INDEX

舌打ちをする人の心理と特徴15選

不満がある

不満

舌打ちをする人は仕事でもプライベートでも、「どうしてこうなっちゃうんだろう」「なんで私がこんなに大変な思いをしなければいけないの?」そんな不満が溜っている可能性があります。さまざまな不満が溜まると気持ちも不安定になります。ちょっとしたことが気になるようになり、舌打ちが出てしまうのです。

不満が溜まる人の場合、舌打ち以外にも不満がにじみ出ているかもしれません。物を置く時やドアの開け閉めが乱暴になってはいませんか?不満なことがあると、頑張っても無駄だと考えるようになる人もいます。すると、頑張ることをやめてしまい、向上心が失われてしまうのです。

怒りをぶつけたい

怒り

「とにかくイライラする!」という時もあるでしょう。これはもはや八つ当たりともいえます。しかし、喧嘩や口論の際に舌打ちをする人は、相手に怒りを伝えたいという思いがあります。自分が怒っていることを相手に分かってほしいと考えたのです。

相手を見下したい

見下す

舌打ちをする人の中には、相手を見下している人がいます。わざと相手に聞こえるように舌打ちをして、「こいつ何やってんだよ」「おいおい、こんなこともできないのか?」と見下してプレッシャーをかけているのです。このようなタイプの人は、人のミスやあらさがしをするという特徴があります。

このように相手を見下して舌打ちをする人は、自分の方が上だ、優位だという心理が働いているためです。そのため、自分よりも目上の人に舌打ちをすることはありません。自分よりも弱い立場だと知っていながら舌打ちをしているのです。

ストレスを発散させたい

ストレス

ストレスがたまった時、そのストレスをどうにかして発散させようとします。それは貧乏ゆすりやため息、舌打ちとして現れることがあるのです。心理的ストレスを軽減させるために舌打ちをしています。

自分の意見は言えない

意見

舌打ちをする人は、自分の言いたい事や思っていることを伝えることができません。そのため、自分の中に想いがたまり、イライラや不満になってしまうのです。自分の気持ちを言葉で相手に伝えることができないので、そのもどかしさが舌打ちとして出てしまうようです。

一人で抱え込む

ひとり

自分の意見や想いを抱え込んでしまうので、悩みも全て自分だけで解決しようとします。心理的にも余裕がなくなり、いっぱいいっぱいになってしまいます。しかし、仕事でもプライベートでも誰かに相談したり、助けてもらおうとは思わないのです。

理想が高い

理想

舌打ちをする人の多くは、現状に満足していません。それは理想が高いからだといえます。思い描く理想が高ければ高いほど、現実とのギャップに不満やストレスを感じてしまうのです。そのような心理から舌打ちが出ていると考えられます。

努力家

努力

理想が高い人の中には、そのための努力を惜しまない人もいます。自分の理想に近づくために一生懸命なのは善い事です。しかし、自分だけではなく周りにもその努力を求めるようになると、「なんでもっと努力しないのか」という不満になってしまうこともあるようです。

自分に自信がある

自信

舌打ちをする人の中には、自分に自信がある人がいます。自分に自信があるのは素晴らしい事です。しかし、その自信は言動の端々ににじみ出ています。自分に自信があるゆえに、他人を見下したり舌打ちするようなことができるのです。自分だけではなく、相手も尊重するように心がけましょう。

器が小さい

器

ちょっとした事でもイライラする。小さなミスが許せない。そんな器の小ささもストレスや不満をため込みやすい性格です。ストレスや不満が溜まり、相手のちょっとした行動にイライラしてしまいます。そのため、舌打ち以外でも行動が荒くなることがあるようです。

自分を強く見せたい

強い

舌打ちをされると「怒らせてしまった」「怖い」と言うような印象を受けます。そのような心理を利用して、自分を強く見せようと考えている人もいるのです。相手を怖がらせて自分を強く見せようという考え自体が姑息ですが、近くで舌打ちをされると多くの人が不安や恐怖を感じるのです。

自己表現が下手

自己表現

舌打ちをする人は自己表現が下手です。自分の感じたことや、感情を上手く表現できません。これではコミュニケーションもスムーズに取れませんし、誤解されやすい性格でもあります。そのため、自分の中で消化しきれなかった感情が舌打ちと言う形ででているのです。

禁煙や禁酒

酒

ここまで15選を見ていると、ストレスやイライラで舌打ちをする人が多いことが分かります。そのため、禁酒や禁煙をしている人は舌打ちが増えることがあります。心理的な余裕がなくなり、ピリピリしてしまうのです。お酒やたばこだけではなく、自分の好きなことができないという状態に不満が溜まり舌打ちをしています。

偶然音が出ることもある

偶然

とはいえ、偶然舌打ちの音が出てしまうこともあります。上あごに舌を付けてはじくだけで音が出るので、舌打ちをするつもりではなくでも口を動かした時に「チッ」と音がなってしまう事があるのです。

ただの癖

癖

イライラや不満があるわけではなくても舌打ちをする人がいます。このような人は舌打ちが癖になっている人です。特に意識しているわけでもなく、心理的な理由があるわけでもありません。自然と舌打ちをしています。やっている本人は無自覚であるケースもあるので、あまりにも回数が多いようなら一声かけてみましょう。



舌打ちをする人も国によっては問題ない

韓国では同情の意味もある

15選からも分かるように日本ではネガティブな意味合いの強い舌打ちですが、韓国では別の意味を持つことがあります。もちろんイライラや不満から舌打ちをする人もいます。ですが、韓国ではその他に、情けない、かわいそうと感じた時にも舌打ちをします。

