Large thumb shutterstock 658225786

上手なキスのやり方は?フレンチ~ディープキスの舌の使い方も激選8選!

更新:2022.03.04

上手なキスのやり方としてどういったものがあるのでしょうか。フレンチキスからディープキスについて、舌の使い方がどうポイントなのかということについてもご紹介致しますので、上手いキスをしたいという方は是非参考にしてくださいね!これであなたも彼と更にいちゃいちゃしちゃいましょう。

上手なキスとはどんなキス?

上手なキスのやり方次第でキスをするだけで濡れちゃいそう!

いちゃいちゃするカップル

上手いキスは、キスをするだけでもう濡れちゃいそうということがいえますよ。キスをする上で唇の使い方や舌の使い方を上手くすることでできるのです。これからそれについて解説していきますので是非参考にしてくださいね。

上手いキスをすることで、彼とのいちゃいちゃもヒートアップをしたいなと考えている方の参考になれば嬉しいですし、まだ付き合い初めでキスに慣れない人にも参考になれば幸いです。

上手なキスのやり方とは唇の使い方にコツがある!

キスをするカップル

唇の使い方にコツとはどのようなことがいえるのでしょうか。それについてご紹介していきますね。唇の使い方は、お互いの唇を押しつけすぎてしまうというのがよくないですよ。ですので、唇を軽い音がする程度に押し付け合うということが大切になってきます。そこを意識してキスをしてみてくださいね。

自分の唇の使い方が下手だなあと思ったら、もしかしたらそれは押しつけすぎているという可能性もありますので今一度自分の唇はどう動かしていたかなあというのを考えてみるのも上手いキスへの上達としていえることでもありますよ。

フレンチキスの上手なキスのやり方!3選!

上手なキスのやり方①唇を軽く動かしながらする!

いちゃいちゃするカップル

上手いキスというのは、唇を軽く動かしながらするというのがポイントにもなってきますよ。軽く唇を動かしながらというのは、適度に間をあけながら、チュッチュッとするようなキスのことです。そんなフレンチキスをすることでよりラブラブにもなれるのではないでしょうか。

関連記事として、男性が強引にしたくなるキスしたくなる方法について挙げさせて頂きましたのでこちらも是非参考にしてやり方を更に模索してみてくださいね。

上手なキスのやり方②タイミングを合わせて!

いちゃいちゃするカップル

タイミングを合わせてキスをするというのも上手いキスとしていえることになります。それはタイミングが合わないと、上手いキスがそもそもできないということもいえます。上手いキスがまずできてないと感じるのであれば、まずはタイミングから合わせてみるのもいいでしょう。

上手なキスのやり方③唇の合わせ方にもポイントがある!

キスをするカップル

唇の合わせ方にもポイントがあるのですよ。そちらについて紹介していきますね。唇についてどう合わせていけばいいのだろう?と思いますよね。唇の合わせ方というのはキスするときにいきなりすると上手くいきづらいので、ゆっくりとするのがポイントになりますよ。

ゆっくりキスをすることで、気持ち的にもドキドキが高まるのと焦らなくていいということがいえますよね。ですので早くキスをしたい気持ちもあるでしょうが、ゆっくりとキスをすることを是非心がけてくださいね。

フレンチキスのときはあまりガツガツいかずにとにかく優しめのキスができるようにするのが大切といえます。優しくゆっくりキスをされた方がされる側もキスされるときに大切にされていると感じることができて嬉しいです。

ディープキスの上手なキスのやり方!5選~舌をうまく使う~

上手なキスのやり方①奥まで舌をいれてはダメ!

キスをするカップル

上手いキスというのは、奥まで舌を入れすぎてしまうのはよくないですよ。ですので、舌を入れるときは唇の少し中のあたりまでにしておきましょう。そうすることで感じやすくもあるキスができるはずですよ。どうせキスをするなら、上手くて気持ち良いキスが嬉しいですよね。

また、奥まで舌を入れられてしまうと相手もびっくりしてしまうかもしれませんのでそちらも考慮した上で、唇の少し中のあたりを意識してみてくださいね。

上手なキスのやり方②舌で舐めすぎるのもよくない!?

