら、とても目立っている様な気がする
  12.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  13. 7. 人前で鏡をしばらく見ていると、注目されているように感じる
  14.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  15. 8. 混んだバスの中で席を譲った時、周りの人に聞こえる様な声で断られたら恥ずかしく感じる
  16.  a.あてはまらない b.ややあてはまる c.あてはまる
  17. ※ a:1点、b:2点、c:3点とし、合計してください。
  18. 自分がわかる909の質問『サルバトーレ・V・ディダート著』より

https://goo.gl/images/JkRNxQAmazonで商品の詳細を見る

【結果】あなたの自己顕示欲レベルは?

画像

● ハイレベル(24~19点):自己顕示欲が強いタイプ。ほかの人が自分をどう見ているのかが気にしすぎる。他人から拒絶されているのではないかと思いがち。

● 平均レベル(18~12点):自己顕示欲は平均レベル。他人の目を意識しているもののそれによって自信が揺らいだり、自分を抑えたりはしない。● 無頓着レベル(11~8点):この点数の範囲内にある人は、他人から自分はどう見られているかに無頓着。もしくは、その意識が欠けている。

どのような結果が出ましたか?誰しも自己顕示欲は多かれ少なかれ持っているもの。次の章では詳しく、自己顕示欲が強い女性の特徴をひも解いていきます。

自己顕示欲が強い女性の特徴【15選】

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・①注目されたい

画像

自己顕示欲が強い女性はいつも自分が注目されていないと気が済まない所があります。自慢話をする、自分の考えをアピール、自分の性格をアピール、自分を一番よく見せられるような雰囲気を出す、ファッションにこだわる、人と違うものを持っている、いち早く流行を取り入れる。自己顕示欲が行動として現れた結果なのです。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・②見た目を重視

画像

会うたびに印象の違う人っていませんか?毎回、新しい服を着ていたり流行を必ず取り入れている。もしくは、ボディコンシャスな短いスカートで露出が多い人。そのような人は周りの人から「オシャレだよね」「可愛いね」「スタイルいいよね」と言ってもらいたいという気持ちを持っています。いい意味では美意識が高いとも。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・③目的遂行型

画像

賞賛の声を浴びるためなら、面倒な仕事でも引き受けます。なによりのご褒美が「すごいね!」ですから。例えば、学生時代などで必ずリーダーや委員に立候補する人っていませんでしたか?周囲の責任感があるな・・との印象とは裏腹に本人の心の中では“私がこれをやれば目立てる・褒められる”という計算も含まれています。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・④巻き込み力

画像

「私にできるんだからあなただってできる!」とばかりに周りを巻き込む力のある傾向もあります。伝え方によっては励ましや勇気を与えることに繋がりますが、その意図するところが微妙にズレているのが自己顕示欲が強い女性の特徴。自分の努力や達成した事を他者に知ってもらいたいという気持ちが行動に反映されています。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑤積極的

画像

流行のファッションやメイク、自分の性格や考えをアピールする。積極的でなければできないことですね。攻めて攻めて攻めまくる!自己顕示欲が強い女性の必勝法なのでしょう。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑥上昇志向

画像

【自分を目立たせたい!】という思いは個々の場面だけにとどまらず、人生というステージでも目立ちたいと考えますから、自然に上昇志向が高くなるわけです。周りに溶け込みながら進めていくような仕事をしなくてはならないような職場や古い風習を守るような状況では逆作用して、煙たがられるかもしれませんね。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑦寂しがり屋

画像

自己顕示欲が強い女性というと積極的に自分をアピールするので社交的で明るいイメージがありますね。実は自分の中の孤独な空虚感と闘っている人が多く、その実は内気で、ゆえに他者からの賞賛を欲する傾向にあります。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑧コミュ下手

画像

引用に示すように傾聴スタイルが取られているコミュニケーションほど充実したコミュニケーションはありませんが、自己顕示欲が強い女性の意図する所は自分が目立つこと・賞賛されることですから、周囲の人の心の機微に鈍感になりやすいのです。ですから、自分本位な発言が多くなり、コミュ下手と言えるでしょう。

Q web

もともとカウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。傾聴の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が自分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになるようサポートする。 傾聴で大切なのは次の3つとされる。 ・言葉以外の行動に注意を向け、理解する(姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)。 ・言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け、理解する。 ・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。

引用元:コトバンク【傾聴】

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑨かまってちゃん

画像

常に注目され、話しかけられたいと願っているため、気を引くような話題や外見に気を配り、流行をいち早く取り入れたりしています。人から声をかけられ構ってもらうことによって、他者から存在を必要とされている感覚を得て、自らのモチベーションを保っています。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑩流行に敏感

画像

他者の気持ちには鈍感ですが、流行には敏感です。自分を際立たせるための髪形やファッションなどの情報はいち早く入手し、アイテムを取り揃え、武装します。そうして「うらやましい~」と他者に思わせたいし、言わせたいという願望がそのアンテナをビンビンに敏感にさせています。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑪空気を読まない