また、相手の水臭さに「なによ、水臭いわね」とすねるような時にも舌打ちが使われます。このようなことから韓国の舌打ちは、日本に比べて幅広い意味で使われていることが分かります。韓国のドラマなどを見てみると、「チッ」と言う舌打ちもあれば「チッチッチッチッ」と何度も連続ですることもあるようです。

シリアでは同情や後悔

シリアの舌打ちをする人は、日本のようにイライラしていたり見下すという心理からおこなうわけではありません。シリアの場合はNOという返事の意味と同じなのです。ただの返事だと考えてください。

ただし、舌打ちの返事は家族や友人などの親しい間柄の人でしか使いません。また、シリアの舌打ちには他人への同情や、後悔も表しています。

インド

インドで舌打ちをする人は、誰かを責めたり否定しているわけではありません。失敗すしたことに対して「やっちゃった」「失敗しちゃったな」というような反省の意味が強いのです。また、インドでの舌打ちにはNOの意味もあります。

舌打ちをされた人の心理

不快

不快

舌打ちをする人の心理はご紹介してきましたが、舌打ちをされた人の心理も考えてみましょう。自分がミスしてしまった事なら仕方がないと思えるかもしれませんが、それでも気分の良いものではありません。八つ当たりのように舌打ちをされれば尚更不快に感じるでしょう。

外国では賞賛や返事の意味であっても、日本で舌打ちをすればほとんどがネガティブな意味として伝わります。舌打ちされた人は気分を害するので、話を素直に聞けなくなってしまいます。コミュニケーションを円滑にするためにも舌打ちはしないほうが良いでしょう。

威圧感を感じる

怖い

舌打ちをする人を見ると、怒っている或いは機嫌が悪いという印象を受けます。そんな舌打ちをされると、威圧感を感じて萎縮してしまう人もいるのです。特に背が高い人や、体格のいい人からは一層の威圧感を感じます。

自分を強く店つために舌打ちをする人がいますが、意図していなくても相手を怖がらせている可能性があるということを知っておきましょう。たとえイライラしていても人に向かって舌打ちをするということは、相手を心理的に攻撃しているのと変わらないのです。

落ち込む

落ち込む

舌打ちをされて怖いと感じても「なんだよ!」と反発できるタイプの人もいれば、出来ないタイプの人もいます。特に人からの評価を気にする人は、舌打ちをされることで落ち込んでしまう事があるのです。特に仕事などの上下関係のある間柄では理不尽な舌打ちにも文句が言えません。

舌打ちをする人の近くにいる人の心理

雰囲気が悪くなる

雰囲気

舌打ちがする人がいる環境は、雰囲気が良いとは言えません。イライラや不満を隠しもせず、当り散らしているのなら尚更です。イライラしている人が近くにいると、その感情は伝染してピリピリとした雰囲気が定着してしまいます。

そのような環境では良好な人間関係も築くことはできません。派閥のようにグループで別れてしまったり、その場の雰囲気が悪くなる原因となるのです。会社でも学校でもそのような人は嫌われてしまいます。

関係がギスギスする

ギスギス

舌打ちをする人は、相手に威圧感や不快感を与えています。そのため、舌打ちをする人との関係はギスギスしたものになってしまうのです。「また怒らせたらどうしよう」と不安になると、言いたいことも言えなくなります。

また、「この人めんどくさい」と思われてしまえば、話を聞いてもらうこともできなくなります。表面上は聞いていても、言葉がしっかりと届かなくなってしまうのです。仕事であれば、意見交換などの場でも相手の話を素直に聞くことができません。人間関係が悪いと仕事にも影響が出てくるのです。

舌打ちをする人からしない人になるために

舌打ちが悪い事だと認識する

認識

舌打ちをする人の心理や特徴15選や舌打ちをされた人の心理からも分かるように、舌打ちはとてもネガティブな意味を持っています。舌打ちをする人は総じて悪い印象を持たれてしまうのです。また、舌打ちをされた人がとても嫌な気分になるということを認識してください。

人に嫌な思いをさせる行為は、当然してはいけません。舌打ちをする人はそんな当たり前の事を忘れてしまっているのでしょう。当たり前のことを今一度しっかり確認すれば、舌打ちをやめようと思えます。舌打ちしてしまった時に自分が嫌な事をしていると思えるようになれば、少しずつでも回数を減らすことができるのです。

舌打ちをやめると公言する

公言

自分が意識していなくても舌打ちをしている場合は、舌打ちが癖になっている可能性が高いです。そのような時には、周りの人に「舌打ちをやめる」と公言しましょう。無意識になっていると、自分でやっていても気付かないことがあります。無意識の癖をやめるのは難しいです。

そのような場合は、周りの人に指摘してもらうことで癖を治すという方法をとりましょう。悪意のない舌打ちでも、された人は嫌な気分になってしまいます。自分だけで癖を治せない場合は、周りの人に頼りましょう。

やる人とやられる人の心理を知ろう

鼻

いかがでしょうか?舌打ちをする人の心理や特徴15選に当てはまることはあったでしょうか?ついイライラいて舌打ちをしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。しかし、舌打ちをされた人の心理を知ればやめようと思えるはずです。相手に嫌な思いをさせるだけでなく、自分の立場も悪くしてしまいます。

また、舌打ちをした人、された人だけではなくそれをそばで見ている人も嫌な気分になります。雰囲気を悪くして人間関係の悪化させる舌打ちをしているのなら、しないように心がけてください。まずは、自分が舌打ちをやめようと思わなければいけません。舌打ちによって与えられる悪い心理的影響を理解してください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。