いちゃいちゃするカップル

舌で舐めすぎてしまうというのは、あまりよくないのです。それは、舐められまくるのが好きではないという人がいることからもいえるのですよ。適度に舌で舐めることにより、より興奮度が高まるということもいえます。口の中を舌で舐めまくりたいというのも分かるのですが、ある程度がよいということを覚えておきましょう。

口の中を舐めるなら、どこを舐めるのがいいのか次の項目で紹介致しますので読んでみてくださいね。あなたは口の中ならどこを舐められたいでしょうか。

関連記事として、ディープキスの際は声を出した方がいいのかについて挙げさせて頂きましたので、こちらもディープキスの時にはこちらのやり方も参考にしてみてくださいね。

上手なキスのやり方③上手なキスは舌で歯をなぞる

いちゃいちゃするカップル

上手いキスというのは、舌で歯をなぞるというのもいえるでしょう。舌で歯をなぞられることでなんだかぞくぞくとしませんか。舌を使うからこそ歯をなぞられるという体験もできますので、その体験をすることでよりキスをもっとしたいという気持ちが高まるかもしれませんよ。キスをするならその気持ちをより高めたいですよね。

上手なキスのやり方④舌先を意識してみよう

いちゃいちゃするカップル

ディープキスのときは、舌先をしっかり使うことを意識してみましょう。舌先が使うのが一番気持ち良くなる・上手いキスのポイントともいえるのですよ。舌全体をつい使ってしまいがちかもしれないですが、是非「舌先」というのを念頭においてみてください。

上手なキスのやり方⑤上手いキスはお互いが気持ち良くを意識しよう

いちゃいちゃするカップル

上手いキスはお互いがキスでお互いが気持ち良くを意識することが大切です。ディープキスの場合、それがフレンチキスよりも深いキスになるわけでもありますのでそこは気持ちよさというのを意識してみてくださいね。意識するだけで、普通のキスでも上手なキスに変わるはずですよ。やり方の工夫は意識だけでも違うはずです。

気持ちいいキスのやり方についての関連記事を挙げさせて頂きましたので、合わせてこちらもお読み頂くことで気持ちよくて上手いキスを是非実践してみてくださいね。

上手なキスのやり方⑤舌を絡ませよう!

キスをするカップル

上手いキスは舌を絡ませることも意識することが重要ですよ。舌を絡ませることで、よりエッチで上手いキスができるといえます。よく漫画などで銀の糸を引いたような表現というのがありますよね。そうしたこともしてみることでより一層キスをするのが盛り上がるといえるのではないでしょうか。

舌を上手く絡ませるコツとしては自分の舌と相手の舌を上手く絡ませるようにしないといけないので、そこをどうするかということがいえますよね。舌を上手く絡ませるためにお互いの絡ませるタイミングであったり絡ませ方のコツをつかまないといけないですね。だんだんコツやタイミングをつかむのがいいでしょう。

まとめ~上手なキスのやり方についてはいかがでしたか?~

上手なキスはフレンチキスとディープキスどちらが嬉しい?

いちゃいちゃするカップル

上手なキスはあなたはフレンチキスとディープキスどちらがより嬉しいでしょうか。どちらも嬉しい!という方もいれば、どちらでも上手い方が嬉しいという方もいるでしょう。またキスをするだけでただ幸せという気持ちがあればより嬉しくなりますよね。

キスにも色々ありますが、人によって上手いキスはこのキスだというのも変わってくるものですよね。特にフレンチキスじゃなきゃいけないとかディープキスでなければいけないと決まりもないですし、広い心で考えてみてくださいね。

上手なキスのやり方をすることで更に彼とラブラブになりましょう。

ラブラブなカップル

上手なキスのやり方について述べてきましたがいかがでしたか。上手なキスをすることで彼とラブラブになるのもいいですよね。また上手いキスのポイントを知る事で彼にこんな風にキスをしてみようと考えるきっかけになれば幸いです。ここまで読んでくださりありがとうございました。この記事が参考になれば嬉しいです!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。