画像

すこし想像してみてください、4~5歳頃の女の子を。突然プリンセスになりきって歌いだしてみたかと思えば、昨夜の夫婦喧嘩を再現(?)したかのようなおませな口調でお話ししている様子。TPOを認識できない女の子がそのまま大人になったようなものかとおもいきや、自己顕示欲が強い女性はあえて空気を読まない傾向が。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑫SNSを活用

画像

自分をアピールする手段としてfacebookやインスタグラム、ブログなどの各種SNSは最高のツールではないでしょうか?たとえば、どんなに散らかった部屋でも一部分のみを撮影用に綺麗に飾りつければいいことですし、自撮りは何度でも再撮影できます。今は素人でもカンタンに加工するソフトもたくさんありますよね。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑬評価されたい

画像

自己顕示欲が強い女性はいつも自分のことを評価してほしい、認めてほしいという気持ちがあります。つまり、自分の事は常に“良い”と評価されたいと思っている傾向が強いのです。そもそも、評価というのはさりげない行動や考え方に対し、他者がするもの。“良い”という評価が得られないと、SNSでブロックする事も!

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑭お人好し

画像

自己顕示欲が強い女性がお人好し?とピンと来ないかもしれませんが、自己顕示欲が強い女性は人からの評価を大変気にします。故に自分のアイディアを元にした企画が成功したり、パーティ等のパフォーマンスが優れていたりすれば褒められますね?その評価を疑う事なく素直に受け入れることのできるお人好しな性格と言えます。

自己顕示欲が強い女性の特徴15選・⑮孤独な努力家

画像

他者からの評価を気にする自己顕示欲が強い女性は、常に見られていたい願望から見た目にものすごくこだわりがありますので、その努力は並々ならぬものがあります。美容やファッション、スタイルキープなどどれも毎日コツコツとした積み重ねによって保たれるものですから、努力家と言えるでしょう。孤独な自分との闘いです。

ここまでは自己顕示欲が強い女性の特徴をラインナップしてきましたが、一方で自己顕示欲が弱い女性もいますね。どういった特徴を備えているのか見ていきたいと思います。

自己顕示欲が弱い女性とは?

周りの人に気を配ることができる

画像

自分を目立たせるたゆまない努力をする自己顕示欲が強い女性に対し、自己顕示欲が弱い女性は周囲の人に柔軟に合わせることができます。そして、気持ちにもゆとりがありますので周囲の人の状況をよく観察していて、その時の状況やその人の状態に合わせた言動や行動をとることができるのです。

競争心が少ない

画像

自己顕示欲が弱い女性は自分のことをよく理解しています。だれかからの評価や人と比べて劣ることがあっても、それを納得したうえで物事を進めていきますので、何でも一番になりたい!とは願わないのです。強みも弱みも理解し、受け容れている強さですね。

ブレない

画像

自分の世界観を大切にしていると言い換えてもいいでしょう。自分の信念や価値観をしっかりと持っているのでその生き方に自信を持っています。人からの評価でその軸がブレることはありません。そして、それを他者に主張することはしたりしないのですが、かえってそれが好評価となったり、尊敬される場面が多くあるのも事実。

自己肯定感が強い

画像

自分自身を過大・過小評価せず、ありのままそのままの自分を受け容れているため、そんな自分を愛する才能を持っています。自尊心があり、自然体のままの自分でいられるため、他者からは余裕があるようにも見えます。人は完ぺきではないことを理解しているので他者に関しても寛容で柔軟な姿勢で優しい人が多いのです。

自己顕示欲が強い女性の特徴のその奥にある心理とは?

実は自分に自信が持てない

画像

自己顕示欲が強い女性は、表面的にしか見えないSNSなどの発信とは違い、実はメンタルが弱く自分に自信が持てないのが特徴。表面的に頑丈で固い鎧に包まれたその内面にはユラユラする心を抱えていて、人からの評価を得るためにあえてそのような場に出たり、等身大以上の自分を見せようとする傾向にあります。

コンプレックスを持っている

画像

自己顕示欲が強い女性の傾向として、存在を表現したい!という主張がありますね。その主張の根源は幼い頃に親に認めてもらう機会が少なかった経験が起因しています。(親が認めていたにせよ、その本人がどう感じていたかによる)唯一、この世で絶対的な愛情をもらえるはずの親から認めてもらえなかった気持ちの反動です。

一面からはわからない心の中の葛藤の結果と時代の流れに乗って数多く出現してきた自己顕示欲が強い女性たち。では、その自己顕示欲が強い女性とはどのように付き合っていけばいいのでしょうか?

自己顕示欲が強い女性の特徴の人とどう付き合う?

否定しない

画像

自分を積極的にアピールしてくる人が望んでいることは認めてもらうことでしたね。「うん、うん」と認めてください。自己顕示欲が強い女性に限らず、人は否定されることを無意識下では肯定的に受け止めきれないものです。“そういう意見もあるんだ・・”くらいの気持ちで聴いていればあなたの世界も広がりますよ。

話は半分程度に

自己顕示欲が強い女性の願望を満たすということはこちらが聴き上手となる必要があります。そうするとカウンセラーでもない限り、あなたが疲弊してしまします。さらに、自己顕示欲が強い女性の話には大きな衣がついていることが多く、話の信ぴょう性にも欠ける点があるので話は否定せず、半分程度に割り切って聞きましょう。

見守る

画像

自己顕示欲が強い女性には、幼い頃に受けた影響でトラウマとなる出来事や感情の高ぶりがあるのかもしれません。誰しも心の傷やコンプレックスとなる弱点は兼ね備えているもの。小さな子が「聞いて聞いて!」「見て!見て!」と言っていると思えば、アピールが少々派手なものであったとしてもイライラしなくて済むように。

期待の基準を控えめにする

画像

一見すると社交的で明るく、面倒な役でも積極的に引き受けてくれる為、責任感がつよく最後までやり遂げてくれるのでは?と期待をかけてしまいがち。さらに、そのような人は周囲の人に気を配れて優しくてと理想を抱いてしまうものですが、そんな完璧な人間はいません。こちらのことを理解してもらおうなどの期待は控えめに。

自己顕示欲は誰もが持っている欲求のひとつですが、あれあれ~?なんだか、数多く当てはまるなと思われたら次のような点に気を付けて!

もし自分に自己顕示欲の特徴が当てはまっていたら

まずは気づくところから

数ある記事の中からこの記事を選択し、お読みになっている。この時点で気づきは得られていますね。さらに気づくためには、空気をあえて読まないことを控えてみてください。あえて読まないということはその雰囲気をあなたは完全に読み切れているのですから、そのままを受け容れてみてはいかがでしょうか。

目の前の人に興味関心を

画像

そうして、いま、あなたの目の前にいる人物や景色、出来事に興味関心を持つ努力を少しずつで構わないのでしてみてください。盛ることばかりに向いていた意識がすこしずつほぐれていくはずです。

ひと呼吸する

画像

大企業では瞑想を取り入れているところも多くあります。静かな自分との対話のなかで見落としていた大切なものが見つかるかもしれません。しっかりと酸素を体の中に摂りいれることは健康にも役立ちます。発言する前にも、アピール発信する前にもひと呼吸おいてからしてみてはいかがでしょう。

立ち止まって確認する

画像

思い立ったが吉日とばかりに自己顕示欲が強い女性は思いついたら即行動!という傾向にあります。相手の状況や状態を考慮せずに行動してしまうと迷惑がられることでしょう。行動する前に、アピールする前に “わたしがこれからする〇〇は相手にとって望まれていることだろうか?”と、一度立ち止まって確認してみましょう。

適度に運動する

画像

輝いている人の顔って何かに一所懸命に頑張っている横顔だったりします。自撮りしてスマホとにらめっこしながら写真を加工し、SNSのタイムラインに頻繁に出現してくる人より、早朝ランニングをしていたり、さわやかに汗をかきながらサイクリングを楽しんでいたりしている人って好感が高いのは今も昔も変わらないのでは?

自己顕示欲が強い女性のイメージはいかがでしょうか。誰しも持っている欲求ですし、上手にその自己顕示欲を使えれば強みにも武器にもなる職種をご紹介していきましょう。

いい事もある!自己顕示欲が強い女性に向いている職種

モデル

画像

自己顕示欲が強い女性の特徴である目立ちたい、他者から認められるためにどのように見られているかを重要視するという点を強みに変える職種としてはもってこいのモデル。美容やスタイルキープのためのたゆまない孤独な努力が報われること間違いなしです。

YouTuber

画像

いまや、小学生でもYouTuberがいるほど。他者評価がそのまま成功へと直結しますし、クリエイティブな才能が認められれば、自己顕示欲が強い女性のモチベーションを保ちながらも輝ける場となります。

プレゼンター

画像

アピール力、巻き込み力のある自己顕示欲が強い女性の特徴を活かせる職種のひとつ。プレゼンテーションを学べるスクールもありますので、そういった表現方法に対する知識やその見せ方を学んでみてはいかがでしょうか。

営業職

画像

自らの販売する商品をアピールして、お客様にその価値を認めていただき、売上に繋がれば上司や会社からの評価が上がり出世していく。自己顕示欲が強い女性のバイタリティある行動とそのモチベーションをうまく活用できる職種。

独立開業

画像

ママ起業家も増えてきていますね。夢を持って独立開業するのは素晴らしいことです。多くの企業が廃業していく中で会社を存続させていくことは大変厳しい時代でもあるわけですが、自己顕示欲が強い女性の特徴を活かし、成功すれば周囲の評価は高まるでしょう。

自己顕示欲が強くてもいい所はいっぱい!

自己顕示欲は誰しもが持っている欲求です。子供の頃はたくさん褒められることもあったでしょう。しかし、大人になるにつれその数は減少していきます。自分をつくり過ぎず、その自己顕示欲をバランスよく、うまく活用していけば、真に愛され、信頼される人となることが可能です。その才能を活かしてこれから輝いて下さいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。